10mb は 何 kb。 キロバイト

1ギガバイト(GB)はメガバイト(MB)に換算すると何MB?

10mb は 何 kb

「1GBって一体何MBのことなの? 」 と気になりませんか? 昔はあまり聞きなれない 単位だったんですけどね。 最近ではコンピューターの発達により、 バイト(B)から始まり、 キロバイト(kB)、 メガバイト(MB)、 ギガバイト(GB)、 テラバイト(TB)・・・と、普通に耳にするようになりました。 ところでこの、kB、MB、GB、TBって 何倍ずつ単位が変わっているのでしょうか? MBはGBの何分の一なの? と、気になる疑問が浮かんできます。 これってなぜか、 1024とも 1000(倍)とも言われていて、一体どっち? と、混乱してしまいますよね。 ということで今回は 実際にこれらの数値はいくつなのか、なぜ混同されやすいのかについて書いていますので、一緒に見ていきましょう! contents• 1GBは何MB? 1GBは、1024MBとなる場合と、1000MBとなる場合があります。 つまり、どっちも正しいのです。 これはどういうことなのでしょう。 ぼくも戸惑っております。 なぜなら昔からなぜかざっくりと、 約1000だな、と思っていたからです。 というか 答えが2つ? というのがもはやおかしい感じですよね。 でもこれには 深い訳があるんです。 これから見ていきましょう。 コンピューター世界では1024MBになる 慣用値(かんようち)といわれる、コンピューターの世界で使われる数の表し方があります。 コンピューターの世界では 0と1という2つの数字(情報)をもとに構成されています。 これを 『2進法』といいますが、私たち人間の世界では数字は、 0~9までの10個で表しますよね。 これは 『10進法』というものです。 10進法ではどんなに数が大きくても使う数字は10個のどれかです。 例えば、19837235604・・・と何桁あっても、0~9の数字を用います。 そして、この 2進法で言うところの k(キロ)というのは、主に 2を10乗した数字で表します。 でもこれがコンピューターの世界の慣用値としては 1k(キロ) ということになっています。 つまり、 1024Bが1kB、1024KBが1MB、1024MBが1GB、1024GBが1TB・・・となります。 そういえば、パソコンやゲームなんかをさわっていると、32、64、128、256、512などという数字をよく見かけますよね! 簡単に言いますと、2進法で表すコンピューターの世界での1つの単位の大きさは、 1024倍ごとに上がっていきます。 国際単位系(SI単位)では1000MBになる 国際単位系は、現在のぼく達になじみのある 1000倍ごとに位が上がる単位ですね。 この1000という数字は、10進法で 10の3乗(1000倍)で表されています。 例えばメートル。 1メートルの1000倍は1キロメートル、その1000倍の1000キロメートルは、1メガメートル(Mm)、その1000倍の1000メガメートルは1ギガメートル、その1000倍の1000ギガメートルは1テラメートルとなります。 つまり、 国際単位系で、キロ、メガ、ギガ、テラ・・・という単位が元々あったわけです。 ただ、例えば1メガメートルは、1Mmと大文字のMで書きますが、mm(ミリメートル)と混同されやすいこともあり、実際には、1000kmと言っていることの方が多いです。 そしてこの単位をコンピューターの世界に用いたときに、1000に近い 1024という数字が1つの位になりました。 