バルトレックス 市販薬。 バルトレックスの飲み方と効果や副作用!服用期間と飲み合わせも

バルトレックス錠500の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

バルトレックス 市販薬

バルトレックス錠・バルトレックス顆粒(一般名:バラシクロビル塩酸塩)は、2000年から発売されている抗ウイルス薬になります。 抗ウイルス薬はウイルス感染症の治療に用いられるお薬の事で、バルトレックスはウイルスの中でも「ヘルペスウイルス」の感染に対して用いられます。 ヘルペスウイルスは口唇ヘルペスや帯状疱疹、水痘(みずぼうそう)など多くの疾患の原因となるウイルスです。 バルトレックスはヘルペスウイルスに対してどのように効くのでしょうか。 また他の抗ウイルス薬と比べてどのような特徴を持っているのでしょうか。 ここではバルトレックスの効果・副作用や特徴を紹介し、どのような作用機序を持つお薬でどのような方に向いているお薬なのかについてお話ししていきます。 1.バルトレックスの特徴 まずはバルトレックスの特徴について、かんたんに紹介します。 バルトレックスは• 水痘・帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV の増殖を抑える作用を持つお薬になります。 同じ抗ウイルス薬であるゾビラックス(一般名:アシクロビル)を改良したお薬です。 バルトレックスはこれらのヘルペスウイルスに感染した場合に、有効な治療薬になります。 ただしバルトレックスはヘルペスウイルスを「殺す」お薬ではありません。 あくまでも「増殖を抑える」お薬になります。 そのためヘルペスウイルスが増殖しきった状態で投与してもあまり効果は得られません。 ウイルスが増殖しきっていない発症初期に投与する事で高い効果が期待できるお薬になります。 抗ヘルペス薬にもいくつか種類がありますが、バルトレックスは古い抗ヘルペス薬である「ゾビラックス(一般名:アシクロビル)」を改良したお薬です。 バルトレックスはゾビラックスの「プロドラッグ」になります。 プロドラッグというのは、体内に吸収され、代謝される事によってはじめて作用を発揮する工夫がされたお薬です。 プロドラッグは代謝されてから薬効が出てくるため、効果が欲しい部位に集中的に効いてくれ、余計な部位では作用しないという利点があり、これは効果を必要部位に集中させ、副作用を少なくする事が期待できます。 実際、バルトレックスは胃腸内においてはほとんど活性のない「バラシクロビル」として存在していますが、胃腸から体内に吸収されるとゾビラックスと同じ成分である「アシクロビル」に変換され、薬効を発揮しだします。 簡単に言えばバルトレックスは「ゾビラックス」という古い抗ヘルペス薬を、より効果的に効くように、より副作用が少なくなるように工夫したお薬だと言っても良いでしょう。 安全性は高く副作用も多くはありません。 ゾビラックスも副作用が多いお薬ではありませんが、プロドラッグであるバルトレックスは更に副作用も軽減されており、安全性にも優れるお薬になります。 以上からバルトレックスの特徴として次のようなことが挙げられます。 【バルトレックスの特徴】 ・HSV1、HSV2、VZVの増殖を抑える抗ウイルス薬である ・ウイルスを殺すのではなく、増殖を抑える作用を持つ ・発症初期に飲まないと高い効果は得られない ・ゾビラックスの改良薬(プロドラッグ)である スポンサーリンク 2.バルトレックスはどのような疾患に用いるのか バルトレックスはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には次のように記載されています。 【効能又は効果】 単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制 バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑えるお薬ですので、ヘルペスウイルス感染症に用いられるお薬になります。 しかしヘルペスウイルスの感染であれば何でも効くわけではありません。 実はヘルペスウイルスには多くのタイプがあり、• 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV :水痘・帯状疱疹• エブスタイン・バーウイルス(EBV :伝染性単核球症• サイトメガロウイルス(CMV :サイトメガロウイルス感染症• ヒトヘルペスウイルス6(HHV6):突発性発疹• ヒトヘルペスウイルス7(HHV7):突発性発疹• ヒトヘルペスウイルス8(HHV8):カポジ肉腫 などに分類されます。 