コーキング 剥がし 方。 コーキング剤を車で使うときの注意点

コーキングのきれいな剥がし方・補修方法とは? 正しい手順と注意点|外壁塗装のコラム|外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

コーキング 剥がし 方

どのような種類のコーキング材が使われているかによっても違いますが、 建材店などで主に売っているのは「シリコン」(変性ではありません)。 油分が強いので、これが使用されていた場合には、 再度同じ材料でないと「ハガレ」てきます。 プライマーなんて下地処理剤はありますが、再度「シリコン」の使用がよいと思います。 同じ材料なら、多少はがし残しがあってもシールできるはずです。 古いコーキング材は、例えば壁とコーキング材の取合い部(両側)をカッターで分断するように刃を深く入れれば 引き剥がすように引っ張って取れるはずです。 素人がやるとこりゃまた失敗しやすい。 テープで養生したり、ヘラで押さえると表面が波打ったり、 面白そうだけどけっこう面倒。 シリコンは硬化が比較的早いので、「ゆっくり」はできません。 ガンバロウ! Q 意外にこういう質問は無いと思うので教えてください。 お風呂の目地のコーキングですが、 床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれるので自分でコーキングをし直そうと思っている初心者なのですが、壁と壁を繋いでいるコーキングは特に問題無さそうです。 シリコンコーキングは、上に塗装も乗らない、何もくっつかないという素材らしく、前のコーキングが残っているときちんとくっ付かないと、いろいろ調べたサイトで読みましたが、 例えば床面の方だけコーキングをやりかえて、縦の部分(壁と壁のつなぎ目)はそのまま残して再利用というのはできますか? 要は、昔のコーキングと新しいコーキングの接続面は、水が漏りませんか?という事です。 業者さんに依頼すると、壁と壁のコーキングも全部剥がして打ち替えとなりますか? 見た目よりも、漏れるか漏れないかという事を重視してお聞きしたいです。 どうぞ、よろしくお願いします。 A ベストアンサー コーキングの仕組みや性質を理解すれば良いです。 コーキング材は、浴槽の場合、防黴剤配合のシリコーンのRTVゴムです。 タイルやガラスの酸化ケイ素素材には極めてよく接着します。 他の金属などにもよく接着しますが、表面に凹凸が多い場合はプライマー処理が必要です。 >床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれる これは、黴によって組織が破壊され、しかも基材との接着が悪いことを意味しています。 よって、この場合は、可能な限り古いコーキングは落とす必要があります。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 上塗りしようとする元の材料がボロボロでは、砂壁に塗るような物で意味がありません。 また、厚みが少ないとより追随しやすくなりますね。 コーキング材は、浴槽の場合、防黴剤配合のシリコーンのRTVゴムです。 タイルやガラスの酸化ケイ素素材には極めてよく接着します。 他の金属などにもよく接着しますが、表面に凹凸が多い場合はプライマー処理が必要です。 >床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれる これは、黴によって組織が破壊され、しかも基材との接着が悪いことを意味しています。 よって、この場合は、可能な限り古いコーキングは落とす必要があります。  ̄ ̄ ̄... その部分だけでも良いのですが、出来れば全てやった方が無難です。 私は、定期的にやっております。 ただし、以下の様な浴槽ですが・・・。 そうでなければ、わかりません。 以下URLを参考にして下さい。 html 1 ホームセンターなどで防カビ剤入りのシリコン系充填剤とマスキングテープを購入しましょう。 2 次に古いコーキングをカッター等で取ります。 シリコンコーキングする部分とマスキングする部分の汚れを良く取ります。 3 マスキングテープを貼って、コーキングを入れる幅だけ残します。 4 シリコン系充填剤をマスキングした部分に絞り出し埋めて行きます。 (写真では、コーキングガンを使用していますが、商売するわけではないので必ずしもコーキングガンは、必要ありません。 防カビ剤入りのシリコン系充填剤で十分です。 5 コーキング用のヘラか、無ければ指で押さえる様にすーっとなでてならします。 6 コーキングしたシリコン系充填剤に指をつけて、指につかない様になったら(約2~3時間位)マスキングテープを剥がします。 