ダビエ スネル。 『Glee』リア・ミシェル、共演者に差別的暴言の過去を告発され炎上、後日謝罪 (2020年6月4日)

リア・ミシェル、ドラマ「glee/グリー」撮影中の人種差別を告発される

ダビエ スネル

白人警官に首を押さえつけられて亡くなったジョージ・フロイドさん(46)の死を悼み、人種差別を無くすべきと訴えたリア・ミシェル(33)。 「リア、私の初めてのテレビ出演を生き地獄にしたことを覚えてる?!?! 私は決して忘れない。 あなたは、機会があったら私のウィッグにクソしてやる! って皆に言ったわよね。 トラウマになるくらいの自覚のない差別を受けたことで、私はハリウッドでキャリアを築くことに疑問を抱くようになったのよ」 ドラマ共演時、リアから差別行為を受けていたことを明かしたのです。 サマンサの告発を肯定するコメントやGIFを投稿しました。 アレックスは「一度だけ言うね…友達が何かトラウマになるような体験をするときには、私も同じ体験をする…それが友情ってもの。 もしそれが理解できないなら、あなた自身が問題の一部だってこと、以上! コインの両面の意味があるってこと! 」とツイートしました。 そしてメリッサ・ブノワ(31)も自身の考えを表明。 ダビエ・スネルがドラマ出演時にリアから一緒のテーブルに座ることを拒否されたと告発したことに触れたツイートに対して「いいね」するなど、リアの差別行為を認める反応を示しました。 また、SNS上ではかつてリアと不仲が噂されたナヤ・リヴェラ(33)のことも持ち出す人も。 ナヤが自叙伝で、撮影現場でのリアの傲慢な態度について語ったことは本当だったと推測する人もいるなど、今はリアにとって形勢不利なムードになっています。

次の

「glee」レイチェル役の女優リア・ミシェルさん、SNSで人種差別批判を行うも元共演者達から「お前が言うな」とぼろくそに叩かれ炎上

ダビエ スネル

現在、の法律第4条には「フランス陸軍元帥及びフランス海軍元帥の称号は、国家より与えられる栄誉である」と定められており、個別のでなく名誉称号や栄典にあたる。 そのため、最終階級として元帥を称することはない。 ただし、個別の階級章は存在する。 また、他国の元帥位が原則としてからの昇格であるのに対し、特別な武功を立てた将校に授与されると規定されているため、例として第一次世界大戦時の総司令官であったは戦功を称えられフランス元帥に叙されたが、最終階級はであった。 に栄典が創設されて以来、342人の将校がフランス元帥に叙された。 また、そのうち6人は、というさらに高位の栄典を授与された。 陸軍大将が五つ星の臂章をつけるのに対して、フランス元帥は七つ星の臂章を身につけ、さらに、元帥位のもう一つの象徴である星をちりばめた青いビロード張りの元帥杖を授与される。 そこにはこう銘記されている「」(戦時には恐るべく、平時には輝かしく)と。 歴史 [ ] 君主制の時代 [ ] 初めの頃、フランス元帥の役割は王の馬を管理するだけだった。 13世紀初頭、フランス元帥は(騎兵隊)隷下として軍に組織された。 軍の栄典として初めて王からフランス元帥を授与された人物は、によりMezの領主に任命されたアルベリク・クレマン()で、1185年のことだった。 にがコンスタブル職を廃止した後は、フランス元帥が軍の最高司令官となった。 元帥の中でもさらに王の信任を受けた人物は、「国王の陣営と軍隊の大元帥」()を授与されることもあった。 この栄典がいったん廃止されるまでにフランス元帥になった人物は263人いた。 フランス革命、帝政から19世紀にかけて [ ] 元帥号は、1793年2月21日に国民公会により廃止された。 の (上院、元老院の法令)は「帝国元帥」を規定した。 下で「フランス帝国の元帥」について全ての面で明確にされた。 では、帝国元帥はフランス元帥になる。 の法律では、フランス元帥の定員は平時の6人以上であり、戦時で12人に増員できることを規定している。 平時の定員を超えている場合は、さらに3人の欠員を昇進させることができる。 下では、は称号を変えなかった。 フランス元帥はの正規のメンバーとなった。 下では、元帥の職権が帝政を強くイメージさせるため、以前にフランス元帥が授与されることはなかった。 最後の元帥フランシス・セルタン・ドゥ・カンロベール()はに死去した。 フランス元帥よりさらに権威のあるフランス大元帥は19世紀まで存在した。 20世紀 [ ] 第一次世界大戦中に元帥の権威が復元された。 最後のフランス元帥2人は、に亡くなったアルフォンス・ジュアン()、およびに死亡したマリー・ピエール・ケーニグ() である。 フランス元帥位に昇格する特別な要件はないが軍隊を指揮して勝利する事が慣例となっている。 フランス元帥位は、20世紀まで法律ではなく命令を通して授与された。 ただし、法律は事前認可の命令だった。 こうして、()は元帥位に昇格した。 同日の法令の第2条では、陸軍大将のジャン・ド・ラトル・ド・タシニーに死後追号(titre posthume)としてフランス元帥位の授与を政府は許可したとある。 同様に、もフランス元帥の位階に昇格した。 フランスの公式文書は大文字で統一されている。 この金額はの法令第1条で定められており、現在も有効である。 中に叙任された元帥および将軍は、に埋葬される権利があると、1929年3月27日の法律で定められている。 年金の補助に関する規定(の法律)があり、特別な元帥だったフォッシュの未亡人(1929年の法律)とラトル・ド・タシニーの未亡人(の法律)に与えられた。 もう一つの法令(1967年)では、アルフォンス・ジュアン元帥の未亡人本人から()が免除された。 カペー朝 [ ] (1180年 - 1223年) [ ]• アルベリク・クレマン()(? - 1191年)、最初の授与。 授与年:• アンリ1世・クレマン()(1170年 - 1214年)、通称「Petit marechal」。 ル・メ(Le Mez)および領主。 授与年:• ギヨーム・ド・ブルネル()(? - 1195年)、授与年:• ニヴロン・ダラス()(? - 1204年)、授与年:• ジャン3世・クレマン()(? - 1262年)、ル・メおよび領主。 