このヘルペスウイルス属のうち、バルトレックスが効くのは、• 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV :水痘・帯状疱疹 の3種類だけです。 そのためこれらのヘルペスウイルス感染と考えられる時にバルトレックスは用いられます。 ではバルトレックスはこれらの疾患に対してどのくらいの効果があるのでしょうか。 バルトレックスの有効率は、• 単純疱疹に対する改善率は99. 帯状疱疹に対する改善率は97. またバルトレックスを投与してから疼痛が生じるするまでの期間を調査したところ中央値は「35日」と報告されており、更に帯状疱疹後神経痛(PHN)に移行した率は24. 3.バルトレックスの作用機序 バルトレックスはどのような作用機序によってヘルペスウイルスの増殖を抑えるのでしょうか。 バルトレックスは抗ウイルス薬であり、ウイルスの中でも一部のヘルペスウイルス感染に効果のあるお薬です。 ではこの作用はどのようにしてもたらされているのでしょうか。 バルトレックスが効くのはヘルペスウイルス属の中でも、• 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV の3種類になります。 これらのウイルスは私たちの身体の細胞内に侵入すると(これを「感染」と呼びます)、感染細胞中でチミジンキナーゼ(TK)という酵素を産生します。 チミジンキナーゼはヘルペスウイルスのDNA合成に関わっている酵素で、ウイルスが産生したチミジンキナーゼはウイルスのDNAをどんどん合成するため、ウイルスがどんどん増殖してしまいます。 これを食い止めるのがバルトレックスです。 バルトレックスはチミジンキナーゼと反応し、バラシクロビル三リン酸(ACV-TP)という物質になります。 このバラシクロビル三リン酸がウイルスのDNAに取り込まれると、ウイルスはDNAを複製できなくなってしまうのです。 この結果、ウイルスは増殖できなくなるというわけです。 このようにバルトレックスはウイルス性のチミジンキナーゼが存在している「ウイルス感染細胞」にだけ作用するため、正常な細胞には毒性を示さずに効果を得る事が出来ます。 難しく書きましたが簡単に言えば、ウイルスのDNAに作用する事でウイルスの増殖を抑える作用があるという事です。 スポンサーリンク 4.バルトレックスの副作用 バルトレックスにはどのような副作用があるのでしょうか。 またその頻度はどのくらいなのでしょうか。 バルトレックスはウイルスをやっつける目的で投与されます。 となれば、「ウイルスをやっつけるという事は身体にも害があるのではないか」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。 しかしバルトレックスは安全性の高いお薬であり、副作用が生じる頻度は多くはありません。 もちろん注意すべき副作用はありますが、総合的に見れば安全に使えるお薬と言っても良いでしょう。 バルトレックスの副作用発生率は、1. 生じうる副作用としては、• 肝機能障害• 腎機能障害• 腹痛、嘔気 などが報告されています。 頻度は稀ですが重篤な副作用としては、• アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫など)• 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、• 播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病• 急性腎不全• 精神神経症状(意識障害、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症など)• 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)• 呼吸抑制、無呼吸• 間質性肺炎• 肝炎、肝機能障害、黄疸• 急性膵炎 などが報告されており、使用中に異変を感じた場合はすぐに主治医に報告する必要があります。 また副作用ではありませんが、ヘルペスウイルスはバルトレックスに耐性を形成する可能性があります。 これは、バルトレックスに抵抗力を持つヘルペスウイルスが現れてしまうという事です。 耐性形成はヘルペスウイルスがチミジンキナーゼやDNAポリメラーゼ(DNAを合成する酵素)を変化させることで、バルトレックスが作用できないようにしてしまう事で生じると考えられています。 長期間バルトレックスを投与していると、ヘルペスウイルスが耐性を獲得してしまう可能性があります。 バルトレックスを投与しても改善が乏しい場合は耐性化している可能性がありますので、効果が乏しい時は漫然と投与を続けるのではなく、別の治療法への切り替えも検討する必要があります。 5.