楽天 モバイル 速度。 楽天モバイル(Rakuten UN

楽天モバイル:もう速度制限に困らない 私がスマホを乗り換えた理由

楽天 モバイル 速度

楽天モバイルの最新情報は下記の記事を参考にしてください。 楽天モバイルが遅いのは本当? 楽天モバイルに限らず、格安SIM MVNO は大手キャリアの回線から電波を借りて運営しているため、どうしても通信速度が遅くなってしまいます。 遅くなる理由としては、借りている通信量の上限が決まっているため、ユーザーが増えると一人あたりに当てられる回線の量も少なくなるため、結果的に速度低下に繋がります。 このような理由もあり、回線が込み合うお昼休みや夕方の時間帯は、普段より遅くなったと実感するのです。 そして楽天モバイルですがdocomoの回線を借りて通信を提供しており、格安SIMの中でもさらに「格安」を売りにしているSIMです。 そのため楽天モバイルは格安SIMの中でも「遅い」回線として、あまり良く思われていませんでした。 しかし2015年10月以降に新しく回線を増設したため、2015年10月より前の楽天モバイルよりも通信速度はかなり改善されています。 しかしネットの口コミを見てみると、それでも速度が遅いと感じている利用者が多いようです。 下記の投稿からは、人が多い都心部では地方よりもさらに遅くなってしまうことがわかります。 ずっと多摩にいるから気づかなかったけど、都心に来るとたしかに楽天モバイル遅い。 — たまご korehamasadesu 2018年8月23日 楽天モバイル遅い。 おせえええええええええ — miyasako バイク復帰 ororonline• 検証場所:富山県• 計測時間帯:朝8時・10時、昼12時、夜22時• 契約プラン:ベーシックプラン• 利用端末:iPhone 6s 計測場所は富山県の人口10万人足らずの町です。 高層ビルはありません。 昼や夜は、お昼休みや仕事終わり、寝る前などで、ちょうど回線が混み合う時間帯となっています。 通信速度を測定するために、「4Gmark」というアプリを使用しました。 WiFiに接続していると、当然WiFiのスペックなどで影響してくるため、高速データ通信のモバイルネットワーク回線の状態で測定しています。 速度測定で有名なアプリ「Speedtest」は、楽天モバイルだとリミッターが外れて計測値と体感値が全く異なるので、当サイトではなるべく使わないようにしています。 測定結果 朝:8時 朝8時代は、 下り ダウンロード が2. 4Mbps、上り アップロード が7. 48Mbpsでした。 一般的に、ネット回線は下りが10Mbpsでほぼストレスなくサイトの閲覧や動画閲覧ができます。 その半分以下の速さのため、ややもたついた印象を受けるでしょう。 特にアクセスが集中するサイトでは、読み込みまでに数秒かかることがあります。 朝:10時 仕事が始まった/始まる直前/授業中など、なにかしら活動中の人が多いであろう午前10:00ごろの速さは、 下り ダウンロード 10. 29Mbps/上り6. 97 アップロード Mbpsでした。 サイトの閲覧や動画サイトの閲覧、Facebookへの投稿も、ストレスを感じないスピードでした。 このように、利用者が少ない時間帯ならば楽天モバイルの回線は混み合わないことがわかりました。 