戸建て 賃貸。 【ホームズ】京都市下京区の賃貸一戸建て[賃貸一軒家] 物件一覧

戸建て賃貸のメリットデメリット?マンションより慎重に契約をした方がいい理由

戸建て 賃貸

家賃をなるべく抑えたい!あなた好みの賃貸が探せばあります• 賃料が控えめでも設備充実!バス・トイレ別でエアコン完備!• 動物だって大切な家族の一員であり癒しの存在 ペットと暮らせる賃貸• 家も生活に必需のクルマもあきらめない 駐車場付きの賃貸• 空を感じて見下ろす快感 素晴らしい眺望が魅力のタワーマンション• 優良な賃貸物件に家賃補助付きで住める、特定優良賃貸住宅• 大切な友人と恋人と・・・新たな生活を二人ではじめるなら• フロントサービスが受けられる、ワンランク上のハイグレードなくつろぎ• 購入用の分譲物件を賃貸用にしているからハイグレードで高品質• 部屋のスペースを有効活用!収納や寝室としても活用方法はいろいろ• リラックスできる空間は広々スペースを確保しましょう• 二人の生活がさらにパワーアップ!新婚・カップルにぴったりな賃貸• 連帯保証人がいなくても借りられるので入居時のわずらわしさが不要• 音楽が大好きなあなたに!家でも楽器が演奏できる充実の毎日を• 気になる住まいの詳細が見れる!パノラマ画像掲載の賃貸を集めました• セキュリティが充実、女性好みの設備が整った快適な住まい• 火を使わないから安心で光熱費もお得?電気の力で快適生活• バス・トイレ別・エアコン付・室内洗濯機置場・2階以上は大人気• 一人でも広々過ごしてゆとりのある生活を!広めのワンルームなら• 収納にゆとりが持てる、ウォークインクローゼット付きの賃貸 もっと見る 閉じる 住まい探しのお役立ち情報• 理想に近い物件に出会うために気を配るべきポイントを5つご紹介• 『引越し日までにやらなければならないこと』をご紹介• 「賃貸と購入」のどちらが良いのでしょうか?• 3分でわかる一人暮らしの段取り。 下調べ・物件探し・契約・入居までの流れをマンガでまとめました• 賃貸から持家に住み替えた人に聞いた良かったこと、悪かったことをご紹介• 賃貸借契約で重要な「賃貸借契約書」と「重要事項説明書」について見るべきポイントを説明します• 賃貸住宅の初期費用をシミュレーション。 気になる賃貸戸建を見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。

