口唇ヘルペス 早く治す 食べ物。 口唇ヘルペスを早く治す方法!最短2.5日で治癒する市販薬も紹介

「口唇ヘルペス」|食養相談室 健康コラム|日本クリニック株式会社

口唇ヘルペス 早く治す 食べ物

性器ヘルペスを早く治す食べ物 ヘルペスを早く治したり再発予防ができるとして、既に多くの方が活用されているのが必須アミノ酸の「 リジン」です。 リジンはヘルペスウイルスの活動を抑制する効果があるとして、現在さまざまなサプリメントにも活用されています。 リジンとは、必須アミノ酸のひとつで、人体を構成するたんぱく質の組み立てに必要な栄養素です。 肉などの動物性たんぱく質に多く含まれています。 ブドウ糖の代謝を良くして集中力を高めたり、カルシウムなどの吸収を促進するほか、肝臓機能の強化などの効果が確認されています。 引用: リジンの健康効果として、 ヘルペスを予防・改善する効果があるといわれており、免疫力を高め、感染症に対して抵抗力を高める効果を持っているとされています。 性器ヘルペスは疲れやストレスなどで免疫力の低下すると発症することから、 一定量のリジンを摂り入れることで免疫力が高まり、性器ヘルペスの再発予防にも効果があるといわれています。 「リジン」はどんな食品に含まれているの? リジンは下記のような食品に豊富に含まれていますので、積極的に摂り入れましょう。 魚介類:まぐろ、かつお、ブリなど 肉 類:鶏肉、豚肉、牛肉など 乳製品:チーズ、ヨーグルト、牛乳など 麺 類:そばなど 豆類・大豆類:小豆、納豆、豆腐など ベジタリアンでない限りは、リジンを多く含む動物性たんぱく質や乳製品を普段の食事で摂られている方が多いと思います。 ただ、リジンと同じアミノ酸の一種である「 アルギニン」もヘルペスに深く関わってきますので、次に紹介します。 性器ヘルペスの治りが遅くなる食べ物 ヘルペスが再発しやすく治りが遅い原因のひとつ「 アルギニン」は、必要以上に摂らないことが推奨されています。 アルギニンは疲労回復に効果があることからサプリメントやエナジードリンクにも活用されているため、性器ヘルペスを持っている方も気軽に飲んでいるかもしれません。 性器ヘルペスは疲労で免疫力が落ちたときに再発しやすいので、摂ったほうが良さそうな感じはしますが、アルギニンは 単純ヘルペスウイルスを活性化する危険性があるともいわれています。 しかし、リジンが多く含まれる食品にはアルギニンも含まれていることが多いため、摂り過ぎないほうがいいと言われても困りますよね。 参考として、 乳製品(チーズ、ヨーグルト、牛乳など)に含まれるリジンはアルギニンの2倍程度含まれています。 また、 魚類・肉類・乳製品などの動物性たんぱく質は、大半がアルギニンを上回るリジンが含有されているので、普段から動物性たんぱく質をよく摂っている方はあまり神経質にならなくても良さそうです。 ただ、性器ヘルペスの再発予防をしたい人は、アルギニン含有のサプリメントやエナジードリンクなどは過剰摂取にならないように注意してください。 リジンとアルギニンの比率は4:1以上 「アルギニン」にはトラブルを後押しする特性があり、「リジン」にはアルギニンを減らす特性があると考えられていることから、トラブルを繰り返さないようにするには、アルギニン以上にリジンを摂ることが大切です。 ヘルペスの再発を予防するには日頃から リジンを一日当たり900mg~1200mg摂取すると良いといわれており、 ヘルペスが発症した場合は3000㎎摂取することが推奨されています。 何らかの理由で普段からリジンが多く含まれる動物性たんぱく質をあまり摂らないという方は、リジン含有のサプリメント等で補うことをおすすめします。 また、私もそうですが普段から再発しやすい、再発を繰り返しているという人はリジン含有のサプリメントを毎日摂ることで性器ヘルペスの再発に効果的です。 暴飲暴食、お酒の飲み過ぎはNG 漢方医学では、ヘルペスの症状が出ているときを「 湿熱」と考えて治療を行います。 湿熱とは、食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因で、体内にたまり過ぎた不要な水と熱が「気」や「血」の巡りを悪くして様々な不調が起こっている状態のこと。 湿熱の主な原因は、暴飲暴食、ジャンクフード、油もの、味の濃い食べ物の過剰摂取や、水分やお酒の過剰摂取ですので、こういった身体の状態にストレスや睡眠不足などが加わることで性器ヘルペスを発症させてしまうことに。 また、お酒は飲めば飲むほど肝臓に負担がかかり、抵抗力が落ちてしまうので再発しやすくなってしまいます。 性器ヘルペスの再発を予防するには、普段から食生活が乱れていないかを意識し、バランスのよい食生活を心がけることが大切です。 性器ヘルペスが再発しそうになったら 性器ヘルペスが再発するときはムズムズした違和感や軽いかゆみなど、何らかの前兆があります。 再発を食い止めたり、軽く済ませたいという方は• 前兆を感じた時点で抗ウイルス薬を服用する• 実際に症状が出てからサプリメントの量を増やしたことがありますが、薬を飲まないで治す場合、1週間以上かかっていたのが、3日で治って驚いたことがあります。 個人差はあると思いますが、薬に頼りたくない方は普段からサプリメント等で再発予防するのも試してみる価値はあると思います。 ただ、性器ヘルペスの症状がひどくなりそうであれば、早めに医療機関を受診してくださいね。 性器ヘルペスおすすめ関連記事.

