ハムスター おすすめ。 ハムスターの巣箱はこう選ぼう。ポイントとおすすめ品まとめ。

ハムスターの値段は?人気おすすめ6種の性格・特徴・価格まとめ!

ハムスター おすすめ

ハムスターは昔から 子供でも飼いやすいペットとして人気ですね。 ハムスターといえば 『ジャンガリアンハムスター』か 『ゴールデンハムスター』の名前がとくに有名です。 このふたつは、同じハムスターであるにも関わらず、 体の大きさが違うことで知られています。 そこで今回は、体が大きなゴールデンハムスターのケージの 選び方のコツについてご紹介していきます。 スポンサーリンク ゴールデンハムスターのケージの選び方とは? ゴールデンハムスターの住居となるケージを、 どのように選べばよいのかご存知ですか? ゴールデンハムスターは体が大きなハムスターですので、 他の種類のハムスターとは 異なる点に注意しなくてはいけないこともあります。 そこで、ゴールデンハムスターの ケージの選び方のポイントについて見ていきましょう。 なるべく安全性がたかいケージを選びましょう! ゴールデンハムスターは 体の小さなジャンガリアンハムスターと比べて 噛む力が強いハムスターです。 そのため、簡単な作りのプラスチックケージでは壊してしまい、 ゴールデンハムスターが怪我をしてしまったり、 脱走してしまうリスクも考えられます。 またプラスチックケージ以外にも 注意してほしいのが、 金網ケージです。 金網ケージはゴールデンハムスターが金網部分を噛んでしまい 歯を痛めてしまうリスクがあるのです。 また、金網は上りやすいため ゴールデンハムスターが天井まで上ってしまい、 そこで落下してしまうと骨折などの大きな怪我にも繋がります。 そのため、ゴールデンハムスターのケージに プラスチックケージや金網ケージを用意する際は 十分注意してくださいね。 なるべく大きなサイズのケージを選びましょう! ゴールデンハムスターは 体長15センチから20センチと、 大きく成長するハムスターです。 そのためジャンガリアンハムスター用の ケージを選んでしまうと、 ゴールデンハムスターには小さすぎてしまいます。 ハムスターの飼育が初心者の方はこのことを知らず、 ゴールデンハムスターにジャンガリアンハムスター用のケージを 用意してしまうこともあるようです。 しかし、これではゴールデンハムスターの ストレスとなってしまいますので、 必ずゴールデンハムスター推奨の 大きいケージを選ぶようにしてくださいね。 また、時々市販のケージは可愛らしいデザインを保つあまり、 サイズが小さすぎるケースがあります。 ゴールデンハムスター用のケージを選ぶ際の注意点は、 なるべくサイズが大きいものを購入すること。 また、 金網のケージはおすすめでないことも 頭に入れておくと良いでしょう スポンサーリンク ゴールデンハムスターのケージの大きさは? では、ゴールデンハムスター用のケージは 具体的にどのくらいのサイズの物を選べばよいのでしょうか? ゴールデンハムスターのためにケージを用意する際は、 最低でも 60センチ以上のものがおすすめですよ。 これより大きくても良いですが、 サイズは下回らないようにしましょう。 そしてケージの高さは30センチ以上あると、 ゴールデンハムスターが過ごしやすいとされています。 市販のゴールデンハムスター用として販売されているケージには、 これらの条件を満たしていないものも多くあります。 ケージ選びの際は特にサイズに注意して 購入するようにしましょうね。 ゴールデンハムスターのケージのおすすめレイアウトは? ここまで、ゴールデンハムスターに おすすめのケージについて紹介していきました。 では、肝心のケージ内のレイアウトは、 どのようにすればよいのでしょうか? そこで、ここでは実際のケージなの写真を交え、 おすすめのレイアウトについて見ていきましょう。 ケージのおすすめレイアウト1 — 2018年 5月月25日午後1時47分PDT まず最初に紹介するハムスターのケージは、 巣箱、回し車などがバランス良く配置された ゴールデンハムスターも過ごしやすいケージです。 給水器はケージ内に入っていますが、 上記ではハムスターが壊してしまわないような 木の囲いで覆われています。 外付け式の給水器の場合は問題ないですが、 中付け式の給水器を利用する場合は、 このような配慮をしてやると良いでしょう。 また、 こちらのケージには巣箱が二点ある事も特徴。 これにより、ゴールデンハムスターが好きな時に 好きな方で休むことができますね。 余計なものが置いていないので、 ケージ内のスペースを広くとることができるのも 魅力のひとつ。 ゴールデンハムスターのケージは、 上記のように物を置きすぎないで 生活スペースを多くとってやるように 気を配ってあげると良いでしょう。 スポンサーリンク ケージのおすすめレイアウト2 — 2018年 5月月22日午後7時47分PDT 次のケージは お手製の ゴールデンハムスター用のケージですね。 プラスチックケースはハムスターが 壊してしまうリスクもありますが、 手作りしやすいというメリットもあります。 ケージ内のレイアウトは、 こちらも無駄なものがなく すっきりしているところがポイント。 