転校 したら スライム だっ た 件。 転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)

転スラ公式スピンオフ!ライドコミックス『転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方~』最新7巻発売!|株式会社マイクロマガジン社のプレスリリース

転校 したら スライム だっ た 件

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、 二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 一巻の掴みは決して悪くない。 サクサク読めるし、建設系の話はかなり面白い。 何というか、作者の実体験に近いものが込められている感じはある。 とりあえず出たものは全部読んで、ウェブの方は読んでいない。 なんと、確かめたところほぼ自分が予想した通りの展開だったからだ。 いわゆる予定調和の作品である。 だからなのだ。 死なない悪役はいつでも殺せるところに転がっているうちに生かされて最後大変なことになる、という展開がとまらない。 作者にとってこの悪役は魅力的なのだろうが、僕は残念ながら魅力的と思わなかった。 見せ方次第なのだろうか。 絵が入れば多少印象は変わるのだろうか。 とりあえずこの作品を出たものまで読んだ感想としては、壮大な出落ちの作品だ、ということだ。 それでも星4なのは、くるとわかっている物語の予定調和をそれなりに楽しませてくれること、その一点に尽きる。 故にいう。 時間つぶし以上の目的ではオススメしない。 作者もそれ以上の意図を持って書いていない。 これは、文芸作品の真骨頂とも言える作品だ。 時間が潰れることを恐れない猛者に、この作品は最適だろう。 まさにキルタイムオペラである。 アニメから入りました。 アニメの原作再現率は高く、映像美もあります。 どちらから入っても楽しめると思います。 他のレビューにもあるようですが、主人公が強すぎるのが少々つまらないです。 まるで緊張感がありません。 海外のヒーローものを見ているような気分です。 タイトルからすると、最弱の魔物に転生した主人公が、人間だった頃のRPGの知識を活かして、如何に生き延びていくかというお話だと思ったのですが、悪い意味で期待を裏切られた感はあります。 しかし、登場キャラクタが魅力的なのと、世界観には非常に惹かれるものがあり、その点を私は気に入ったのだと思います。 期待を裏切られたとはいえ、それを補う魅力が十分に有ると思います。 世界観だと時折現れる大賢者が良くて、魔法陣グルグルのナレーションを彷彿とさせます。 魔法陣グルグルにハマったのですが、魔法陣グルグルを大人向けにした世界観だと思っています。 なろう作品の中ではトップクラスに人気の転スラ、それの記念すべきノベライズ第1巻となる今作ですが、個人的にあまり好きな巻ではありません。 なぜかというと、主人公の性格がかなり、というかめちゃめちゃ悪いんですよ。 これは冒頭数ページ見れば直ぐに分かるかと思います。 1巻における主人公の性格の悪さは原作者様も分かった上でやっているらしいです。 というのも、1巻の時点では転スラはバッドエンドにする予定だったらしく、それの名残として性格が悪くなっているそうです。 ハッピーエンド路線に切り替えてからは主人公の性格は大分丸くなりますし、読み易くなるかと。 なので1巻だけ見て切るのではなく、2、3巻以降以降も読むことをお勧めします。

