安倍 昭恵 大分。 安倍昭恵夫人、コロナ自粛下に団体旅行…潰瘍性大腸炎の安倍首相、感染リスク増大の懸念

昭恵夫人 大分旅行報道!松久正と宇佐神宮へ行った理由|文春

安倍 昭恵 大分

安倍晋三首相の昭恵夫人が国内で新型コロナウイルス感染が拡大していた3月中旬、大分県を旅行していたと週刊文春が報じて物議を醸している中、更新が2月上旬から止まっている昭恵氏のインスタグラムにも批判のコメントが殺到し、炎上状態になっている。 昭恵氏のインスタグラムは、2月9日に宮城県気仙沼市の飲食店で「ランチ」をしたとして店舗前で記念撮影した写真が投稿されているのを最後に更新されていない。 ところが、この9週間前の無関係な投稿に対しても、「大分旅行」報道があった今月15日以降に続々とコメントが書き込まれている。 17日夜には「先程の総理の会見も上っ面にしか聞こえなくなってしまいました。 反省し誠意を持って国民に謝罪してください」「花見と大分旅行と開いた口が閉じません。 週刊文春の記事によると、昭恵氏は3月15日に約50人の団体ツアーと共に大分県宇佐市の宇佐神宮を参拝。 ツアーの主催者に「コロナで予定が全部なくなったので、どこかへ行こうと思っていた」と連絡し、参拝のみに合流したという。 昭恵氏は3月下旬にも知人らと桜の下での集合写真が報じられており、危機感が薄いと批判が強まっている。 安倍首相は17日の衆院厚生労働委員会で野党議員の質問に対し、「事前に本人より聞いていた」とし、団体ツアーに参加したのではなく、参拝のみ団体と合流し、それ以外の観光などは行っていないと説明。 3月15日は東京都が外出自粛を要請する前であり、問題はないとした。 首相の釈明について、ツイッターでは「とっくに休校になってますよね、この時期。 子供達は健気に家に閉じこもってますよ」「ツアー参加じゃないとか国民が問題にしているのはそこじゃない」などの指摘が続いた。

次の

【安倍昭恵】大分の医者(松久正)や擁護する安倍晋三がヤバすぎる!

安倍 昭恵 大分

鳥居の下で宮司の説明を聞く昭恵夫人(写真右)。 写真左の小太りの男性がツアー主催者の松久氏だ 境内を散歩していた近隣住民が語る。 「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。 他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。 マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」 安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」を敢行し、日本中から猛批判を受けている安倍昭恵夫人(57)。 本誌は、夫人が県内の観光名所「宇佐神宮」を訪れた様子を捉えた写真を独占入手した。 首相は「3密」には当たらないと妻の行動について説明したが、マスクなしでツアー客らと密集している写真を見れば、それが苦しすぎる言い訳であることは一目瞭然だ。 前出の目撃者が旅行の「全貌」を明かす。 「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。 しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。 3人はゆっくり歩いて合流。 10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」 タクシーから昭恵夫人と共に現れた男性は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正氏(53)で、このツアーの主催者だ。 「人類救済」を謳った講演活動に励んでおり、昭恵夫人が合流参加したこのツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていた。 本殿で一行を見た別の目撃者はこう続ける。 「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。 一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」 大分旅行の前には、花見に参加したことが発覚して批判を受けるなど、コロナへの警戒を呼びかける夫とは正反対の行動を繰り返す昭恵夫人。 安倍夫妻の関係も「緊急事態」なのだ。 4月24日発売の『FRIDAY』最新号では、約50人がパワースポットで「密集・密接」している写真と、参拝の様子を詳報している。

次の

安倍昭恵の大分旅行が衝撃!参加したツアーのドクタードルフィンが怪しすぎ|のんびりWORLD

安倍 昭恵 大分

首相の昭恵夫人が、新型コロナウイルスへの厳戒ムードか高まる3月中旬に約50人の団体とともに大分県を訪れていたと、「週刊文春」4月16日発売号が報じている。 記事によると昭恵夫人は、3月14日にが会見で新型コロナウイルスの現状について「依然として警戒を緩めることはできません」とし、国民へ注意喚起をしたまさにその翌日、大分県宇佐市の宇佐神宮を約50人という団体で訪れ参拝していたのだというから驚きだ。 記事によれば「コロナウイルス感染拡大のご時世で境内を歩く人影もまばらな中、昭恵夫人はほとんどの人がマスクを付けていない団体の先頭にノーマスクで立ち、無警戒な様子で」参拝したと、現地の目撃談を伝えている。 また、大分県関係者も「コロナ対策で、祈祷の際にも間隔を空けて着席するグループが多いのですが、昭恵さんたちは密着しており、警戒しているそぶりはなかった」とコメントを寄せている。 夫である安倍首相が拡大するコロナウイルスに懸命に対策している中、なぜ昭恵夫人は大分を訪問したのか。 ツアーの主催者である医師は同誌の取材に対し「昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへいこうと思っていたんです。 宇佐神宮へは前から行きたかった。 私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。 ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」と明かしたという。 この衝撃的報道には、ネットでも非難囂々。 「私的な桜を見る会だけでも呆れてたのに、その直前に大分県まで旅行してたとは言葉がない」「予定が全部なくなったのは、それだけ周囲がコロナウイルスに対して警戒感を強めているからでしょ。 それも分からず代わりに大分旅行とは…この人大丈夫?」「日本が世界が今世紀最大の問題に直面してるのに…昭恵夫人には他人事なんだろうか?」「安倍さんも奥さんひとり抑えられないなんて…これじゃ都知事にはかなわないよね」といった批判が殺到している。 後手後手の対応で支持率が急落する安倍政権だが、昭恵夫人のノー天気な行動こそ喫緊のリスクなのかもしれない。 (石見剣).

次の