次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒 液 作り方。 ノロウイルス対策用消毒液の作り方

消毒液の作り方、ドアノブなどの消毒は「アルコールより熱水や塩素系漂白剤」厚労省【新型コロナウイルス】

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒 液 作り方

本来では、菌やウイルスの消毒には熱湯が一番効果的であると考えられています。 しかし全ての物を熱湯消毒できるわけではないので、消毒には一般的にアルコールがよく使われています。 しかしこのアルコールも万能というわけではなく、ノロウイルスやロタウイルスには効果がないということをご存知でしょうか? そんなノロ・ロタウイルスに効果を発揮してくれるのが、今回ご紹介する「次亜塩素酸ナトリウム」です。 今回は次亜塩素酸ナトリウムの消毒効果や作り方(希釈の仕方)、注意点などについてまとめてみました。 次亜塩素酸ナトリウムとは? 次亜塩素酸ナトリウムは、水酸化ナトリウム水溶液に塩素を加えることで発生する次亜塩素酸のナトリウム塩です。 次亜塩素酸ナトリウムのままでは不安定な物質であるため通常は水溶液の状態で取り扱いされており、一般的には次亜塩素酸ナトリウム水溶液のことを指して「次亜塩素酸ナトリウム」と呼ばれています。 次亜塩素酸ナトリウムは家庭用塩素系漂白剤としても販売されており、「ハイター」や「ブリーチ」などとしてご家庭などにも広く普及しています。 後ほどきちんと説明しますが、次亜塩素酸ナトリウムは刺激が強い薬剤なので手に直接すり込むような使い方はできません。 規定の濃度に希釈したうえで、家庭内の消毒等に使用されています。 次亜塩素酸ナトリウムの消毒効果 アルコールでは効果のないノロウイルスやロタウイルスも殺菌消毒できる次亜塩素酸ナトリウムは、インフルエンザウイルスはもちろんのことチフス菌・大腸菌・ブドウ球菌・サルモネラ菌などにも効果を発揮する優秀な殺菌成分です。 では、一体どのようなメカニズムで殺菌されるのでしょうか? 次亜塩素酸ナトリウムを水溶液にすると、水中に残留塩素が発生します。 残留塩素とは殺菌力のある遊離塩素および結合塩素のことをいうのですが、この残留塩素には細菌や微生物の呼吸を阻害して同化作用(代謝過程)をストップさせる作用があるので殺菌効果があるのだと考えられています。 残留塩素の中でも特に高い殺菌効果を持っているのが次亜塩素酸(HClO)なのですが、水溶液のph値が低いほど次亜塩素酸(HClO)の割合が大きくなるので殺菌力も高くなります。 ただし、ph値が低くなりすぎると有害な塩素ガスを発生するので注意しましょう。 次亜塩素酸ナトリウム希釈液の作り方 「ブリーチ」や「ハイター」などの塩素系漂白剤(塩素系消毒剤)として販売されている次亜塩素酸ナトリウムは、基本的に5%程度の濃度の製品がほとんどです。 消毒目的で使用するには濃度が濃すぎるため、用途に合わせて水で薄める必要があります。 