その部分だけでも良いのですが、出来れば全てやった方が無難です。 私は、定期的にやっております。 ただし、以下の様な浴槽ですが・・・。 そうでなければ、わかりません。 以下URLを参考にして下さい。 html 1 ホームセンターなどで防カビ剤入りのシリコン系充填剤とマスキングテープを購入しましょう。 2 次に古いコーキングをカッター等で取ります。 シリコンコーキングする部分とマスキング... Q 今日の昼頃に接着剤のシリコンシーラントを使い、手についたシリコーンを落とそうと手を洗いましたが、石鹸はもちろんのこと、台所用洗剤を使って何度洗ってもベトベトした感触が無くなりません 洗いすぎて手が若干荒れ気味。 工業用石鹸か何かで洗わないと即効では落ちないのでしょうか?その後、本を読んでいましたが、本にベトベトがつきそうで気持ち悪くなってやめました。 本にベトベトしたものがついたかどうかも、今の自分の手のベトベトした感触が邪魔して分からない状態です。 今自分の家にある清掃用品は、かんたんマイペット 成分:界面活性剤、泡調整剤 、ファブリーズ、台所用洗剤、石鹸などがあります。 手のベトベトはおそらくそのうちなくなると思いますが、もし、本にそのベトベトがついていたら、本をめくるたびにそのベトベトした感触が手についてその度に手を入念に洗わないといけないのではと危惧しています。 もし本が汚れていたら、かんたんマイペットなどをティッシュに含ませて本をふき取ろうと思っていますが、効果があるでしょうか?でなければ何かいいアイデアはありませんでしょうか? A ベストアンサー 業務でシリコーン樹脂は色々なものを使用しますが、機械装置へ付着した未硬化のシリコンシーラントを落とすものとして、使われる溶媒はトルエンです。 硬化したら溶剤はありません。 理論的に無理です。 手に付着した場合、あなたのお手持ちの溶剤では落とせません。 まったくの未硬化ならトルエンで落とせなくもないでしょうが、以下の理由でする必要はありません。 シリコーン樹脂はまったく人畜無害ですから、乾いたタオルでよくふき取っておくだけでよいです。 表面から硬化(水がトリガー)しますから、残った薄いシリコーン樹脂は急速に硬化します。 よって、それ以上何もしないほうが良い。 有機溶剤や洗剤で皮脂をすべて取ってしまうのは良くありません。 シリコーンが付着しているほうが良いくらい。 いずれ新陳代謝で表皮と共に剥離してサヨナラ、バイバイです。 Q お風呂をリフォームしました。 散々見て回り、Tカラスタンダードの浴槽が気に入って選んだのですが、使い始めてみて不具合がいくつか出てきました。 その中でも気になるのが浴槽の周囲のコーキングです。 壁と接している浴槽周囲3方のコーキングには、指でなぞった凹みがぐる~っと有り、入浴後排水しても其処に水が残ってしまうのです。 リフォーム前の浴槽周りはそんなことはなかったし、普通に考えてもこれはおかしいと思ってTカラに聞いたのですが、営業の言うにはそれがTカラではスタンダードだそうです。 仕方ないので自分でコーキングし直したいのですが、過去質問を調べたら、プロはヘラを使うと書かれていました。 それはホームセンターでも売っていますか? それと、角と、始まり終わりの部分はどのようにすれば綺麗に仕上がるのでしょう? 養生テープと水回り用コーキング材は買いに行きます。 他にあったら良い物があればそれも教えてください。 A ベストアンサー 専門的に仕事している者です。 まず、ユニットバスの浴槽周りにコーキングをするメーカーと、しないメーカーがありますが、それはそのメーカーの考え方の違いでそのようになっています。 ユニットバスを製作しているメーカーは多々ありますが、T社はその中でも一番コーキングを使用するメーカーです。 防カビ剤のコーキングを使用しても、手入れが悪いとコーキングはカビます。 カビないコーキングはこの世に存在しません。 メーカーでもこの問題があり、最近では目地材と言ってコーキングを使用しないで、樹脂による目地材を使用することで、施工性の統一、清潔、掃除のしやすさに力を入れています。 浴槽周りにコーキングをするのは、浴槽下に水がいかないように防水する為にあるのが一番の理由です。 T社のユニットバスは2重パンになっていないので絶対に必要です。 コーキングは職人の技量が一番出る部分であり、仕上がりがもっとも重要な部分でもあります。 指でコーキングをやるのはあきらかに技量不足です。 通常はへらにて平らに仕上げ、水が溜まらないようにやるのが普通です。 ご自分でへらでやるとの事ですが、素人の方には難しい作業で正直お勧めできません。 メーカーに依頼して、へらにて仕上げてくれる職人に手直ししてもらうのが一番です。 