スプラ アップデート。 【スプラトゥーン2】プライベートマッチに「フェス」モードが登場!7月のアップデート最新情報!

【スプラトゥーン2】ソフトをアップデートする方法!更新データをダウンロードしよう!

スプラ アップデート

Splashy! スプラッシィー とは? Splashy! は狭いボートの上をバウンドして飛び移って進んでいくカジュアルゲームです。 スタートするとボールが自動的に前進するので、 ボールがボードに上手く飛び移れるように左右に動かします。 操作はスワイプのみでシンプルなので、 隙間時間の暇つぶしなどにぴったりなカジュアルアクションゲームです。 Splashy! スプラッシィー の遊び方 画面をタップするとボールが前に動き出します。 操作は左右のスワイプのみです。 アクセル、ブレーキが無くてハンドルだけある車みたいなイメージです。 ボールを落とさずゴールまで行けたらステージクリアです。 ステージの途中でボードから落ちてしまったらゲームオーバーです。 スプラッシィー のアップデート Splashy! の楽しみのひとつは背景をアップデートしていける点です。 プレイ中に集めたダイヤを使うと背景がアップデートできます。 このようにスタート時は背景は真っ白で何もありません。 アップデートするとこのように水が現れました。 さらにアップデートを重ねていくと背景がどんどん賑やかになっていきます。 世界を一から創っていく気分になれます。 トップページの左下のアイコンをタップするとアップデートできます。 スプラッシィー のスキン Splashy! ではボール スキン を変更することができます。 各スキンには開放の条件があります。 プレイを続けて条件をクリアすればそのスキンを使用できるようになります。

次の

【PS4・SWITCH】ダウンロードやアップデートが遅い!原因や解決法!

スプラ アップデート

Splashy! スプラッシィー とは? Splashy! は狭いボートの上をバウンドして飛び移って進んでいくカジュアルゲームです。 スタートするとボールが自動的に前進するので、 ボールがボードに上手く飛び移れるように左右に動かします。 操作はスワイプのみでシンプルなので、 隙間時間の暇つぶしなどにぴったりなカジュアルアクションゲームです。 Splashy! スプラッシィー の遊び方 画面をタップするとボールが前に動き出します。 操作は左右のスワイプのみです。 アクセル、ブレーキが無くてハンドルだけある車みたいなイメージです。 ボールを落とさずゴールまで行けたらステージクリアです。 ステージの途中でボードから落ちてしまったらゲームオーバーです。 スプラッシィー のアップデート Splashy! の楽しみのひとつは背景をアップデートしていける点です。 プレイ中に集めたダイヤを使うと背景がアップデートできます。 このようにスタート時は背景は真っ白で何もありません。 アップデートするとこのように水が現れました。 さらにアップデートを重ねていくと背景がどんどん賑やかになっていきます。 世界を一から創っていく気分になれます。 トップページの左下のアイコンをタップするとアップデートできます。 スプラッシィー のスキン Splashy! ではボール スキン を変更することができます。 各スキンには開放の条件があります。 プレイを続けて条件をクリアすればそのスキンを使用できるようになります。

次の

【PS4・SWITCH】ダウンロードやアップデートが遅い!原因や解決法!