お昼:12時 お昼休みの方が多い12時代は、朝よりも上りの速度がさらに落ちます。 下記画像の速さ 下り速度 ダウンロード :4. 79Mbps/上り速度 アップロード :6. 50Mbps だと、動画を見たりサイトを閲覧できるまでは数秒かかり、画像や動画のアップロードには数十秒かかります。 かなり遅さを感じるようになります。 22:00 夜になると仕事も終わり、プライベートの時間が増えるため、回線は混雑しやすいタイミングです。 測定した結果、 下り速度 ダウンロード が2. 32Mbps、上り速度 アップロード が3. 15Mbpsという結果になりました。 昼の速さと比べると、大差は無いといえやや遅く感じる通信速度です。 具体的にいうと、Facebookのフィードの読み込み 下り や投稿 上り は、昼12:00よりもやや遅く感じます。 また、楽天市場などの通販サイトでは画像が多く使用されているため、画像の読み込みに数秒~10秒ほど時間が必要です。 都内などの人が多くいる場所や、地下にいる場合は、さらに遅く感じてしまいます。 回線が混雑する時間帯/時期だから 楽天モバイルの通信速度が特に遅くなるのは、お昼休みなどの回線が混雑する時間帯や、新生活が始まるシーズンによく遅くなってしまいます。 時間帯や時期に共通する原因は「利用者の増加」です。 混雑する時間帯を避けて使用する、もしくはWi-Fiに接続してインターネットを利用するなどし、通信速度を改善しましょう。 利用者は多いが、まだまだ設備投資不足 楽天モバイルの契約者 回線利用者 が多いということも、通信速度が遅くなる原因です。 楽天モバイルは500円代から利用できるため、他格安SIMに比べても安いSIMです。 また、楽天ポイントがたまる、最新のAndroidスマホが格安で入リュできるというメリットがあるため、比較的人気の高い格安SIMです。 こればかりはユーザー側では対策をとれませんが、楽天側で回線を増やすなどの設備投資対策をとっているので今後に期待しましょう。 電波のさえぎられる場所にいるから エレベーターの中や地下鉄、高層ビルが立ち並ぶ大都会などにいると、通信の電波がさえぎられるため速度が落ちてしまいます。 大手キャリアのドコモ回線でさえ、少し速度が遅くなるため、楽天モバイルはさらに遅く感じてしまうのです。 もし、通信速度が遅いと感じるときや動画の閲覧をするときなどは場所を変えることで通信速度が改善できるかもしれません。 我慢できる 標準 快適 動画 YouTube等 1~5Mbps 5~10Mbps 10Mbps以上 画像 Webサイト 200~1Mbps 1~5Mbps 5Mbps以上 昨今はYouTubeなどの動画コンテンツを視聴する人が多いので、 やはり目安としては速度低下が起こりやすい時間帯でも5~10Mbpsくらいの通信速度が欲しいところです。 ただ、ほとんどの格安SIMでピーク時に5~10Mbpsの速度を出すのは難しいのが現状。 総務省では格安SIM間での速度格差を失くすよう指導し始めましので、今後のMVNO側の対策に期待して待ちましょう。 楽天モバイルが遅い原因まとめ ここまで、楽天モバイルが遅い原因と対策について解説してきました。 今回の記事内容をまとめると次の通り。

