古希 贈り物。 【古希祝い】お父さんにプレゼントしたい贈り物は何?

古希祝いに人気のプレゼント|70年前の新聞付き「七〇屋」

古希 贈り物

古希はもともとは「古稀」と書き、中国の詩の「人生七十古來稀」からとられたと言われています。 この詩の中で、70歳まで生きるということはまれだという考えがあります。 今では平均寿命は80歳近くまで達し「70歳がまれ?」と少し違和感を覚えるかも。 でも昔は「人生50年」という言葉もあるくらいで、70歳まで生きるということは非常にまれだったんですね。 古希は、数えで70歳を迎える年を指します。 還暦が数えで61歳なので、間違えそうですね。 還暦から古希までは9年の間があることになります。 古希の「希」は稀(まれ)と書かれていましたが、常用漢字ではないことや70歳は「稀」ではないことから現在では「希」の字を使うことがほとんど。 古希といったら「紫」が用いられます。 これは位の高い人しか身に着けられなかったことが由来。 古希の贈り物も「紫」を意識すると良いかもしれません。

次の

古希のプレゼント「お名前詩」70歳のお祝いポエム贈り物ギフト

古希 贈り物

1、古希祝いを迎える母にプレゼントするなら何がいい? 古希祝いは、還暦祝いの次にやってくる長寿祝いのひとつです。 還暦祝いでは満60歳の方を祝いますが、 古希祝いは満70歳を迎えた方を祝います。 現代では、元気な高齢者の方が増えてきたので、還暦よりも古希の方が長寿祝いらしいです。 古希は、中国の詩人の一節である「人生七十古来稀なり」という言葉が由来です。 昔は現代に比べて70歳まで生きる人がまれだったことから由来しています。 ちなみに、古希という言葉は古「希」でも古「稀」でも構いませんが、一般的には「稀」という文字が常用漢字ではないので、現代では簡単な「希」が採用されています。 そして、 古希祝いのイメージカラーは紫。 還暦の赤に比べると上品な色合いです。 昔から紫は、位の高い人に許されていた色。 古希を迎えた人に敬意を払うという意味から古希の色として定着しました。 そのため、古希祝いのプレゼントに紫色のものを贈る方は多いです。 身内のプレゼントということもあり、相場はそこまで高くありません。 この価格帯ならさまざまなものをプレゼントできます。 こちらの予算ならさらにプレゼントできるものの幅が広がりますね。 また、義理の母の場合の価格帯も同じ程度ですが、相場的には1万円前後のことが多いようです。 実母に比べると、少しだけ高いものをプレゼントする傾向がありますが、基本的には実母も義母も大きく変わるわけではありません。 相場は、予算の参考にする程度で、 母が喜ぶプレゼントを購入することが大事です。 また、予算が高ければ良いというものでもないので、心を込めたプレゼントを贈るようにしましょう。 ・母へのプレゼントはどこで買う? 古希祝いのプレゼントを購入する際に、どこで買おうか迷われる方は多いかと思います。 スケジュールによっては実店舗まで行くのが困難な場合もあるでしょう。 古希祝いを迎える母へのプレゼントは、 デパートやオンラインショップで購入できます。 デパートの場合は実物を見ながら買えるため、写真と差があるプレゼントの場合は、実際に足を運んでみることをおすすめします。 店員さんに相談しながらプレゼントを選びたいという場合にもデパートでの購入がおすすめです。 一方、お酒や家電など実物と差がないプレゼントは、オンラインショップでも問題ありません。 また、古希祝いのプレゼントに名入れのマグカップやワイン、日本酒をプレゼントする場合は、オンラインショップの方が品ぞろえが多く、対応していることが多いです。 オンラインショップでは 長寿祝い用に名入れしてくれるお店も多く、好みや予算に合ったお店が見つけやすいです。 デパートの場合は、名入れに対応していないこともあるので事前に確認することをおすすめします。 ・喜んでもらえるプレゼントの選び方は? 古希祝いのプレゼントを喜んでもらうためには、 日常で使えるアイテムのプレゼントがおすすめです。 70代を迎えると外よりも家で過ごすことが多くなります。 日常的な生活に役に立ったり、楽しめたりするプレゼントは喜ばれやすいです。 また、古希祝いにプレゼントするなら 紫色を取り入れるのがおすすめです。 ただのプレゼントだと古希祝いというイメージが少ないですが、紫が入ったプレゼントを贈れば、 古希祝い感が強くなります。 イメージカラーに合ったものは縁起が良く、紫色は上品さも感じられるため年齢に合ったプレゼントを贈ることもできます。 もし、古希祝いのプレゼントで欲しい物のリクエストがあれば、予算を高めに設定してプレゼントするのもひとつの手です。 現代の古希祝いは、還暦祝いに比べると長寿祝いの意味合いが強いです。 一生に一度の古希祝いを喜んでもらうためにも、素敵なプレゼントを選びましょう。 