次の

【アットホーム】徳島県の賃貸物件を探す|賃貸住宅(賃貸マンション・アパート)情報やお部屋探し

戸建て 賃貸

こんにちは、大阪の不動産営業です。 賃貸契約といえば、マンションを思い浮かべる人も多いと思いますが、戸建ての賃貸もありますよね。 個数から言えば、マンションより圧倒的に少ない戸建て物件ですが、気に入る物件があったときの喜びはひとしおです。 今回の記事ではそんな戸建て賃貸の契約で気を付けておいてほしい事を記述しました。 戸建て賃貸契約はデメリットの方が多い? マンションの契約というのは、賃貸契約の9割以上を占める契約なので(都会に限ると思いますが)ある程度、通例というものがあり、それに沿って契約が出来る。 というのがありますが、戸建ての契約は全ての形状や築年数、立地、が違うので個々に細かい契約条項を入れることが多いかと思います。 不動産屋側から見る、戸建て賃貸のメリット、デメリットをめとまてみました。 戸建て賃貸のメリット 希少価値が高いので差別化できる 戸建ては基本的には全てが「一つしかない」ものです。 マンションは、ある程度のルールにのっとって作られていることが多い為、別のマンションなんかでもほとんど同じ間取り設備、という事がありえます。 特に最近の分譲マンションなんて、ほとんど、一緒ですよね。 戸建ての賃貸は似ている、という事がないのでオリジナリティーが高く、人と違った生活を楽しみたい。 という人にはお勧めです。 駐車場がついてる事がある 戸建ては1F部分に駐車場がついているケースも少なくないわけです。 しかも相対的にみると、駐車場付きのマンションを探すよりは、家賃もお得に感じられることが多いように思います。 独立しているので音などに悩まされにくい 隣とは空間があり、上の階の住人もいません。 即ち音の原因となるものは少ない環境であるとは言えます。 ペットを飼えるところが多い 戸建てはペットに寛容なケースが多いように思います。 マンションであれば、どうしてもペット嫌いという人の事も尊重するため「ペット厳禁」としている所もありますが、戸建てはそういった制約がありません。 ペット飼ってもいいですか?という交渉がしやすいのも断然戸建ての方です。 戸建て賃貸のデメリット 初期費用が高額になる事が多い 希少価値が高い為、礼金が高く設定されている事が多い訳です。 10万の家賃だったとしてマンションでは10-20万程度の礼金ですが、戸建ては30-40万という所もそれなりにあります。 設備の不具合は借主負担となる事が多い 戸建ての賃貸でこれが一番重要です。 マンションの契約でも重要な所ですが、戸建ての賃貸では最重要です。 今部屋についている設備が不具合があった場合にだれが補修をするのか?という所です。 マンションの場合は、給湯器、テレビアンテナ、給水排水、などほとんどの設備において、不具合があった場合は家主が修理交換することが当たり前となっています。 ですが、戸建ての賃貸では「こんな条件でも借りたいひとがいれば借りてもいいよ」というテンションで賃貸に出しているオーナーさんもいるので、アンテナの不具合は借主、給湯器の不具合は借主。 と、なにかあっても何もしないよ。 という特約が設定されている事も珍しくありません。 この辺りの確認は仲介する不動産屋の仕事ですが、借主としてもしっかり頭に入れておきましょう。 全てを管理する必要がある 上記の不具合にも通じるところがありますが、戸建てを借りている人は、建物を管理する必要も出てきます。 屋上のアンテナが倒れ掛かっている、タイルがはがれそう、など放置してしまうと事故になりかねません。 マンションの場合は、誰が、、という事はないので、入居者の責任となるケースは少ないですが戸建ての場合は、「こんな状態になるまでほっておいた借主」のせいになることもあります。 なので所有者ではありませんが、建物が大丈夫か、という事にも目を向けていかないといけません。 戸建て賃貸に住んだ事がある人の体験談 ここからは実際に契約して住んだ事がある人が感じたメリットデメリットを紹介します。 戸建て賃貸のメリットを感じた所 40代 女性 やはり広いのが一番嬉しかったです。 あとはマンションではなく戸建に住んでいると裕福なイメージで捉えられることもありそれも嬉しかったです。 マンションなどの集合住宅に比べ、隣近所の物音が聞こえにくく、こちらもあまり気にしなくても良かったのでそれも良かったです。 また、家族から離れて少し1人になりたい時や来客で人が泊まりに来た時も一階と二階に物理的に離れることができるので互いに遠慮しあうこともなく快適でした。 40代 男性 戸建を借りるメリットは洗車が家の前で出来る事だと思います。 アパートやマンションと違い、家の前が駐車スペースもしくは道路なので、 家の前で洗車することも出来るし、買い物から帰ってきた時も搬送が楽です。 また、賃貸なら万が一気に入らない場合にも他の物件に移れるメリットがあります。 今は賃貸ではなく持家に住んでいますが、賃貸なら戸建の良し悪しが実際に体験できます。 私も家を購入する前に戸建の良い面と悪い面を両面から見ることができたので、良い物件を選ぶことができたと思います。 