バルトレックスの用法・用量と剤形 バルトレックスには、 バルトレックス錠 500mg バルトレックス顆粒50% 1g包 バルトレックス顆粒50% 50g(瓶) といった剤型があります。 またバルトレックスの使い方は、使用する疾患によって異なってきます。 成人においては、 【単純疱疹】 通常、成人には1回500mgを1日2回経口投与する。 【造血幹細胞移植における単純疱疹の発症抑制】 通常、成人には1回500mgを1日2回、造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 【帯状疱疹】 通常、成人には1回1000mgを1日3回経口投与する。 【水痘】 通常、成人には1回1000mgを1日3回経口投与する。 【性器ヘルペスの再発抑制】 通常、成人には1回500mgを1日1回経口投与する。 となっています。 小児においては体重によって使用する量が異なっており、体重が40kg未満の場合には顆粒しか適応がありません。 【単純疱疹】 (錠剤):通常、体重40kg以上の小児には1回500mgを1日2回経口投与する。 (顆粒):通常、体重10kg未満の小児には体重1kg当たり1回25mgを1日3回、体重10kg以上の小児には体重1kg当たり1 回25mgを1日2回経口投与する。 ただし、1回最高用量は500mgとする。 【造血幹細胞移植における単純疱疹の発症抑制】 (錠剤):通常、体重40kg以上の小児には1回500mgを1日2回、造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 (顆粒):通常、体重10kg未満の小児には体重1kg当たり1回25mgを1日3回、体重10kg以上の小児には体重1kg当たり1回25mgを1日2回、造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 ただし、1回最高用量は500mgとする。 【帯状疱疹】 (錠剤):通常、体重40kg以上の小児には1回1000mgを1日3回経口投与する。 (顆粒):通常、小児には体重1kg当たり1回25mgを1日3回経口投与する。 ただし、1回最高用量は1000mgとする。 【水痘】 (錠剤):通常、体重40kg以上の小児には1回1000mgを1日3回経口投与する。 (顆粒):通常、小児には体重1kg当たり1回25mgを1日3回経口投与する。 ただし、1回最高用量は1000mgとする。 【性器ヘルペスの再発抑制】 (錠剤・顆粒):通常、体重40kg以上の小児には1回500mgを1日1回経口投与する。 となっています。 注意点として小児の性器ヘルペスの再発抑制に用いる場合は、お子様の体重が40kg以上でなければ投与できません。 これは性器ヘルペスにかかる年齢を考えると(中学生以降)、これくらいの体重がある事が普通だからです。 6.バルトレックスが向いている人は? 以上から考えて、バルトレックスが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 バルトレックスの特徴をおさらいすると、 【バルトレックスの特徴】 ・HSV1、HSV2、VZVの増殖を抑える抗ウイルス薬である ・ウイルスを殺すのではなく、増殖を抑える作用を持つ ・発症初期に飲まないと高い効果は得られない ・ゾビラックスの改良薬(プロドラッグ) であるというものでした。 バルトレックスは、• 水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV に感染している時に検討されるお薬になります。 長い歴史を持っているゾビラックス(一般名:アシクロビル)の改良薬であるため安心して使えるお薬です。 またこれは多くの抗ウイルス薬に共通する事ですが、耐性化には注意しないといけません。 ウイルスは変異する事があり、これによってバルトレックスが効かない菌が出現する事もあります。 このような状態でバルトレックスの投与を続けていても意味はありません。 バルトレックスを投与しても改善が乏しい場合は、耐性化の可能性も考えて治療方針を再検討する必要があります。 また意外なデメリットとしては薬価の高さが挙げられます。 最近はバルトレックスのジェネリック医薬品も発売されているため、薬価が高いと感じる方はジェネリック医薬品の利用を検討してもよいかもしれません。 7.ヘルペス感染に効果がある市販薬は? バルトレックスは病院で処方してもらうしかありませんが、同様の成分を持つお薬で薬局で購入できるものもあります。 始めてのヘルペス感染の場合は、病院を受診し医師に診断をしてもらう事をお勧めしますが、何度も再発している方や病院を受診できないような場合は、このような市販薬を検討しても良いでしょう。 カテゴリー• 247•

次の

バルトレックス(バラシクロビル)妊婦・授乳中の使用・市販薬はある?