2、古希祝いを迎える母に贈りたいプレゼント12選! それでは、古希祝いを迎える母に贈りたいプレゼント12選を紹介していきます。 古希を迎える母が喜ぶプレゼントとしては、定番の花のプレゼントから実用的なプレゼント、思い出のプレゼントなどが喜ばれます。 古希祝いのプレゼントに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。 今回は、プレゼントの価格帯も紹介するので、予算に収まるかも確認しておくことをおすすめします。 ・花束 古希祝いを含めた長寿祝いで定番のプレゼントといえば「花束」です。 どの年代の方にも喜ばれる花束は古希祝いに最適。 紫を基調とした花で花束を作ってもらえば、喜ばれること間違いなしです。 花束は、どの花を使うかによって相場が異なります。 オンラインショップで購入する場合、値段が固定されていますが、花屋さんで購入する場合は予算を伝えれば、予算内の花を作ってくれます。 花屋さんの方がイメージを伝えやすいので、オンラインショップよりもおすすめです。 もし、古希を迎える方に好きな花があれば、そちらも花束に含めてプレゼントしましょう。 また、花には色や種類によって違った花言葉があり、 古希祝いにピッタリな花言葉を持つ花も存在します。 花言葉によって花束を作ってもらうというのもおすすめです。 maboroshinosake. 外出がお好きな方には「ストール・スカーフ」がおすすめです。 ストールやスカーフは季節問わず使えるため、喜ばれることが多いです。 首に巻いたり、膝掛けにしたりと豊富な使い方ができるので、古希祝いにも適しています。 ストールやスカーフのデザインは、できれば古希祝いに合わせて紫の入ったものがいいでしょう。 すべてが紫だと合わせにくいので チェック柄などワンポイント入ったものがおすすめです。 価格帯は5,000円から1万円程度と相場と同程度。 ただ、ストールやスカーフに使われている素材やブランドによっては、数万円以上になることもあるので注意してください。 ・バッグ こちらも外出好きの方におすすめしたい「バッグ」のプレゼント。 70代の健康維持に外出は欠かせません。 そんな、 外出を楽しくしてくれるアイテムがバッグです。 特に、おしゃれなバッグをプレゼントすれば、より喜ばれます。 古希祝いのプレゼントでバッグを選ぶ際には、 使いやすさや収納性を意識して選びましょう。 小さめのバッグなのにたっぷり収納できる、軽いなど、機能性が高いバッグは長く愛用してもらいやすいです。 バッグの相場は5,000円から数万円程度。 ブランドものになれば、さらに価格は高くなります。 ただ、使いやすさや収納性のみを意識するなら、1万円前後で構いません。 ・パジャマ・枕 健康を維持する上で睡眠は大切な要素のひとつです。 古希祝いを迎えて、健康に長生きしてほしいという思いを込めて「パジャマ・枕」のプレゼントがおすすめ。 パジャマは肌触りの良いシルク素材がぴったり。 ゆったりとしたシルエットのパジャマなら、良質な睡眠をサポートしてくれます。 ただ、 価格帯が数万円程度になってしまうので、予算によってはほかの素材でも問題ないです。 枕は、 オーダーメイドのものおすすめです。 オーダーメイドの枕なら、日々の疲れをしっかりと取ってくれます。 できれば、一緒に枕を購入してプレゼントしましょう。 オーダーメイドの枕も数万円程度するので、予算的に難しい場合は、 パジャマか枕のどちらかをプレゼントするのもひとつの手です。 ・帽子 お出かけ好きな方にプレゼントしたいのが「帽子」のプレゼントです。 帽子は年中使えるので、日常的に役立つプレゼントのひとつ。 できるだけ、日常的に使いやすいシンプルなデザインがおすすめです。 価格帯は数千円程度から購入できるため、経済的に優しいのが特徴的。 もちろん、デザイン的な帽子の場合は、予算がもう少し高くなるので注意してください。 また、季節ごとにプレゼントする帽子を選んでもいいかもしれません。 夏は通気性のいいもの、冬は寒さ対策できる暖かい素材のものがおすすめです。 ・名入れグッズ 古希祝いの思い出をいつでも感じてほしいなら「名入れグッズ」がぴったりです。 マグカップや湯のみ、ボールペンなど名入れ可能なアイテムに、 「祝 古希祝い」や「古希祝い おめでとう」など名入れをしてプレゼントしましょう。 名入れグッズは、もらった時も、時間が経ったあとも嬉しいプレゼント。 古希祝い後も楽しめるプレゼントなので人気が高いです。 価格帯は、名入れするアイテムにもよりますが、 5,000円から1万円ほどで購入できるのでおすすめです。 名入れグッズを頼む際はオンラインショップなどが多くなります。 名入れするアイテムによっては発送までに時間がかかることもあるので、古希祝いよりも前に注文しておくことをおすすめします。 ・健康グッズ 70代を迎えると体の不調に悩まされる方は多いです。 そんな時に、プレゼントしたいのが「健康グッズ」です。 健康に気を使っている方に喜ばれやすいプレゼント。 なかでも、人気なのが マッサージ器です。 最近では、肩や腰、足など局所的なマッサージ器が増えているため、気になるところに合わせてプレゼントできるので人気が高いです。 古希祝いということもあるので、紫色の健康グッズがおすすめ。 健康グッズの相場は5,000円から数万円程度。 大型のものになれば、より価格が高くなります。 ・食事券 古希祝いに「食事券」をプレゼントする方は多いです。 食事券があれば一緒にレストランやホテルで食事ができるので、思い出にも残りやすいです。 普段食事しないような場所の食事券は喜ばれます。 食事券の相場は家族で行く場合、数万円以上になってしまいます。 また、お店によって価格は変わるので、先にどれくらいの料金になるのか調べてくことをおすすめします。 また、古希を迎える方によっては、高級店が苦手という方もいるので、こうした場合は入りやすいお店に変更しましょう。 ・紅茶・お茶 いつもティータイムを楽しんでいる方には、好きな飲み物や飲み物を飲むための器をプレゼントするのはいかがでしょうか。 普段から「紅茶・お茶」を飲んでいる方には、紅茶やお茶のプレゼントがおすすめです。 普段飲まないような高級な紅茶やお茶をこの機会にプレゼントすると喜ばれます。 高級な紅茶やお茶といっても 価格的には3,000円程度で購入できるため、そこまで高くはありません。 一緒に、 マグカップや湯のみをプレゼントしてもいいでしょう。 ギフト用の紅茶やお茶ならさまざまな種類の詰め合わせなども売っているので、こちらも古希祝いのプレゼントにおすすめです。 ・アクセサリー 古希祝いの思い出をいつでも身に付けてほしい方は「アクセサリー」のプレゼントがおすすめです。 古希祝いなので紫の入ったアクセサリーがいいでしょう。 なかでも、透き通るような紫が特徴的な アメジストは人気の高いプレゼントのひとつです。 華やかなアクセサリーの贈り物を身につけてもらって、これからもお出かけを楽しんでもらいましょう。 予算的には数万円程度と少し高くなってしまいますが、一生に一度の古希祝いなので奮発してプレゼントするのもいいでしょう。 指輪やネックレス、ブレスレットなど定番のアクサセリーがぴったりです。 お母さんがいつもどの種類のアクセサリーを好んでつけているのかチェックしておきましょう。 ・ワイン・日本酒 お酒が好きな方には「ワイン・日本酒」がおすすめです。 ワインや日本酒は古希祝いの場でも楽しむことができますし、 食事の際やリラックスタイムなどお母さんの好きな時に楽しんでもらえるという魅力があります。 特に、ワインはポリフェノールを豊富に含み、美容効果や健康効果が得られることで知られており、「いつまでもキレイでいてほしい」「長生きしてほしい」という願いを込めることができます。 古希祝いなど長寿祝い用のワインや日本酒を販売しているところがあります。 こういったお店では ラベルに名入れができるため、古希祝いの思い出に残るプレゼントができます。 もし、好きなワインや日本酒の銘柄がある場合は、そちらをプレゼントしましょう。 基本的に、 名入れの日本酒やワインは1万円前後、特定の銘柄でも1万円以内で購入できます。 ・旅行 古希祝いの思い出に「旅行」のプレゼントもおすすめです。 家族での旅行は素敵な古希祝いの思い出を残してくれます。 古希を迎えた方の行きたい場所や、思い出の地などに家族水入らずで旅行してみてはいかがでしょうか? 古希を迎える頃には一通り生活に必要なものが揃っており物欲がないという方が少なくありませんので、家族との思い出のプレゼントが喜ばれる傾向にあります。 特に、これまで家族で旅行に行く機会がなかった、もしくは少なかったという場合には喜ばれる贈り物になります。 ただ、家族旅行の場合、それなりの費用がかかります。 場合によっては10万円以上かかることもあるため、よく計画を練ってからプレゼントするようにしましょう。 住んでいる場所から近い旅行先なら10万円以内に抑えることができるのでおすすめです。 古希祝いを迎える母に贈りたいプレゼントまとめ 古希祝いを迎える母に贈りたい絶対に喜ばれるプレゼントを紹介しました。 お母さまの古希祝いには、外出する際におしゃれに使えるファッション小物や思い出のプレゼントが特に人気があります。 古希祝いは還暦祝いの次にやってくる大切な長寿祝いのひとつです。 還暦祝いとの違いをしっかりと把握して、素敵なプレゼントを贈ることをおすすめします。 もし、古希祝いのプレゼントに悩んだら、本記事で紹介した12選を参考にしながら、ぴったりなプレゼントを選んでください。 古希祝いを迎える母に素敵なプレゼントを渡しましょう!.