私の親戚の家はT社のユニットバスでしたがへらにてきれいに平らに仕上がっていましたよ。 営業マンに強く言ってみてはどうでしょう?どうしてもご自分でコーキングしたいなら、またご相談にのりますよ。 専門的に仕事している者です。 まず、ユニットバスの浴槽周りにコーキングをするメーカーと、しないメーカーがありますが、それはそのメーカーの考え方の違いでそのようになっています。 ユニットバスを製作しているメーカーは多々ありますが、T社はその中でも一番コーキングを使用するメーカーです。 防カビ剤のコーキングを使用しても、手入れが悪いとコーキングはカビます。 カビないコーキングはこの世に存在しません。 メーカーでもこの問題があり、最近では目地材と言ってコーキングを使用しないで、樹脂に... A ベストアンサー 専門的に仕事しているものです。 仕上げに使うのは基本的にはへらで仕上げます。 隙間が小さい(3ミリ以下)であれば、指でもそれなりに奇麗に仕上がります。 それ以上の隙間はへらの方が奇麗ですね。 皆さんがよく失敗するのは、マスキングテープをはがした際に、コーキング剤が一緒にめくれてしまうという事が多いようです。 ポイントとしてマスキングテープを貼る際に、へらを隙間に押し当て、壁面とヘラの接点を確認します。 マスキングテープはその接点より2ミリ程度外側に貼るようにすると、マスキングをめくった時に、コーキング剤を引っ張らず、きれいな仕上がりになります。 唾を指につけるよりは、石鹸水を指につけた方がすべりがよくなりますよ。 また、コーキングのノズルカットは隙間より2ミリ程度大きくノズルをカットすると充填ムダなくいきます。 私なんかはパレットナイフを削り、それぞれの形・すきまで持っていますが、ホームセンターでもへらは売っているので、それでも良いですね。 コーキング剤も色々な種類があるので、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。 Q シリコンコーキングが簡単にはがせる素材を探しています。 例えばコーキングのノズル先端部分は固まったシリコンを取り除いて(簡単にはがして)再び充填に使えるとおもいます。 あのように固まったシリコンが簡単にはがれる素材は何なのか教えて下さい。 (言い方を変えるとシリコンがつかない・つきにくい素材ということです) シリコンを接着剤としてではなく薄く延ばして素材として使いたいので 簡単にはがせる相手役(平面的なもの)を探しています。 具体的に100円ショップで買えるような商品で例えて頂けると助かります。 シリコンはシリコンシーラントやバスコーク等のホームセンターで買える物を使います。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 明確な回答でなく、うろ覚えや想像が多いのですが... 接着できない素材として ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアセタール と明記されています。 即ち、シリコンコーキングも付かないのではないか、と推測します。 ポリエチレンはたしか食品を入れる「ポリ袋」として、 ポリプロピレンは弁当箱や箸などの食器、などに使われてると思います。 フッ素樹脂は、板材やシートを秋葉の店頭で少量購入できます。 板材は通販で見かけただけですが、シートは実際に購入したことがあり、 まだ手元に余ってます。 感触では厚み0.3mmくらいかと思います。 必要でしたら、うろ覚えですが店舗紹介します。 あと、水道管をねじ込む時にネジ部に巻いてスキマを埋める白くて薄いテープを使うのですが、 アレもたしかテフロン何とかと書かれてたと思います。 ポリアセタールはたしか(うろ覚え)絶縁ワッシャに使われてるものもあります、 ポリプロピレンより柔らかい印象のアレがそうかな、という気が... とりあえずテフロンシートに、古いですがコニシのシリコンコーキング剤を 載せてみました。 しばらく放置して固まった後、剥がせるかどうか書き込みます。 手元のシリコンコーキング剤はかなり古いものですが、 近頃のリサイクルブームで、フタにも材質のマークの表示があったりしませんかね? それじゃ材質まではわからないのかな? 明確な回答でなく、うろ覚えや想像が多いのですが... 接着できない素材として ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアセタール と明記されています。 即ち、シリコンコーキングも付かないのではないか、と推測します。 ポリエチレンはたしか食品を入れる「ポリ袋」として、 ポリプロピレンは弁当箱や箸などの食器、など...