巣箱には階段もついており、 ゴールデンハムスターの運動不足を解消することもできますね。 ケージ内のスペースが限られてる場合は、 上記のように 巣箱やおもちゃの配置に気を付けてあげてください。 また、巣箱がケージの奥に置いてあるところも重要ですよ。 これにより、ゴールデンハムスターが 巣箱内でゆったりと過ごすことができるでしょう。 ケージのおすすめレイアウト3 — 2018年 5月月3日午後2時38分PDT 最後にご紹介するこちらは、 別宅付きケージです。 パイプで二つのケージが繋がっているため、 非常に多くのスペースを確保することが可能! 定期的にパイプを通ることになるため、 ハムスターの運動不足も解消できますよ。 何より、飼い主が見ていて楽しいケージですね。 上記のレイアウトも やはりケージ二つ分を贅沢に使用できるため、 広くスペースを使えることが特徴。 片方にトイレを置きもう片方に回し車を置く、 などお 好みでレイアウトを調節できます。 また、回し車の周囲に物がないため ゴールデンハムスターが回し車から飛び出してしまっても 怪我をしてしまうリスクが少ないことが特徴ですね。 ふたつケージを組み合わせてみたい方には おすすめなレイアウトでした。 スポンサーリンク この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ さて、今回はゴールデンハムスターの ケージの選び方について書いていきました。 市販のケージは多くの種類が販売されていますから、 初心者の場合どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。 ゴールデンハムスターのケージを選ぶ際に重要なのは、 ケージの大きさです。 サイズの面をクリアできれば、 自作ケージを用意してあげても良いですよ。 ケージだけでなくレイアウトにも気を配って、 素敵なゴールデンハムスターの家を作ってあげてくださいね! 先ほどもお伝えしましたが 活発なハムスターはケージによじ登ったり、脱走したりします。 もしも落下して、怪我を負ったりすると 病院に行ったときに、 数十万円といった 治療費がかかることもありますので ケガをしないよう、配慮したレイアウトに してあげましょう。 以上、『ゴールデンハムスターのケージのおすすめ!選び方や大きさ、レイアウトも!』の記事でした。 スポンサーリンク.

次の

ハムスターが食べられる野菜!おすすめ5選や餌としての適量まとめ!

ハムスター おすすめ

Contents• 体の小ささからも想像できるように、病気やケガはもちろんですが、風邪や熱中症でも致命傷になりやすいのです。 可愛いハムスターに元気で長生きしてもらうためには、私たち飼い主の 温度管理が重要になってきます。 私たち人間がTシャツ一枚で過ごせるぐらいの温度が、同じようにハムスターにとっても快適な温度ということになりますね。 自分が暑いならハムスターも暑いし、自分が寒いならハムスターも寒いと考えてみましょう。 冬の防寒対策や温度管理については、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 ハムスターは人間と違って汗をかかないので、体の中に熱がこもりやすく、人間よりも熱中症にかかりやすい生き物です。 部屋の温度がハムスターの生命を左右するといっても過言ではないので、 暑さ対策をしっかりして、温度管理を怠らないようにしましょう。 ハムスターの夏の暑さ対策おすすめグッズ 具体的にはどのように暑さ対策をすればいいのでしょうか? いろいろな方法があると思いますが、私が 実際にやっている方法をご紹介していきますね。 エアコンを24時間フル稼働させる まずは、なんと言っても エアコンを24時間フル稼働させることです。 昔は扇風機だけでもそれなりに快適に夏を過ごすことができましたが、今の日本の夏はエアコンなしでは生きていけませんよね。 ハムスターは人間と違って体が毛で覆われているので、エアコンなしの部屋に閉じ込められたら、おそらく火を噴くほど暑いと思います。 (毛皮脱げないしね…) エアコン代をケチりたくなる気持ちも分かりますが、一度飼うと決めたのであれば今さらそんなこと言うのはなしです。 ハムスターの尊い生命のために、 夏はエアコン24時間フル稼働!が基本と言っていいでしょう。 扇風機だけでもいけるんじゃない?なんて思われるかもしれませんが、飼育ケースの中まで扇風機の風が当たるわけじゃありませんし、むしろ直接当てたら危険ですよね…。 密閉状態に近い飼育ケースの中の温度の方が、室温より明らかに高いわけですから、きちんと 部屋全体を冷やさないと意味がありません。 ケージの下に保冷剤を敷く エアコンをつけっぱなしにした状態で、日中は 保冷剤を敷いてケージを冷やしてあげるといいでしょう。 保冷剤は100円ショップで売られているもので構わないですが、人気商品なので暑くなってくると売り切れてしまう店舗もあるかもしれません、早めに準備しておきましょう。 私は昨年ダイソーで購入したものを使用しています。 (今年も同じものが販売されているかどうかは未確認です) 温度差でケース内に水滴が出てしまうため、保冷剤が直接当たらないよう タオルでしっかり包んでからケージの下に敷きます。 とは言っても、やはり水滴はどうしても出てしまうものなので、ケージの底に敷いてある床材が濡れてしまうかもしれません。 ハムちゃんの様子を見ながら、夏場はいつもより短いスパンで掃除してあげるといいかもしれません。 保冷剤を使用する際に大事なのは、 必ず逃げ場を作ってあげることです。 ハムスターにとっては、もしかしたら保冷剤が冷たすぎるかもしれません。 かと言って、ハムスターにそんな意思表示はできないので、ケージ内が冷えすぎてしまわないように逃げ場を作ってあげることが必要になってきます。 例えばケージの右半分は冷やしてあげて、左半分はなにもしない(でも右だけに保冷剤を敷くと段差でケージが傾いてしまうので常温の保冷剤を敷く)と、暑いときは右、冷えすぎてきたら左、というようにハムスターが 自分で快適な場所を選んで動いてくれるでしょう。 ケージの中に陶器のハウスを置く 普段木のハウスを置いている方も、 夏は陶器のハウスに変えてあげるとひんやりして気持ちいいでしょう。 もちろん木のハウス+陶器のハウス両方置けるといいのですが、ケージの大きさによっては2つ置くと狭くなってしまうので、一つあれば大丈夫です。 このように急に気分が変わることもあるかもしれませんので、今は使ってくれないグッズもすぐに捨てずに、とりあえず取っておくのもありです! ハムスターの夏の暑さ対策についてのまとめ いかがでしたでしょうか。 ハムスターを飼育する飼い主にとって、いちばんお金がかかるのが夏のエアコン代だと思います。 ですが、一匹のハムスターが夏を迎えることができるのは2~3回です。 自分で選んでお迎えしたハムちゃんが 短い一生をなるべく快適に、幸せに過ごせるように努めるのが飼い主の役目であり、責任だと私は思います。

次の

【ハムスターケージ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

ハムスター おすすめ

できる限り飼っているハムスターの種類にあうものを選ぼう。 特徴が異なるので、こちらも飼っているハムスターに適したものを選ぶようにしよう。 ハムスターは姿形が小さくてかわいらしいため、ペットとして大人気です。 食べる物といえばひまわりの種というイメージがありますが、実はこれは主食に適さないので、きちんとした総合栄養食を与えてあげなければいけません。 ハムスターのフードにもいくつか種類があり、具体的にはメインの栄養補給源となる主食、栄養補助の役割がある副食、嗜好品感覚で与えるおやつなど。 このように分類のフードもさまざまなので、お店に行って悩んでしまうこともあるでしょう。 そこで今回は、ハムスター用フードの選び方やおすすめの商品を紹介します。 ハムスターの餌の種類 主食 ハムスターの主食となるのは穀物などを豊富に配合したもので、栄養の摂取がしっかりできるものでなければなりません。 基本的にはペレット状になっており、適度な硬さがあるので伸び続けるハムスターの歯を削るのにも役立ちます。 具体的にどのようなものがあるのか見てみましょう。 ペレット ペレット状のハムスター用フードは、市販で販売されている総合栄養食です。 人工的なエサではありますが、ハムスターの体を健康的に保つための「タンパク質」「脂肪分」「炭水化物」などの栄養素がバランスよく含まれています。 効率的に栄養摂取ができるので、ハムスターを飼うなら必ず用意しておきましょう。 種類としては2つあり、乾燥している固形タイプと少しやわらかい半生タイプです。 製品によって栄養成分も異なりますが、理想とされているのはタンパク質16%、脂肪分が5%、食物繊維が15%のもの。 低脂質で高タンパクなものがいいので、成分表もしっかりチェックして選ぶようにしましょう。 野菜 栄養補助の目的で「ビタミン」や「ミネラル」を豊富に含む野菜を与えてあげることも大切です。 個体差もありますが、基本的には1かけで十分なので、多く与えすぎないように注意が必要です。 与えるときにもハムスターが両手で持てるくらいの大きさにカットして、負担なく食べられるように工夫してあげましょう。 野菜を与える際には新鮮なものを使い、ハムスターの体に悪影響を与えないように、注意をする必要があります。 ハムスターが好む野菜は、人参やサツマイモ、キャベツやトウモロコシ、ブロッコリーや小松菜、かぼちゃなどです。 トマトやキュウリ、レタスなどもおすすめですが、水分が多いと下痢をする可能性があるため、与えすぎないように注意してください。 副食 副食とはメインの栄養補給源となるものではなく、主食とともに与えることでより効率的に栄養を摂取できるように補助するためのものです。 人間でいうところの栄養補助食品「サプリメント」のような位置づけと言えます。 野草 ハムスターは雑食なので、道に生えている野草も食べます。 野草を食べる習慣があれば、災害時やいつものエサが食べられないというときでも栄養を摂取することが可能。 ただ、これは副食扱いなので、毎日与えるものではありません。 数日に1回など、たまにでいいので、主食に混ぜて与えてあげるといいでしょう。 