キーワードプランナー 使えない。 【2019年最新版】新しくなったGoogleキーワードプランナーの始め方

Googleキーワードプランナーの使い方について【2020年版】|SEOラボ

キーワードプランナー 使えない

キーワードプランナーに切り替わりました! 上の画像のような画面になれば完了です。 最後に、このページを ブックマークして次回からすぐに使える状態にしておきましょう。 まとめ これで、検索ボリュームを調べ放題になりました。 このままGoogleキーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べる方法はの記事で分かりやすく解説しています。 新しいキーワードを選定する方法はに掲載していますので参考にしてください。 記事のネタ探しや、ブログを新しく構築する際には活躍しますので、今後のブログ運営の参考にしていただければ幸いです。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 キーワードプランナーを使って 検索ボリュームを調べる方法と見方をシンプルに解説した記事が下記になります。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。 【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。 喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。

次の

「グーグル」キーワードプランナーが使えないときの初期設定

キーワードプランナー 使えない

通常はGoogle広告を出稿するために広告主に参考となる情報をGoogleが提供しているわけですが、SEO対策をするためにキーワード選定を行う場合にも参考になる情報となっておりますので、 使い方によっては強力なSEOツールとなります。 具体的には、Webサイト(ウェブサイト)のキーワード選定はもちろん、ブログ記事にコンテンツ(文章)を追加する際の関連語(関連キーワード)、ロングテールキーワードなどの抽出、お宝キーワードを見つけるなど、 コンテンツマーケティングにおけるコンテンツSEOを実施するうえで、キーワードプランナーが欠かせません。 このように、キーワードプランナーは、 SEO対策に役立つ数多くの情報を無料で調べることができます。 そして、キーワード選定にも非常に役立ちますので、使い方をしっかりマスターしておきましょう。 関連記事• SEO目的の使い方 SEO目的の使い方では、 「キーワード選定」が主な用途となります。 そのために、まずキーワードプランナーにログインした際、最初の画面の左側の「キーワードを検索」を選択しましょう。 次に、「自分が扱ってるビジネスのサービスや商品の語句(単語・フレーズ)、関連する語句・URL」「自社サイトに関連するキーワード」や「実際に検索上位表示させたいキーワード」等を入力して、「開始する」をクリックします。 すると、キーワード候補ごとに「月間検索ボリューム」「競合性」「入札単価」といった情報が簡単に取得できます。 上記より例えば、自分の関連サービスのキーワード候補が「seo 対策」であれば、月間検索ボリュームが「1万~10万」、競合性が「中」となります。 これらの情報から、良く検索されやすく、強い競合もある程度存在するキーワードのため「seo 対策」での上位化は容易でないと推測することができます。 また、「入札単価」が高ければ競合も強い傾向にあるので、適宜キーワード選定の参考にしましょう。 このように、このキーワードで上位化が狙えるか?上位化したらどの程度自然検索流入(アクセス数の増加)が見込めるか?といった判断ができ、 効果的なSEO対策を行う上で、キーワードプランナーを使ったキーワード選定が大切となります。 ちなみに、検索ボリュームが大きく、競合性が高いキーワードは、上位化が難しくなります。 なので、 検索ボリュームが小さく競合性が低めのキーワードを狙って少しづつ上位化しやすい需要のある(ユーザーのニーズがある)キーワードを狙ってくこともSEOの成功を収めるうえで重要となります。 関連記事• リスティング(Google広告)目的の使い方 SEOにも有効ですが、 基本的には、Google広告(リスティング)の運用ツールとしてキーワードプランナーを使います。 そのためには、キーワードプランナーにログイン後、最初の画面の右側「検索ボリュームと検索の予測を取得しましょう」を選択します。 