次の

100均コーキングガン5選!水回りや靴底のシリコン補修に!

コーキング 剥がし 方

熱分解できないライトやテールの殻閉じ場面。• 特に固定に関しては、だいたいコーキングで留めるので、ほとんど接着剤代わりのように使っていますね。 では、今日はコーキング講習ということで。 まずコーキング剤の種類の話。 脱オキシムタイプと 脱アルコールタイプの、大きく2つに分かれます。 いきなりマニアックですね。 一般的に使われているのは、脱オキシムだったりするんですけどね。 脱オキシムって、なんのことですか???• コーキングが乾燥する過程で、オキシムガスを発生させるっていうことです。 では、脱アルコールタイプはアルコールが発生するということ?• そうですね。 で、コーキング剤を使う量にもよりますが、脱オキシムタイプには注意点があって、 オキシムガスが樹脂にダメージを与えてしまうことがあるんです。 コーキング剤の注意書きにも、「メチルエチルケトオキシムが発生します」等と書かれている。• フムフム。 オキシムガスね。 脱アルコールタイプなら、オキシムガスは発生しないんですが……、• それなら、脱アルコールタイプを使えばいいんだ!• でも、脱アルコールタイプは手に入れくいんです。 値段も高い。 そっか。 一般的なのは、オキシムのほうなんですもんね。 それに、今度はアルコールが発生することで別の弊害が生まれる可能性もありますよね。 確かにヘッドライト内でアルコールが充満したら、それはそれで何か問題が起こっても不思議はなさそう。 だからコーキングの使い方で一番ダメなのは、 コーキングをして、すぐにヘッドライトを閉じてしまうことです。 その点は、どっちを使うにしても同じ?• ですね。 硬化するまで閉じなければいい• ちょっとほじくったらパリって剥がれるし、一部が剥がれたら全部バリっと取れてしまうので……。 あらま。 特に車のパーツは、常に振動にさらされている状態です。 確かに。 そういう意味で、僕らは、あまりにガチガチに固まるようなものは、逆に使わないんです。 ある程度、柔軟性があったほうがいいんですね。 …という意味でコーキングは、「取ろうと思えば取れるけど、取ろうとしないと取れない強度」がちょうど良い。 そういえば、コーキングで固定したモノを取る時はどうするんですか?• カッターの刃を入れて、切ったりすれば取れます。 なるほどね。 ボンドなども、使い方にもよりますが、空気中の水分などによって黄色っぽく変色したりするので。 それでは、アクリルの固定とか密着には使えませんねぇ。