例えば濃度5%の塩素系漂白剤を消毒目的で使う場合には、• 手すりやドアノブの消毒・衣服や器具のつけ置き・・・0. 02%濃度に希釈• 便や吐しゃ物がついた床やおむつ、衣服の消毒・・・0. 1%濃度に希釈 となりますが、 これだけだと少しわかりにくいと思うのでペットボトルを使った簡単な希釈方法をご紹介します。 02%濃度に希釈・・・ペットボトルのフタ半分の塩素系漂白剤と500mlの水を混ぜる• 1%濃度に希釈・・・ペットボトルのフタ2杯分の塩素系漂白剤と500mlの水を混ぜる この方法では計量スプーン等も必要なく、ペットボトルさえあれば簡単に作ることができるので大変おすすめです! ただし、水で薄めてしまった次亜塩素酸ナトリウムは時間が経つにつれて効果がなくなっていってしまうので、作り置きは出来ないと考えた方が良いでしょう。 やや面倒に感じるかもしれませんが、必要な時に都度希釈するようにしてください。 また、次亜塩素酸ナトリウムが入っているペットボトルの水を誤って飲んでしまうことがないように、消毒液であることがきちんと分かるようにした上で小さなお子様の手が届かない場所に置くように注意しましょう。 「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」の違い 次亜塩素酸ナトリウムとよく似た名前の「次亜塩素酸水」というものもあるのですが、実はこの2つは全くの別物なのです! 最近では安心・安全な除菌成分として幼稚園や医療機関で次亜塩素酸水の導入が進んできています。 次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水はどちらも除菌・消毒効果がありますが、手に触れても万が一飲んでしまっても大丈夫な次亜塩素酸水に対し、飲むのはもちろんのこと素手で触れるのもいけないほど次亜塩素酸ナトリウムは危険な成分なのです! 次亜塩素酸水は人体に対して安心・安全な成分でありながら、同じ濃度の次亜塩素酸ナトリウムと比較すると数十倍もの殺菌作用があると言われています。 これだけ優れている成分でありながら、まだまだ一般家庭に浸透していないのは比較的手に入りにくいというデメリットがあるからでしょう。 一方の次亜塩素酸ナトリウムは、使用上の注意点が多いというデメリットはあるものの、リーズナブルで手に入りやすいというメリットがあります。 正しい使い方の場合には特に危険のない次亜塩素酸ナトリウムですが、間違っても次亜塩素酸水と混同して直接手にすり込んだり、空間除菌に使ったりしないよう注意が必要です。 まとめ いかがでしたか? やや危険性はあるものの、簡単に手に入れることができる次亜塩素酸ナトリウムはアルコールでは効果のないノロウイルスやロタウイルスの消毒にぴったりです。 希釈の仕方や使い方をきちんと把握して、安全に使いましょう。 <参考> ・広島市ホームページ ・株式会社エコー ・株式会社 タクミナ ・Wikipedia ・高杉製薬 ・神奈川県ホームページ•