バルトレックス 市販薬

管理人のかんなです。 私のプロフィールは 私は、口唇ヘルペス予防のために、バルトレックスを通販最安値のサイトから購入しています。 通販購入できると知る前までは、ヘルペスができるたびに病院に行ってました。 忙しくていけない時はなかなか治らず、人の目が気になっていました。 多めに処方してほしいと言っても、 5日分ほどしか処方されません。 しかも…高い! 病院では1錠350円~500円ほどで、 1日2回ですから5日分で高くて5000円、さらに処方箋代・診察代、交通費もかかります。 それが、 バルトレックスの通販最安値では1錠144円くらいで、21日分もあります。 どう見積もっても通販最安値の個人輸入代行から購入した方が経済的な負担が軽くなります。 ここからはバルトレックスの通販最安値、効果、飲み方や副作用などをお伝えしていきます。 バルトレックス通販の最安値購入はやっぱりここ!通販価格を比較 バルトレックス通販の最安値購入と通販価格の比較。 ヘルペスはストレスが溜まってたり、免疫力が落ちてる時になりますよねぇ。 ムズムズとしてくると、「あ!来た!」。 見る見るうちに水ぶくれ…。 医薬品は病院でしか購入できないかと思っていたけど、ネットで調べていたら 個人輸入代行サイトからバルトレックスを通販購入できることを知りました。 バルトレックスの通販最安値の所だと、なんと安い事か…。 ここでは、私が調べた時のバルトレックスの通販価格を比較して、最安値をお伝えします。 500mg 1箱42錠 と1000mg 1箱21錠 の通販価格の比較です。 500㎎ 1箱 1000㎎ 1箱 オオサカ堂 6059円 3884円 ベストドラッグ 7000円 2370円 10錠1箱 お薬ナビ 6650円 5700円 T. P 6490円 5100円 この通販価格の比較から、 バルトレックスの通販最安値はオオサカ堂!• バルトレックスの偽物が届く• 入金後、連絡が取れなくなる• 注文したものが届かない といったトラブルになります。 バルトレックスの偽物をつかまされないようにするためには、 信頼できる個人輸入代行を選ぶことがとっても重要になります。 下のセクションでは、バルトレックス通販で偽物をつかまれないために、信頼できる個人輸入代行の選び方のポイントをご紹介します。 バルトレックス通販は個人輸入代行選びが大切!正規品を安全に購入する! バルトレックス通販は個人輸入代行選びが重要です。 通販だけでなく、医薬品などを個人輸入代行から購入する時は信頼できる所を選ぶ必要があります。 信頼できるバルトレックスの個人輸入代行を選ぶポイント• 運営会社が明記されている• 2013年以前から運営 スマホなどが流行りだす前• リピーター・利用者が多い まず、運営会社についてしっかり明記されている所を選ぶようにしましょう。 バルトレックスの個人輸入・通販最安値、 オオサカ堂は会社概要にしっかりと明記されています。 その点でも、バルトレックスの個人輸入・通販最安値・オオサカ堂には下のように、書かれています。 運営歴は非常に重要です。 2017年の一斉閉鎖で対象にならなかった、2013年頃からのスマホやSNSの流行以前から個人輸入代行を運営している所であれば信頼に値すると言ってもいいと思います。 バルトレックスを個人輸入で通販購入できる、オオサカ堂のように信頼できる個人輸入代行は他にもあると思います。 ですが、私はこのポイントからバルトレックスは個人輸入・オオサカ堂が一番と判断し、通販購入しました。 バルトレックス通販が早いのはどこ!? バルトレックス通販が早いのを調べました。 バルトレックスの通販購入は、海外発送なので即日届くという事はありません。 でも、1日でもバルトレックス通販が早い、早く届いてほしいと思いますよね。 そこでここでは、 バルトレックスの通販が早いのはどこなのかを調べました。 日数 オオサカ堂 5~10日 ベストドラッグ 4~7日 お薬ナビ 5日~14日 T. P 5~10日 バルトレックスの通販が早いのはどこか、 ぶっちゃけ・・・どこも同じくらいです。 私は通販最安値のオオサカ堂から通販購入しています。 だいたい入金から1週間ほどで届きましたから、バルトレックスの通販が早い方だと思います。 1日でも を早い段階で手元に欲しいという人は、購入から入金を早くした方がいいかもしれませんね。 バルトレックス通販は楽天・Amazon アマゾン で購入できる!? バルトレックスは楽天とAmazon アマゾン で通販購入できるのか調べました。 個人輸入代行は何となく不安…、またアカウントを作ったりするのが面倒。 いつも利用している、楽天やAmazon アマゾン でバルトレックスを通販購入できたらいいのにと思う方もいると思います。 なぜなら・・・ 楽天とAmazon アマゾン は医薬品の販売が禁止されているからなんです。 