次の

口唇ヘルペスを早く治すには飲み薬が一番手っ取り早いのですが

口唇ヘルペス 早く治す 食べ物

唇の周りにポツポツ水ぶくれが・・・これが口唇ヘルペスと言う奴か? この口唇ヘルペスは、見っとも無いから早く治したいけど、何か良い方法はあるのだろうか? 確かに「口唇ヘルペス」というやつは、 唇や口の周りにできるピリピリ、チクチクと痛む小さな水ぶくれが出る症状で、 口唇(こうしん)ヘルペスと言われています。 風邪を引いたときや体調が良くないときに出ることが多く、 俗に「風邪の華」「熱の華」などと呼ばれます。 誰かと会話をしたりしていると 必ず目が行きやすい口の周りに症状が出るため、 恥ずかしい思いをしたり、気持ちが沈んでしまいます。 そこで今回は、口腔ヘルペスの症状とよく効く食べ物をご紹介します! スポンサーリンク 目次• 口唇ヘルペスとは? 口唇ヘルペスは、数日で症状が進み、2週間程度で治まります。 最初は、唇がピリピリ、チクチクするなどの違和感が生じます。 そのうち、かゆみやほてりが始まります。 半日以内に唇が赤くはれ始めます。 1日~3日経つと、はれた患部に水ぶくれができます。 水ぶくれが破れると他人に感染する可能性があります。 10日~2週間でかさぶたになり、治ります。 口唇ヘルペスの原因 原因は、 「単純ヘルペスウイルス1型」というウイルス感染です。 とくに、発症してから1日~3日して水ぶくれができた状態は、もっともウイルスが増殖している時期です。 この時期に水ぶくれが破れると、他人に感染してしまうリスクがあります。 口唇ヘルペスの注意点 いちどかかると、再発を繰り返します。 ウイルスは、完全に取り除かれることはなく、神経細胞の中に潜伏します。 普段は症状が出ませんが、免疫力が落ちている時には、力を発揮して症状が出て、悪化しやすくなります。 こんな原因で症状が出やすい! 口唇ヘルペスウイルスは免疫機能が低下しているときに活発になり、 症状が出ることが知られています。 免疫機能が低下するのは、以下のような時が考えられるようです。 ・風邪をひいたとき ・ストレス ・睡眠不足 ・日光・紫外線にあたる ・加齢・老化 ・疲れ ・生理前 ・抗がん剤やステロイドホルモン剤などの免疫機能を抑える薬を使用している、など。 それでも結構長引いてしまうのが口唇ヘルペスですよね。 なるべく早く治すためには、食事にも気を付けるのが近道になります。 控えたほうがいい食べ物とは! まずは口唇ヘルペスになったら 食べるのを控えたほうがいい食べ物があります。 それは アルギニンを含む食べ物です。 このアルギニンがヘルペスの大好物で 逆に症状が悪化、治りにくくなってしまうので控えたほうがいいんです。 アルギニンを多く含む食べ物は ・ピーナッツ ・チョコレート ・コーヒーなどのカフェイン 等です。 という事は普段から アルギニンを食べないようにすればいいのでは? という疑問が生まれますよね。 しかし、アルギニンが体内から無くなってしまうと 逆に色々な病気にかかりやすくなってしまうんです。 必要ない成分ではないので むしろ必要な成分 アルギニンが含まれている食べ物を食べない訳にはいかないんです。 積極的に食べたほうがいいのも そこで リジンを含む食べ物を積極的に食べるようにしてください。 リジンはアルギニンとは逆に ヘルペスのウイルスの働きを抑えてくれます。 簡単に言うとアルギニンよりリジンを多く食べれば ヘルペスの働きを抑えて早く治りやすくなるという事になります。 リジンを多く含む食べ物は ・肉類 ・大豆 ・魚介類 ・乳製品 等です。 でも、この食材沢山食べたら… ちょっと太ってしまいそうですよね。 頑張って食べるのもアリですが、 リジンが多く含まれているサプリも売っていますのでそれに頼るのも手です。 おわりに 口唇ヘルペスは、一度感染すると、体内から消えることはありません。 現在では完治させる治療法も見つかっていない為、 長く付き合っていく必要があります。 ヘルペスを発症させないためには、日々の生活習慣もとても大切です。 免疫力の低下によりヘルペスウィルスが繁殖するため、 ストレスや疲れをためず、 免疫力を低下させないようにすることが重要です。 もしも発症した場合は、 患部には触らず、まず医療機関を受診しましょう。 口唇ヘルペスは、再発するたびに 軽症になっていく場合がほとんどですが、 症状が軽いからと言って放置せず、適切に治療を行いましょう。