次の

ノロウイルス消毒除菌に次亜塩素酸ナトリウムの作り方&嘔吐物処理方法は?

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒 液 作り方

強力な除菌・消臭効果や高い安全性をもつ次亜塩素酸水。 近年では各種施設や食品工場に加えて、日常の感染症対策としてのうがいや哺乳瓶の消毒など一般家庭における衛生管理にも欠かせない殺菌料として広く知られるようになってきました。 しかし、いくら安全とはいえ製法などについての知識が乏しいと使用には不安が残るものではないでしょうか? また、さまざまな種類の次亜塩素酸水を使用した製品があるなかで、用途に応じた適切な製品を選ぶためにも次亜塩素酸水に対する知識は重要であると言えるでしょう。 そこで今回は、次亜塩素酸水の作り方や、その製法・特徴などによる分類について解説いたします。 次亜塩素酸水の基礎知識 厚生労働省の発表によると、次亜塩素酸水とは「殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液である」というように定義されています。 さらに続けて、「わが国では平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されている」とあるように、食品添加物として国に認められるほどの安全性を持つ殺菌料であることがわかります。 次亜塩素酸水は、その強力な除菌効果と国が認めるほどの高い安全性によって、病院や学校などの公共施設や食品工場などの衛生管理に広く活用されていることに加えて、ご家庭内などの身近な場所の衛生管理にまで幅広く利用されています。 次亜塩素酸水の3つの特徴 この次亜塩素酸水には、安全かつ強力な殺菌料として3つの大きな特徴がある事がわかっています。 黄色ブドウ球菌• サルモネラ菌• 腸炎ビブリオ菌• 腸管出血性大腸菌 O-157• カンピロバクター菌 など、ほとんど全ての病原菌に対して非常に強力な殺菌効果を持っていることがわかっています。 さらにその消毒効果は細菌類のみならず、• インフルエンザウイルス• 新型インフルエンザウイルスに 加えて、アルコールでは消毒することが出来ない• ノロウイルス• ロタウイルス に対しても高い消毒効果があることがわかっています。 さらに次亜塩素酸水には、有機物と反応して分解するという特性によって非常に強力な消臭効果があることもわかっています。 こうした高い安全性によって、公共施設や食品工場に加えて一般家庭などにおいても広く殺菌料として取り入れられています。 分解すると毒性のない「ただの水」になるため、空気中に散布しても環境には一切悪影響の無いほどの高い環境への無害性があります。 次亜塩素酸の作り方 次亜塩素酸は、水素原子と塩素原子が酸素原子に結合する事によって作られ、化学式では【HCIO】と表されます。 このHCIOが水溶液となることで、次亜塩素酸水となります。 この次亜塩素酸水は、製法やpH値によっていくつかに分類されています。 製法による分類 電気分解【電解水】 食塩水もしくは薄い塩酸を電気分解することによって作られた次亜塩素酸を水溶液にすることで生成する方法です。 このようにして作られた次亜塩素酸水は、「電解水」として取り扱われます。 次亜塩素酸水の電解水には、安全かつ大量に生成できるというメリットがありますが、高濃度での精製や長期保存に向かないというデメリットもあります。 次亜塩素酸ナトリウムの中和【中和水】 次亜塩素酸ナトリウムを薄い塩酸もしくは炭酸によって中和させることによってHCIOを生成することができ、これを水で希釈する事によって次亜塩素酸水を生成することが出来ます。 このようにして作られた次亜塩素酸水は、「中和水」として取り扱われます。 次亜塩素酸水の中和水には、高濃度かつ長期保存に向いた次亜塩素酸水が得られるというメリットがある反面、有毒な塩素ガスの発生が伴うという危険性のデメリットがあります。 次亜塩素酸水 電解水 のpH値による分類 次亜塩素酸水 電解水 は、そのpH値によって• 強酸性次亜塩素酸水 pH値2. 2~2. 弱酸性次亜塩素酸水 pH値2. 7~5. 微酸性次亜塩素酸水 pH値5. 0~6. 5 の3つに分類されます。 それぞれのpH値に応じて有効塩素濃度も異なりますので、使用にあたっては用途に応じた適切な使い分けが重要となります。 家庭でも作れる次亜塩素酸水 一般家庭における様々なシーンでの殺菌や消臭にも幅広く役立つ次亜塩素酸水は、市販されている生成器を使用する事によってご家庭でも生成する事ができます。 生成器の価格は価格は数万円~数十万円と幅がありますが、次亜塩素酸水を使用する頻度によっては自家生成した方がコストパフォーマンスが良い場合もあるでしょう。 ご家庭内での使用頻度や用途を考慮したうえで、市販の次亜塩素酸水を購入するか生成器によって自家生成をするかを判断すると良いでしょう。 適切な塩素濃度の次亜塩素酸水を正しく使用しましょう 家庭内のあらゆるシーンの除菌・消臭に役立つ次亜塩素酸水ですが、より安全に使用するためには適切なpH値・有効塩素濃度のものを使うことが重要です。 特に、うがいや哺乳瓶の消毒など直接口に触れる箇所に使用する場合には細心の注意を心がけるべきであると言えるでしょう。 このような口に触れる箇所の消毒やペットや人体など直接皮膚に触れる箇所への使用については、有効塩素濃度が10~80ppmの微酸性次亜塩素酸水を使用するとよいでしょう。 うがいなどの経口での使用にpH値が低い強酸性次亜塩素酸水を用いた場合には、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあるので避けるようにしましょう。 また、市販の次亜塩素酸水・自家生成の次亜塩素酸水のいずれにおいても用途に応じた適切なpH値のものを使用する事も重要です。 いずれの場合も適切な濃度へと希釈するなど、用途に応じた適切なpH値のものを使用するよう心がけましょう。 ・ ・ ・•

次の

消毒用アルコール不足 次亜塩素酸ナトリウムの使い方 次亜塩素酸水とは異なるのか?(加藤篤)