副食としてハムスターに与えることができるのは、タンポポやクローバー、チモシーやオオバコ、ナズナやハコベなど。 これもハムスターの好みがあるので、気に入るものを与えてあげるといいです。 ただ、野草にはほかの動物の尿などがついている可能性があるので、しっかり洗ってから与えましょう。 また、シクラメンやパンジー、スズラン、スイレン、アサガオ、チューリップ、トチノキなどの植物には要注意。 種子や茎など一部に「サポニン」など、ハムスターにとって毒性のある成分が含まれていることがあるので、与えてはいけません。 動物性タンパク質 ハムスターはウサギなどの草食動物と同じ小動物で、草食であると思われがちですが、実は雑食です。 そのため、草や種子だけでなく動物性タンパク質も必要。 ハムスターのフードとして、虫の幼虫であるミルワームを与えることもあります。 ただ、生きた虫を与えるのには抵抗があるという人もいるでしょうから、別の食品でも問題ありません。 動物性タンパク質としておすすめなのは、ゆで卵の白身やチーズ、煮干しやゆで鶏肉など。 また、ペットショップには小動物用のミルクやドッグフード、キャットフードも販売されており、これらを与えることもできます。 サプリメント 人間と同じように、栄養補助としてハムスター用のサプリメントも販売されています。 ものによって種類もさまざまですが、ビタミン剤やミネラル剤、乳酸菌などがあるのでハムスターの体に効率的に栄養を補給することが可能です。 若いハムスターにはそこまで必要ありませんが、老齢のハムスターに与えると免疫力アップのサポートができる大切なものです。 ただ、サプリメントは成分が凝縮されているため、与えすぎるとかえって体に悪影響となってしまう場合があります。 サプリメントのパッケージに記載されている用法や用量など、表示をしっかり守って使うようにしてください。 おやつ ハムスターのフードには、おやつもあります。 これは栄養補助というよりは、ハムスターの嗜好品として与えるのが主な目的です。 おやつにもいろいろなものがあるので、自分の飼っているハムスターが好きなものを選んであげましょう。 果物 ハムスターは果物が大好きなので、これをおやつとして与えてあげると喜びます。 ほかの食品同様新鮮なものを選び、しっかり水洗いしてから与えることが大切です。 おすすめなのはリンゴやバナナ、イチゴやメロン、ぶどう、パイナップルなど。 安価で手に入る旬のものなどは、数日に1回程度の割合で与えてあげましょう。 食欲がないときにも果物を主食に混ぜてあげると食べてくれることが多いので、食欲増進の意味で与えるのもいいでしょう。 ただ糖分が多い果物は、与えすぎると肥満の原因になることも。 またハムスターにとって有害なものもあるので、注意が必要です。 種子 ハムスターといえばひまわりの種というイメージを持っている人も多いでしょう。 ひまわりの種のような種子もハムスターは好んで食べるので、必要に応じて与えてあげましょう。 ひまわりの種以外でおすすめなのは、ピーナッツやアーモンド、くるみやピスタチオなどのナッツ類。 ハムスターによってはひまわりの種よりもナッツ類を好むことがあるため、好みのものを選んで与えてあげるといいでしょう。 ただ、種子類は脂質が多く、カロリーも高めなので与えすぎには注意しましょう。 そのためペットショップに行くと、種類ごとに専用のフードが販売されていることがあるので、そのようなものを選んでみるのもいいでしょう。 例えば体が大きめのゴールデンハムスターやキンハムスター用のフードは比較的大きめで、植物性の素材が多く使われています。 一方ジャンガリアンハムスターなどのドワーフ種は小さめですが、活動量が多いのでタンパク質が多いのが特徴です。 必ずしも専用のフードにしなけれなならないということはありませんが、できる限り飼っているハムスターの種類にあうものを選んであげてください。 それぞれ特徴も異なるので、飼っているハムスターに適したものを選んでください。 固形タイプ 固形タイプのフードは最も一般的なもので、素材を細かくして乾燥させたものです。 乾燥させているので素材そのままの状態よりも日持ちしやすく、比較的長期間品質を保ったまま与えることができます。 固形と言っても長方形のものや円形のものなど形もさまざまなので、ハムスターの好みにあわせて選ぶことが大切。 保存する際には密封することで品質が維持しやすくなるため、ジッパーつきのアイテムを選ぶか、密閉袋に移し替えて保管しましょう。 また、固形タイプは適度に硬さがあるので、前歯が伸び続けるハムスターの歯を削って適度な長さに保つのに便利です。 半生タイプ 半生タイプは少しやわらかめなので、固いフードが苦手な老齢ハムスターや子供のハムスターに適しています。 さほど噛まなくても食べることができるため、ハムスターの食欲がないときにも役立つでしょう。 ハムスターが固形タイプを食べにくいと感じている様子であれば、固形タイプに少し混ぜてあげると、食べるのが比較的楽です。 ただ固形タイプほど歯が削れるわけではないので、これをメインで与えるのはよくありません。 また、固形タイプと比較すると水分が多く傷みやすいため、エサを巣内に溜めこむ習性のあるハムスターには不向き。 