プレミア カレンシー 3。 第一フロンティア生命保険株式会社|商品ラインナップ|ほけんの窓口【公式】|保険比較・見直し・無料相談

【外貨建(年金)ランキング】2020年最新版 効率的に積立できるオススメTOP5をピックアップ!

プレミア カレンシー 3

第一フロンティア生命のプレミアカレンシープラス2の評判 第一フロンティア生命のプレミアカレンシープラス2は第一生命や金融機関 八十二銀行や北陸銀行、大分銀行や静岡銀行、武蔵野銀行など である地方銀行で取り扱っている通貨指定型個人年金です。 銀行で定期預金を解約した時やちょっと子供口座を作りに銀行窓口で待っていたら銀行員に勧誘を受けた人もいるのではないでしょうか。 私自身、定期保険が満期になった時に銀行窓口で様々な勧誘 新しい定期保険だったり、貯蓄ができる保険商品 を受けました。 その時にちょっと「えっ!」って思ったのがパソコンを見ながら、「ご主人も当行とはいろいろとお付き合いいただいて~」なんて言われたものですから、基本的に銀行は顧客の資産を把握しているようなんですよね。 銀行側は今回のプレミアカレンシープラス2のような最低保険料100万円を必要とするような一時払いの保険商品を勧誘する相手を選べる状況です。 また、第一生命の子会社である第一フロンティア生命を引受保険会社として、第一生命が代理店となりこのプレミアカレンシープラス2を提案することもよくあるようです。 今回はそんな第一フロンティア生命のプレミアカレンシープラス2の評判を保険のプロに聞き、それを元に商品性についてお話します。 第一フロンティア生命のプレミアカレンシープラス2を知った時の私 私自身、少しでもお得で良い金融商品を探してネット銀行の定期に預けたり、土日の引き出し手数料がかからない地元の信金に少しお金を預けておくなど資産を分散させています。 そんな中、やはり気になるのは外貨建て保険というくくり。 少しでもお得にしたい! 教育資金や老後資金に不安がある…、 銀行の積立だけでなく投資にも興味があるけど、自分で投資するのは少し怖い… と思ったときに元々外資系保険会社に勤めていた保険代理店の方にこのプレミアカレンシープラス2について詳しくお話を聞くことができました。 そんな保険のプロから言わせる プレミアカレンシープラス2の評判はズバリ「魅力は薄い!」でした。 保険のプロが言うことだから間違いはないのかなぁと思う反面、やっぱりどうしても気になってしまったので、彼に解説を受けた内容を元に自分なりにこの商品を整理してみたいと思います。 第一フロンティア生命の「プレミアカレンシープラス2」とは 第一生命の子会社である「第一フロンティア生命」より販売されている外貨建て一時払い個人年金保険「プレミアカレンシープラス2」という商品について解説します。 「プレミアムカレンシープラス2」と間違えやすいためご注意下さい。 最近では外貨建て一時払いタイプの保険は、国内保険会社が銀行や証券会社などの金融機関窓口専用商品として販売を広めています。 その背景としては、マイナス金利導入後、貯蓄性商品は予定利率の確保が困難となった結果、販売停止が相次ぎ、少しでも高い利回りが期待できる外貨に活路を見出したためです。 もちろん、最近話題の老後2000万円不足問題も追い風になっているでしょうね。 しかし、そんな外貨建て保険もここ6年で苦情が4倍になってしまったようです。 2019年6月13日のニュース記事より は他の記事にありますので、よろしければご一読ください! 将来の資産形成を目的とした「個人年金保険」を外貨建てで図る「プレミアカレンシープラス2」の商品性を細かく見てみます。 プレミアカレンシープラス2の名称 第一フロンティア生命で販売している「プレミアカレンシープラス2」は、金融機関販売代理店によってその商品名が変わります。 プレミアカレンシープラス2 前述通りプレミアカレンシープラス2は「第一生命」をはじめ「北陸銀行」や「静岡銀行」、「大分銀行」「岐阜信用金庫」等で販売されています。 安心たいこ判2 「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「近畿大阪銀行」で取り扱っている同商品は「安心たいこ判2」という名称で販売されています。 プレミアカレンシーM2 「みずほ銀行」「みずほ信託銀行」では「プレミアカレンシーM2」という名称で販売されています。 時々、混同して「プレミアカレンシー2」と思っている方がいますが、気になる方はご自身が加入した金融機関名で検索すればどちらに加入しているかわかると思います。 商品名は異なりますが、その中身は3つともすべて同一のものとなっています。 プレミアカレンシープラス2の特徴 これから少し、分かりづらいお話になるかもしれませんが、できるだけ分かりやすくご理解いただけるように今後も順次、記事の見直しを行っていきます。 商品の選択 プレミアカレンシープラス2は一時払い保険といって一番最初にまとまった保険料を支払い、 3年・5年・6年・10年の4つの運用期間を選択し、「米ドル」「豪ドル」「ユーロ(現在は取り扱い停止)」の通貨を選択して運用していくことになります。 受け取り方の選択 運用期間が満期を迎えると、運用されて増えた「外貨ベースの年金原資」を「一括で受け取る」か、「年金で受け取る」かを選択し、 「運用選択した通貨」もしくは「円」に換算して受け取ることになります。 ターゲットタイプ 他社の外貨建て一時払い型の商品にもよく見られる、積立金の「円換算の目標値」を「任意」で決めることができます。 一時払い保険料として支払った金額に対し、積立金額をどの程度増やすことを目標にするのかというイメージです。 目標値は、「105%」もしくは「110%~200%(10%きざみ)」で自由に決めることができ、契約から1年経過後は、毎営業日その時点での為替レートで積立金額を円に自動的に換算して測定してくれます。 どれだけ増えたのか?というのが判るのは投資商品を保有しているうえでのモチベーションになりますので、個人的にはこのシステムは好きです。 目標値に達すると、自動的に「円貨」で運用成果を確保し、以降は為替レートの影響を受けない「円建て終身保険」に移行することになります。 目標値は、何度でも変更でき、変更時においては「250%」「300%」を選択することも可能です。 運用を始めたら意外とお金が貯まっていく快感が癖になった!等の場合、300%を夢見るのもいいかなぁと思います。 ご自身の判断になりますが 解約返戻金 他社の外貨建て一時払い型の商品と同様、この商品も、解約返戻金の「市場価格調整」が行われます。 