1ギガバイトなら、1073741824バイトですか、えーと、 「じゅうおくななせんさんびゃくななじゅうよんまんせんはっぴゃくにじゅうよんバイトです。 」 こんなこと言ってられませんよね・・・。 そこで国際単位系にあった、 キロを1024のところに、その1024倍に メガ、その1024倍のところに ギガ、と用いてあてていったんです。 と、いうことから、 本来ぼく達が使う国際単位系で言えば、 「1GBは1000MBですよ」ということになりますが、それがコンピューターの方の慣用値である2進法の話、となれば 「1GBは1024MBですよ」ということになります。 つまり、 どちらも正解ということになるのです。 スポンサードリンク どう使われているの? 例えばパソコンを購入する際に、ハードディスクの容量が、 400GBとかってきりの良い数字がカタログに記載されていますが、これは 国際単位系(10進法で計算)で400GBですと言っています。 しかし、実際に使用してみて、プロパティでハードディスクを見ると、容量が、 395. 08GBとなっていたり、あるいは12桁くらいの膨大な バイト数で表示されていたりしますよね。 これがつまり、僕たちは国際単位系では 1GBは1000MBとしていることに対して、コンピューター側では 1GBは1024MBとなっているため、数字に違いが出てくるわけですが、 実際にはほぼ同じ容量のことなんですよというわけです。 ハードディスクやOS上では1GBは1024MBと扱われますが、これはデータの容量などでも同じくそうなります。 例えば先日ドコモのスマホの通信データの残量が 「残り1GBですよ」と来たんですが、やはりこれは1024MBの計算でした。 ちなみに1パケットは128バイトです。 明確に分けれないの? 同じ 「キロ」が、10進法では1000、2進法では1024を意味するため、ややこしくなるんですよね。 ということで1998年には、これらを明確に分けるため、2進法の方へ新たに単位が制定されました。 単位はそれぞれ、 キビバイト(KiB 、メビバイト(MiB 、ギビバイト(GiB 、テビバイト TiB ・・・となり、これではれて、 1キロバイト=1000バイト、1キビバイト=1024バイト、1メガバイト=1,000,000バイト(1000キロバイト)、1メビバイト=1,048,576バイト(1024キビバイト)ということになったはずなんですが、どうやら 全く浸透せずに認知されていないという状況のようです。 本来ならこれですっきりと 、1GBは1000MBです! 、1GiBは1024MBです! となる予定だったんですよね・・・。 どうやら今だカオスなままのようです。 まとめ 長くなりましたので、最後にまとめを書いておきますね。 通常、キロ、メガ、ギガという単位は1000倍を表わす国際単位系ですので、 1GBは1000MBです。 ただし、パソコンやデータ通信量などのコンピューターの世界では、2進法のことを指していますので、 1GBは1024MBと言えます。 うーん、これは分かりにくいはずですよね・・・。 ^^; 他にもこんな記事を書いています。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 141件のビュー• 84件のビュー• 47件のビュー• 28件のビュー• 25件のビュー• 25件のビュー• 23件のビュー• 19件のビュー• 18件のビュー• 17件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

