ジョン ディーコン。 私と音楽 QueenのベーシストJohn Deacon(ジョン・ディーコン)の魅力

ジョン・ディーコンはかく語られき

ジョン ディーコン

ジョン・ディーコン(John Deacon)とは、のである。 本名・・ディーコン( R Deon) 概要 生まれ。 ・出身。 幼少の頃にのでよく遊んでいたことからにを持ち出す。 また並行して線装置などのいじりにもを持っていた。 の頃に加入したではを担当していたが、後にが脱退してに転向することとなる。 このは彼がの分校であるカレッジに入るまで活動していた。 では電子科を専攻し、首席で。 また名誉も与えられるほどの優秀な人物だった。 在籍中にいくつかののを受けるが、その間にとに出会いのが行われていることを知って応募したところ、他のは落ちたがに選ばれることとなった。 ちなみに選ばれた理由としての技術はもちろんのこと、謙虚な人柄とに強いことだった。 では最年少かつ歌がことから一番立たず、「いつも口数の少ないつまらない男」を自認していた。 を始める時期も遅くからを始めたが、4枚の「座の」の「're 」は 大いにを飛ばすの作品となった。 その後頃からに傾倒し、ク、のをしようとし、「(邦題:に連れ)」をした。 ちなみにこの曲は、全を獲っており、発売前、にする予定だったらしい。 またをえた曲となり、特になどの途上でとなった「 TO B (邦題:への立ち)」も手掛けている。 このようにの中では寡作ではあるが、の代表曲を発表していったことから徐々には増していった。 の死後、「なしではでの活動は続けられない」らしく、積極的な活動は行わず静かにしていった。 (ただし、『』の原案作成には関わっている。 ) 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

ジョンディーコンはクイーンの元ベースで仲介役!引退後の現在は?

ジョン ディーコン

フレディ・マーキュリーの死後も活動を続けているブライアン・メイとロジャー・テイラーとは対照的に、表舞台から姿を消したジョン・ディーコンですが、クイーンの広報担当者が『Daily Mail』紙に語ったところによると、バンドが運営する事業の平等な株主でもあるディーコンには、推定で約1億3500万ドル(約152億1,300万円)の資産があり、引退後はひっそりと暮らしているそう。 〈Ultimate Classic Rock〉がここ最近のジョン・ディーコンの動向を伝えています。 ブライアン・メイは、「今の生活は彼が選んだことだし、僕らにも連絡はないんだ。 ジョンは最初から繊細な人だったからね」と語り、ロジャー・テイラーも、「一切、音沙汰はない」と語っています。 テイラーによると、何度もオーディションを行った末にディーコンを選んだのは、彼の物腰が気に入ったからだと言います。 「当時の僕らは度を越していたから、おとなしい彼なら騒ぎを起こすことなく、バンドにフィットすると思ったんだ」 「彼はとても真面目で、バカなことをする人じゃなかったからね。 いつも地に足がついていたよ」と、メイも語っています。 パトニーで妻と6人の子供を育てたディーコンは、近所でも目立たず、今でも初めての印税で買った質素な家に住み続けています。 知人らによると、鬱病のために孤立していたディーコンは、特にフレディの死後、人目を避けるようになり、その後は3回しかステージに立っていません。 1992年に行われたフレディ・マーキュリーのトリビュート・コンサートと、1993年にテイラーと出演したチャリティ・コンサート、そして1997年にエルトン・ジョンとクイーンが演奏したパリのベジャール・バレエ公演のオープニングの3度です。 1997年ディーコンは、コンピレーション・アルバム『Queen Rocks』の新曲「No-One But You Only the Good Die Young 」をレコーディングしたのを最期に引退を発表。 2001年にクイーンが「ロックの殿堂」入りを果たした際にも姿を見せませんでした。 「ジョンと連絡は取りあってないけど、彼は本当に社会病質者だから仕方ないんだ。 それに、ブライアンと僕がクイーンのブランドですることに関しては承諾しているからね。 まあ、彼が思っている以上に、僕らはいろいろやってるけど」と、テイラーは語っています。

次の

ジョンディーコンの現在や子供と引退理由!作曲や歌は?今もイケメン?