授与年:• ギヨーム・ド・ラ・トゥールネル() 、生没年不詳。 授与年: (1226年 - 1270年) [ ]• フェリー・パステ()(? - 1247年)、シャルランジュ(Challeranges)領主。 授与年:• ジャン・ギヨーム・ド・ボーモン()(? - 1257年)、授与年:• ゴーティエ3世・ド・ヌムール()(? - 1270年)、領主。 授与年:• アンリ2世・クレマン()(? - 1265年)、ル・メおよび領主。 授与年:• エリック・ド・ボージュー()(? - 1270年)、授与年:• ルノー・ド・プレシニー()(? - 1270年)、授与年:1265年• 授与年:• ランスロ・ド・サン=マール()(? - 1278年)、授与年:1270年 (1270年 - 1285年) [ ]• フェリー・ド・ヴェルヌイユ()(? - 1283年)、授与年:• ギヨーム5世・デュ・ベック・クレスパン()(? - 1283年)、授与年:• ジャン2世・ダルクール()(? - 1302年)騎士、シャテルロー子爵、アルクール領主。 授与年:• ラウール5世・ル・フラマン()(? - 1287年)、授与年: (1285年 - 1314年) [ ]• ジャン・ド・ヴァレンヌ()(? - 1292年)、授与年:• シモン・ド・ムラン()(? - 1302年)、ラ・ループ卿およびマルシュヴィル卿。 授与年:• ギー1世・ド・クレルモン・ド・ネール()(? - 1302年)、授与年:• フルク・デュ・メール()(? - 1314年)、通称「Foucaud」。 授与年:• ミユ10世・ド・ノワイエ()(? - 1350年)、授与年:1302年• ジャン・ド・コルベイユ()(? - 1318年)、グレ(Grez)領主。 授与年: (1314年 - 1316年) [ ]• ジャン4世・ド・ボーモン()(? - 1318年)、通称「le Derame」。 授与年: (1316年 - 1322年) [ ]• マチュー・ド・トリ()(? - 1344年)、授与年:• ジャン2世・デ・バレス()生没年不詳、授与年:1318年• ベルナール6世・ド・モレイユ()(? - 1350年)、モレイユ領主。 授与年: (1322年 - 1328年) [ ]• ロベール8世ベルトラン・ド・ブリックベック()(1285年 - 1348年)、ブリックベック男爵、ロシュヴィル子爵。 授与年: ヴァロワ朝 [ ] (1328年 - 1350年) [ ]• アンソー・ド・ジョアンヴィル()(1265年 - 1343年)、授与年:• シャルル1世・ド・モンモランシー()(1307年 - 1381年)、卿。 授与年:• ロベール・ド・ヴァヴラン()(1360年没)、サン=ヴナン領主。 授与年:1344年• 授与年:• エドゥアール・ド・ボージュー()(1316年 - 1351年)、シャトーヌフ領主。 授与年: (1350年 - 1364年) [ ]• アルヌール・ドードレム()(1370年没)、オードレム卿。 授与年:• ロギュ・ド・アンジュスト()(1352年没)、アヴェーヌクール(Avesnecourt)領主。 授与年:• ジャン・ド・クレルモン()(1356年没)、およびボーモン領主。 授与年:1352年• ジャン1世・ル・マングル()(1310年 - 1367年)、通称「ブシコー(Boucicaut)」、愛称「Le Brave」。 授与年: (1364年 - 1380年) [ ]• ジャン4世・ド・モケンシー()(1391年没)、卿。 授与年:• ルイ・ド・サンセール()(1342年 - 1402年)、サンセール伯()。 授与年: (1380年 - 1422年) [ ]• ジャン2世・ル・マングル()(1366年 - 1421年)、通称「ブシコー(Boucicaut)」、授与年:• ジャン2世・ド・リュー()(1342年 - 1417年)、ロシュフォールおよびリュー領主。 授与年:• ピエール・ド・リュー()(1389年 - 1439年)、ロシュフォールおよびリュー領主。 授与年:• クロード・ド・ボーヴォワール()(1385年 - 1453年)、シャステリュー()領主、子爵。 授与年:• ジャン・ド・ヴィリエ・ド・リスル=アダン()(1384年 - 1437年)、授与年:1418年• ジャック・ド・モンブロン()(1422年没)、領主。 授与年:1418年• ()(1396年 - 1464年)、授与年:• アントワーヌ・ド・ヴェルジー()(1439年没)、授与年:• ジャン・ド・ラ・ボーム()(1435年没)、モンレヴェル=アン=ブレス伯。 授与年:1422年 (1422年 - 1461年) [ ]• アモーリー・ド・セヴラック()(1427年没)、および領主。 授与年:• (1393年 - 1458年)、ブルターニュ公アルテュール3世。 授与年:• ジャン・ド・ブロス()(1375年 - 1433年)、ブサック(Boussac)およびサント=セヴェール(Sainte-Severe)男爵。 トゥレーヌ伯、モンフォール伯、イヴリー伯。 授与年:• (ジル・ド・モンモランシ=ラヴァル)(1405年 - 1440年10月26日)、、シャントセおよびティフォージュ領主。 授与年:• (1408年 - 1486年)、ロエアック(Loheac)およびレッツ(Retz)領主。 授与年:• フィリップ・ド・キュラン()(1454年没)、ジャローニュ(Jaloignes)、ラ・クロワゼット(la Croisette)、サンタルマン(Saint-Armand)およびシャレ(Chalais)領主。 授与年:• (1390年 - 1461年)、リムーザン領主。 授与年: (1461年 - 1483年) [ ]• ジョアシャン・ルオー・ド・ガマシュ()(1478年没)、ボワメナール(Boismenard)領主。 授与年:1441年• ジャン・ド・レスキュン()(1473年没)、通称「Batard d'Armagnac」、コマンジュ伯。 