そもそもこのお薬は病院で医師に処方してもらう必要があるお薬です。 海外の医薬品を個人輸入という形で通販購入するのであれば、処方箋なしで通販購入ができます。 厚生労働省のサイトにも個人輸入に関した記載がされています。 一般の個人が自分で使用するために輸入 いわゆる個人輸入 する場合 海外から持ち帰る場合を含む。 には、原則として、地方厚生局 厚生労働省の地方支分部局 に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。 ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。 という事で、 バルトレックスは楽天・Amazon アマゾン では通販購入できません。 服用量を間違えると強いバルトレックスの副作用が出る場合があるので、用法・用量は必ず守るようにしてください。 また、発症率は少ないのですが、臨床試験ではバルトレックスの副作用として、重篤なケースも報告されています。 重篤なバルトレックスの副作用に関しては、通販最安値のオオサカ堂には以下の記載がされています。 アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎 肝機能検査値の上昇、嘔気、嘔吐、腹部不快感、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下、腎障害、排尿困難、尿閉などの症状が現れる場合があります。 発疹、蕁麻疹、瘙痒、光線過敏症、その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。 また、臨床試験によるバルトレックスの副作用の報告は、こちらのサイトに詳しく書かれているので読んでみてください。 バルトレックスの副作用は怖いと思いますが、用法・用量や飲み方などをしっかり守っていれば、少なくて済みます。 自分がどんなものにアレルギーがあるかなども確認しておきましょう。 バルトレックスとゾビラックスの比較~通販価格など違いは何!? バルトレックスとゾビラックスの比較と違いを調べました。 ヘルペスの治療薬として、バルトレックスの他にゾビラックスというお薬があります。 ここではバルトレックスとゾビラックスの比較をしていきます。 バルトレックス ゾビラックス 通販価格• 500mg 1箱42錠 : 6059円• 1000㎎ 1箱21錠 : 3884円 400㎎ 1箱70錠 : 10,849円 薬のタイプ 錠剤、顆粒 錠剤、顆粒、軟膏、眼軟膏、クリーム、注射 1日の服用回数 1日2回 1日5回 成分 バラシクロビル アシクロビル ゾビラックスは第1世代抗ウイルス薬と呼ばれます。 それを吸収や安定性などを改善したものをプロドラッグと呼び、バルトレックスがそれに当たります。 バルトレックスは1日の服用回数も1日2回と、ゾビラックスの5回に比べて少ない為、子供にも服用しやすくなっています。 バルトレックスとゾビラックスはヘルペスの治療薬として、病院で処方されるお薬ですが、このように比較するとやはり飲みやすいバルトレックスをおすすめします。 バルトレックス、ゾビラックス共に通販最安値はオオサカ堂です。 バルトレックスの飲み合わせは注意が必要です バルトレックスの飲み合わせには注意が必要です。 バルトレックスは飲み合わせに注意する必要があります。 バルトレックスとの飲み合わせを無視したまま服用すると、副作用のリスクが高まるので注意しましょう。 バルトレックスの飲み合わせ・併用NGなお薬• シメチジン• プロベネシド• ミコフェノール酸• モフェチル• テオフィリン シメチジン、プロベネシド、ミコフェノール酸 モフェチルなどの腎尿細管から排泄される薬剤と本剤を併用すると、腎尿細管排泄において競合すると考えられます。 その為、高齢者では、慎重に投与を行って下さい。 また、腎機能に影響を及ぼす可能性のある薬剤と本剤を併用する際は、出来る限り腎機能検査値の変動に注意して下さい。 ここに書かれていないお薬でも、 バルトレックスとの飲み合わせが不安な場合は、医師に相談する事をおすすめします。 副作用の少ないお薬ですが、バルトレックスと飲み合わせる事でお薬の成分が相互作用して副作用のリスクや体調不良になるケースもあるので、注意してください。 バルトレックスと風邪薬の併用は大丈夫ですか? A. 基本的に、バルトレックスと風邪薬の併用は大丈夫です。 医師にバルトレックスを飲んでいる事を言えば、適切な風邪薬を処方してくれます。 ドラッグストアでも薬剤師に相談してみてください。 バルトレックス通販まとめ バルトレックス通販のまとめです。 私はバルトレックスを口唇ヘルペスの常備薬として、通販最安値のオオサカ堂から通販購入しています。 病院で処方してもらうと保険が適用されても 1錠400円近くで、5日分ほどしか処方してくれません。 病院に行くにも仕事を休んだり、早退したり時間を使うし、お薬代だけではなく診察代、そして交通費もかかる。 バルトレックスを通販最安値のオオサカ堂で購入してからはわざわざ病院へ行く必要がなくなりました。