ジョン ディーコン

・本名:ジョン・ディーコン(John Deacon) ・出生名:ジョン・リチャード・ディーコン(John Richard Deacon) ・生年月日 1951年8月19日(2018年現在、67歳) ・身長:180cm ・出身地:イングランド レスターシャーオードビー ・担当楽器 :ベース、ギター、キーボード(クイーンでは、ベースを担当) ・活動期間 1965年~1997年 7歳の頃に両親から玩具のギターを買い与えられたのがキッカケで、音楽に興味を持つようになった、ジョンディーコン。 音楽と並行して機械いじりにも興味があり、無線装置で遊部のが大好きだったそうです。 この機械に対する興味が後々、彼の進路と音楽活動に影響を与えたのでしょう。 スポンサーリンク ジョンディーコンの学歴は? クイーンのメンバーは、どの人も高学歴で、ジョンディーコンもその1人です。 ジョン・ディーコンはBeauchamp Grammer Schoolを優秀な成績で卒業すると、1969年にロンドン大学(London University)のChelsea Collegeに入学し、電子工学を専攻しています。 翌年の1970年に、QUEENに加入したジョン・ディーコンは、1972年に同校を首席で卒業して名誉学位を与えられています。 ですが、QUEENとしての活動が成功するかどうか、疑わしく思っていたジョンディーコンは、音楽活動に専念することはなく、修士課程に進んで研究を続けることを選びました。 その後、QUEENとしての活動が成功し、バンドが忙しくなると修士課程を終えることなく、音楽活動に専念しています。 そこにいたベーシストが脱退したことで、ジョンは ベースに転向します。 大学在籍時は、趣味程度のバンドを組んでいたのですが、受けるオーディションはすべて落選したそうです。 その後、1971年に友人と行ったディスコで、ブライアン・メイとロジャー・テイラーに会い、 ベーシストが定着していなかったクイーンのオーディションを知らされます。 面接を受け採用されることになったジョンですが、採用の決め手が、ベースの腕前だけでなく 謙虚な人柄だったというのも彼らしいエピソードです。 ジョンの温厚な人柄のお陰で、メンバー間の衝突で何度か訪れたバンド解散の危機が、救われてるんですよね~。 地味な印象のあるジョンディーコンですが、彼が作曲した、主なクイーンのシングル曲を紹介しますね。 「地獄へ道づれ(Another One Bites the Dust)」(全米1位、全英7位)クイーン最大の200万枚以上の大ヒット曲となった。 「ブレイク・フリー(自由への旅立ち・I Want To Break Free)」イギリスで最高位3位• バック・チャット(Back Chat)」 全英チャート40位)• ベーシストは 「縁の下の力持ち」とよく称されるそうですが、ジョンディーコンには、まさにこの言葉がピッタリですね。 スポンサーリンク ジョンディーコンのソロ作品 ジョンディーコンは、ボーカルを担当しなかったので、クイーンの他のメンバーのようにソロアルバムを発表することはありませんでした。 ですが、クイーン以外のミュージシャンとコラボレートして発表した作品があります。 1983年に、シン・リジィのスコット・ゴーハム、バッド・カンパニーのサイモン・カークとミック・ラルフス、プリテンダーズのマーティン・チェンバースらと、「MAN FRIDAY and JIVE JUNIOUR」名義で、ジャム・セッションから生まれた「Picking Up Sounds」です。 スポンサーリンク ジョンディーコンの引退理由は? ジョンディーコンは、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーを1人のアーティストとして尊敬していて、 「クイーンのボーカルは、フレディマーキュリーしかいない。 」と発言しています。 ジョンは、1986年のインタビューで既に「夢に想い描いていたことは、全てが叶ってしまった。 これから何をしたらいいんだろう?」言っていたそうです。 フレディが自身の病を打ち明けていた頃だったので、その頃から退くことを考えていたのかもしれません。 フレディは1991年に亡くなってしまいましたが、それでも、そこから更に10年も踏みとどまってくれたのは、何か思うところがあったのかもしれないですね。 実際、その後の音楽活動には消極的で、 追悼コンサートの参加にも、ブライアンメイとロジャーテイラーの説得によって、ようやく参加を決めたそうです。 「フレディの声以外で、クイーンの曲を演奏するのは考えられない。 」と以降もほとんど参加せず、 事実上の引退となっています。 現在は、時々自分のファンサイトに自ら書きこみすることがあるそうです。 ボヘミアンラプソディーの映画制作にはかかわっていませんが、もしかしたら日本での映画の大ヒットに何らかのメッセージがあると嬉しいですね。 笑っていいとも! 出演時のロジャーテイラー とジョンディーコン。 Hoy En 1975 John Deacon de QUEEN se casa con Veronica Tetzlaff en Londres. — Nestor Martin Martinestor 6人の子供さんがいるそうで、5人の息子さんと1人の娘さんです。 子供さんの名前です。 ・Cameron Deacon ・Josha Deacon ・Laura Deacon ・Robert Deacon ・Michael Deacon ・Luke Deacon この中で、息子の一人である、ルーク・ディーコンさんの画像がありました。 お父さんとソックリですね~。 ずっとユーチューブ見ちゃう。 今日こそはジムに行きたいのに、、 フレディも最高だったけど、ジョンディーコンの人柄も最高だったなぁ。 — みー MiyukiMay09 フレディマーキュリーが亡くなってしまったことで、音楽活動を引退するほどの尊敬する人がいるって、ジョンディーコンは幸せですね~。 ジョンディーコンは、目立たない感じがするけど、クイーンの音楽には絶対的に欠かせないメンバーだったというのが映画を通して伝わってきました。 もし、フレディが今も生きてたら、ジョンディーコンもクイーンのメンバーとして日本に演奏に来てくれてたでしょう!! 最後までお読みいただき、ありがとうございました~。 また、全国各地で開催予定のクイーン関連のイベントがあれば、 新着順 に公開しています。 映画を見て、クイーンや、フレディマーキュリーを好きになった方は、参考にして下さい。 【2020年6月 wowowで放送】 ボラプ映画やクイーンの番組 クイーンに関する映画や番組がwowowで、6月に放送されます。 ブライアン・メイが監修した全天周映像作品 「QUEEN -HEAVEN-」(80分)の上映がスタートしています。 【追記】 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、 2020年6月以降も臨時休館を継続するとの発表がありました。 事前に購入したチケットの払い戻しについては、をご確認ください。 ・立ち上がっての鑑賞、足踏み、絶叫、大声での歌唱など周囲のお客様のご迷惑になる行為はご遠慮ください。

次の