次の

楽天モバイルの格安スマホの料金・速度・評判まとめ

楽天 モバイル 速度

実質 1年間ずっと無料で利用できる• 楽天エリア内の データ通信容量は無制限• 国内通話も 回数・時間無制限で無料• いつ解約しても 解約金がかからない という破格のスペックとなっています! そんな楽天モバイルですが 通信速度が遅いという情報をネットでちょくちょく見かけます。 ところが実際に楽天モバイルの通信速度をずっと測定している当編集部の見解では… 「えっ!?他の格安SIMより全然速いんだけど!?」 というのが正直な感想です。 そこで今回は、楽天モバイルの通信速度について詳しくみていきましょう! 【測定条件】• iPhone XS simフリーを利用• 測定場所:東京都内(山手線エリア内)• 測定アプリ:Okura Speedtest 1週間で一番通信速度が遅くなる平日昼間の1時間の測定結果ですが、 通信速度の速さで人気の格安SIM(UQモバイル・Y! モバイル)はもちろんのこと、 本家ドコモよりも通信速度が速いことがわかりました。 2020年3月まではドコモ回線とau回線のMVNOとしてサービス提供して頃には通信速度が遅いと評判が悪かった楽天モバイルですが、自社回線でサービスを開始してからは(UN-LIMITとサービス名を変えてからは) 通信速度で他社に負けることがない会社となりました。 楽天モバイル UN-LIMIT の通信速度は1日の間にどのくらい変わる? 同じ条件で平日の1時間ごとの通信速度の変化(24時間)をグラフにしたのがこちらです。 6分ごとに速度を測定(=1時間に10回速度を測定)して、その中間値をとっているため たまたま速くなった・遅くなったというわけではないです。 楽天モバイル UN-LIMIT の下り通信速度は?• 平均速度(下り): 49. 08Mbps• 最高速度(下り): 66. 07Mbps(昼1時台)• 最低速度(下り): 34. 87Mbps(昼2時台) 楽天モバイル UN-LIMIT の上り通信速度は?• 平均速度(上り): 45. 67Mbps• 最高速度(上り): 57. 30Mbps(深夜1時台)• 最低速度(上り): 37. 41Mbps(夕方3時台) 楽天モバイル UN-LIMIT は本当に速い?• 格安SIM各社との通信速度の比較• 24時間の通信速度変化(上り・下り) を確認することで 楽天モバイルの通信速度は本当に速いことがわかりました。 ちょっと他社には真似できない通信速度です。 楽天モバイルの通信速度の評判は? 実際の楽天モバイルユーザーの声も確認してみましょう。 最低利用期間:なし• 解約違約金:無料 となります。 解約違約金がかからずにいつでも解約できるので安心して利用できますね。 サービス提供エリアについて 2020年7月現在の楽天UN-LIMITのサービス提供エリアは• 北海道• 千葉県• 埼玉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 愛知県• 三重県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 沖縄県 となっています。 初期費用:3,000円(税別)• 月額費用:2,980円(税別) の1種類のみです。 ただし(後述しますが)現在はキャンペーン中につき• 初期費用:3,000円(税別)• 月額費用: 0円(1年間) となっています。 arrows RX HUAWEI• HUAWEI nova ST• HUAWEI P30 lite• HUAWEI nova lite 3 OPPO• OPPO Reno A 128GB• OPPO A5 2020• Reno 10x Zoom• AX7• R17 Pro• Find X SAMSUNG ELECTRONICS JAPAN• Galaxy A7• Galaxy S10• Galaxy Note10 SHARP• AQUOS sense3 lite SH-RM12• AQUOS sense3 plus SH-RM11• AQUOS sense3 SH-M12• AQUOS sense3 plus SH-M11• AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS sense2 SH-M08• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS R compact SH-M06• AQUOS sense lite SH-M05 Sony Mobile Communications• 月間容量制限: なし• 通信速度制限: なし• テザリング通信: 対応(通常通信と同様の扱い) となっています。 総通信量: 67GB(1日平均:2. 通信速度: 40Mbps前後をキープ• どれだけデータ量を利用しても、テザリングをかけても通信速度が遅くなることはないのは嬉しいポイントですね。