30代 女性 戸建てなので、アパートと違いお隣や上下階を気にせずに生活できるのが一番のメリットです。 部屋数も多く一部屋も広いので、住み心地がよいです。 また賃貸ならずっと住み続けなくて良いので、例えば戸建てに住みたいけど転勤などでその地域を離れる可能性があっても安心です。 家を購入してしまうと、ほとんどの場合はローンを組むと思うので、何十年とローンを払いながら家のメンテナンス費もかかります。 その点賃貸なら住んでいる間家賃を払っていれば良いので、気持ち的にも負担が少ないと思います。 50代 女性 現在住んでいるのが、古い分 賃貸料金が安くてとても広い戸建物件です。 先日もサッシが壊れたり、水道のパッキンの交換の必要がありましたが、賃貸業者に連絡すればすぐに無料で修理業者さんを派遣してくれました。 今後もあちこち修理の必要が出てくることは予想できますが、自分の持ち物ではないので気が楽です。 また契約の際、リフォームがされていない部屋については、セルフリノベしてよいという約束をかわしたので、北欧風に壁を自分で塗り替えてとてもオシャレになりました。 50代 女性 まずなんといってもいいのは、広いということです。 マンションではそんな広さは、感じることがありません。 天井もマンションよりもはるかに高いので、気持ちがいいです。 また、庭があることがいいですね。 自分の庭と思えるので、とても広々とした気持ちになることができます。 そして南に庭があったので、日当たりがいいことと洗濯物が早く乾きました。 そんなところも大きなメリットです。 しかもプライベート空間もしっかり確保できる点もとてもいいです。 30代 女性 家をいずれ建てたいと思っていましたが、主人の職場で家賃補助もあったため、賃貸を選びました。 まず一番のメリットは、走り回る小さい子供に「静かにしなさい!」「走ったらだめ!」とダメダメ言わなくて済んだことです。 あと天気が良くても出かけるまでの気力がない時に、目の届く庭で遊ばせることもできて助かりました。 車庫も玄関から近いので、荷物や子供を車から降ろすのも安全で時間もかからず便利でした。 一度賃貸に住んだことで、将来建てる自分の家の参考になりましたし、理想も固まりよかったと思います。 20代 女性 アパートやマンションではある程度騒音を我慢したり、雑音が出ないように配慮する必要がありますが、戸建て賃貸ではそこまで気にする必要がありません。 特に子供のいる家庭では戸建て賃貸が魅力的です。 日中の家の中での子供の走り回る音や赤ちゃんの夜泣きなどもそこまで気にする必要がありません。 お母さんの日頃の精神的負担を減らすことができます。 また、新築戸建てを予定している人にとっては、建てる前に賃貸戸建に住むことで、自分の家ならこういう間取りにしたいといった疑似体験をすることができます。 30代 男性 購入しなくても集合住宅に比べて広めの家に住むことができる。 他人から見たら賃貸か持ち家かわかりにくい、対外的なイメージが良いといった点はメリットです。 引っ越したくなったときに持ち家では難しいですが、住んでいるときには快適な広さのスペースを確保しながらも、引っ越したくなったらいつでも引っ越すことができるメリットがあります。 又、メンテナンスなども大家さんがしてくれるので壁や屋根の修理代などもかかりません。 20代 男性 戸建て賃貸は非常に自由な感覚で使えました。 なぜなら周囲にあまり大きな音がないからです。 そこが戸建て賃貸のメリットで良いと感じたところです。 また全体的に安い価格で生活できて嬉しかった記憶があります。 もし災害に巻き込まれても戸建て賃貸という安心感がありました。 私は実際に災害には遭わなかったので良かったです。 税金の面でも戸建て賃貸は悩む必要がなかったです。 賃貸なので税金を気にしないで生活できたのが面白いと思いました。 50代 男性 やはり騒音問題がほぼないことでしょう。 距離の差はあれど、隣家と壁が離れているわけですから、直接、振動が伝わってくることは無いので周辺の住人の生活騒音が気になることはありません。 また、庭がある場合が多いので、自分の好きなように花や野菜などを育てることができます。 土をいじることによってストレス解消になる方も多いようです。 もう1点は、自家用車の洗車を自宅前で行うことができる点です。 ガソリンスタンドまで出向く必要がないので、気が向いたときに気軽に洗車できます。 戸建て賃貸でデメリットを感じた所 40代 男性 周囲の住宅も戸建ての場合が多くなります。 戸建て住宅地の住民の交流・結束は、賃貸物件の密集地帯よりはるかに強いのが一般的です。 住宅街の戸建て賃貸に入居した場合、地域からの孤立感を感じることもあります。 「回覧板を回してもらえない」「草刈りなどの地域活動に参加しても話をしてもらえない」……私の場合は大丈夫でしたが、そのようなこともあると聞いたことがあります。 これは受け取る側の感覚によるのかもしれませんが、常日頃から周辺住人の監視の目がきついと感じることもあると思います。 30代 男性 戸建て賃貸は周囲に人がいなかったという実態があります。 私は他人と話をすることが好きで寂しいと思いました。 確かに騒音はなかったですが一人で生活をしている感覚が強かったです。 