これは、解約する時点での市場金利が、契約時点の市場金利と比べて、「高い」のか「低い」のかによって、解約返戻金が増減します。 「解約時の市場金利 > 契約時の市場金利」の場合、解約返戻金は「減少」します。 「解約時の市場金利 < 契約時の市場金利」の場合、解約返戻金は「増大」します。 つまり、運用期間が終了するまでの間の解約返戻金は、その時点での市場金利次第となるため、増えている可能性もありますし、減っている可能性もある、「変動」を繰り返すことになります。 この「市場価格調整」という言葉は本当にイメージがしにくいかと思いますが、価値が下がっていたらちょっと受け取れるお金が減ってしまうよ、ただもしかしたら増えるかも?という曖昧な感じです。 ご自身で市場の金利をどうにかできるわけでもないですし、解約しようと思ったときに「市場価格調整」がどれくらいになるか問い合わせると良いでしょう。 年金原資額 市場価格調整により変動する解約返戻金とは異なり、指定した運用期間終了後の年金原資額は、指定した外貨ベースでは契約時に定められた金額になります。 これは外貨建て保険という不安要素がたっぷりある印象の商品に射す安堵の光というイメージですね。 ただ、当然、為替リスクは存在するので外貨で受け取る場合を除き、外貨を円に替えて受け取る場合には、その時点での為替レート次第になるので、円ベースでの金額がいくらになるかは分かりませんのでご注意下さい。 仮に目標値を定めることを選択し、運用期間中に目標値に達することがあれば、積立金が自動的に円建ての終身保険へ移行するため、年金原資額という概念はなくなります。 年金原資額は、「目標値を設定しなかった場合」もしくは「目標値を設定したが到達しなかった場合」の考え方になります。 目標値が低ければ低いほど、年金原資額という概念は関係なくなりますね。 外貨建て終身保険への移行 目標値を設定して到達しなかった場合、上記の年金原資額は、「一括受け取り」「年金受け取り」の他、そのまま年金原資額を「外貨建て終身保険」に移行するという選択を取ることもできます。 移行後の運用は、指定した通貨の変更も可能、解約返戻金は市場価格調整を受けません。 移行後も継続して、円換算後の目標値を目指すことになります。 プレミアカレンシープラス2の運用パフォーマンス プレミアカレンシープラス2の運用状況を確認してみましょう。 現在指定できる通貨は「米ドル」と「豪ドル」のみとなっているため、運用期間は「3年・5年・6年・10年」の4つの期間からそれぞれの通貨の運用率を見てみます。 米ドル 運用期間 3年 積立利率 1. 47% 運用期間 5年 積立利率 1. 17% 運用期間 6年 積立利率 1. 66% 運用期間 10年 積立利率 2. 62% 豪ドル 運用期間 3年 積立利率 1. 01% 運用期間 5年 積立利率 2. 54% 運用期間 6年 積立利率 2. 55% 運用期間 10年 積立利率 3. 06% プレミアカレンシープラス2と比較すべき商品とプロによる評価 よく比較される商品としては三井生命のドリームフライトやメットライフ生命のレグルスなどが同じ外貨建て定額年金保険ですが、そもそも個人年金保険ではなく終身保険のほうが保険としての性能(=保障)とのバランスが良いとも言われています。 比較検討されるときは定額年金保険の中ではなく、他の貯蓄性保険・投資商品と比較すべきでしょう。 銀行で言われるがままに入るのではなく、一度きちんと第三者のプロの意見を聞くべきかと思います。 私がおすすめしているのは、今口コミで評判の広まっている、アプリで無料・匿名で保険診断や保険相談ができるサービスです。 プレミアカレンシープラス2の損益為替レート 2017年11月13日現在の保険料支払い換算レートは、「米ドル=114. 18円」「豪ドル=87. 44円」です。 上記の返戻率をもとに、それぞれの通貨で為替レートがどれだけ円高になると損失が生じるのか、その水準を求めてみます。 米ドル 運用期間 3年 損益為替レート 112. 53円 運用期間 5年 損益為替レート 107. 54円 運用期間 6年 損益為替レート 106. 05円 運用期間 10年 損益為替レート 95. 45円 豪ドル 運用期間 3年 損益為替レート 84. 89円 運用期間 5年 損益為替レート 80. 56円 運用期間 6年 損益為替レート 79. 10円 運用期間 10年 損益為替レート 68. 82円 通貨ごとの所感 米ドル通貨の場合、10年運用以外の選択は、損益為替が浅くリスクが高い印象を持ちます。 10年運用の返戻率が約120%となりますが、1年あたりの利回りはたった「1. 96%」です。 豪ドル通貨の場合、過去20年間の動きを見ると、60円~100円のレンジでのボックス相場を形成しています。 しかし、円高のほうに急激に進みやすい傾向がある通貨ですので、注意が必要になります。 10年運用の1年あたりの利回りは「2. 70%」となります。 基本的には安い時期(円高の時期)に一時払いで支払って、益を得るのが一番得を増やすやり方です。 直近で60円台に到達したのは、2008年のリーマンショック時と2001年ごろでしたので、そういった時期をうまく狙えるかも結果を左右しますね。 プレミアカレンシープラス2の保険プロの評判と検討するなら知っておきたいことのまとめ 外貨建て一時払いという商品は、「為替リスク」のみを有し、解約時の為替レートにすべてが左右される商品性です。 保険のプロが言うには、1年あたりの利回りに魅力の低さを感じるようです。 しかし、為替リスクのみという商品性は、一方で他の投資商品と比較すると低リスクとも言えます。 もちろん、保険のプロのように自分自身で投資先が判っている場合などは管理手数料を取られてしまう保険会社のドル建て保険や外貨建て保険というのは利回りが悪くなって、魅力が薄く感じるでしょうね。 私は、実際に自分で投資信託を行っていますが、ぶっちゃけ、それほどの利益を見込める場所を見つけ出すことがなかなか難しいです。 その点、仕事として投資先を吟味してお金を増やしてくれていると考えれば保険会社に手数料を払うのも納得であるような気がしますね。 特に為替リスクしかないという点は、投資先の評価額が下がた場合は保証されているということですから、個人で投資先を選ぶよりもリスクは低くなると思います。 自身のリスク許容性に合わせて、商品選びをすることが求められるでしょう。 おすすめのドル建て保険について知りたい方は、「」の記事も参考にしてみるのがおすすめです。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2は解約したほうがいい?口コミと評判