メールの添付は何MBまで?相手に迷惑をかけないためのマナー|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

10mb は 何 kb

「1GBって一体何MBのことなの? 」 と気になりませんか? 昔はあまり聞きなれない 単位だったんですけどね。 最近ではコンピューターの発達により、 バイト(B)から始まり、 キロバイト(kB)、 メガバイト(MB)、 ギガバイト(GB)、 テラバイト(TB)・・・と、普通に耳にするようになりました。 ところでこの、kB、MB、GB、TBって 何倍ずつ単位が変わっているのでしょうか? MBはGBの何分の一なの? と、気になる疑問が浮かんできます。 これってなぜか、 1024とも 1000(倍)とも言われていて、一体どっち? と、混乱してしまいますよね。 ということで今回は 実際にこれらの数値はいくつなのか、なぜ混同されやすいのかについて書いていますので、一緒に見ていきましょう! contents• 1GBは何MB? 1GBは、1024MBとなる場合と、1000MBとなる場合があります。 つまり、どっちも正しいのです。 これはどういうことなのでしょう。 ぼくも戸惑っております。 なぜなら昔からなぜかざっくりと、 約1000だな、と思っていたからです。 というか 答えが2つ? というのがもはやおかしい感じですよね。 でもこれには 深い訳があるんです。 これから見ていきましょう。 コンピューター世界では1024MBになる 慣用値(かんようち)といわれる、コンピューターの世界で使われる数の表し方があります。 コンピューターの世界では 0と1という2つの数字(情報)をもとに構成されています。 これを 『2進法』といいますが、私たち人間の世界では数字は、 0~9までの10個で表しますよね。 これは 『10進法』というものです。 10進法ではどんなに数が大きくても使う数字は10個のどれかです。 例えば、19837235604・・・と何桁あっても、0~9の数字を用います。 そして、この 2進法で言うところの k(キロ)というのは、主に 2を10乗した数字で表します。 でもこれがコンピューターの世界の慣用値としては 1k(キロ) ということになっています。 つまり、 1024Bが1kB、1024KBが1MB、1024MBが1GB、1024GBが1TB・・・となります。 そういえば、パソコンやゲームなんかをさわっていると、32、64、128、256、512などという数字をよく見かけますよね! 簡単に言いますと、2進法で表すコンピューターの世界での1つの単位の大きさは、 1024倍ごとに上がっていきます。 国際単位系(SI単位)では1000MBになる 国際単位系は、現在のぼく達になじみのある 1000倍ごとに位が上がる単位ですね。 この1000という数字は、10進法で 10の3乗(1000倍)で表されています。 例えばメートル。 1メートルの1000倍は1キロメートル、その1000倍の1000キロメートルは、1メガメートル(Mm)、その1000倍の1000メガメートルは1ギガメートル、その1000倍の1000ギガメートルは1テラメートルとなります。 つまり、 国際単位系で、キロ、メガ、ギガ、テラ・・・という単位が元々あったわけです。 ただ、例えば1メガメートルは、1Mmと大文字のMで書きますが、mm(ミリメートル)と混同されやすいこともあり、実際には、1000kmと言っていることの方が多いです。 そしてこの単位をコンピューターの世界に用いたときに、1000に近い 1024という数字が1つの位になりました。 1ギガバイトなら、1073741824バイトですか、えーと、 「じゅうおくななせんさんびゃくななじゅうよんまんせんはっぴゃくにじゅうよんバイトです。 」 こんなこと言ってられませんよね・・・。 そこで国際単位系にあった、 キロを1024のところに、その1024倍に メガ、その1024倍のところに ギガ、と用いてあてていったんです。 と、いうことから、 本来ぼく達が使う国際単位系で言えば、 「1GBは1000MBですよ」ということになりますが、それがコンピューターの方の慣用値である2進法の話、となれば 「1GBは1024MBですよ」ということになります。 つまり、 どちらも正解ということになるのです。 スポンサードリンク どう使われているの? 例えばパソコンを購入する際に、ハードディスクの容量が、 400GBとかってきりの良い数字がカタログに記載されていますが、これは 国際単位系(10進法で計算)で400GBですと言っています。 しかし、実際に使用してみて、プロパティでハードディスクを見ると、容量が、 395. 08GBとなっていたり、あるいは12桁くらいの膨大な バイト数で表示されていたりしますよね。 これがつまり、僕たちは国際単位系では 1GBは1000MBとしていることに対して、コンピューター側では 1GBは1024MBとなっているため、数字に違いが出てくるわけですが、 実際にはほぼ同じ容量のことなんですよというわけです。 ハードディスクやOS上では1GBは1024MBと扱われますが、これはデータの容量などでも同じくそうなります。 例えば先日ドコモのスマホの通信データの残量が 「残り1GBですよ」と来たんですが、やはりこれは1024MBの計算でした。 ちなみに1パケットは128バイトです。 明確に分けれないの? 同じ 「キロ」が、10進法では1000、2進法では1024を意味するため、ややこしくなるんですよね。 ということで1998年には、これらを明確に分けるため、2進法の方へ新たに単位が制定されました。 単位はそれぞれ、 キビバイト(KiB 、メビバイト(MiB 、ギビバイト(GiB 、テビバイト TiB ・・・となり、これではれて、 1キロバイト=1000バイト、1キビバイト=1024バイト、1メガバイト=1,000,000バイト(1000キロバイト)、1メビバイト=1,048,576バイト(1024キビバイト)ということになったはずなんですが、どうやら 全く浸透せずに認知されていないという状況のようです。 本来ならこれですっきりと 、1GBは1000MBです! 、1GiBは1024MBです! となる予定だったんですよね・・・。 どうやら今だカオスなままのようです。 まとめ 長くなりましたので、最後にまとめを書いておきますね。 通常、キロ、メガ、ギガという単位は1000倍を表わす国際単位系ですので、 1GBは1000MBです。 ただし、パソコンやデータ通信量などのコンピューターの世界では、2進法のことを指していますので、 1GBは1024MBと言えます。 うーん、これは分かりにくいはずですよね・・・。 ^^; 他にもこんな記事を書いています。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 141件のビュー• 84件のビュー• 47件のビュー• 28件のビュー• 25件のビュー• 25件のビュー• 23件のビュー• 19件のビュー• 18件のビュー• 17件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