次の

古希祝いに人気のプレゼント!70歳のお祝いに生まれた日の新聞ギフト

古希 贈り物

プレゼントは、大切な人を思って贈ることがなにより大切です。 よく贈り物として選ばれるプレゼントは、釣り竿などのスポーツ用品や、画材、調理器具といった 本人の趣味・嗜好に合わせた実用的な品物です。 また、いつまでも若々しくとの願いを込め、 年齢より若向きのファッション小物を贈ることもあります。 家族や兄弟、親戚と一緒に、貴金属などの高級品や旅行券をプレゼントしたという話もよく聞かれます。 しかし、いくら考えても何を贈るべきか決めきれないこともあるでしょう。 そのような場合は、 カタログギフトを贈ると良いかもしれません。 贈られた方が自分が欲しい商品を選べるため、喜ばれるプレゼントです。 花を贈るときに気をつけたいこと 賀寿にはそれぞれを象徴する色があります。 古希(70歳)と 喜寿(77歳)のテーマカラーは濃紫または紺、 傘寿(80歳)と 米寿(88歳)は濃黄色(山吹色から黄金色)です。 賀寿のお祝いに花を贈る場合は、それぞれの色に合わせたフラワーアレンジメントを贈ることをおすすめします。 また、フラワーアレンジメントを贈る際は、お祝いごとに避けるべき色や花を選ばないよう注意してください。 青と白、紫と白など、不祝儀の際に使われやすい色を主体としたフラワーアレンジメントは避けたほうが無難です。 朱赤、濃紫、濃黄色のような 縁起の良い色や、オレンジ、赤紫などの 明るく華やかな色を取り入れましょう。 主に仏花として使用される輪菊や小菊、花首が落ちることから縁起が悪いとされる椿など、一般的に祝事にふさわしくないとされる花は避けてください。 ただし、 ユリの花は年配の方に好まれることも多いため、長寿祝いや敬老の日の贈り物として人気があります。 鉢植えも縁起が悪いと言われることがありますが、まだまだ健康で花の世話をすることが好きという方へは、贈っても問題ないでしょう。 花のスタイルにはさまざまな種類があります。 定番の花束、花瓶がなくてもすぐに飾れると人気のフラワーバスケットだけではなく、最近では、 プリザーブドフラワーがよく選ばれています。 また、水やりの手間がなく、花の美しさを長く楽しめるプリザーブドフラワーは、普段あまり花を飾らない方に贈っても喜ばれることでしょう。 表書きの書き方 のし袋を贈る際、水引は紅白または金銀の蝶結びのものを使用しましょう。 のしの上段には、「御祝」「敬寿」「祝米寿」などと書き、下段には、フルネームを書きます。 連名の場合は縦書きで連名や、子ども一同、孫一同などと書くことが一般的です。 おわりに 古希・喜寿・傘寿・米寿のお祝いを贈るときに気をつけたいことをご紹介しました。 贈り物にはさまざまな選択肢があります。 しかし、高齢の方にとっては、忙しく会う機会が減ってしまった家族・親戚の顔を見られることが何よりのプレゼントです。 そのため、贈り物は出来る限り、携わった人全員で直接渡すようにしてください。

次の