戸建て賃貸は孤独感が強くなるのがデメリットだと思います。 また困った時に周囲に人がいれば助けてもらえます。 それがないので全て自分で処理する感じでした。 また周囲のルールが無いので自分で生活を管理する必要がありました。 だらしない生活をしていた自分は、それで急に体調不良になったことがありました。 40代 女性 大家さんが近くに住んでいて、相性が良くない場合には結構きついです。 私が以前住んでいたところは大家さんの親戚が近所に住んでいたのですが、かなり変わった人だったので結構面倒でした。 これはレアケースですがそういうケースもあります。 又、町内会などは賃貸アパートの場合は加入しなくても良いところが多いですが、戸建ての場合は加入を迫られることが多いです。 私が住んでいたエリアはアパートの人は入っていないのに戸建ては加入するというよくわからない風習があって面倒でした。 30代 女性 戸建て賃貸のデメリットとしては、なんといってもアパートとは違って、家賃が割高なことです。 また庭が付いている場合は自分で管理しなければいけないので、掃除する場所がアパートよりも広がります。 戸建て賃貸ではありますが、戸建てに住むことで周囲との交流がアパートよりも多くなり、町内によっては夏祭り等のイベントごとに参加依頼が来ることも少なくありません。 ご近所付き合いをしなければいけない場合が多いように思います。 30代 女性 築40年以上の古い家だったので、部屋の位置や階段の位置などの間取りが変で不便に感じることがありました。 また、一番困ったのは湿気です。 建てる当時に対策をよくされていなかったのか、土の水はけが悪くどの部屋も湿気だらけで、服や靴にカビが生えた時はとてもショックでした。 そして今まで2階以上の賃貸に住んでいた時は気になりませんでしたが、戸建に住み日中1階の窓を開けっぱなしにしておくのは、防犯上気になりました。 賃貸は建てるよりは手軽で手頃ですが、実際住んでみないとわからないデメリット部分もたくさんあるんだなと勉強になりました。 50代 女性 少し賃貸の価格が高いと思うのは、仕方がないと思うのですがやっぱりもったいないという気持ちは捨てることができません。 これぐらい支払うなら、家を買ったほうがいいのではないかといつも悩む事がありました。 またちょっと古い家だったのでその点で、掃除などをする時に大変と思うことがありました。 その時、マンションだったらこんなに苦労することはないのにと思うことがあります。 また、修理をしたいと思ったとき、自分でしたらいいのか悩むこともありました。 40代 女性 物件によって違うと思いますが、以前賃貸マンションに住んでいたときは、自治会費や隣組の費用が管理費に含まれており、実際に何も参加する必要はありませんでした。 今回の戸建て賃貸は、別途自分たちで払わなくてはならず、また実際の活動も必要でした。 引っ越してすぐ、当番だったらしく、我が家が組長です。 また、契約の際、すでについている照明や家電については「残留物」ということで、壊しても修理の必要はないけれど、逆に壊れても交換はしないという契約だったので、古いクーラーが二台機能せず、自分たちで新品をつけたので20万円近くかかってしまいました。 30代 男性 賃貸なので、自由にカスタマイズできないことです。 家族が増えたりしても増築やリフォームなどができません。 壁紙を張り替えたり、DIYでちょっとした装飾をつけたいなんてときも、持ち家のように自由にできません。 自身の所有物でないので、その分傷や汚れなどにも気をつかいます。 家を購入した場合は、毎月ローンを支払っていればいつか完済できますが、賃貸だとずっと家賃を払い続けなくてはなりません。 そして財産として残せないのもデメリットです。 40代 男性 細かい事ですが、戸建は近所との付き合いが必要不可欠です。 うまく付き合えればメリットに変えることができますが、ヘタをスレばとても住み心地が悪くなります。 例えば、戸建に移って早々挨拶周りで失敗し相手に不愉快な思いをさせてしまいました。 そのおかげで回覧板やゴミ収集日の表などをうちだけもらえなかったり小さな嫌がらせがありました。 また、空き巣が入った時も他の家の時は近所の方がそれとなく注意したりしてくれるのに、うちの時だけ「そこはいっつも留守にしてて夜遅くまで帰ってこないよ」と助言までしていたそうです。 もともと戸建は侵入しやすく空き巣に狙われやすいので(これもデメリット)貴重品を置いてなかったので被害はほとんどありませんでした。 戸建に住む場合はご近所との付き合いをうまくする必要があるようです。 40代 女性 マンションなどの集合住宅より敷金礼金が高かったです。 私のケースでは三十万〜四十万したと思います。 また、火災保険も比較して高めだったと思います。 入居してすぐ足を負傷してしまい、割と急な階段の家だったため登るのがかなり辛かったです。 昔ながらの集落だったため隣近所の付き合いがやや濃く、隣組という町内会に入らなければ行けなかったのがちょっと煩わしかったです。 マンションだと管理が掃除してくれますが、個別で家の前の掃除をしなければならず、仕事が忙しい時などはお隣さんが代わりに掃いてくれている時があり大変気を使いました。