あくまでも固形フードの補助として加えてあげるようにしましょう。 固形フードであればある程度日持ちはしますが、半生タイプの場合はすぐに傷んでしまうので注意が必要です。 ただ、固形でも半生でも長期保存には向かないので、開封したら短期間で使い切るようにしましょう。 大容量のタイプは一見するとお得に思えますが、期限内に使い切れないものだと結局捨てることに。 たくさんハムスターを飼っている場合はある程度量があったほうがいいですが、1匹や2匹の場合には少量タイプを選ぶようにしましょう。 自然由来の素材を使っているフードは体にはいいのですが、その分虫がわきやすいので注意してください。 製造年月日や賞味期限をチェック 基本的にハムスターのフードには賞味期限が記載されていますが、稀に記載されていないものもあるため注意が必要です。 わからないものは思いの外期限が短いこともあるので、極力避けるようにしましょう。 また購入時に賞味期限が近い場合は、すでに製造から時間が経っていて、なかで虫が湧いていることも。 それでは結局使えなくなってしまうため、期限や製造年月日がしっかり記載されているものを選ぶことが大切です。 そのため、表面だけでなく裏面の成分表示もしっかりチェックして選ぶようにしましょう。 基本的にハムスター用の主食を選ぶ際には、「総合栄養食」や「ハムスター主食」と書かれているものを選ぶことが大切。 よく確認せずに選んで、おやつだったり副食だったりしないよう、注意が必要です。 またペレットの場合には、タンパク質や脂肪、食物繊維のバランスも大切なので、しっかりチェックしましょう。 ハムスター用のフードには、品質保持のための保存料や色味をよくするための着色料などが配合されている場合もあるので、できる限り添加物の少ないものを選ぶことが大切です。 ハムスターの年齢は、人間に換算すると幼少期が大体生まれてから3か月。 老齢期は3年寿命のゴールデンハムスターやロボロフスキーハムスターでは2年から、2年寿命のジャンガリアンハムスターなどでは1年半からです。 そして、幼少期と老齢期の中間に当たるのが、一番元気な青年期とされています。 フードによっては幼少期や老年期などで、青年期用と区別されているものもあるので、成長過程にあわせて選んであげるといいでしょう。 また繁殖させる場合には、妊娠期や子育て期に適した栄養豊富なフードを選ぶことも大切です。 ハムスターの餌の最安値と価格帯の特徴一覧 ハムスター用フードの価格帯は、200円〜1500円ほどです。 最安値 売れ筋・人気 高額・高級品 価格 約200円~ 400円~1,000円 約1,300円~ 特徴 素材の種類が少なく、容量も少なめ 素材の種類が多く、天然素材が豊富 アミノ酸やミネラル剤などの栄養補助成分が豊富 ハムスターの餌 おすすめ人気ランキングTOP15 ここまでハムスター用フードの選び方について紹介してきましたが、商品が多いのでどれにすればいいか悩んでしまうこともあるでしょう。 そこでここからは愛玩動物飼養管理士の資格を持つ筆者が、添加物の量や使用している素材数などに着目した商品ランキングを紹介します。 15位 国産 ひまわりの種 小粒 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:10g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:おやつ 国産のひまわりの種を乾燥させて作ったハムスターのおやつです。 粒が小さめなので小ぶりなハムスターでもかじりやすく、少量ずつ調整しながら与えられるので、カロリーコントロールにも役立ちます。 採取したひまわりの種を新鮮なうちに低温乾燥させているため、比較的長く新鮮さを保つことが可能。 ひまわりの種には良質なタンパク質や食物繊維、またビタミンやミネラルが含まれており、ハムスターの栄養補助にも使えます。 着色料や保存料を使用せずに仕上げているので、ハムスターの体にも負担をかけることなく与えてあげられるのも大きなメリットです。 14位 スドー サクサク王国 とうふ Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:10g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:おやつ このハムスター用おやつは、良質の豆腐のみをフリーズドライにして作っているのがポイントです。 豆腐由来の大豆タンパクや良質な脂質を含んでいるので、健康的な体を保つのに役立ちます。 さらに原料となる大豆にはサポニンやイソフラボン、カリウムなどの栄養成分も含まれているため、おやつではありますが栄養補給の補助にも便利です。 平たい形状でハムスターが持ちやすく、与えると喜んで食べてくれるでしょう。 フリーズドライでサクサクした食感も魅力で、ハムスターだけでなくリスやモルモット、ウサギなども食べることができます。 