授与年:• ヴォルフェルト6世・ファン・ボルッセレ()(1487年没)、フェーレ領主、、スコットランドのバカン伯。 授与年:• ピエール・ド・ロアン=ジエ()(1450年 - 1514年)、領主。 授与年: (1483年 - 1498年) [ ]• フィリップ・ド・クレーブクール・デスケールド()(1418年 - 1494年)、授与年:• ジャン・ド・ボドゥリクール()(1499年没)、ショワズール領主、ショーモンのバイイ。 授与年: ヴァロワ=オルレアン朝 [ ] (1498年 - 1515年) [ ]• ()(1448年 - 1518年)、侯。 授与年:• シャルル2世・ダンボワーズ・ド・ショーモン()(1473年 - 1511年)、ショーモン、メイヤン(Meillan)およびシャラントン(Charenton)領主。 授与年:• オデ・ド・フォア・ド・ロートレック()(1485年 - 1528年)、、ロートレック子爵。 授与年:• ロバート・ステュワート()(1470年 - 1544年)、オービニー領主。 授与年: ヴァロワ=アングレーム朝 [ ] (1515年 - 1547年) [ ]• ジャック2世・ド・シャバンヌ()(1525年没)、ラ・パリス(La Palice)領主。 授与年:• ガスパール1世・ド・コリニー()(没年:1522年)、シャティヨン領主。 授与年:• トマ・ド・フォワ=レスキュン()(没年:1525年)、、授与年:• (1492年 - 1567年)、、ダンヴィル公。 授与年:。 後に、授与年:• テオドーロ・トリヴルツィオ()(1458年 - 1531年)、授与年:• ロベール3世・ド・ラ・マルク()(1491年 - 1536年)、ブイヨン公。 授与年:1526年• クロード・ダンネボー()(1500年 - 1552年)、授与年:1538年• ルネ・ド・モンジャン()、授与年:1538年• ウダール・デュ・ビエ()(1553年没)、授与年:• アントワーヌ・ド・レット=デプレ()、モンペザ(Montpezat)領主。 授与年:• ジャン・カラッチョリ()(1480年 - 1550年)、メルフィ公(prince de Melfi)。 授与年:1544年 (1547年 - 1559年) [ ]• ジャック・ダルボン・ド・サンタンドレ()(1562年没)、侯• ロベール4世・ド・ラ・マルク()(1520年 - 1556年)、ブイヨン公および。 授与年:• シャルル1世・ド・コッセ()(1505年 - 1563年)、ブリサック(Brissac)伯。 授与年:• ピエロ・ストロッツィ()(1500年 - 1558年)、授与年:• ポール・ド・ラ・バルト()(1482年 - 1558年)、テルム(Thermes)領主。 授与年: (1559年 - 1560年) [ ]• フランソワ・ド・モンモランシー()(1520年 - 1563年)、。 授与年: (1560年 - 1574年) [ ]• (1509年 - 1571年)、ヴィエイユヴィル(Vieilleville)領主。 授与年:• アンベール・ド・ラ・プラティエール()(1524年 - 1567年)、ブルディヨン(Bourdillon)領主。 授与年:• アンリ1世・ド・モンモランシー()(1534年 - 1614年)、ダンヴィル領主、モンモランシー公、ダンマルティンおよびアレー(Alais)伯、シャトーブリアン男爵、シャンティイ(Chantilly)およびエクアン(Ecouen)領主。 授与年:• アルテュス・ド・コッセ=ブリサック()(1582年没)、ゴノール(Gonnord)領主およびスゴンディニー(Secondigny)伯。 授与年:• ガスパール・ド・ソ()(1509年 - 1575年)、タヴァンヌ(Tavannes)領主。 授与年:• オノラ2世・ド・サヴォワ((1580年没)、ヴィラール侯。 授与年:• アルベール・ド・ゴンディ()(1522年 - 1602年)、レッツ(Retz)公。 授与年: (1574年 - 1589年) [ ]• ロジェ・ド・サン=ラリ()(1579年没)、ベルガルド(Bellegarde)領主。 授与年:• ブレーズ・ド・モンリュック()(1500年 - 1577年)、モンリュック(Montluc)領主。 授与年:1574年• ルイ・プレヴォー()(1496年 - 1576年)、サンサック(Sansac)男爵。 アルマン・ド・ゴントー=ビロン()(1524年 - 1592年)、授与年:• ジャック2世・ド・ゴワイヨン()(1525年 - 1598年)、マティニョン(Matignon)およびレスパール(Lesparre)卿、トリニ(Thorigny)伯、モルターニュ=シュル=ジロンド公(prince de Mortagne sur Gironde)。 授与年:• ジャン6世・ドーモン()(1580年没)、エトラボンヌ(Estrabonne)男爵、。 授与年:1579年• ギヨーム・ド・ジョワイユーズ()(1520年 - 1592年)、ジョワイユーズ子爵。 サン=ディディエ(Saint-Didier)、ロダン(Laudun)、ピュイヴェール(Puyvert)およびアルク(Arques)領主。 授与年:• フランソワ・グッフィエ()(1594年没)、通称「le jeune」、デファン(Deffends)侯。 授与年: ブルボン朝 [ ] (1589年 - 1610年) [ ]• (1555年 - 1623年)、テュレンヌ子爵、公、公。 授与年:• (1562年 - 1602年)、ビロン公。 授与年:。 フランス大元帥授与年は不明。 クロード・ド・ラ・シャトル()(1536年 - 1614年)、メゾンフォール(Maisonfort)男爵。 授与年:1594年• シャルル2世・ド・コッセ()(1562年 - 1621年)、ブリサック公。 アンリ4世からフランス元帥杖を与えられた。 ジャン・ド・モンルック・ド・バラニー()(1560年 - 1603年)、授与年:1594年• ジャン3世・ド・ボーマノワール()(1551年 - 1614年)、ラヴァルダン(Lavardin)侯およびネーグルペリス(Negrepelisse)伯。 