あさが来た 感想。 【ネタバレあり】感想・第26週①前半「あさが来た」:柔らかい心・新次郎の優しさ【玉木宏】

【ネタバレあり】感想・「あさが来た」第23週「大番頭のてのひら」:養之助~!!【西畑大吾】

あさが来た 感想

今回のお品書き!• 1.第21週 今、話したい事【今週のおおすじ と モロッコの妄想予想】 今週のおおすじと その補足部分を妄想予想しました。 おおすじは公式ですが… 私の妄想予想部分は、かなりふざけていますので心を広く持ってお読みください。 2.第21週 第123話 今日の公式なあらすじ+ Yahoo! 番組紹介ページからの引用と、私の補足です。 あさ(波瑠)が入院している病室で新次郎(玉木宏)と娘の千代(小芝風花)と親子三人で夜を過ごすことに。 あさは千代に、新次郎と出会った頃のことや嫁いで来たときのこと、 そして千代を出産したときのことなどを話す。 すると千代は…。 あさの愛情を肌で感じて 笑い合うのだった。 あさを見舞うために加野銀行を訪れていたはつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)は、立派な銀行の様子に感心し、懸命に働く長男、藍之助(森下大地)を見て喜ぶ。 以上 引用おわり。 3.【ネタバレ】第21週 第123話 Mの感想 月並みですが家族の愛が凄い!! 『Mの感想』の『M』は『モロッコ(Morocco)』の『M』です。 タイトルが長くなるので省略してみました。 あさと はつ それぞれ狭いながらも それぞれの家族三人で寝る。 それぞれの家族が水入らずで過ごし、家族の良さを感じられる回でした。 そこでは、お金が有る無い関係ない気がしました。 確かに全く無いのは辛いですが…。 それよりも大切なもの。 スポンサーリンク それは家族。 その家族が仲良くしているからこそ お金も入って来るような気がします。 はつの家族。 お金の面では、名門の両替屋だった山王寺。 しかし、銀行への切り替えが上手く行かず廃業。 しかし、はつは それよりも家族で一緒に働けるのが本当に楽しかったのです。 そして、主人の惣兵衛が自分で見出した みかん作りが嬉しかったのです。 そして、藍之助が自分で加野銀行で働きたいと行って一人で凄い信念を持って大阪で働いていることも。 あさの家族。 プラプラしていそうで家族想いの 新次郎。 あさに反発しながらも あさのことが大好きな 千代。 そして、そんな家族に囲まれて仕事に取り組んでいたけど それは家族があってこその あさ。 それぞれの家族の様子を追体験できて また家族を思いやる気持ちを味わえるのがドラマの良いところですね。 そして、改て思いました。 リアルじゃなくて良いと。 だって、おかしいですよね。 あんな綺麗な顔の人たちが、あんなに集まることって普通じゃ中々 無いですよ。 でも、美男美女がやっているから見たくなる。 その要素もありますよね。 だから、そこはリアルじゃ無くて良い。 改て そう思いました。 自分には家族は出来ないかもしれない。 いや、出来るように今 全力で頑張っておりますが… そんな自分にも家族の温かさを 朝から感じさせて貰えて こんなに嬉しいこと そして こんな爽やかなことは無いです。 今日もがんばろう!.