次の

ゾビラックス錠の飲み方と効果と副作用!市販薬や飲み合わせも

バルトレックス 市販薬

用法・用量 (主なもの)• 1.成人:1).単純疱疹:バラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する• 2).造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:バラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する• 3).帯状疱疹:バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する• 4).水痘:バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する• 5).性器ヘルペスの再発抑制:バラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する• 2.小児:1).単純疱疹:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する• 2).造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する• 3).帯状疱疹:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する• 4).水痘:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する• 5).性器ヘルペスの再発抑制:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する• ・ゾビラックスに比べて服用回数が少ないことから帯状疱疹にバルトレックスをよく使いました。 これからはアメナリーフと思いますが、単純ヘルペスに適応がなく、まだまだバルトレックスかと思います。 (40歳代診療所勤務医、循環器内科)• ・モチダのバラシクロビル粒状錠をよく使用しています。 剤形が大きいものが多い中、水で溶解するので、胃管、胃瘻の方にも投与でき重宝しています。 (50歳代開業医、一般内科)• ・切れ味が良く、副作用も多くないように思います。 腎機能に注意して用量設定が必要です。 アシクロビル脳症にも注意が必要です。 (60歳代診療所勤務医、総合診療科)• ・単純ヘルペスでの使用です。 バルトレックスの方が、1日3回のファムビルよりコンプライアンスがいいように思います。 (40歳代診療所勤務医、産科・婦人科)• ・昔から使い慣れていることは長所。 ただし、腎機能障害を意識して使用する必要があるのは短所。 (30歳代診療所勤務医、一般内科) 用法・用量 (添付文書全文) 1.成人: 1).単純疱疹:バラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。 2).造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:バラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 3).帯状疱疹:バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 4).水痘:バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 5).性器ヘルペスの再発抑制:バラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。 2.小児: 1).単純疱疹:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。 2).造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 3).帯状疱疹:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 4).水痘:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 5).性器ヘルペスの再発抑制:体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.