1ギガバイト(GB)はメガバイト(MB)に換算すると何MB?

10mb は 何 kb

皆さんがおっしゃられている通り、1MB=1024KBです。 よく使われている2HDのフロッピーディスクは1. 44MB CD-ROMは650MB(CD-Rでは700MBのものも増えてきました。 )と思うと容量の勘がつかめるでしょうか? 50MBということはだいたいで言うとFD50枚足らずくらいということですね。 (本当にだいたい。 ) あと、どのくらい残っているのかということですが、 starfloraさんの言う通りgooの無料ホームページにアップロードする際にFTPソフトを使用しているのであればそのソフトで全体の容量が把握できると思うので、確認されるとよいのではないかと思います。 ついでにそのままバックアップなんかもとっておくと便利ですよ。 (何かのときのためにも役立つし) アップロードに使っておられるFTPソフトで、GOOのサイトにアップロードしてあるすべてのファイルやフォルダーを選択すると、使用容量がトータルが表示されるのですが、FTPソフトによって、どういう表示か種類が違うのかも知れません。 しかし、FTPソフトには、その機能が基本的にあります。 またGOOサイトにも、何か残り容量または使用容量を表示する機能があるかも知れませんが、こちらは知りません。 (GOOの全体容量から、使用容量を引くと、残り容量です)。 1Mバイト=1024Kバイト です。 1Kバイト=1024バイト です。 これが正確な数字です。 一般に、1M=1000Kとしますが、これは簡略表現です。 実際には、1M=1024Kです。 A ベストアンサー こんにちは。 ユーザー定義関数で作ってみました。 Ver4 マクロ関数で十分だと私は思いますが、Ver 4 マクロ関数ではケシカランというような方?は、以下のようなVBAでの解決方法が便利かなって思います。 VB Editor の標準モジュールに貼り付けてください。 (挿入-標準モジュール) なお、一般のブックの標準モジュールのユーザー定義関数に、Public キーワードをつけたところで、グローバル関数になるわけではありませんので、もしその点に不安のある方は、マニュアル等で、確認されたほうがよいかもしれませんね。 なお、以下は、引数のインデックスに0を入れると、配列出力するようにしてあります。 Match c. Interior. Match c. Font. Interior. Font. こんにちは。 ユーザー定義関数で作ってみました。 Ver4 マクロ関数で十分だと私は思いますが、Ver 4 マクロ関数ではケシカランというような方?は、以下のようなVBAでの解決方法が便利かなって思います。 VB Editor の標準モジュールに貼り付けてください。 (挿入-標準モジュール) なお、一般のブックの標準モジュールのユーザー定義関数に、Public キーワードをつけたところで、グローバル関数になるわけではありませんので、もしその点に不安のある方は、マニュアル等で、確認されたほうがよいかもし... A ベストアンサー 仕事をするときに使う言葉として説明します。 複数の人が同じ仕事をするときに人によって仕事の仕方が違うと混乱が生じます。 そこでやり方を1つに決めてみんなでそれを守るようにするのが標準化です。 一方、仕事の量が毎日あるいは季節的に変動するときにこれをうまくならして処理して行くと言うのが平準化です。 goo. php?

次の