プレミア カレンシー 3

まずはそれをチェックしてみてくださいね。 各商品の主な特徴 手数料の負担だけで商品のパフォーマンスは判断できません。 ぜひ各商品の解約返戻率を比べて、結果的にどのくらい増えるのかをみてくださいね。 解約返戻率の例「プレミア・カレンシープラス2」 ほぼ同じ条件でシュミレーションしてみると、1位の「プレミアカレンシープラス2」のパフォーマンスは高いです。 たとえば以下の条件で見てみると 10年後には円建で128. 9%になりました。 500万円を一時払したとすると年金原資は644万円になります。 10年後に144万円増える計算です。 87円まで円高になったときに払込んだ保険料を下回ります。 ほかには が悪影響すると資産を減らす原因になるので、受取時の「利率」が契約時よりも低ければ減らさずにすみます。 1位 第一フロンティア生命 プレミアカレンシープラス2 「第一フロンティア生命」は「第一生命」のグループです。 0~87歳まで幅広く契約でき、保険料100万円から入ることができます。 年金受取のタイミングも早めたり先延ばすことでタイミングよく資産を受取ることができますよ。 保険期間を更新してさらに運用を続けるのも良いですね。 年金または一括で受取るかは自由に選べます。 こんな方に向いています! 外貨建年金は保障がないため、健康状態に不安がある方でも入れる商品がほとんどです。 「一時払」タイプはまとまった現金が必要ですが、月々コツコツ支払う外貨建年金にも無告知で入れる商品があるのでそちらも参考にしてみてくださいね。 複数の保険会社を扱っている保険ショップでは一度に設計書を比較することができるので便利ですよ。