次の

朝ドラあさが来たの感想。まれと比較してみた。 | ノマドスタイル

あさが来た 感想

前週より下がってしまい、最終週、意外と盛り上がりませんでした 汗 逆に、 北海道は25. 北海道の最終回の視聴率は分かりませんが、これ、以下です。 3% 関東 でした。 初回から最終回まで全156話の期間平均は、23. 21世紀の朝ドラとしては、2002年前期の「さくら」 23. 1%ですが、21世紀は2001年から2100年で、それは入らない 関西では、最終回23. 4%で、期間平均21. 4%でした。 はつの蜜柑の山は、養之助の妻・せっちゃんの弟が田舎に帰ってきたので、半分世話してくれるそうです。 そして、養之助に2人めの子供ができました。 それから6年飛びました。 6年経って、藍之助はどうなったのでしょう? 出ませんでした(^^;) 千代には3人女の子がいて、4人めがおなかの中にいるそうです。 今度こそ、男の子だといいですね(^^) 今、芦屋に住んでいるそうです。 丁度、実家に帰って来ていた時に、宜が来ました。 留学から帰ってきた宜に、これから毎年春に別荘で勉強会を開くと言いました。 「大学校や日本中からやる気のある女子はん集めて、いろんな事学べる勉強会、開こう思てますのや。 堅苦しい形に拘らんと、自由な発想で意見交わして、研さんし合おう思うてな」 宜にもアメリカで学んだ事を話してほしいと頼みました。 そして春になり、別荘で勉強会が開かれました。 でも、参加していた女性は、あさの弟の妻とか、榮三郎の妻・さちと、長女と次女とか、身内が多かったです(^^;) 実際は、若き日の市川房枝さんや村岡花子さんなども参加したそうですが、村岡花子さんが登場しなくて、残念でした(^^;) 昨日、「あさイチ」に波瑠さんが出演されて、最終回はすごい人が出ると仰ったので、私はもしかしたら吉高由里子さんが登場するのではないかと期待したんですが… 出なくて、残念でした(^^;) 結局、最終回に出たすごい人って誰の事だったんでしょう? 死んだ筈の新次郎さんの事かな? それとも、ふゆ役ではなく、その娘役で登場した清原果耶さんの事かな? どちらも想定内だったので、すごい人には思えませんでした(^^;) 最後の野外授業と新次郎との再会シーン、菜の花畑が綺麗でしたが、このロケ場所は兵庫県立です。 「皆が幸せになるための武器は、こことここ。 頭と胸を差す 人の気持ち、おもんばかる事のできる優秀な頭脳とやらかい心。 それさえあったら、それで十分なんだす」 いろいろ話して、次は宜の話という事で休みになりましたが… 遠くに、新次郎さんを見つけて、あさは杖をついて走り出しました。 2% 19. 7% 20. 2% 最高視聴率 27. ] 23. 5 月,火 23. 9 木,金 23. 3 木,金 25. 0% 23. 4% ? 期間平均 1~156話 23. 5% 21. 4% ? 最終回・関東の視聴率は月曜追記。 4 - 人生は九転び十起き。 終わりましたね。 昨日の信次郎の死がハイライトでしたね。 今日はごく当たり前な無難な最終回でした。 最終回がすごく良かったというのは過去の名作でもまずないので今週一週間を通すとやはり良かったと思います。 あさという女傑のサクセスストーリーというよりは夫婦愛、家族愛をホームドラマとして非常に良く出来ていたと思います。 突っ込み所もあったとは思いますが、波瀾万丈でしたが、朝からおもくならずに常に爽やかに元気を貰える作風は軽妙で良かったです。 脇役を含めて皆さんに広く愛されるキャラクター揃いだったことも、そして芸達者な方々の演技も素晴らかったです。 久しぶりに楽しい半年間になりました。 もちろん評価はAです。 あまちゃんより上、ゲゲゲと同等の好評価で、過去20年の中でも、ベスト5内の評価はしてもいいと思います。 ちなみに「ちりとてちん」と「カーネーション」は別格で評価はSSです。 この2作品を超える作品はもう出ないかもしれません。 「あさが来た」でもこの2作品には及びません。 さて「トト姉ちゃん」が始まりますね。 また楽しい半年間が始まるように期待したいです。 投稿: ムーミン こんばんは。 「あさが来た」は最終回の視聴率が関東で27%まで上がって有終の美を飾りました。 関東の視聴率は毎回凄いことになってますね。 「365日の紙飛行機」はいまだに耳から離れません。 今日配達先のカラオケ喫茶でオバチャンが歌ってましたが、あまりにも外してひどかったので、マイクを奪い取って手本をしめしてやろうかと思いましたが、仕事中だったので出来ませんでした。 この曲は名曲ですね。 「ありがとう」や「麦の歌」も良かったですが、決してひけはとってないです。 毎日流れる朝ドラの主題歌はわかりやすくて、すぐに耳になじんで手軽に口ずさめる歌がいいです。 「とと姉ちゃん」の主題歌もいい曲でしたが、すぐには覚えられないですね。 投稿: ムーミン >ムーミンさんへ コメント、ありがとうございます。 お返事、遅くなってしまって、すみません。 >終わりましたね。 昨日の信次郎の死がハイライトでしたね。 今日はごく当たり前な無難な最終回でした。 ですよね(^^;) >最終回がすごく良かったというのは過去の名作でもまずないので今週一週間を通すとやはり良かったと思います。 そうですね(^^) 最終回は締めで、大抵、あまり内容ありませんね(^^;) 視聴率もその前の回の方が高いドラマも多いですが、視聴率は最終回が27. 朝ドラなので、必ずホームドラマで、夫婦愛、家族愛をテーマにしていましたが、後半、千代とあさとの確執、長過ぎて、うんざりしてしまいました(汗) 炭坑の話の時の方が面白かったです(^^) ただ、炭坑も爆発事故の話は作り過ぎな気がしましたが・・・(汗) >突っ込み所もあったとは思いますが、波瀾万丈でしたが、朝からおもくならずに常に爽やかに元気を貰える作風は軽妙で良かったです。 脇役を含めて皆さんに広く愛されるキャラクター揃いだったことも、そして芸達者な方々の演技も素晴らかったです。 久しぶりに楽しい半年間になりました。 もちろん評価はAです。 あまちゃんより上、ゲゲゲと同等の好評価で、過去20年の中でも、ベスト5内の評価はしてもいいと思います。 ちなみに「ちりとてちん」と「カーネーション」は別格で評価はSSです。 この2作品を超える作品はもう出ないかもしれません。 「あさが来た」でもこの2作品には及びません。 さて「トト姉ちゃん」が始まりますね。 また楽しい半年間が始まるように期待したいです。 関東の視聴率は毎回凄いことになってますね。 今日配達先のカラオケ喫茶でオバチャンが歌ってましたが、あまりにも外してひどかったので、マイクを奪い取って手本をしめしてやろうかと思いましたが、仕事中だったので出来ませんでした。 この曲は名曲ですね。 「ありがとう」や「麦の歌」も良かったですが、決してひけはとってないです。 毎日流れる朝ドラの主題歌はわかりやすくて、すぐに耳になじんで手軽に口ずさめる歌がいいです。 >「とと姉ちゃん」の主題歌もいい曲でしたが、すぐには覚えられないですね。 私も「365日の紙飛行機」の方が好きです。 確かに、「とと姉ちゃん」の主題歌、覚えにくいですね(^^;) 投稿:.

