真剣 佑 シージ。 新田真剣佑が沖縄デートで発覚の彼女は誰?宿泊ヴィラや居酒屋を徹底調査!

真剣佑「コロナ禍沖縄旅行」報道、杏や中村倫也に迷惑か|エンタMEGA

真剣 佑 シージ

これを受け、真剣佑のSNSが大炎上している。 「山田は4月にも銀座での夜遊びが報じられており、ネット上でも『遊んでないと死ぬのか?』『まったく懲りてない』『聞く耳なし』と呆れムードが漂っています。 案の定、真剣佑のInstagramやTwitterには批判が殺到中。 そんななか気になるのが、批判的なコメントにもかかわらず、真剣佑をアイコンにしたファンと思しきユーザーが多数見られる点だ。 ファンと思しきユーザーからは、「もっとしっかり周りの人達のこと考えるべきだったんじゃないかな、、。 ファミリーとして応援しなくなった訳じゃないけど前と味方はちょっと変わっちゃうよ」「『星の大地に降る涙』(編注:新型コロナの影響で中止となった出演舞台)を観に行く予定でした。 中止になり残念でしたが、御本人は沖縄に行っておられたのですね… まだお若いので遊びたいのはわかりますが、少し複雑な気持ちです」「何で沖縄にいるのかも分からないしこんな時に限って何でいつもの黒マスクしてないのかな。 ちょっと素直に応援はできません」(全て原文ママ)と厳しい声が相次いでいる。 なお、23歳の真剣佑は、アクションスター・千葉真一の長男としてアメリカで生まれ、2014年に日本デビュー。 現在はNTTドコモやマンダムなど7社のCMに出演するほか、今月18日に女性ファッション誌「ViVi」(講談社)が発表した「国宝級イケメンランキング」では、Sexy Zone・佐藤勝利を上回る4位に輝いた。

次の

真剣佑、沖縄騒動謝罪ツイートを削除 山田孝之は「自分の心をみてごらん」意味深投稿で物議

真剣 佑 シージ

これを受け、真剣佑のSNSが大炎上している。 「山田は4月にも銀座での夜遊びが報じられており、ネット上でも『遊んでないと死ぬのか?』『まったく懲りてない』『聞く耳なし』と呆れムードが漂っています。 案の定、真剣佑のInstagramやTwitterには批判が殺到中。 そんななか気になるのが、批判的なコメントにもかかわらず、真剣佑をアイコンにしたファンと思しきユーザーが多数見られる点だ。 ファンと思しきユーザーからは、「もっとしっかり周りの人達のこと考えるべきだったんじゃないかな、、。 ファミリーとして応援しなくなった訳じゃないけど前と味方はちょっと変わっちゃうよ」「『星の大地に降る涙』(編注:新型コロナの影響で中止となった出演舞台)を観に行く予定でした。 中止になり残念でしたが、御本人は沖縄に行っておられたのですね… まだお若いので遊びたいのはわかりますが、少し複雑な気持ちです」「何で沖縄にいるのかも分からないしこんな時に限って何でいつもの黒マスクしてないのかな。 ちょっと素直に応援はできません」(全て原文ママ)と厳しい声が相次いでいる。 なお、23歳の真剣佑は、アクションスター・千葉真一の長男としてアメリカで生まれ、2014年に日本デビュー。 現在はNTTドコモやマンダムなど7社のCMに出演するほか、今月18日に女性ファッション誌「ViVi」(講談社)が発表した「国宝級イケメンランキング」では、Sexy Zone・佐藤勝利を上回る4位に輝いた。

次の

真剣佑、沖縄騒動謝罪ツイートを削除 山田孝之は「自分の心をみてごらん」意味深投稿で物議

真剣 佑 シージ

閉じる 5月、新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を余儀なくされていた中、新田真剣佑が沖縄県へ旅行に行っていたことが発覚。 女性といるところを週刊誌にスクープされた。 沖縄県としても来県自粛を呼び掛けていたこともあり、ネットで批判の嵐が巻き起こった。 この騒動を抑えるべく、新田はTwitterにて謝罪文を投稿。 事態の鎮静化を図った。 その後もしばらくは大きな動きを起こしていなかった新田だったが、ここへきて不穏な動きをしているという。 「5月21日に投稿した謝罪ツイートが削除されたようなのです。 騒動以後、新田は、6月16日に2021年に公開される映画『名も無き世界のエンドロール』のニュース記事をTwitterで多数リツイート。 17日には『新シーズンだ!!!! r 6 s』と投稿。 こちらはおそらく彼がやっているゲーム『レインボーシックスシージ』のことだと思われます。 また、同じく沖縄旅行に行って批判を受けていた山田孝之は、謝罪こそなかったものの、18日にインスタグラムのストーリー機能で意味深な投稿をアップしている。 「『他人の心を問うまえに自分の心をみてごらん』と書かれた掲示板の写真と共に『自分の心って一番遠くにあるのかもしれないなぁ』とコメント。 今回の騒動でバッシングを受けた山田の本音が見え隠れしているもので、『謝罪もなし、Instagramのストーリーしれっとあげとる。 やっぱり最低』『どう受け取ればいいんだろ』といった反応があります」 同上 表舞台に立つ人間としてあるまじき行為をしてしまった2人。 今後は、真摯に芝居に打ち込んでほしいものだ。 instagram.

次の