インスタ グラム 落ちる。 3分でできる!インスタグラムをPC(Windows・Mac)で使う方法まとめ

3分でできる!インスタグラムをPC(Windows・Mac)で使う方法まとめ

インスタ グラム 落ちる

【スポンサーリンク】• 当サイトをフォローしてください!• カテゴリー• 105• 300• 342• 181• 142• 363• 571• 193• 267• 266• 158• 641• 212• 106• 150• 166• 1,071• 227• 162• 153• 102• 105• 144• 6,990• 120• 515• 113• 688• 333• 177• 104• 212• 116• 546• 1,854• 180• アーカイブ アーカイブ.

次の

インスタが開かない原因や対処法!最新の障害情報も随時更新|アプリ村

インスタ グラム 落ちる

インスタグラムと言えば、主に写真を用いてアーティスティックな表現が可能なSNSです。 世界中で多くの芸能人や一般の人も、日々写真や動画媒体のメディアを通じて活発に配信を行っています。 写真主体のSNSメディアであるため、アプリには各種様々なフィルターや加工ツールも用意され、多くの人が工夫を凝らして個性的な表現活動を行っています。 そんなインスタグラムに投稿される写真ですが、最適なサイズをご存知でしょうか?デフォルトの画像比率は1:1の正方形ですが、実は横長や縦長の画像も投稿することが可能です。 今回は表現の幅を広げるために、インスタグラムに投稿する写真の最適サイズや、長方形の画像を投稿する方法などを詳しく解説していきます。 インスタグラムに投稿する写真の最適サイズとは? 基本は正方形 1:1 だが、横長 1. 91:1 や縦長 4:5 も奨励 インスタグラムと言えばもともと正方形の写真が基本形でしたが、2016年8月に縦横長方形の画像投稿も可能になり、今では縦長横長など表現の幅が自由に広がっています。 インスタグラムの写真の解像度 インスタグラムの写真の最適サイズは画像の解像度に関係してきます。 インスタグラムの公式によると、画像の横解像度サイズは最大1080ピクセルです。 アスペクト比は1. 91:1~4:5なので、幅が320~1080ピクセルの写真をシェアする場合、高さ566~1350ピクセルの写真であれば、写真の元の解像度が保持されます。 写真のアスペクト比がサポートされていない場合、サポートされている比率に合うようトリミングされます。 それより低い解像度で写真をシェアする場合、幅320ピクセルまで拡大されます。 それより高い解像度で写真をシェアする場合、幅1080ピクセルまで縮小されます。 高解像度の写真で横幅が1080ピクセルを超えていても縮小される分には画像の質は劣化しませんが、もし解像度が320ピクセル以下だった場合は最低解像度である320ピクセルまで拡大されてしまうので、写真がぼやけてしまうことになります。 上記の写真の例でも幅が200ピクセルの画像が320ピクセルに拡大された場合、画像が粗くなりぼけた感じになってしまっているのが分かると思います。 サイズが320ピクセルの画像でも、高解像度のパソコン画面などで表示した場合は画像の質は鮮明さに欠け、クオリティがイマイチなのは分かってしまうと思います。 せっかく写真がメインのメディアなのですから、できるならば、写真の解像度は幅1080ピクセル以上で撮影したものを投稿することが、画質のクオリティを損なわずにすみ、迫力のある画像をアピールすることができるでしょう。 最適な画像サイズ インスタグラムでトリミングできる写真のアスペクト比は正方形 1:1 、横長 1. 91:1 、縦長 4:5 の比率になっています。 推奨最大解像度1080ピクセルを基準にすると次のようなサイズが最適な画像サイズになります。 ・正方形 1:1 幅1080ピクセル X 高さ1080ピクセル ・横長 1. 91:1 幅1080ピクセル X 高さ566ピクセル ・縦長 4:5 幅1080ピクセル X 高さ1350ピクセル インスタグラムに掲載する写真を撮影する場合は、この比率を念頭に置いて、写真のアングルや余白を計算して撮影するようにしましょう。 