【こちらもCHECK】スドー 「サクサク王国 とうふ」のレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:30g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:副食 栄養補助食として与えることのできるこの商品は、カイコさなぎを使用したハムスターフードです。 ハムスターはもともと生きた虫を食べる習性があるので、ハムスターのご飯としてゴミムシダマシ科のミルワームなどが販売されています。 しかし、生きたままの昆虫を与えることに抵抗があるという人も多いでしょうから、そのような場合にはこの補助食もおすすめ。 与えにくい昆虫をペレット状に加工しているので、虫が苦手な女性などでも手軽に使えて、ハムスターに動物性のタンパク質を摂取させることができます。 加工の際ににおいも抑えられており、飼い主への負担も少ないです。 昆虫には良質な動物性タンパク質のほかに必須アミノ酸や鉄分、ビタミン、ミネラルなども含まれています。 12位 ハムスターのごはん ハムッフル Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:120g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 ワッフル状のこのハムスターフードは、おやつのように見えますが栄養がたっぷり含まれているので主食として与えることができます。 原料に食物繊維やタンパク質、ミネラルなどを豊富に含んだオーツ麦(オートミール)を配合しているのがポイント。 オーツ麦以外にもさまざまなシリアルが入っており、これらをまとめてワッフル状にしてあるので、細かい粒状の穀物も食べやすいように加工されています。 香りも香ばしく、ハムスターも喜んで食べてくれるでしょう。 カルシウムをたっぷり含んだミルクパウダーもセットになっているため、食いつきが悪い場合にはかけてあげるのもおすすめです。 11位 キョーリン ハムスターの総合栄養食 ひかりムスター Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:400g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 納豆菌や乳酸菌、酵母菌といった3種類の善玉菌を配合しているハムスター用フードです。 3つの菌をバランスよく加えて発酵熟成させたエキスを配合しており、健康的な体を保つのに役立ちます。 善玉菌を配合することで腸内環境を整えることができるため、お腹の調子が悪いときに与えてあげるのにもいいでしょう。 また、ユリ科の木である「ユッカ」の葉を配合しており、尿のにおいが抑えられるので、ケージ内をいつでも快適な環境に整えることができます。 10位 クオリス ハムスターミックス オリジナルブレンド Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:600g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 ひまわりの種子や穀物を主原料とし、そこにバナナやリンゴなどのフルーツを加えたミックスフードです。 ハムスターが大好きなひまわりの種やフルーツが含まれているので、ハムスターの食いつきもよく、パクパクと美味しく食べてくれることでしょう。 また、乳酸菌であるフェカリス菌の一種「ペカリス菌」や、砂糖と果糖を組み合わせた「フラクトオリゴ糖」も配合。 これが腸の働きを高めて、お腹の調子を整えるのにも役立ちます。 400gとたっぷり入っているため、複数のハムスターを飼っている人にもおすすめです。 9位 アラタ プレミアムフード Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:350g ハムスターの種類:ジャンガリアン・ゴールデン フードタイプ:主食 穀物を特殊加工して作られたこの商品は、食べ残しが出ないようになっているため、部屋の中に殻が散らばることもなく衛生的です。 殻が出る雑穀が配合されていないので、余すところなく食べられます。 O-157など食中毒の原因となるサルモネラ菌や腸炎ビブリオ菌の発生を抑えるため、オゾンで滅菌されており、不安なく与えることができるほか、酸化も抑えられるので、品質も持続しやすいのがメリットです。 また窒素ガスを入れているため、虫やカビが出にくいといった利点もあります。 着色物を使用せず、自然由来の素材のみを使用しているのもポイント。 骨格強化や肥満ケアに役立つので、太り気味なハムスターにもおすすめです。 ゴールデンハムスター用とジャンガリアンハムスター用でアイテムが分かれているので、自分の飼っているハムスターにあうものを選んであげましょう。 8位 ドギーマン ハムスターリスのミックスフード Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:400g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 ペットアイテムメーカー「ドギーマン」のこの商品は、自然由来の穀物や種子類を配合しているハムスター用主食です。 