次の

戸建て賃貸のメリット・デメリットとは?持ち家や賃貸マンションと比べて解説!

戸建て 賃貸

戸建てを賃貸で借りることのメリットとデメリットを、持ち家を購入する場合と比べて紹介します!戸建てとマンションを比較した場合のメリット・デメリットや、戸建てを賃貸で借りる際に確認するべきポイントも合わせて紹介します! 購入より賃貸を選ぶメリットとデメリット 戸建ての物件を購入した場合と比べて、賃貸の戸建て物件を借りることにどんなメリットとデメリットがあるのか紹介します。 購入するか賃貸するか判断する際の参考にしてみてください。 戸建てを借りる5つのメリット 購入するより初期費用が安い 購入するよりも、借りたほうが数百万円も初期費用を抑えられます。 戸建てを借りる場合、初期費用は家賃の4~5ヶ月分くらいなので、例えば家賃24万円の物件なら初期費用は96~120万円くらいになります。 購入する場合、注文住宅や建売住宅など種類にもよりますが、頭金は購入価格の1割~2割くらいと言われていて、金額にすると500万円前後になることが多いです。 固定資産税がかからない 戸建てを借りる場合、建物の所有者は大家さんになるので固定資産税は大家さんが支払います。 購入した場合、年に1回「固定資産税」という、不動産を所有していることによる税金を支払わなければなりません。 固定資産税の金額は、土地の広さや築年数、どんな設備があるかなどによって変わります。 例えば都内の新築の戸建てで約35坪の場合、約12万円くらいになります。 引っ越しやすい 購入した場合よりも、賃貸したほうが引っ越しやすいです。 賃貸物件から退去して引っ越す場合、退去費用を支払う必要がありますが、持ち家を出て引っ越す場合に比べて格段にラクです。 物件を購入してから引っ越すことになると、現在の持ち家を売却したうえで残ったローンを払い続ける必要があるなど、面倒な手続きや大きな負債が発生してしまいます。 経年劣化による修繕費が安い 戸建てを借りていて、転居時に設備の劣化が激しい場合は、退去費用として一部修繕費を負担することになります。 しかし、持ち家の修繕費用よりは安く済みます。 購入した持ち家では、劣化した設備や壁紙などはもちろん、屋根や壁が破損した場合でも、業者の手配から料金の支払いまで全て自分で対処する必要があります。 災害によるリスクが少ない 賃貸物件の場合、災害などで破損した箇所の修繕費用を支払うのは基本的に大家さんです。 持ち家が被災してしまった場合、修繕費用を支払うのは自分です。 もちろん持ち家用の災害保険などもありますが、賃貸の場合よりも支払う金額がはるかに高額になります。 戸建てを借りる3つのデメリット 長期間住むとトータル費用が高くなる 戸建てを借りる場合は、どんなに長く住んでいても家賃を払い続けなければならないので、トータル費用が高くなります。 例えば、5000万円の戸建てを購入した場合と、家賃17. 8万円の戸建て賃貸に30年住んだ場合のトータル費用を見てみると、戸建て賃貸のほうが約1400万円高くなります。 資産が残らない 賃貸では資産が残りませんが、持ち家を購入すれば、物件と土地が資産として手元に残ります。 持ち家なら、自分の子どもに物件や土地を残したり、誰かに貸して家賃収入を得たり、売却して新しい持ち家を購入する際の頭金にしたりできます。 自由に設備を付け外しできない 賃貸物件は大家さんの持ち物を借りているだけなので、設備を付け外しするには大家さんの許可が必要です。 持ち家なら、自分の判断で設備を付け外しできます。 ただし、費用や業者の手配は全て自分でする必要があります。 戸建てとマンションを比較したときのメリットとデメリット 戸建てに住む4つのメリット 近隣住民の騒音を気にしなくて良い 戸建ての場合は、同じ建物に自分たちしか住んでいないので、大きな音を出してもマンションほど気を遣う必要がありません。 マンションの場合、すぐ隣に別の世帯が住んでいるため、ある程度の生活音は我慢しなくてはなりません。 小さい子どもがいる家庭が近くに住んでいたら、泣き声や足音が聞こえてくることもあるでしょう。 