授与年:• アンリ・ド・ジョワイユーズ()(1567年 - 1608年)、ジョワイユーズ公。 授与年:1595年• ユルバン・ド・モンモランシー=ラヴァル()(1557年 - 1629年)、サーブル(Sable)侯。 授与年:1595年• アルフォンス・ドルナーノ()(1548年 - 1610年)、授与年:• (1537年 - 1613年)、グランセ(Grancey)伯。 授与年:• ()(1543年 - 1626年)、レディギエール公。 授与年:。 フランス大元帥授与年:。 (1610年 - 1643年) [ ]• (1617年没)、アンクル侯爵。 授与年:• 授与年:• アントワーヌ・ド・ロケロール()(1544年 - 1622年)、ロケロール(Roquelaure)男爵。 授与年:1614年• ルイ・ド・ラ・シャトル()(1630年没)、ラ・メゾンフォール(La Maisonfort)男爵• ポンス・ド・ロジエール=テミーヌ=カルダイヤック()(1553年 - 1627年)、テミーヌ侯、最後のケルシーの領主、副王。 授与年:• フランソワ・ド・ラ・グランジュ・ダルキアン()(1554年 - 1617年)、モンティニー(Montigny)およびベリーのスリー(Sery en berry)領主。 授与年:• ニコラ・ド・ロピタル()(1581年 - 1644年)、ヴィトリー公。 授与年:• シャルル・ド・ショワズール=プララン()(1563年 - 1626年)、プララン(Praslin)侯。 授与年:• ジャン・フランソワ・ド・ラ・ギーシュ()(1569年 - 1632年)、ラ・パリス(La Palice)伯。 授与年:1619年• オノレ・ダルベール・デリー()(1581年 - 1649年)、ショルンヌ(Chaulnes)公。 授与年:• フランソワ・デスパルブ・ド・リュッサン()(1628年没)、オーブテール(Aubeterre)子爵。 授与年:• シャルル2世・ド・ケルキー()(1578年 - 1638年)、ポワ公(prince de Poix)、。 授与年:• ガスパール3世・ド・コリニー()(1584年 - 1646年)、シャティヨン公。 授与年:• シャルル・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョン()(1564年 - 1648年)、トリニー(Thorigny)伯。 授与年:1622年• ジャック・ド・コーモン()(1551年 - 1652年)、ラ・フォルス(La Force)公。 授与年:1622年• フランソワ・ド・バッソンピエール()(1579年 - 1646年)、バッソンピエール侯。 授与年:1622年• アンリ・ド・ションベール()(1574年 - 1632年)、ナントゥイユ伯。 授与年:• ジャン=バティスト・ドルナーノ()(1581年 - 1626年)、授与年:• フランソワ・アンニバル・デストレ()(1573年 - 1670年)、エストレ公。 授与年:1626年• ティモレオン・デピネー・ド・サン=リュック()(1580年 - 1644年)、授与年:• ルイ・ド・マリヤック()(1572年 - 1632年)、ボーモン=ル=ロジェ伯。 授与年:• アンリ2世・ド・モンモランシー()(1595年 - 1632年)、モンモランシー公、ダンヴィル公、。 授与年:• ジャン・ド・サン=ボネ()(1585年 - 1636年)、トワ(Toiras)侯。 授与年:1630年• アントワーヌ・コワフィエ・ド・リュゼ()(1581年 - 1632年)、エフィア(Effiat)侯。 授与年:• ユルバン・ド・マイエ=ブレゼ()(1597年 - 1650年)、ブレゼ侯。 授与年:• マクシミリアン・ド・ベテューヌ()(1560年 - 1641年)、シュリー公。 授与年:• シャルル・ド・ションベール()(1601年 - 1656年)、アルワン(Halluin)公。 授与年:• シャルル・ド・ラ・ポルト()(1602年 - 1664年)、メイユレイユ(Meilleraye)侯。 授与年:• (1604年 - 1678年)、グラモン公。 授与年:• ジャン=バティスト・ビュード()(1602年 - 1643年)、ゲブリアン(Guebriant)伯。 授与年:• フィリップ・ド・ラ・モット=ウダンクール()(1605年 - 1657年)、カルドーヌ(Cardone)公。 授与年:• フランソワ・ド・ロピタル()(1583年 - 1660年)、ロネ(Rosnay)伯。 授与年: (1643年 - 1715年) [ ]• (1611年 - 1675年)、テュレンヌ子爵。 授与年:。 フランス大元帥授与年:• ジャン・ド・ガッシオン()(1609年 - 1647年)、ガッシオン(Gassion)伯。 授与年:1643年• セザール・ド・ショワズール・デュ・プレシ=プララン()(1598年 - 1675年)、シュワズール公。 授与年:• ヨシアス・ランツァウ()(1609年 - 1650年)、ランツァウ伯。 授与年:1645年• ()(1597年 - 1685年)、ヴィルロワ公。 授与年:• ガスパール4世・ド・コリニー()(1620年 - 1649年)、コリニー公。 授与年:• アントワーヌ・ドーモン・ド・ロシュバロン()(1601年 - 1669年)、オーモン公。 授与年:• ジャック・デタンプ()(1590年 - 1663年)、ラ・フェルテ=アンボー侯。 授与年:1651年• アンリ・ド・ラ・フェルテ=センテール()(1600年 - 1681年)、ラ・フェルテ=センテール公。 授与年:1651年• シャルル・ド・モンシー()(1599年 - 1658年)、オカンクール(Hocquincourt)侯。 授与年:1651年• ジャック・ルエル()(1603年 - 1680年)、グランセ伯。 授与年:1651年• アルマン・ノンパール・ド・コーモン()(1582年 - 1672年)、ラ・フォルス公。 