次の

【最短5日】ヘルペスを一日でも早く治す方法!今すぐ始める4つのケア

口唇ヘルペス 早く治す 食べ物

口唇ヘルペスって何?その原因とは? 「ヘルペス」とは、 別名「単純疱疹(たんじゅんほうしん)と言われ、 体に「水ぶくれ」ができた状態のことを言います。 このヘルペスの原因は、 ヘルペスウィルスによる感染症です。 実はこのウィルス、やっかいなことに一度感染すると 二度とウィルスが体から消えることがないのです。 しかも、非常に感染力の強いウィルスのため、 20代~30代の方では2人に1人、 60代以上の方だとほとんどの人が感染しているといわれています。 感染経路は、ヘルペスウィルスを持っている 人からの接触感染です。 例えば、赤ちゃんに食事を与える際に、 大人が使った食器からそのまま与えたりすることで感染してしまいます。 免疫力の弱い、3歳未満の乳幼児には 特に感染しやすいので注意が必要です。 しかし、感染したからと言って、 必ずしも症状が現れるわけではありません。 感染していても、健康体で免疫力が低下していなければ、 口唇ヘルペスの症状が出なかったり、 すぐには症状が見られず、 何年かたって初めて発症する人もいます。 また、感染力の強いウィルスではありますが、 感染源に絶対に接触してはいけない、 というわけでもありませんのでご安心を。 感染しやすいのは、風邪などをひいていて、 自分の抵抗力が弱ったとき、 免疫力が低下したとき等です。 しかし、一度でも口唇ヘルペスにかかったことがある方は、 ストレスや疲れ、風邪などの体調不良や、 免疫機能の低下などが原因で再び発症します。 [ad co-1] 【初回】• 唇や口の周りに多数の水疱ができる• 下や喉、あごの下部分にまで水疱ができる場合もある• 40度近くの高熱• 口の中やのどの痛み• 舌や歯茎、リンパ節が腫れて出血する• 唇、舌、口内、のどに口内炎が多数できる(ヘルペス性歯肉口内炎) 初感染の場合は、高熱は約1週間、 症状の完治は約2週間ほどで自然に治っていきます。 アトピー体質の方は、症状が悪化しやすい傾向にあるので、 早急に病院を受診しましょう。 【再発時】• 皮膚のチクチク、むずむず、ぴりぴりとしたかゆみや熱を帯びたほてりなどの皮膚の違和感• 唇の周りが赤くはれてくる• 水ぶくれが多数できる 再発した時は、初回に比べて水疱が小さく、 一部分に集中してできることが多いようです。 水疱ができた後はかさぶたになり、 全体で約2週間ほどで自然に治っていきます。 口唇ヘルペスができた時に注意したいのは、 「むやみに患部を触らない」ことです。 患部にはヘルペスウィルスが多く繁殖しており、 触った手から他の人へ感染させてしまう可能性が高まり、 自分自身の他の部位への感染も高まってしまいます。 かさぶたになった段階でも、 まだウイルスは繁殖しているため、 かさぶたがかゆくてもはがさず、 清潔な状態を保ちましょう。 では、口唇ヘルペスになってしまった際に、 早く治すためにはどんな食べ物がよいのでしょうか? スポンサードリンク 食べ物で早く治そう!ヘルペスに良い食べ物 口唇ヘルペスを早く治すためには、 なるべく早めに対処することが大切です。 初めて発症した方は、 まず医療機関への受診が先ですが、 再発した方の場合は、 唇の周りが赤くはれてくる段階までに 対処するのが一番効果的です。 ヘルペスウィルスの働きを抑えてくれるのは、 「リジン」という成分。 この「リジン」は、体の中で作ることができない必須アミノ酸です。 このリジンを多く含む食べ物を摂取すると、 早い方で数日で症状が治まる場合があります。 あずき、とうふ、納豆などの大豆類• かつお、サバ、サケなどの魚介類• 鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類• ヨーグルトなどの乳製品 これらを食事に上手に取り入れて、 ヘルペスをなるべく早く治せるようにしましょう。 特におすすめなのが 「そば」です。 アレルギーのない方であれば、 昼食などにそばを食べるとよいでしょう。 冷たいので、口の周りが痛い時でも 食べやすいのも利点です。 逆に、ヘルペスウイルスを活性化させ、 症状を悪化させてしまう食べ物も知っておきましょう。 ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類• チョコレート• コーヒーなどのカフェイン これらには「アルギニン」という成分が含まれており、 ヘルペスウィルスを活性化させてしまいます。 とはいえ、アルギニンを全く食べないでいると、 色々な病気にかかりやすくなってしまうため、 これらを控えるのではなく、 リジンを多く含む食べ物を積極的にとるようにしましょう。 「リジン」は、サプリメントでも販売されているので、 薬局などで薬剤師に相談し、購入するのも良いでしょう。

次の