駐車場や庭付きが多い 戸建てには駐車場や庭がもともと付いていることが多いです。 駐車場で洗車したり、庭でガーデニングを楽しんだり、バーベキューなどのアウトドアもできます。 マンションの場合は、駐車場は別料金の場合も多いので余計な費用がかかります。 庭付きマンションも少なく、付いていたとしても自由に使うことができない場合が多いです。 収納スペースが多い 戸建ての場合は家族で住む前提で作られているので、収納スペースが多いです。 余った部屋をまるまるウォークインクローゼットとして使うこともできるので、収納場所に困ることはありません。 物件のルールが厳しくない マンションはゴミ出しのルールやエントランス利用のルールなど、決まりごとが多いです。 また、自治会などに参加して自分たちでルールを決めたりする必要がある場合もあります。 戸建てであれば、マンションのように大人数で守るべきルールが必要無いので、マンションよりも自由に生活できます。 戸建てに住む4つのデメリット マンションより家賃が高い 賃貸住宅の場合、戸建て物件はマンションよりも家賃がかなり高いです。 4人家族で住めるくらいの物件とすると、同じ地域で約10万円近く家賃が高くなることがあります。 防犯性が低い マンションのようにオートロックがついていたり、防犯カメラがついていているわけではないので、戸建ては防犯性が低い場合が多いです。 戸建ての場合は自分で防犯性の高い鍵を取り付けたり、ホームセキュリティサービスに加入するなどの対策が必要になります。 築年数が古い戸建てが多い 賃貸として貸し出されている戸建て物件は、誰も住まなくなったので貸しに出した、という古い物件がほとんどです。 そもそも築年数が新しい戸建て物件は非常に少ないので、相対的に古めの物件が多くなってしまいます。 戸建てを借りる際に確認すべきチェックポイント 戸建て物件を賃貸として借りる際は、以下のチェック項目を必ず大家さんや不動産屋に確認しましょう。 契約できる期間が短くないか 戸建て賃貸は、大家さんが使用していない期間だけ一時的に貸しているという場合があり、契約年数が決まっていたり、大家さんの都合で解約されることもあります。 どれくらいの期間借りたいのか・どれくらいの期間借りれるのか確認してから契約しましょう。 賃貸目的で建設された戸建て物件なら、長期間契約できる場合が多いです。 木造か鉄骨か 現代の木造住宅は耐震性が高いものもありますが、築年数が古い物件の場合は鉄骨を選びましょう。 築年数が古い木造の物件だと、ちょっとした地震や台風などで破損したり、倒壊したりする可能性があります。 築年数やお部屋の設備について 築年数が余りにも古いと、耐震性に問題がある場合があります。 1990年頃から一戸建て住宅の造りは大きく改善されているので、1990年以降に建てられた戸建てが良いです。 また、設備の状態も確認しておきましょう。 キッチンやお風呂、トイレや収納スペースがきちんと使える状態か確認して、可能であれば入居前にリフォームしてもらうのがおすすめです。 マンションの賃貸物件とは違い、貸し出している大家さんが設備を管理している場合が多いので、物件によっては設備が使えないほど劣化していることがあります。 管理体制はどうなっているか 物件がどういう管理体制になっているのかしっかり把握しておきましょう。 戸建て賃貸の場合「自主管理」といって、大家さんが管理会社を通さず自分で管理している場合があります。 管理会社を通している物件なら、設備が壊れたりトラブルがあっても管理会社に連絡すれば対処してくれますが、自主管理の場合、トラブルの後の対処や誰が費用を払うのかなど、全て自分で大家さんとやり取りする必要があります。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「家AGENTオンライン」なら、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、他人との接触機会を極力減らしつつお部屋探しをしたい人におすすめです! おすすめ関連記事.

次の