インスタグラムに長方形写真を投稿する方法 横長写真の場合 オリジナルサイズが横1920ピクセル X 1280ピクセルの横長の写真です。 こちらをインスタグラムに投稿してみます。 デフォルトでは1:1の正方形比率で幅1080ピクセル x 高さ1080ピクセルで表示されています。 写真の投稿時に、画像左下の「」(トリミングアイコン)をタップすると正方形から1. 91:1の比率に修正されます。 このように幅1080ピクセル X 高さ566ピクセルの横長サイズで投稿されました。 縦長写真の場合 オリジナルサイズが横1080ピクセル X 1920ピクセルの縦長の写真です。 こちらをインスタグラムに投稿してみます。 デフォルトでは1:1の正方形比率で幅1080ピクセル x 高さ1080ピクセルで表示されています。 写真の投稿時に、画像左下の「」(トリミングアイコン)をタップすると正方形から4:5の比率に修正されます。 このように幅1080ピクセル X 高さ1350ピクセルの縦長サイズで投稿されました。 アカウント内で統一感をもたせることが最も大切 インスタグラムは正方形、縦長、横長様々な表現をすることが可能ですが、アカウント内で統一感をもたせることが最も大切になってきます。 統一感を持った写真サイズを投稿している事例 airio830 きれいなスイーツの写真を紹介したアカウントです。 写真の明るさやパステルの色合い、透明感のある彩度など写真の雰囲気を上手に統一しています。 こちらは全て正方形でまとめています。 rolaofficial タレント・モデルのローラさんの公式アカウントです。 モデルらしい華やかな写真を多く投稿しています。 ご覧の通り縦長の画像が多用されていますが、画像加工アプリを使って横に余白を取り、オリジナルの比率が保たれた写真を掲載しています。 余白のサイズは統一し、雑誌のカバー写真のような被写体でイメージをオシャレにまとめています。 ローラさんの写真のように縦長や横長の写真でも、そのままのサイズで掲載できるようにするアプリのご紹介を最期にしたいと思います。 そのままの写真サイズを投稿するアプリを紹介 インスタグラムのアプリを使って横長と縦長の長方形写真を投稿する方法を説明しましたが、トリミングアイコンを使って投稿する際は、比率が1. 91:1か4:4になってしまいますので、完全にそのままの画像を投稿することはできません。 常に自分の思った通りのサイズや画像の縦横比で投稿したい場合、公式以外の画像加工アプリを使う方法もあります。 よく使われているものには正方形さん、InstaSize Photo Picture Editorなどがあります。 正方形さんを使って画像を投稿する方法 正方形さんは画像に余白をつけることで横や上下がトリミングされてしまうことなしにインスタグラム用の画像に加工できるアプリです。 同じボタンを続けてタップすることで余白の幅を調整することができ、この幅は3段階用意されています。 出てきたメニュー内のインスタグラムアイコンをタップするとインスタグラムのアプリに移動します。 そのまま画像をシェアして投稿を完了させます。 画像の周りに余白ができた状態でオリジナルの比率を保ったイメージで画像がインスタグラムにアップされました。 自分の撮影した画像を切り取られたくない場合はこうして余白をつけることで、元々のイメージでの投稿が可能ですが、投稿によって余白のばらつきが生じ、横幅が画面いっぱいにフィットしたものと余白があるものが混在していると、投稿の統一感を損なってしまいます。 こうしたサードパーティーのアプリを利用する場合は、先に説明したように自分のインスタグラムの統一感や雰囲気も考えて使っていくようにしましょう。 投稿画像の統一感以外にも企業アカウントの運用で気をつけたい運用ルールやKPIの設定については、のページもご覧ください。 今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、 「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に インスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の

インスタグラムのユーザーネームって本名じゃなくてもいいですか?ユーザーネ...