免疫正常患者において、性器ヘルペスの再発抑制に本剤を使用している際に性器ヘルペスの再発が認められた場合には、1回500mg1日1回投与(性器ヘルペスの再発抑制に対する用法・用量)から1回500mg1日2回投与(単純疱疹の治療に対する用法・用量)に変更し、治癒後は必要に応じ1回500mg1日1回投与(性器ヘルペスの再発抑制に対する用法・用量)の再開を考慮する。 また、再発抑制に対して本剤を投与しているにもかかわらず頻回に性器ヘルペス再発を繰り返すような患者に対しては、症状に応じて1回250mg1日2回又は1回1000mg1日1回投与に変更することを考慮する。 なお、腎障害を有する小児患者における本剤の投与量、投与間隔調節の目安は確立していない。 肝障害のある患者でもバラシクロビルは十分にアシクロビルに変換される。 なお、肝障害のある患者での臨床使用経験は限られている。 副作用 (添付文書全文) 成人: 単純疱疹を対象とした臨床試験において、総症例397例中、64例(16. その主なものは、頭痛11例(2. 造血幹細胞移植患者を対象とした臨床試験において、総症例21例中、臨床検査値異常を含む副作用はみられなかった(承認時)。 帯状疱疹を対象とした臨床試験において、総症例345例中、74例(21. その主なものは、肝機能検査値の上昇20例(5. 性器ヘルペスの再発抑制を目的とした海外臨床試験において、総症例1,646例中、481例(29. その主なものは、頭痛158例(9. 単純疱疹・帯状疱疹を対象とした使用成績調査4,286例中、48例(1. その主なものは、腹部不快感8例(0. また、帯状疱疹を対象とした特定使用成績調査(帯状疱疹患者における疼痛の検討)369例中、12例(3. その主なものは、嘔気、嘔吐、頭痛、傾眠の各2例(0. 水痘を対象とした調査において、61例中1例(1. 再発型性器ヘルペスに対する長期調査において、368例中12例(3. その主なものは、上腹部痛、肝機能異常各2例(0. 小児: 造血幹細胞移植患者を対象とした臨床試験において、総症例19例中、臨床検査値異常を含む副作用はみられなかった(承認時)。 水痘を対象とした臨床試験において、総症例43例中、2例(4. その内訳は、肝機能検査値の上昇、便秘各1例(2. 水痘を対象とした特定使用成績調査369例中、3例(0. その内訳は、蕁麻疹2例(0. 1.重大な副作用:次のような症状がまれに現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)(いずれも頻度不明)。 2).汎血球減少(0. 3).急性腎障害(0. 4).精神神経症状:意識障害(昏睡)、譫妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等(0. 6).呼吸抑制、無呼吸(いずれも頻度不明)。 7).間質性肺炎(頻度不明)。 8).肝炎(頻度不明)、肝機能障害(0. 9).急性膵炎(頻度不明)。 2.その他の副作用:次のような症状が現れることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).過敏症:(0. 2).肝臓:(0. 3).消化器:(0. 4).精神神経系:(0. 5).腎臓・泌尿器:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分あるいはアシクロビルに対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.腎障害のある患者[精神神経症状等が現れやすい]。 2.高齢者[精神神経症状等が現れやすい]。 (重要な基本的注意) 1.各効能・効果に対し設定された用法・用量で投与した場合、本剤投与時のアシクロビル曝露は、アシクロビル経口製剤投与時よりも高いことから、副作用の発現に留意する。 2.本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始する。 なお、目安として、帯状疱疹の治療においては皮疹出現後5日以内に投与を開始、また、水痘の治療においては皮疹出現後2日以内に投与を開始することが望ましい。 3.単純疱疹の治療においては、本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替える。 但し、初発型性器ヘルペスは重症化する場合があるため、本剤を10日間まで使用可能とする。 4.成人の水痘の治療においては本剤を5〜7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替え、小児の水痘の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替える。 5.帯状疱疹の治療においては、本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替える。 