次の

朝ドラあさが来たの感想。まれと比較してみた。 | ノマドスタイル

あさが来た 感想

朝ドラ『あさが来た』では、 大島優子さん演じる 平塚らいてうが 加野屋に乗り込んできて、あさと対決しました。 憤るらいてうでしたが、あさの「神対応」に拍子抜けするほどあっさりと かわされてしまいましたね~ しかも帰り際の千代の言葉も的を得ており、らいてうはあさへの批判も忘れてしまい、 「 新しい女」になることを強く決意します。 なかなか 賛否両論といった感じの面白い結果です!! コンテンツ• 「大島優子の平塚らいてうの演技の感想~否定派」 スポンサードリンク 「大島さんのらいてうは登場させる必要があったのでしょうか? なんだか大人の事情を感じてしまう人選。 大島さんの演技も固かったし、 朝ドラにAKBはいらないと思います」 「大島優子さんの平塚らいてうにはがっかり。 小物感がプンプン漂っており、 とてもじゃないけど、後に女性運動の先駆者となるような雰囲気すらなかったです。 史実のらいてうに失礼だと思いますし、もっと雰囲気のあるキャストがよかった と思います」 「平塚らいてうのエピは取ってつけたような感じだし、大島優子もいらんかったわ~ ただの高慢な小娘にしか見えんかった」 「らいてうのキャラはかつての千代とかぶって見えて、オリジナリティが 感じられませんでした。 大島さんの演技もイマイチでしたし、 たったあれだけのことを言うために東京から来るという設定も本物感がまるでなし」 「今は一秒でも長くあさと新次郎を見ていたいのに、なんで大島優子さんが 登場するのでしょうか?ドラマも終盤ですし、大島さんの演技力や明の キャラクターも含めて、すべてが必要なかったと思います」 「大島らいてうはセリフも一本調子だったし、表情もワンパターン。 この前まで高校生だった千代ちゃん女優のほうが断然上手」 大島優子の平塚らいてうの演技の感想~肯定派 スポンサードリンク 「大島優子のらいてうよかったです!!この人こういうムカつく女の役は 上手ですね~」 「ホント平塚らいてうの憎たらしいこと!大島優子にピッタリの役ね。 あさの立腹に共感できるのも面白いし、千代ちゃんもナイスフォロー」 「女優としては前田敦子さんに先行されてると思った大島優子さんですが、 今朝のふてぶてしい演技はいい感じでした。 いい女優さんになりそう!」 「朝ドラの大島優子を見てマジでイライラしたが、 これは実は大島の成長だと思った。 ムカつく役はこの人ハマるわ~」 「大島優子はAKBという国民的な人気グループに在籍していながらも、 身の丈をとてもわかっている。 ピンのアイドルでは通用しないことも、 歌手としても勝負できないことも。 芸能界で生き残るために女優を目指しているわけだが、そのような危機意識が あるからか、徐々に演技も上手になってきている。 波瑠と比べたらまだまだだが、 今回の朝ドラの演技も彼女の進歩が感じられた」 「らいてう役の優ちゃんよかったです!長いセリフも完ぺきに覚えていたし、 登場シーンは少ないけれど、このドラマに賭ける優ちゃんの思いも伝わりました。 ツンツンした演技も上手でした!優ちゃんのらいてうのスピンオフが見たい!」 と大島優子さんの平塚らいてうの演技の感想や意見をまとめましたが、 まさに 賛否両論といった感じです。 どちらかと言えば、今回のらいてう役は大島さんのキャラにハマったのか、 肯定的な意見が若干上回ったようにも思えます。 上記の感想などにもありましたが、大島さんはドラマでのらいてうのキャラの色を いい感じに出せていたように思います。 個人的には大島優子さんはお嬢様役のようなイメージもありましたが、 なかなかこのような悪女的な役柄も合うのですね~ ご本人の努力次第でしょうが、相武紗季さんのような女優になるかもしれませんね~ またらいてうのドラマの登場に関しても賛否両論がありましたが、 なかなか見ていて楽しめました。 もうドラマも終盤なのでいいことづくめで押してもいいのですが、 らいてうのような敵キャラが出てくると物語も締まります。

次の