インスタ グラム 落ちる

インスタグラムをiPadで利用したいけど、方法ってあるのかな?あるのであれば知りたいな。 インスタグラム利用者の中で、iPhoneやAndroidなどのスマホ以外からもアプリを利用してみたいという人も多いのではないでしょうか? インスタグラムは、スマホで利用できる写真投稿型のSNSとして多くのユーザーが利用していますが、実はiPadとiPad mini用の純正アプリは提供されていません。 iPadとiPad miniでは、iPhone用のアプリを利用することができるので、インスタグラムも同様に利用することができますが、あくまでiPhone用に作られたアプリを大画面で利用するため見づらかったり、不便なことも多くあります。 この記事では、iPad・iPad miniユーザーが快適にインスタグラムを利用できるおすすめアプリ「PadPics」をご紹介します。 インスタグラムをiPadで利用する インスタグラムは、スマホ向けアプリのためPCからの投稿ができなかったり、iPad・iPad mini向けのアプリが出ていなかったりとタブレットで利用したいユーザーからすると少し不便に感じることもあるかと思います。 インスタグラムは、ウェブブラウザでも対応がしているのでiPad・iPad miniユーザーもsafariなどでも利用することは可能です。 簡単な投稿であれば、ウェブブラウザ上でも不便なくインスタグラムを利用することができます。 ですが、やっぱりニュースフィード(タイムライン)の投稿なんかを見たりするときは、ウェブブラウザ版だと使いづらいと感じる点もあります。 iPhone版のアプリもダウンロードして実際に使ってみてみると、単純にiPhoneアプリがiPadサイズで閲覧ができるようになっているだけなのでオシャレな感じは一切なく見やすいわけでもありません。 実際にiPad miniでiPhone版のアプリを使ってみると単純に、iPhoneで表示されている画面を拡大しているだけなので、iPadで使う意味もないという感じです。 そこで、探して見つけたのがiPad・iPad miniユーザーにおすすめなアプリが「PadPics」です。 iPadユーザー用のインスタグラム閲覧アプリ「PadPics」 iPadユーザーで、ウェブブラウザからの写真投稿は問題ないけど、友人などの投稿のニュースフィードが使いづらいし、iPhone版アプリは冴えないしと考えている人におすすめなのが「PadPics」です。 大画面で、友人やフォローしているアカウントを見やすく使えるアプリで、iPadユーザーでインスタグラムを利用したいのであればダウンロード必須のアプリです。 PadPicsを使うには、Apple Storeでアプリをダウンロードしてまずは、インスタグラムのログインをします。 ログインしたらすぐにアプリが使えるようになり、複数のインスタグラムアカウントを持っているユーザーもPadPicsであれば複数アカウントの利用が可能です。 使える機能は、純正アプリと変わらずに以下の閲覧ができます。 Home(プロフィール画面) Feeds(ニュースフィード) Likes(いいねした投稿) などなど 自分のアカウントページも見やすく「いいね」や「コメント数」も簡単に見ることができます。 ニュースフィード画面もiPadユーザーには、便利で嬉しいのがいろんなパターンで画面表示が出来るため快適にインスタ利用ができます。 画像のように自分の見やすいニュースフィードのサイズに変更してインスタグラムの投稿を確認ができるので、かなり便利です。 それ以外にもカスタマイズ性にも優れているアプリで、アプリのテンプレートを変えたり表示される文字のフォントを変更したりなどもすることができるので、自分の見やすい形に変更ができます。 まとめ:iPadユーザーがインスタを利用するなら「Pad Pics」 PadPicsは、インスタグラムの投稿をiPadやiPad miniで閲覧したいというユーザーにはおすすめのアプリで大きな画面で快適にニュースフィードをチェックすることができます。 標準のアプリの機能に加えて、Subscription(購読)機能などの拡張機能が付いていて、人気のインスタグラムアカウントや興味のある投稿を見るためにハッシュタグなどを設定することで簡単に自分の閲覧したい情報を購読することもできます。 1つ残念なのは、PadPics上で写真投稿ができないので、投稿ボタンを押すとiPhone版アプリに遷移するため、iPhone版のダウンロードが必要になっていきます。 基本的にはスマホでインスタグラムを利用しているユーザーが多いとは思いますが、大画面で投稿をチェックしたいユーザーはPadPicsを使えば快適にインスタグラムを利用できます。

次の