素材としてはコーンやひまわり、小麦やマイロ、大麦やエン麦など、ハムスターが好きなものを豊富に配合しているので、喜んで食べてくれるでしょう。 さらにアルファルファベースの牧草フードを配合しているのもポイント。 栄養価が高く、健康的な体を維持するのに役立ちます。 また、動物性タンパク質食品として煮干しを配合しており、カルシウムなども効率的に接種することが可能です。 食いつきをよくするためにおやつにも使われるマンゴーも配合されています。 7位 SANKO ハムスター ヘルシーミックスター Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:120g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 クッキータイプのこの商品は、主食として与えることができるので、ペレットタイプが苦手なハムスターにもおすすめです。 卵やチーズなどの動物性タンパク質や、大豆などの植物性タンパク質をバランスよく含んでおり、効率的に栄養を補給してハムスターの健康を維持するのに役立ちます。 ビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、体に効率的に必要な栄養素を補うことが可能。 小粒のクッキータイプなので体の小さなハムスターでも持ちやすく、食べやすさに配慮されているのも大きなポイントです。 国産の商品で着色料も配合しておらず、フードの質にこだわりたいという人にも適しています。 【こちらもCHECK】 「ハムスター・リスのまんま スペシャル」のレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:1L ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 この商品は、新鮮なひまわりの種子にそばや小麦などの穀物をプラスしたハムスター用フードです。 アミノ酸も含まれており、栄養バランスを考えて作られているので、ハムスターの成長を促したり体力をつけたりするのに役立ちます。 ヘルシーな配合は肥満のケアとしても使用することができ、免疫力のアップにも効果的。 素材の皮むきを楽しむことで、ハムスターの口周りの運動にも役立ちますし、一人遊びでストレスも発散させられます。 ドワーフやゴールデンなどのハムスターはもちろん、マウスやラットなどにも与えることが可能です。 【こちらもCHECK】 「ナチュラルラックス ハムスター」のレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:250g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 このハムスター用フードは、ウコンやDHA、EPAを配合しており、健康維持に役立ちます。 ポイントとしては、メーカー製品比の1. 2〜2倍含んでいる点。 さらにビール酵母も含まれているので、腸内の環境を整えて消化をサポートすることができるのもメリットです。 良質な各種脂肪酸を含んでおり、健康な皮膚やきれいな毛ツヤを保つのにも役立ちます。 また、ユリ科の植物「ユッカ」に含まれる糖タンパクやカプセル化乳酸菌・酸素、さらにオリゴ糖も含有。 ハムスターのふん尿のにおいを抑えられるので、ケージ内もいつでも清潔な状態に保つことができます。 【こちらもCHECK】「ハムスターフード ヘルシープレミアム」のレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:130g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:おやつ 人気ペット商品メーカー「マルカン」が販売しているこの商品は、ナッツや種子をブレンドしたおやつタイプのフードです。 嗜好性の高い種子や薬効性のある種子を配合しているため、ハムスターの好みにも健康にも配慮した製品に仕上がっています。 カルシウムやビタミン、タンパク質などが豊富なので、主食の補助として与えてあげるといいでしょう。 また、胚芽発酵抽出物も配合されているので、免疫力を高めたり腸の調子を整えたり、便のにおいを抑えたりすることができるのもうれしいポイント。 水分も含まれており、食欲がなく水分補給させたいときにも役立ちます。 チャックがついていて、いつでも衛生的な状態で保管することが可能です。 2位 イースター ハムスターセレクション Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:400g ハムスターの種類:全種 フードタイプ:主食 この商品は、小動物専門の獣医師指導のもとで作られていて、動物園の飼育技師の協力も得ているハムスター用フードです。 健康的な食品とされるきのこ「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」を配合しており、ストレスに強い体が作れます。 また、哺乳類が出産後にはじめて出す初乳に含まれる栄養成分「ヌクレオチド」を含んでいるので、高齢になっても体力を維持することが可能。 