次の

楽天モバイル(Rakuten UN

楽天 モバイル 速度

楽天モバイルの通信速度を徹底検証 格安SIMは月額料金の安さが大きな魅力ですが、大手キャリアと比べると通信速度に少々難があるMVNOが多いのも事実です。 なぜ格安SIMの通信速度が遅くなるのかというと、ほとんどのMVNOがNTTドコモの回線を使用しているものの、MVNOごとに確保している帯域や会社側の通信設備、そして接続している利用者の数やその人たちが行っている通信状況(どの程度容量を使っているか)によって、通信速度や通信品質(通信が途中で切れたりしない安定性)が異なるからです。 通常の格安SIMの通信速度低下が顕著になるのは、特に ネット通信を行う人が多くなるお昼12時台と夕方以降です。 エリアとしては、特に人が集まるような場所では、遅くなる傾向があります。 大体速度で 1~3Mbps出ていると、普通のネット閲覧には充分な速度だと考えて良いです。 ただし、 動画をノーストレスで見たい場合には3~5Mbpsは欲しいところです。 (読み込みに時間がかかって動画が小間切れに止まってしまうため)もちろん、日々ネット接続する人の数は異なりますし、ネットで何をするかも違いますので通信が早い日もあれば遅い日もあるのは当然のことです。 ドコモ等の回線の一部を利用する格安SIMの場合、この日々の速度差がより顕著になることが多いです。 そのため、格安SIMを選ぶ際には、通信速度ができるだけ安定したMVNOを選ぶことも重要です。 楽天モバイルは、販売当初から比較的通信品質が良好なMVNOとして話題になりました。 その後、加入者の増加に伴って回線増強などを定期的に行っているので、格安SIMにありがちな「最初は速かったのに、時期を追うごとに(加入者が増えるごとに)どんどん速度が落ちていく」という状況になりにくいのが優秀なポイントといえます。 楽天モバイルの通信速度が良好な原因は、やはり定期的な回線増強と、提供元の会社の規模の大きさに由来するのではないでしょうか。 楽天市場以外にも様々なサービスを展開している大企業だからこそ、回線増強や通信設備をしっかりと整えることができ、結果として通信品質の向上に繋がっていると考えられます。 過去には楽天モバイルの速度低下が顕著になったと思ったこともあったようですが、楽天モバイルは速度低下について比較的すぐに対応をしてくれたという実績があります。 この加入者増による速度低下をどれだけ防げるか、また、どれだけ早く回線増強対策を行ってくれるかがMVNOを選ぶ際の最大の判断材料といえます。 その点から見て楽天モバイルの通信速度に対する対応処理の迅速さはかなり評価できます。 ほとんどの格安SIMは、1カ月もしくは1日の通信容量が決まったプランになっていますが、通信容量の偏りを防ぐため「3日間制限(72時間制限)」を設けているところが多くなっています。 この3日間制限とは、たとえば1カ月5GB容量のプランを契約していても、3日間(72時間)の間に一定量の通信容量を超えた場合、5GBを使いきっていなくても一時的に通信速度を低下させるというものです。 このときの速度制限はだいたい200kbpsほどになってしまうため、ネット動画などはもちろん見ることはできませんし(速度が遅すぎて読み込みができない)、TwitterやLINEなどのメッセージアプリの閲覧が精いっぱい程度でかなり厳しくなってしまいます。 とはいえ、たとえば長時間の移動中や、つい夢中になって長時間ネット通信をしてしまうとうっかり使いすぎてしまうこともあるでしょう。 でも自分が今どの程度通信容量を使っているかなんて普通は把握できませんよね。 しかし、楽天モバイルには楽天モバイルのSIMデータ通信利用量がいつでもすぐにチェックできる頼もしい無料のお助けアプリがあるので、このアプリを使いこまめにデータ残量を確認していくことでうっかり使いすぎた!となることを防ぐことができます。 この楽天モバイルSIMアプリは おすすめポイント• 楽天回線エリアなら高速データ通信で 使い放題!• いよいよ iPhoneもサポート開始• 今なら 1年間月額基本料金無料 1年無料は300万名限定 以上の結果から楽天モバイルはこんな人におすすめ 楽天モバイルについて色々と説明をしてきました。 格安SIMではその安さばかりに目が行きがちですが、通信速度や速度制限などの注意点もしっかりと把握しておくことが大切です。 このような細かい部分を見落として契約してしまうと、契約後に「思っていたのと違う!」と焦ってしまうことになりかねません。 楽天モバイルは安さや理論上のデータだけを見せて契約を促すだけの格安SIM会社とは違い、契約前の方にもわかりやすく、そして契約後のユーザーにもできるだけ快適に利用してもらうための対策を定期的に行っています。 それは加入者が増えることによる通信速度低下の改善や、データ通信利用量を自分ですぐに確認できるアプリなどの電子機器に明るくない方でも安心して利用できるサービスの提供など多岐にわたります。 もちろん月額料金の安さでも他社に引けをとりません。 以上のことから、月額料金の安さに加えて通信品質の安定性やデータ管理の簡単さなどを求める方にはおススメできる格安SIMといえるでしょう。 楽天モバイルはこんな人におススメ• スマホデビューを考えているけど、料金の高さが心配• 格安SIMに切り替えたいけど、できるだけ快適に使いたい• 安くても速度があまりに遅いのは困る• 混雑時でも最低限の速度は欲しい• 定期的に回線増強などのユーザーケアをしてほしい• 自分のデータ使用量をこまめにチェックしたい.

次の