授与年:• フィリップ・ド・クレランボー()(1606年 - 1665年)、ラ・パリョー(la Palluau)伯。 授与年:1652年• セザール・フェビュス・ダルブレ()(1614年 - 1676年)、ミオサン伯。 授与年:• ルイ・ド・フーコー・ド・サン=ジェルマン・ボープレ()(1616年 - 1659年)、Daugnon伯。 授与年:• ジャン・ド・シューレンベルグ()(1597年 - 1671年)、モンジュ(Montejeu)伯。 授与年:• アブラアム・ド・ファベール()(1599年 - 1662年)、エステルネ侯。 授与年:1658年• ジャック・ド・カステルノ()(1620年 - 1658年)、カステルノ侯。 授与年:1658年• ベルナルダン・ジゴー ・ド・ベルフォン()(1630年 - 1694年)、ベルフォン(Bellefonds)侯。 授与年:• (1620年 - 1687年)、マリン(Marines)侯。 授与年:1668年• (1628年 - 1694年)、ユミエール公。 授与年:1668年• ジョフロワ・デストラード()(1607年 - 1686年)、エストラード伯。 授与年:• フィリップ・ド・モントー=ベナック()(1619年 - 1684年)、ナヴァイユ公。 授与年:1675年• (1616年 - 1690年)、ションバーグ公。 授与年:1675年• ジャック・アンリ・ド・デュルフォール()(1625年 - 1704年)、デュラス公。 授与年:1675年• フランソワ・ドービュッソン()(1625年 - 1691年)、ラ・フイヤード(la Feuillade)公。 授与年:1675年• ルイ・ヴィクトル・ド・ロシュシュアール()(1636年 - 1688年)、モルトマール公、 le Marechal de Vivonne。 授与年:1675年• (1628年 - 1695年)、リュクサンブール公。 授与年:1675年• アンリ・ルイ・ダロワーニ()(1636年 - 1676年)、ロシュフォール侯。 授与年:1675年• ギー・ド・デュルフォール()(1630年 - 1702年)、ロルジュ公。 授与年:• ジャン2世・デストレ()(1624年 - 1707年)、エストレ伯。 授与年:• クロード・ド・ショワズール()(1632年 - 1711年)、フランシエール侯。 授与年:• ジャン=アルマン・ド・ジョワイユーズ()(1632年 - 1710年)、グランプレ侯。 授与年:1693年• (1644年 - 1730年)、ヴィルロワ公。 授与年:1693年• (1644年 - 1711年)、ブーフレール公。 授与年:1693年• (1642年 - 1701年)、トゥールヴィル伯。 授与年:1693年• アンヌ=ジュール・ド・ノアイユ()(1650年 - 1708年)、ノアイユ公。 授与年:1693年• (1637年 - 1712年)、サン=グラティアン領主、 le marechal Catinat。 授与年:1693年• (1653年 - 1734年)、ヴィラール公。 授与年:。 フランス大元帥授与年:• ノエル・ブトン・ド・シャミリー()(1636年 - 1715年)、シャミリー侯。 授与年:• ヴィクトル・マリー・デストレ()(1660年 - 1737年)、エストレ公。 授与年:1703年• フランソワ・ルイ・ルスレ・ド・シャトー=ルノー()(1637年 - 1716年)、シャトー=ルノー侯。 授与年:1703年• (1633年 - 1707年)、ヴォーバン侯。 授与年:1703年• コンラー・ド・ローゼン()(1628年 - 1715年)、ローゼン(Rosen)侯。 授与年:1703年• ニコラ・シャロン・デュ・ブレ()(1652年 - 1730年)、ユクセル(Huxelles)侯。 授与年:1703年• (1651年 - 1725年)、テッセ伯。 授与年:1703年• (1652年 - 1728年)、タラール公。 授与年:1703年• ニコラ・アウグスト・ド・ラ・ボーム()(1636年 - 1716年)、モンレヴェル侯。 授与年:1703年• アンリ・ダルクール()(1654年 - 1718年)、アルクール公。 授与年:1703年• (1656年 - 1706年)、マルサン伯。 授与年:1703年• (1670年 - 1734年)、ベリック公。 授与年:• シャルル・アウグスト・ド・ゴワイヨン()(1647年 - 1739年)、マティニョン伯。 授与年:• ジャック・バザン・ド・ブゾン()(1645年 - 1733年)、侯。 授与年:• ピエール・ド・モンテスキュー()(1645年 - 1725年)、伯。 授与年: (1715年 - 1774年) [ ]• ヴィクトル・モーリス, ()(1646年 - 1727年), 授与年:• アントワーヌ・ガストン, ロクロール公()(1656年 - 1738年), 授与年:1724年• ジャック・ルエル, グランセ伯およびメダヴィー伯()(1655年 - 1725年), 授与年:1724年• レオノール・デュ・メーヌ, ル・ブール伯()(1655年 - 1739年), 授与年:1724年• イヴ, アレーグル侯()(1653年 - 1733年), 授与年:1724年• ルイ・ドービュッソン, ラ・フイヤード公()(1673年 - 1725年), 授与年:1724年• アントワーヌ5世, ギシュ公, グラモン公()(1671年 - 1725年), 授与年:1724年• アラン・エマニュエル, コエトロゴン侯()(1646年 - 1730年), 授与年:• シャルル・アルマン・ド・ゴントー, 2代ビロン公()(1663年 - 1756年), 授与年:• (1656年 - 1743年), 授与年:1734年• クロード・ビダル, アスフェル侯()(1665年 - 1743年), 授与年:1734年• アドリアン=モーリス, 3代ノアイユ公()(1678年 - 1766年), 授与年:1734年• クリスチャン・ルイ・ド・モンモランシー=リュクサンブール, タングリー公()(1675年 - 1746年), 授与年:1734年• フランソワ・マリー, ブロイ伯のち初代()(1671年 - 1745年), 授与年:1734年• フランソワ・ド・フランケット, コワニー公()(1670年 - 1759年), 授与年:1734年• シャルル, レヴィ=シャルリュ公()(1669年 - 1734年), 授与年:1734年• ルイ・ド・ブランカ・ド・フォルカルキエ, セレスト侯()(1671年 - 1750年), 授与年:• ルイ・アウグスト・ダルベール・デリー, ショルンヌ公()(1675年 - 1744年), 授与年:• ルイ=アルマン・ド・ブリシャントー, ナンジ侯()(1682年 - 1742年), 授与年:1741年• ルイ・ド・ガン・ド・メロード・ド・モンモランシー, イサンギャン公()(1678年 - 1767年), 授与年:1741年• ジャン=バティスト・ド・デュルフォール, デュラス公()(1684年 - 1778年), 授与年:1741年• ジャン=バティスト・デマレ, メールボワ侯()(1682年 - 1762年), 授与年:1741年• , 通称 ベル=イル元帥(1684年 - 1762年)。 授与年:1741年• , 通称 サックス元帥(1696年 - 1750年)。 授与年:1741年。 フランス大元帥授与年:• ジャン=バティスト・アンドロー, モレヴリエ侯()(1677年 - 1754年), 授与年:• クロード・テステュ, バランクール侯()(1680年 - 1770年), 授与年:• フィリップ・シャルル, ラ・ファール侯()(1687年 - 1752年), 授与年:1746年• フランソワ, アルクール公()(1689年 - 1750年), 授与年:1746年• ギー, モンモランシー=ラヴァル伯()(1677年 - 1751年), 授与年:• ガスパール, クレルモン=トネール公(, )(1688年 - 1781年), 授与年:1747年• ルイ・シャルル, ラ・モット=ウダンクール侯()(1687年 - 1755年), 授与年:1747年• ユルリク・フレデリック・ウォルデマール, ロワンダル伯()(1700年 - 1755年), 授与年:1747年• , リシュリュー公(1696年 - 1788年)。 授与年:• ジャン・ド・フェイ, ラ・トゥール=モーブール侯()(1684年 - 1764年), 授与年:• ルイ・アントワーヌ・ド・ゴントー=ビロン()(1701年 - 1788年), 授与年:1757年• ダニエル・フランソワ・ド・ジェラ・ド・ボアザン・ダンブル, ロートレック子爵()(1686年 - 1762年), 授与年:1757年• シャルル・フランソワ・フレデリック・ド・モンモランシー, ピネー=リュクサンブール公()(1702年 - 1764年), 授与年:1757年• (1695年 - 1771年), 授与年:1757年• ジャン・シャルル・ド・ラ・フェルテ, ラ・フェルテ=センテール侯()(1685年 - 1770年), 授与年:1757年• チャールズ・オブライエン, トモンド伯およびクレア子爵()(1699年 - 1761年), 授与年:1757年• ガストン・ド・レヴィ, ミルポワ公()(1699年 - 1758年), 授与年:1757年• ()(1689年 - 1778年), 授与年:• ユベール・ド・ブリエンヌ, コンフラン伯()(1690年 - 1777年), 授与年:1758年• ルイ・ジョルジュ, コンタッド侯()(1704年 - 1795年), 授与年:1758年• (1715年 - 1787年), 授与年:1758年• (1718年 - 1804年), 授与年:• ギー・ミシェル・ド・デュルフォール・ド・ロルジュ, ランダン公()(1704年 - 1773年), 授与年:• ルイ・ド・コンフラン, アルマンティエール侯()(1711年 - 1774年), 授与年:1768年• ジャン・ド・コッセ, ブリサック公()(1698年 - 1780年), 授与年:1768年 (1774年 - 1792年) [ ]• アンヌ・ピエール, アルクール公()(1701年 - 1783年), 授与年:• ルイ, ノアイユ公()(1713年 - 1793年), 授与年:1775年• フィリップ, ムシー公(, ノアイユ公ルイの弟)(1715年 - 1794年), 授与年:1775年• アントワーヌ, ニコライ公()(1712年 - 1777年), 授与年:1775年• シャルル, 4代フィツ=ジャメ公, の子()(1712年 - 1787年), 授与年:1775年• エマニュエル・ド・デュルフォール, デュラス公()(1715年 - 1789年), 授与年:1775年• (1711年 - 1775年), 授与年:1775年• (1707年 - 1778年), 授与年:1775年• ギー・ド・モンモランシー, ラヴァル公()(1723年 - 1798年), 授与年:• オーギュスタン, マイイ伯()(1708年 - 1794年), 授与年:1783年• アンリ・ブシャール・デスパルブ・ド・リュッサン, オーブテール侯()(1714年 - 1788年), 授与年:1783年• シャルル・ジュスト・ド・ボーヴォー=クラオン, ボーヴォー公()(1720年 - 1793年), 授与年:1783年• ノエル・ジュルダ, ヴォー伯(, comte de Vaux)(1705年 - 1788年), 授与年:1783年• フィリップ, セギュール侯()(1724年 - 1801年), 授与年:1783年• ジャック・ド・ショワズール=スタンヴィル, ショワズール伯()(1727年 - 1789年), 授与年:1783年• (1727年 - 1800年), 授与年:1783年• アンヌ・エマニュエル, クロワ公()(1718年 - 1784年), 授与年:1783年• (1719年 - 1787年), 授与年:1783年• (1722年 - 1794年), 授与年:• (1725年 - 1807年), 授与年:1791年 第一帝政 [ ] グルーシー• (1766年 - 1847年) グルーシー侯爵。 