たかい の 小説。 高い城の男

たかいの短編集

たかい の 小説

| | |Qいのおのどんなところが好きですか。 『は?そんなん全部に決まってんじゃん』 Qたかきのどんなところが好きですか。 「ん〜、わっかんね。 それは自信持って言えるよ」 『いのおくんっ!! 』 「たかきぃ…!」 どんな質問されても。 俺が愛しているのはお前だけ。 愛せるのは、出逢えたのは運命。 …それだけは、自信持って言えんだよ。 ___たかいの注意報。 やぶひかを書き、とうとうたかいのまでに手を染めてしまいました。 他の作品あんだろ、って言葉は飲み込んで下さい。 自己満足の塊とも言える作品なので、甘々から過激なのまであります。 貴方は出てきません。 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - 私も、LINEやってます。 あー!そうなんですね!試してみます! 2016年5月2日 18時 id: - 上葉ゆーりんぬ。 この作品の続編を見る、で行けませんかね.. ? 無理だったら言ってもらえますか?

次の

高い城の男

たかい の 小説

高井 有一 誕生 田口 哲郎 (現・) 死没 2016-10-26 (84歳没) 職業 国籍 教育 学士(文学) 最終学歴 活動期間 - 文学活動 代表作 『夢の碑』 『この国の空』 『夜の蟻』 『時の潮』 主な受賞歴 (1965年) (1977年) (1984年) (1990年) (1992年) (1999年) (2002年) デビュー作 『夏の日の影』(1965年) 配偶者 親族 (祖父) (父) 高井 有一(たかい ゆういち、 - )は、の。 の作家の一人。 本名は田口哲郎(たぐち てつお)。 祖父は出身の小説家だった(たぐち きくてい)、父は画家の(しょうご)、妻はジャーナリストの。 来歴・人物 [ ] 父田口省吾、母信子の長男として、(現・)に生まれる。 1943年祖父、父があいついで死去。 1945年母妹とともに秋田県へ疎開するが、11月に母が死去し、母方の叔父最上孝敬に引き取られる。 での授業を受け、1951年に進学した。 にに編入し、に卒業した。 文学サークル「現代文学会」で活動、かたわら大学の広報誌「早稲田学報」の編集助手を務める。 その頃の学友には、、、らがいた。 文化部記者として勤務する傍ら、7月、同人雑誌『犀』の創刊に参加。 4月に「夏の日の影」を発表し、同人の、、らの知遇を得る。 1965年10月に『犀』に発表した「北の河」で、1965年度下半期のを受賞する。 に共同通信社を退社、作家専業となる。 から刊行された季刊雑誌『文体』()で、、、後藤明生とともに責任編集者を務めた。 1984年、共同通信社の同僚だったと結婚。 日本芸術院会員。 よりまで理事長。 理事長。 選考委員。 2016年10月26日、のため死去。 84歳没。 受賞歴 [ ]• 1966年に『北の河』で受賞。 1977年に祖父の田口掬汀の生涯を描いた『夢の碑』で受賞。 1984年に『この国の空』で受賞。 1990年に『夜の蟻』で受賞。 1992年にの生涯を描いた『立原正秋(せいしゅう)』で受賞。 1999年に『高らかな挽歌』で受賞。 2002年に『時の潮』で受賞。 著作 [ ]• 『北の河』 1966 のち文庫• 『一人だけの部屋』文藝春秋 1967• 『少年たちの戦場』文藝春秋 1968 のち文庫、講談社文芸文庫• 『夜明けの土地』 1968 のち• 『谷間の道』文藝春秋 1969• 『雪の涯の風葬』新潮社 1970• 『遠い日の海』 1972 のち文庫• 『高井有一集 新鋭作家叢書』 1972• 『朝の水』 1973• 『虫たちの棲家』文藝春秋 1973 のち集英社文庫• 『夢の碑』新潮社 1976• 『暮れ方の森にて』 1976• 『冬の明り』 1977• 『観察者の力』筑摩書房 1977• 『裸木』 1979• 『青梅』集英社 1980• 『真実の学校』新潮社 1980• 『海の入り日』平凡社 1981• 『この国の空』新潮社 1983、のち文庫• 『俄瀧』 1984• 『薔薇の寝床』 1985• 『塵の都に』講談社 1988• 『夜の蟻』筑摩書房 1989、のち文庫• 『愛日』講談社 1994• 『立原正秋』新潮社 1991、のち文庫• 『昭和の歌 私の昭和』講談社 1996• 『作家の生き死』 1997• 『高らかな挽歌』新潮社 1999、のち文庫• 『半日の放浪 高井有一自選短篇集』講談社文芸文庫 2003• 『時の潮』講談社 2002、のち• 『夢か現か』筑摩書房 2006• 『時のながめ』新潮社 2015 脚注 [ ]• 第43回 「夜と霧の隅で」• 第44回 「」• 第45回 該当作品なし• 第46回 「」• 第47回 「美談の出発」• 第48回 該当作品なし• 第50回 「感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ」• 第52回 該当作品なし• 第53回 「玩具」• 第54回 「北の河」• 第55回 該当作品なし• 第56回 「夏の流れ」• 第57回 「カクテル・パーティー」• 第58回 「徳山道助の帰郷」• 第60回 該当作品なし• 第62回 「」 1970年代• 第64回 「杳子」• 第65回 該当作品なし• 第69回 「鶸」• 第71回 該当作品なし• 第73回 「祭りの場」• 第75回 「」• 第76回 該当作品なし• 第80回 該当作品なし• 第82回 「モッキングバードのいる町」• 第83回 該当作品なし• 第84回 「父が消えた」• 第85回 「小さな貴婦人」• 第86回 該当作品なし• 第87回 該当作品なし• 第89回 該当作品なし• 第90回 「杢二の世界」、「光抱く友よ」• 第91回 該当作品なし• 第92回 「青桐」• 第93回 該当作品なし• 第94回 「過越しの祭」• 第95回 該当作品なし• 第96回 該当作品なし• 第97回 「鍋の中」• 第99回 「尋ね人の時間」• 第101回 該当作品なし• 第103回 「村の名前」• 第104回 「」• 第106回 「至高聖所アバトーン」• 第107回 「運転士」• 第108回 「犬婿入り」• 第109回 「寂寥郊野」• 第110回 「石の来歴」• 第112回 該当作品なし• 第113回 「この人の閾」• 第114回 「豚の報い」• 第115回 「蛇を踏む」• 第117回 「水滴」• 第118回 該当作品なし• 第120回 「」• 第121回 該当作品なし• 第125回 「中陰の花」• 第126回 「猛スピードで母は」• 第127回 「パーク・ライフ」• 第128回 「しょっぱいドライブ」• 第129回 「ハリガネムシ」• 第131回 「介護入門」• 第132回 「グランド・フィナーレ」• 第133回 「土の中の子供」• 第134回 「」• 第135回 「八月の路上に捨てる」• 第136回 「ひとり日和」• 第137回 「アサッテの人」• 第138回 「」• 第139回 「」• 第140回 「」• 第141回 「終の住処」• 第142回 該当作品なし 2010年代• 第143回 「」• 第145回 該当作品なし• 第147回 「冥土めぐり」• 第148回 「」• 第149回 「爪と目」• 第150回 「穴」• 第151回 「」• 第152回 「九年前の祈り」• 第155回 「」• 第156回 「」• 第157回 「」• 第159回 「送り火」• 第161回 「むらさきのスカートの女」• 第162回 「背高泡立草」• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:•

次の

ジジのつぶやき日記

たかい の 小説

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の