さらに尿のにおいが抑えられるオオバコやタンポポの粉末も配合されているため、ケージ内も清潔に保てます。 乳酸菌も配合されているのでお腹の調子を整えるのにも役立ち、また脱酸素剤により、酸化による品質劣化のスピードが抑えられるのもメリットです。 1位 ジェックス ハムスター プレミアムフード Amazonの情報を掲載しています 添加物の少なさ 素材数 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:400g ハムスターの種類:ドワーフ・ゴールデン フードタイプ:主食 小粒状のフードなので、小さめのハムスターでも負担なく食べられ、また硬さも適度にあるので、歯の伸びすぎも抑えることが可能です。 哺乳類の出産後の初乳に含まれるRNAヌクレオチドが含まれており、筋肉増加や被毛の質アップ、消化や代謝に必要な体内酵素を作るのに効果的。 免疫力もキープできて、ハムスターの体を健康的に保てるのが大きな魅力です。 着色料や保存料が含まれていないため、ハムスターの体に負担をかけることなく与えられます。 ゴールデンハムスター用は厚め、ドワーフハムスター用は薄めと、それぞれ食べやすいように作られているので、自分の飼っているハムスターにあうものを選ぶとよいでしょう。 【こちらもCHECK】「ハムスター プレミアムフード」を紹介している動画はこちら 食事の回数 ハムスターは犬や猫のように決まった時間にフードを食べるのではなく、置かれているものを1日のなかで好きなときに食べます。 そのため、基本的に1日に1回フードの入ったお皿をケージの中に入れてあげればOK。 出したときに食べなくても、自分のペースで食べたいときに食べるので、食器は入れっぱなしにしておきましょう。 「食べたかな?」と思って頻繁に覗きこむとストレスになってしまうこともあるので、注意が必要です。 1日に1回お皿を取り替えることになるので、下げたときに新しいものを入れられるよう、替えとあわせてお皿を2つ用意しておきましょう。 タイミング ハムスターにフードを与えるタイミングとしては、ハムスターの生活サイクルにあわせることが大切。 基本的にハムスターは夜行性なので、夜活動を開始します。 そのため、20〜23時ごろになったらフードの入ったお皿をケージの中に入れてあげるといいでしょう。 ハムスターは、昼間は基本的にハウスのなかで眠っているので、この時間に出してもほとんど食べません。 夕方頃からモゾモゾと動き出す子もいるので、ハムスターが活動を開始したら与えるのでもOKです。 ただ、食事の時間は極力毎日同じタイミングにするよう心がけましょう。 食べないときの対処法 ハムスターにエサを与えても、あまり食べてくれないことがあります。 これは単に体調不良などで食欲が低下している場合もありますが、何かの病気にかかっている可能性もあるので、軽視しないでください。 元気はあるのに食欲がない場合には、嗜好性のあるおやつを混ぜてあげるなどして食欲を引き出すと効果的。 また食べにくそうにしている場合には、ペレットを細かく砕いたり、粉ミルクをかけてあげたりするといいでしょう。 粉ミルクはお湯や水に溶かして与えるのが基本ですが、そのまま粉をかけるだけのものもあります。 ただ、元気なくぐったりしている場合には、一刻を争う事態ということも考えられるので、早急に病院に連れていきましょう。 「もったいないから食べるまで置いておきたい」と思うかもしれませんが、1日に1回は必ずフードを交換するようにしてください。 ハムスターのフードは自然素材を使っているものが多く、出しっ放しにしているとすぐに傷んでしまうので注意が必要です。 そのため、時間が経過したらきちんとフードを下げて、新しいものを入れてあげることが大切。 劣化したものを置きっぱなしにしていると、それを食べたハムスターに悪影響が出る場合がありますし、ケージ内の環境を不衛生にしてしまうこともあるので要注意です。 水はフードよりも多く、1日に2回ほど交換してあげるのが理想。 こまめに取り替えるのは面倒に感じるかもしれませんが、しっかりと交換してあげましょう。 お水を与える際にはお皿に入れることもできますが、これだと散らばった床材などが入り込んで汚れてしまう可能性があるので、ケージの側面に取りつける給水器がおすすめです。 ハムスターはきれい好きな生き物で、排泄場所と食事の場所などをしっかり区別するため、水を置くならエサ場の近くにしましょう。 ただ複数のハムスターがいる場合には、エサ場が混みあう可能性があるので、ある程度場所を離してあげることも大切です。 例えばネギ類は、アリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を破壊してしまうので、ハムスターのみならず犬や猫もNGとされている食品です。 また、銀杏は場合によってはけいれんを起こしてしまうことがあるため、与えてはいけません。 ほかにも、レンコンやゴボウ、どんぐりやチョコレート、アボカドなども与えてはいけない食品とされているので、注意してください。 Amazon&楽天のハムスターの餌人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の