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒 液 作り方

引用:kao. 漂白剤には2種類ある! 注意したいのは、家庭用漂白剤には、主に 塩素系・酸素系の2種類あるということ。 種類 主成分 塩素系 次亜塩素酸ナトリウム 酸素系 過炭酸ナトリウム・過酸化水素 同じハイターでも花王の『ワイドハイター』は 酸素系漂白剤になります。 このように、次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、家庭にあるもので簡単に作れるというのも大きな特徴です。 名前は良く似ていますが全くの別の成分です) -用意するもの- ・空の500mlペットボトル・・・1本 ・ペットボトルのキャップ・・・1個 ・市販の塩素系漂白剤(キッチンハイターなど) ・使い捨てビニール手袋・マスク でOKです。 次亜塩素酸ナトリウムを使った用途別消毒方法 実際に推奨されている濃度や、[より一部抜粋して、使う場面&使い方を紹介します。 -食器類の消毒- 次亜塩素酸ナトリウムまたは加熱による2つの殺菌方法があります。 調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム 塩素濃度200ppm で浸すように拭くことでウイルスを失活化できます。 感染者が使った食器等は、厨房に戻す前、 食後すぐに次亜塩素酸ナトリウム液に十分浸し、消毒 します。 感染者が嘔吐後にうがいをした場所も、次亜塩素酸ナトリウム 塩素濃度約200ppm で消毒後、洗剤を使って掃除をします。 -生活環境の消毒- ノロウイルスは感染力が強く、ドアノブ・カーテン・リネン類・日用品などからもウイルスが検出されます。 次亜塩素酸ナトリウム 塩素濃度約200ppm などを使用してください。 ただし、次亜塩素酸ナトリウムは 金属腐食性がありますので、拭き取りを十分にするよう注意してください。 -おう吐物・ふん便が布団や床に付着した場合の処理・処分- ノロウイルスは、乾燥して空中に漂い口に入って感染することがあるので、 すみやかに処理し、二次感染の防止に努めます。 しぶきなどを吸い込まないように 、使い捨てのマスク・エプロン・手袋などを着用して扱い、終わったら手をていねいに洗うこと。 【おう吐物・ふん便】 使い捨てのペーパータオル等 市販される凝固剤等を使用することも可能 で静かに拭き取り、塩素消毒後、水拭きをする。 拭き取ったおう吐物や手袋等は、ビニール袋に密閉して廃棄します。 その際、できればビニール袋の中で、 濃度約 1000ppm の塩素消毒液に浸して廃棄します。 【付着した布団やリネン】 リネン類は、まず上記の手順で付着物の処理後、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いして 十分すすぎます。 熱水洗濯ができない洗濯機の場合は、次亜塩素酸ナトリウム 塩素濃度約200ppm の消毒が有効です。 その際も十分すすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果は高まります。 布団などすぐに洗濯できない場合は、よく乾燥させ、 スチームアイロンや布団乾燥機を使うと効果的です。 下洗いした場所も次亜塩素酸ナトリウム 塩素濃度約200ppm で消毒後、洗剤を使って掃除が必要です。 ただし次亜塩素酸ナトリウムには漂白作用があります。 などなど、ざっくり分けてみると• 消毒液は濃度が濃いほど、また浸けておく時間が長いほど、ノロウイルスに対して有効ですが、漂白作用 変色する も強くなります。 濃度はあくまで一つの目安としてとらえる• 使用後は、必ず 水でよく洗い流すかきっちりふき取る(特に金属に対しては腐食性があります)• 薄めた消毒液は時間が経つにつれて効果がなくなります。 使うときだけ原液を希釈して、 作り置きをしない 希釈液の効果は約2か月ほどと言われています• 塩素は日光によって分解して効果が薄れます。 原液は直射日光の当たるところや、高温の場所には置かない まとめ 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使い方や濃度についてまとめてみました。 特に おう吐物やふん便の処理には細心の注意が必要 です。 口から吸いこまないように注意しながら徹底的に消毒が必要ですね。 容量や使用方法を正しく守って、効率よくノロウイルスを退治しましょう!.

次の