次の

第一フロンティア生命、「プレミアカレンシー3」を発売

プレミア カレンシー 3

こんにちは、木村久美です。 銀行から外貨建て保険をすすめられ契約したものの、 「この商品は私に本当に合っていますか?」 と悩み、相談にお越しになる方が増えています。 なかでも最近多いのが、第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2という外貨建て保険です。 d-frontier-life. html? 「安心たいこ判2」、「プレミアカレンシーM2」などの名称で販売されているようです。 では、この保険がどんな特徴をもつのか、メリットデメリットについて検証していきましょう。 プレミアカレンシー・プラス2の評価はどうなの?メリットを教えて! プレミアカレンシー・プラス2は、外貨で増えたお金を、一括あるいは年金として受取ることができる個人年金保険です。 外貨建ては、円より金利が高い分増えてくれるという特徴があります。 円預金だとほとんど増えてくれないので、魅力的ですよね。 ^^ また、運用期間後は、契約する時に決まっていた年金原資を受取ることができます。 つまり、プレミアカレンシー・プラス2のメリットは、外貨で増やし、計画が立てやすい貯蓄法であるということです。 ^^ プレミアカレンシー・プラス2のデメリットとは? プレミアカレンシー・プラス2は、外貨で増えてくれるということでしたね。 ただ、あくまでも外貨ベースのお話です。 外貨で受け取り、留学や海外旅行で使うのであれば問題ありません。 しかし円に換えた場合、受取れる金額がいくらになるのかは、誰にも分かりません。 契約したときよりも円高であれば、受取れるお金が想定より少ない、ということも起こり得るわけです。 また、こちらもきちんと把握しておきましょう。 手数料です。 まず、契約したときに、6.0%の契約時費用が差し引かれます。 仮に1000万円で契約したとしましょう。 すると、いきなり60万円が引かれます。 1000万円預けたにも関わらず、940万円からスタートするということです。 60万円を取り戻すだけでも、多くの時間がかかることが想定されますよね。 では、次に、運用期間中の手数料も見てみましょう。 パンフレットには、直接負担していただく費用はない、と書かれています。 しかしよく見てみると、「積立利率計算にあたってあらかじめ差し引いております。 」とあります。 d-frontier-life. html? さらに、為替手数料もかかります。 概算で、9万円ほどの為替手数料が引かれることになります。 詳しく見てみると、さまざまな手数料がかかることがお分かりいただけると思います。 プレミアカレンシー・プラス2は、何で運用されていると思いますか? アメリカの債券です。 ということは、できるだけ手数料を抑えながら、アメリカの債券が買えればいいわけですよね。 すると投資信託という商品にたどりつきます。 投資信託のなかにはこういった商品もありますよ。 ・初期手数料ゼロ円 ・運用期間中の費用0.16%ほど ・為替手数料なし プレミアカレンシー・プラス2と比べると、初期手数料や為替手数料だけでも、70万もの差が生まれます。 70万あったら海外旅行に行くことだって出来てしまいますよね。 ^^ 浮いた分は、まるまるあなたの資産として増やしていくことができるようになります。 このように、ドルを「何で」運用するかで、お金の増え方にずいぶんと差が生まれることが分かりますね。 そもそも保険というのは、万一お亡くなりになった時に、ご家族が困らないように加入するものです。 それに貯蓄機能が加わると、死亡保障で経費がかかってしまう分、どうしても運用効率が悪くなってしまうのです。 そのため、保険と貯蓄は、分けて考えるほうが合理的といえます。 「とはいっても、投資信託はやったことがないし、サッパリ分かりません。 」 という方もご安心ください。 実は、まったくの初心者の方でも、無理なくスタートできるしくみに出来ているのです。 木村久美(きむらくみ) お金のことがニガテという方向けに、効率良く貯蓄を増やす方法をお伝えしています。 個別コンサルや、セミナー講師として活動をおこなっています。 2017年以降のセミナー受講者様は、延べ410名以上です。 「将来への漠然とした不安があります。 」 という方は、実は、少なくありません。 しかし、眉間にシワが寄るような専門用語を覚えたり、複雑に考える必要はまったくありません。 むしろ、行うことはとってもシンプルです。 ちゃんと、お金は貯まってくれます。 あなたも、将来への不安が、安心に変わる貯蓄ができるようになりますよ。

次の