次の

お風呂のコーキング(シーリング)が劣化して剥がれてきたのでDIYで打ち直す

コーキング 剥がし 方

コーキングの硬化時間を知ることで美しい仕上がりに コーキングの硬化時間を知ることは非常に大切です。 なぜなら、 コーキングの硬化時間を知らないと仕上がりが美しくならないからです。 もし硬化時間を知らないと、 コーキングの面がボコボコになってしまったり、コーキングがはみ出てしまったりします。 このような事態を防ぐためにも、コーキングの硬化時間を知り、美しい仕上がりにしましょう。 最初のコーキング材の状態 最初のコーキング材は、 柔らかいペースト状になっています。 これは、 チューブの中に保存されていたため、まだ外気に触れていないからです。 そのため、押し出されたコーキング材は柔らかく粘り気があり、指先に触れると「ねちゃっ」と糸を引きます。 まるで 木工用ボンドのような状態です。 このコーキング材が外気に触れると、少しずつ固まっていきます。 コーキング材の硬化時間は3段階 コーキング材は 「外気」に触れることで表面から少しずつ固まります。 そして、完全に固まるまでの硬化時間は、以下の3段階に分けられます。 時間 状態 表面硬化 手で触れても大丈夫。 皮膜硬化 表面が固まり、塗装などの施工が可能。 完全硬化 全体がしっかりと固まって強度を得る。 最初は表面が 「手で触れても糸を引かなくなる」程度に固まり、最終的に ゴム状に硬化して完成します。 DIYの場合は硬化時間に注意 DIYの場合は、硬化時間に注意しましょう。 これは、 3段階の硬化時間を理解していないと、施工後の仕上がりが美しくならないからです。 もし、DIYでチャレンジするなら コーキング材のパッケージに記載されている硬化時間を見て判断しましょう。 コーキングの硬化時間は、単に「いつ固まるか」という問題ではなく、仕上がりを美しくするために必要な情報だと理解しておいてください。 外壁塗装のDIYについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。 状態 時間 表面硬化 約2時間 皮膜硬化 約4時間 完全硬化 3〜7日間 こちらの硬化時間は、あくまで目安です。 なぜなら、 コーキング材の硬化は冬だと遅く、夏だと早くなるからです。 他にも、コーキング材は「湿気硬化型」といって湿気を吸収して固まりますが、反対に 雨や湿気が多すぎる環境だと硬化が遅れます。 そのため、季節や湿気のある環境に注意して、コーキングを行いましょう。 変成シリコン系コーキング材 ウレタン系とは違い、 変性シリコン系はコーキングの中で扱いやすい特徴があります。 これは、 硬化時間が早いためです。 施工から 30分もすれば指で表面に触れられ、 1時間も経てば水性塗料を塗装できます。 またコーキング材の表面を溶かしてしまうシンナーを含んだ溶剤系 油性 の塗料でも、 約12時間乾燥させれば塗装が可能です。 他にも、以下のような特徴があります。 塗料の成分がコーキングの表面を溶かしてしまう。 塗料によってコーキングが外気に触れられなくなり、硬化不良を起こしてしまう。 このような恐れを防ぐためにも、 皮膜硬化までに時間を空けてから塗装しましょう。 もしDIYで塗装する場合、1日目をコーキング、2日目を塗装すると安全です。 硬化時間が難しく感じる人に、おすすめのコーキング材は? 硬化時間が難しいと感じれば 「変性シリコン系」をおすすめします。 なぜなら、 すぐに施工が完了するからです。 たしかに、ウレタン系と比べると変性シリコン系の方が 約100~200円高いデメリットがあります。 しかし、施工が 約半日(季節や環境によって差はある)で完了するため、硬化時間が難しいと感じる人でも施工が容易です。 もし、硬化時間が難しいと感じれば、変性シリコン系コーキングを使ってみましょう。 まとめ ここまで、コーキングの硬化時間について解説してきました。 解説してきたことをまとめると、以下の通りです。

次の