愚直な元帥。 優秀な重騎兵指揮官として名を馳せたが、ワーテルローの戦いで失態を犯した。 百日天下期に元帥位を授与されたことでも知られる。 授与年: 復古ブルボン朝 [ ] (1814年 - 1824年) [ ]• ジョルジュ・カドゥーダル()(1771年 - 1804年), 授与年:1814年(死後追号)• (1763年 - 1813年), 授与年:1814年(死後追号)• フランソワ=アンリ・ド・フランケット, コワニー公()(1737年 - 1821年), 授与年:• アンリ・ジャック・ギヨーム・クラーク, フェルトレ公(, duc de Feltre)(1765年 - 1818年), 授与年:1816年• ルイ・リエル, ブルノンヴィル侯()(1752年 - 1821年), 授与年:1816年• シャルル・デュ=ウ, ヴィオメニル侯()(1734年 - 1827年), 授与年:1816年• ジャック・ロー, ロリストン侯()(1768年 - 1828年), 授与年:• ガブリエルジャン・ジョゼフ・モリトール()(1770年 - 1849年), 授与年:1823年 (1824年 - 1830年) [ ]• ルイ・アロイ・ド・ホーエンローエ=ヴァルデンブルク=バルテンシュタイン()(1765年 - 1829年), 授与年:• ニコラ・ジョゼフ・メゾン()(1771年 - 1840年), 授与年:• ルイ・アウグスト・ヴィクトル, ブルモン伯()(1773年 - 1846年), 授与年: オルレアン朝 [ ] (1830年 - 1848年) [ ]• モーリス=エティエンヌ・ジェラール()(1773年 - 1852年), 授与年:1830年• ベルトラン・クローゼル()(1772年 - 1842年), 授与年:• (1766年 - 1847年), 授与年(再):1831年• ジョルジュ・ムートン, ロバウ伯()(1770年 - 1838年), 授与年:1831年• シルヴァン・シャルル・ヴァレ()(1773年 - 1846年), 授与年:• オラース・セバスティアニ()(1772年 - 1851年), 授与年:• (1765年 - 1844年), 授与年:• (1784年 - 1849年), 授与年:1843年• オノレ・シャルル・レイユ()(1775年 - 1860年), 授与年:1847年• ギヨーム・ドード, ラ・ブリュヌリー子爵()(1775年 - 1851年), 授与年:1847年 第二共和政 [ ] (大統領)(1848年 - 1852年) [ ]• (1784年 - 1860年)ヴェストファーレン国王 授与年:• レミ・ジョゼフ・イシドール, エグゼルマン伯()(1775年 - 1852年), 授与年:• (1768年 - 1855年), 授与年:1851年• ジャン=バティスト・フィリベール, ヴァイヨン伯()(1790年 - 1872年), 授与年:1851年• アシル・アルマン・ジャック・ル・ロワ・ド・サンタルノー()(1798年 - 1854年), 授与年:• ベルナール・ピエール・マニャン()(1791年 - 1865年), 授与年:1852年• エスプリ・ヴィクトル・ボニファス, カステラーヌ侯()(1788年 - 1862年), 授与年:1852年12月2日 フランス第二帝政 [ ] ナポレオン3世(皇帝)(1852年 - 1870年) [ ]• アシル・バラゲ・ディリエ()(1795年 - 1878年), 授与年:• エマーブル・ペリシエ, マラコフ公()(1794年 - 1864), 授与年:• ジャック・ルイ・セザール, ランドン伯()(1795年 - 1871年), 授与年:1856年• フランシス・セルタン・ドゥ・カンロベール()(1809年 - 1895年), 授与年:1856年• ピエール・ジョゼフ・フワンソワ・ボスケ()(1810年 - 1861年), 授与年:1856年• (1808年 - 1893年), 授与年:• オーギュスト・ミシェル・エティエンヌ, ルニョー・ド・サン=ジャン=ダンジェリ伯()(1794年 - 1870年), 授与年:1859年• アドルフ・ニール()(1802年 - 1869年), 授与年:• フィリップ・アントワーヌ, オルナノ伯() (1784年 - 1863年), 授与年:• エリ・フレデリック・フォレ()(1804年 - 1872年), 授与年:• (1811年 - 1888年), 授与年:• エドモン・ルブーフ()(1809年 - 1888年), 授与年: 第三共和政 [ ] (1913年 - 1920年) [ ]• (1852年 - 1931年), 授与年:• (1851年 - 1929年), 授与年:• (1856年 - 1951年), 授与年:1918年 (1920年 - 1924年) [ ]• (1849年 - 1916年), 授与年:(死後追号)• ユベール・リヨテ()(1854年 - 1934年), 授与年:1921年• ルイ・フランシェ・デスパレ()(1856年 - 1942年), 授与年:1921年, ユーゴスラヴィアのの称号も受けた。 エミール・ファイヨル()(1852年 - 1928年), 授与年:1921年• ミシェル・モヌーリ()(1847年 - 1923年), 授与年:(死後追号) 第四共和政 [ ] (1947年 - 1954年) [ ]• ジャン・ド・ラトル・ド・タシニー()(1889年 - 1952年), 授与年:(死後追号)• アルフォンス・ジュアン()(1888年 - 1967年), 授与年:1952年• (1902年 - 1947年), 授与年:1952年(死後追号) 第五共和政 [ ] (1981年 - 1995年) [ ]• 1984年6月6日の法令による死後追号• 1952年7月11日に法律で認可され、1952年8月23日にが法令を公布した。 しかし、両方の法律は政府によるもの。 (法案として計画されたが提議されていない)。 および , Le grand dictionnaire historique sur le melange curieux de l'histoire sacree et profane, vol. 3, Halma• Ce n'est pas le celebre d'Artagnan, juste un parent eloigne• Dictionnaire des marechaux de France,. 、 Benoit、 Corneloup および Thevenon, Dictionnaire historique de Lyon, Lyon, Stephane Baches, 1504 p. , p. 244• Suite a son proces, Philippe Petain est frappe d'indignite nationale, mais les historiens ne semblent pas d'accord sur le fait que cette indignite comprenait egalement la perte de son titre de marechal de France. et , n o 13 du 16 janvier 1952, p. 658 et 666. , n o 111 du 8 mai 1952, p. 4713. , n o 167 du 12 juillet 1952, p. 7003, et , n o 203 du 24 aout 1952, p. 8430. , n o 134 du 8 juin 1984, p. 1775. 参考文献 [ ]• Comte Louis d'Harcourt, Connetable et Marechaux de France, Emile Paul Freres, Paris, 1913 2 vol. Genevieve Maze-Sencier, Dictionnaire des marechaux de France du Moyen Age a nos jours, Perrin, Paris, 2000• Simon Surreaux, Les Marechaux de France des Lumieres, Histoire et Dictionnaire d'une elite militaire dans la societe d'Ancien Regime, SPM, Paris, 2013 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

リア・ミシェル、『glee』共演女優への「人種差別疑惑」にメリッサ・ブノワが“いいね”で反応

ダビエ スネル

この件は、先月末に米ミネアポリスにて起こったを受け、人種差別に反対する意思をリアがツイッター上で示した際、元共演者のサマンサが「大爆笑。 私の人生初のテレビ出演を生き地獄のようにしてくれたのを忘れちゃったのかしら?私は絶対忘れないわ。 あなたは皆に、出来るものなら私のウィッグの中に"クソしてやりたい"って言って回ってたわよね。 トラウマになるような自覚なき差別の対象となって、私はハリウッドでキャリアを築いていくことに疑問を持つようになったわ」と、ドラマの収録中にリアから人種差別的な扱いを受けたことを告発。 LMAO REMEMBER WHEN YOU MADE MY FIRST TELEVISON GIG A LIVING HELL?!?! CAUSE ILL NEVER FORGET. I BELIEVE YOU TOLD EVERYONE THAT IF TOU HAD THE OPPORTUNITY YOU WOULD "SHIT IN MY WIG! " AMONGST OTHER TRAUMATIC MICROAGRESSIONS THAT MADE ME QUESTION A CAREER IN HOLLYWOOD... そして6月3日、リアはインスタグラムを更新し、今回の人種差別的行動に関する告発について言及。 次のように謝罪の言葉を綴った。 (一部抜粋) 「先日私は、この難しい時期の最中でも、友人や隣人、そしてそれぞれのコミュニティーに属する人々をサポートする姿勢を見せるためにツイートをしました。 だけどそれに対する反応を受け、過去に私が共演者にどんな態度を取ってきたのかという点について考えさせられました」「私自身、人種差別と捉えられるような発言をした覚えはなく、また肌の色や育ってきた環境を基準に人を見下すような態度を取ったことはありませんが、大切なのはそこではなく、私の振る舞いが原因で傷ついた人が実際にいたということです」 「私が優遇される立場に置かれていたからなのか、それとも物事の見方が原因なのか、皆さんにはとても無神経で失礼な人間だと思われたようで、また、未熟さゆえに扱いづらい人間だとされ、多くの人を傷付けてしまったことを申し訳なく思っています」「私たちはみんな、成長し変わることが出来ます。 私はこの数か月間に起こったことを通して、自分の欠点について反省したいと思います」 - 2020年 6月月3日午前4時03分PDT これに反応を示したのは、ブロードウェイの舞台『Spring Awakening』でリアと共演したジェラルド・カノニコで、「君は僕や代役のキャストたちにとって、まさに悪夢のような存在だった。 君には、まるで僕たちはその場にふさわしくないと言われているような気分にさせられていたよ。 何年間も君に親切にしようと試みたけど、それも無駄に終わった。 他の人が君のことを"どう受け止めるか"という点に責任を押し付けるんじゃなく、ちゃんと謝ったらどうだ?」と、謝罪文を目にしてもなおリアが責任逃れをしているように感じると指摘していた。 SPRING AWAKENING castmember Gerard Canonico has weighed in, calling Michele "nothing but a nightmare.

次の