次の

転生したらスライムだった件

転校 したら スライム だっ た 件

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、 二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。 ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。 相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる! 一巻の掴みは決して悪くない。 サクサク読めるし、建設系の話はかなり面白い。 何というか、作者の実体験に近いものが込められている感じはある。 とりあえず出たものは全部読んで、ウェブの方は読んでいない。 なんと、確かめたところほぼ自分が予想した通りの展開だったからだ。 いわゆる予定調和の作品である。 だからなのだ。 死なない悪役はいつでも殺せるところに転がっているうちに生かされて最後大変なことになる、という展開がとまらない。 作者にとってこの悪役は魅力的なのだろうが、僕は残念ながら魅力的と思わなかった。 見せ方次第なのだろうか。 絵が入れば多少印象は変わるのだろうか。 とりあえずこの作品を出たものまで読んだ感想としては、壮大な出落ちの作品だ、ということだ。 それでも星4なのは、くるとわかっている物語の予定調和をそれなりに楽しませてくれること、その一点に尽きる。 故にいう。 時間つぶし以上の目的ではオススメしない。 作者もそれ以上の意図を持って書いていない。 これは、文芸作品の真骨頂とも言える作品だ。 時間が潰れることを恐れない猛者に、この作品は最適だろう。 まさにキルタイムオペラである。 アニメから入りました。 アニメの原作再現率は高く、映像美もあります。 どちらから入っても楽しめると思います。 他のレビューにもあるようですが、主人公が強すぎるのが少々つまらないです。 まるで緊張感がありません。 海外のヒーローものを見ているような気分です。 タイトルからすると、最弱の魔物に転生した主人公が、人間だった頃のRPGの知識を活かして、如何に生き延びていくかというお話だと思ったのですが、悪い意味で期待を裏切られた感はあります。 しかし、登場キャラクタが魅力的なのと、世界観には非常に惹かれるものがあり、その点を私は気に入ったのだと思います。 期待を裏切られたとはいえ、それを補う魅力が十分に有ると思います。 世界観だと時折現れる大賢者が良くて、魔法陣グルグルのナレーションを彷彿とさせます。 魔法陣グルグルにハマったのですが、魔法陣グルグルを大人向けにした世界観だと思っています。 なろう作品の中ではトップクラスに人気の転スラ、それの記念すべきノベライズ第1巻となる今作ですが、個人的にあまり好きな巻ではありません。 なぜかというと、主人公の性格がかなり、というかめちゃめちゃ悪いんですよ。 これは冒頭数ページ見れば直ぐに分かるかと思います。 1巻における主人公の性格の悪さは原作者様も分かった上でやっているらしいです。 というのも、1巻の時点では転スラはバッドエンドにする予定だったらしく、それの名残として性格が悪くなっているそうです。 ハッピーエンド路線に切り替えてからは主人公の性格は大分丸くなりますし、読み易くなるかと。 なので1巻だけ見て切るのではなく、2、3巻以降以降も読むことをお勧めします。

次の

転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)

転校 したら スライム だっ た 件

転生したらスライムだった件【第73話】のネタバレ 前回のあらすじ 仲間たちの前で十大魔王に名乗りを上げると宣言したリムル。 本格的にクレイマンとの戦いの準備を始める中、獣王国の三獣士たちも一時的にリムルの支配下へと入る。 そのような中、遂にヴェルドラが復活を果たすのだった。 【更に究極能力を手に入れるリムル】 新たに究極能力「暴風之王」を得たリムルだが、更には 食物連鎖によってヴェルドラを封じていた 「無限牢獄」から進化した究極能力「誓約之王」を得ることに成功。 次々と究極能力を得ることに驚きながらも、 仲間の能力から生まれた力に安心感を覚えるリムル。 その後、洞窟を出ると入口では騒ぎが起きていた。 配下の魔物たちがヴェルドラの復活を知り、洞窟に入ったリムルを追おうとしていた。 リムルは心配かけたことを詫びながらヴェルドラを紹介する。 ヴェルドラが自信満々に リムルとは友達だと告げるや、恥ずかしさに悶えつつも今後の方針を決めるために会議を行うリムルだった。 【魔王レオンを狙う魔王クレイマン】 同時刻、クレイマンは作戦が失敗したことに苛立っていた。 ディアブロの登場で全てが瓦解し、 クレイマン自身の真なる魔王への覚醒は頓挫。 苛立つ中、フレイがミリムを連れて現れる。 まるで 機械のように感情のないミリムを見て機嫌が直るクレイマン。 絶対的な力を手に入れた今、他の魔王を恐れる必要はない。 加えてミリムの力があれば真なる魔王への覚醒も容易。 高笑いするクレイマンは、 魔王レオンを始末しようと目論む。 同じころ、西方聖教会ではクレイマンの命令で潜入していたラプラスが、 神聖ははずの神殿で吸血鬼族と戦っていた。 転生したらスライムだった件の最新話を含め月刊少年シリウスをすぐに無料で読む 以上、転生したらスライムだった件【第73話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTは1カ月間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めます! 月刊少年シリウスで 転生したらスライムだった件の最新話を読みたいのであればオススメです! これを機会にチェックしてみてください。 極度のお調子者ですが、これからの戦いでヴェルドラの力は頼りになるでしょう。 そろそろ攻勢に打って出そうですが、どんな作戦でクレイマンを追い詰めるのでしょうか。 西方聖教会の神殿に吸血鬼が居たことも気になりますし、今後も楽しみです! 次回の転生したらスライムだった件【第74話】掲載の月刊少年シリウス2020年9月号の発売日は2020年7月25日になります! まとめ 以上、転生したらスライムだった件【第73話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の