6.本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す患者(免疫正常患者においては、おおむね年6回以上の頻度で再発する者)に対して行う(また、本剤を1年間投与後、投与継続の必要性について検討することが推奨される)。 7.本剤の活性代謝物であるアシクロビルの曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する危険性が高いので、腎障害のある患者又は腎機能低下している患者、高齢者においては、本剤の投与間隔及び投与量を調節し、患者の状態を観察しながら慎重に投与する(なお、一般に精神神経症状は本剤の投与中止により回復する)。 8.腎障害のある患者又は腎機能低下している患者、高齢者、水痘患者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる患者では、本剤の投与中は適切な水分補給を行う。 9.水痘の治療において、悪性腫瘍、自己免疫性疾患などの免疫機能低下した患者に対する有効性及び安全性は確立していない(使用経験がない)。 10.水痘の治療における本剤の使用経験は少ないため、本剤を水痘の治療に用いる場合には、治療上の有益性と危険性を勘案して投与する。 11.意識障害等が現れることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう患者に十分に説明する。 なお、腎機能障害患者では、特に意識障害等が現れやすいので、患者の状態によっては自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意する。 3.ミコフェノール酸 モフェチル[本剤の活性代謝物のアシクロビルとの併用により、アシクロビル及びミコフェノール酸 モフェチル代謝物の排泄が抑制され、両方のAUCが増加するとの報告があるので、特に腎機能低下の可能性がある患者(高齢者等)には慎重に投与する(活性代謝物のアシクロビルとミコフェノール酸 モフェチル代謝物が尿細管分泌で競合すると考えられる)]。 4.テオフィリン[本剤の活性代謝物のアシクロビルとの併用によりテオフィリンの中毒症状が現れることがある(機序は不明であるが、本剤の活性代謝物のアシクロビルがテオフィリンの代謝を阻害するためテオフィリンの血中濃度が上昇することが考えられる)]。 (高齢者への投与) 本剤は、活性代謝物のアシクロビルに変換された後、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため高いアシクロビルの血中濃度が持続する恐れがあるので、投与間隔を調節し、患者の状態を観察しながら、慎重に投与し、また、本剤の投与中は適切な水分補給を行う。 2.本剤による性器ヘルペス再発抑制療法中に妊娠し、その後も本療法を続けた場合の安全性は確立していない。 3.授乳婦への投与は慎重に行う[本剤投与後、活性代謝物のアシクロビルがヒト乳汁中へ移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児又は乳児に対する安全性は確立していない(低出生体重児、新生児に対しては使用経験がなく、乳児に対しては使用経験が少ない)[動物実験(ラット)でバラシクロビルを経口投与したときの活性代謝物であるアシクロビルの曝露量は、成熟動物に比べて幼若動物で大きいことが報告されている]。 (過量投与) 1.徴候、症状:本剤の過量投与により、急性腎不全、精神神経症状(錯乱、幻覚、激越、意識低下、昏睡等)が報告されており、嘔気・嘔吐が発現する可能性も考えられる(なお、これら報告例には、適切な減量投与が行われなかったために過量投与の状態となった腎障害患者又は高齢者における例が多く含まれていた)。 2.処置:毒性の発現を注意深く観察する。 血液透析により、アシクロビルを血中より除去することができるので、過量投与により症状が発現した場合は、処置の一つとして血液透析を考慮する。 (適用上の注意) 1.服用時: 1).本剤は主薬の苦味を防ぐため、コーティングを施しているので、錠剤をつぶすことなく服用させる。 2).本剤を飲みにくい場合には多めの水で1錠ずつ、服用させる。 2.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するように指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 また、これらの症状は本剤の投与を受けていない同じ基礎疾患、合併症等を有する患者においても発現が認められている。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の