スプラ アップデート

突然 印刷もプリンターの再インストールもできない! ま ず今回の障害の状況について見ていきます。 最初は9月27日『U社 T支店様』の Windows10-Proで1台目が発生しました。 全てのプリンターが消える・・・ いつもの通り業務中に印刷をしようとしたところ、 『プリンターがありませんのでインストールしてください・・・』的な旨のメッセージが表示されて印刷ができず、弊社にサポートのご連絡を頂いたという経緯です。 下は実際のメッセージのキャプチャーです。 上の画像で見る通り、 一切のプリンターがなくなっているのがわかります。 よけいな『あ』までキャプチャーされてしまった。。。 オンラインに見えるそのプリンターも、印刷時の選択画面には表示されず、プロパティも開けない事から、実際には 全てのプリンターが使えない事がわかりました。 上の画像を見てすぐにお分かりになる方もいらっしゃると思いますが、そもそも『OneNote』や『Microsoft Print to PDF』のような仮想プリンターの類がオフラインになっていること自体、正常でない事が伺えます。 原因はPrint Spoolerの停止! 一般的にこのような障害の場合はバックグランドで動作している 『Print Spooler』と呼ばれるサービスが何らかの理由で停止することで発生します。 実際に 確認すると下のキャプチャーの通りサービスが停止していることがわかりました。 スプーラーサービスが開始できない! 通常であれば上記の『開始』をクリックしてサービスを開始するか、PCの再起動で復旧しますがいずれも効果なし。 手動でサービスを開始しても数秒で停止してしまいます。 この 『Print Spooler』サービスが停止するとプリンターに関する全ての機能を受け付けなくなるため、印刷やPDF化だけでなくプリンターの再インストールもできないという事になります。 引き金は9月24日リリースのWindows Update 印刷ができない原因は前項でお話しした『Print Spoolerサービスの停止』ですが、そもそもこのサービスが停止する『 根本的な原因』を解決しなければ復旧できません。 ネットで検索をしてみると何やら色々と見えてきました。 下のヤフーニュースが参考になると思いますのでご興味のある方はご覧になってみてください。 まず、マイクロソフトは9月24日、Windows10向けのアップデート『KB4522016 18362. 357 』をリリースしました。 ですが、どうやらこの アップデートを適用すると前述のプリントスプーラーの停止や印刷機能に障害が発生するようです。 このアップデートにより色々と変わったことにお気づきになった方も多いでしょう。 そして今回の印刷にまつわる障害の原因がこれらのアップデートに影響されている可能性があることもわかってきました。 最新のアップデートを適用しても改善されない! 上のニュースを見ると、今回の アップデート『1903』には『印刷の不具合』を修正するパッチ『KB4524147』が含まれていると書かれています。 つまり、最新のアップデートを適用すれば今回の不具合が解消されると考えられる訳ですが、事はそう単純ではないようで、結局この 最新のアップデートを適用しても症状は改善されませんでした。 さー、ここからが悪戦苦闘になる訳ですが、9台もの復旧作業によって何とか対処法が見えてきましたので、その手順などについて次項でご紹介します。 Windows10のアップデート後に印刷ができないトラブルの対処法 まず最初にお断りしておきますが、これからお話しする方法はおおやけに公表されている訳ではありません。 よって最善ではないと思いますので、もし同じ症状でお困りの方は本件を参考にして頂くと良いかと思います。 上のように最新の状態になっていても改めてチェックすると利用可能な更新プログラムがある場合があります。 この更新作業が不完全だと、またここから 最初から やり直しになりますので注意が必要です。 もし既に開始されている場合は不要 8.同様に『Remote Procedure Cell RPC 』サービスを開始 上記工程7と同様に『Remote Procedure Cell RPC 』のサービスも開始します。 ちなみに私の対応したPCではこちらは全台数とも停止していませんでした。 この状態で数十秒待機するか、何でも良いので印刷をかけてみます。 サービスが再度停止せず、印刷ができればこれで復旧作業は完了です。 8台全てが復旧した最終作業は約2時間を要する この先の対処法はネット上にも情報が無いため完全な手探り状態でした。 設定をしては結果を確認、またやっては確認を繰り返すあてどもない作業。 それでも何とか全台数復旧に辿り着きましたのでその対処法をご紹介したいと思います。 まず冷静になって考えてみると、そもそも 9月26日にリリースされた『Windows10 バージョン1903』にはこの障害と思われるパッチが含まれています。 アップデートを行いそのパッチをあてても改善されないという事は、その パッチそのものが何らかの理由で正常に適用されていない可能性がある訳です。 その パッチ 更新プログラム が『KB4524147』です。 最終的にこの後に紹介する工程で復旧する訳ですが、ここからの作業は更新プログラムのアンインストール・インストールが必要になるため、環境にもよりますが 復旧には2時間前後を要します。 もしどうしても必要な場合は自己責任で行ってみてください。 ここでプリンターの設定などをエクスポートしておくと良いでしょう。 この段階で終了でもいいのかもしれませんが、またアップデートが掛かれば同じ症状に戻ってしまいます。 実際に何度やっても戻ってしましました。 アップデートを停止するという方法もありますが、セキュリティー的に考えてお勧めできませんので、正常な状態まで復旧しておくほうが良いでしょう。 10.全てのプリンターを削除する 続いてデバイスとプリンターに表示される 全てのプリンターを削除します。 ここで 一つでも残っていると最終的に復旧しないのでひとつ残らず完全に削除します。 原因はわかりませんが仮想プリンターを先に入れると認識しません。 インストール完了後は念のために再起動もしておきましょう。 15.正常に印刷ができることを確認 更新プログラムをアンインストールした後なので正常に印刷できると思われますが実際に確認をします。 16.WindowsのUpdateを行い『最新の状態】にする 再度Windowsのアップデートを行い『最新の状態】にします。 これで再度パッチがあてられることになります。 印刷やプリンターの正常動作を確認できれば復旧作業の完了となります。 全ての復旧後に気が付いたこと! 1週間の間に9台がほぼ同時に発症した今回の障害。 全て復旧して1日が過ぎましたが、9台以外の報告は今のところありません。 ここで別な症状が見つかり、もしかするとそれが今回の引き金の一つになっている可能性がありますので一緒にご紹介しておきます。 勝手にCP名 コンピュータ名 が変わっている パソコンには『コンピュータ名』という項目がありますが、今回の 8台のうち6台でアップデート前と後で『CP名』が変わっていることに気が付きました。 じつはこの6台、初期設定当初は現在のCP名ではありませんでした。 かなり前に諸事情で別のCP名に変更したのですが、それが今回のアップデートにより初期設定時のCP名に戻っているという事がわかりました。 こんなこと有り得ないと思ったのですが、検索をしてみるとマイクロソフトコミュニティーでも事象が紹介されていました。 下記がその記事になりますので興味のある方はご覧になってください。 もしかすると今回の復旧も、 最初にCP名を変更すれば改善した可能性は否定できませんねー。 考えずらいですが、そもそもCP名が変わったことでプロファイル上、正規なアカウントにログインできていないイメージでSpoolerが拒否されていたとしたら可能性はあったのかもしれません。 また同じ症状が発症した際には改めて確認してみたいと思います。 所見 ~何事も『変更』には危険が伴う~ ふと、修復作業しながら2014年の年末に発生したWindows Updateによる大規模障害『ActiveXが動かない』が頭をよぎりました。 当時はおよそ4、5日間社内システムが正常に利用できず、数十台に及ぶパソコンに対してリモート作業で全てパッチをあてた記憶があります。 そこまでではありませんが今回も本当に冷や冷やものでした。 何事も『変更』するという事は何らかの『リスク』が伴う事を改めて感じた一件でした。 Updateが引き金になったものの、今回は全てのWindows10に発生していない事を考えると、お客様のPCにそれを引き起こす何らかの要因がある可能性は否定できません。 ですが『自動更新』が推奨されている以上、メーカーの責任として今度このようなことが無いよう願うばかりですね。 と言う訳で、今回は随分と長くなりましたが、 『【Windows10】突然 印刷ができない! 全てのプリンターが使用不可! その対処法』についてご紹介させて頂きました。 では皆様、健やかなPCライフをお過ごしください。 ご清聴ありがとうございました。

次の