Google広告(リスティング広告)に出稿したい自分のサービスや商品等に関連する語句(単語・フレーズ)などを入力して、「開始する」をクリックしましょう。 すると、Google広告を出稿した際の広告のクリック数、表示回数、費用、クリック率、平均クリック単価(推奨入札単価)などの 詳しい見込み数値(予測データ)が簡単にわかります。 また、上部の「キャンペーン作成」からGoogle広告出稿を手軽に進めることも可能です。 その他、除外キーワードの設定や、過去の指標を参考にGoogle広告を運用することもできます。 このように、 SEO目的の場合だけでなく、Google広告の配信パフォーマンスを予測する便利なキーワードツールとしても、キーワードプランナーを活用しましょう。 SEOとリスティング目的の使い方をそれぞれ紹介しましたが、その他共通した便利な使い方もあります。 キーワード情報がダウンロードできる 取得したキーワード情報が「キーワード候補をダウンロード」のテキストリンクから Excelファイル(csvファイル)として簡単にダウンロードできます。 期間におけるキーワード情報が取得できる 「カレンダー機能」から 選択した期間に基づいて、キーワード候補の情報が取得できます。 フィルタが追加できる 画面右のフィルタマークをクリックして、「キーワードのテキスト」「アカウントのキーワードを除外」「月間平均検索ボリューム」「競合性」「広告インプレッション シェア」「ページ上部掲載の入札単価(低額帯)」「ページ上部掲載の入札単価(高額帯)」「オーガニック検索のインプレッション シェア」「オーガニック検索の平均掲載順位」から フィルタが追加でき、絞り込んでキーワード候補が確認できます。 表示項目の変更ができる 画面右の「表示項目の変更アイコン」から、 キーワード候補における不要・必要な表示項目が変更でき、「適用」して表示・非表示にできます。 表示・非表示出来る項目は、「月間平均検索ボリューム・競合性・広告インプレッション シェア・「ページ上部掲載の入札単価(低額帯)」「ページ上部掲載の入札単価(高額帯)」「アカウントのステータス」「オーガニック検索のインプレッション シェア」「オーガニック検索の平均掲載順位」です。 また、チェックボックスにチェックを入れることで、 一旦決めた「表示項目の設定を保存」することも可能です。 地域・言語・検索ネットワークが変更できる 「地域」と「言語」「検索ネットワーク」の設定をそれぞれ変更して、 ターゲットや広告配信先などセグメントを絞りながら取得したキーワード候補が確認できます。 それぞれの機能を簡単に解説します。 地域 国や地域を指定して ターゲットにする地域を絞り込みながら、キーワード候補が取得できます。 言語 日本語や英語、韓国語など「言語」を変更して、 特定の言語に絞り込みながら、キーワード候補が取得できます。 検索ネットワーク 広告配信先のネットワークを変更して、 特定の掲載先に絞り込みながら、キーワード候補が確認できます。 point!! このように便利な機能を駆使して、目的のキーワード候補が効率よく見つかるように、キーワードプランナーをうまく活用しましょう。 キーワードプランナーを使ったキーワード選定方法について キーワードプランナーは、SEOのキーワード選定において活用できる便利なツールです。 実際にキーワードプランナーを使ってキーワード選定する前に、これから作成する対策ページのテーマをある程度明確にしておきましょう。 Webページのテーマがある程度決っていれば、 そのテーマを軸となる単語やフレーズに置き換えて、キーワードプランナーの「キーワードを検索」でその語句を入力してみましょう。 上記のように例えば、「ブログ集客」という単語を入力して調査すると、この語句に関連する候補キーワードが以下のように一覧表示されます。 このように表示された 関連語(関連キーワード)からもっともWebページのテーマに近しいキーワードを1つ選定しましょう。 こうして、 ページごとに1つのキーワードを選定するために、キーワードプランナーを随時活用していくことがSEOにおいて重要となります。 また、このようなキーワード選定のみならず、選定したキーワードの検索順位まで管理しながら、サイト運用を見据えたSEO対策ができる「キーワードファインダー」があります。 ちなみにこのキーワードファインダーは、当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社(株式会社ディーボ)が提供するSEOツールです。 キーワードファインダーでは、キーワードプランナーよりも多くの候補キーワードを取得して、数多くのSEOに効果的なキーワードを見出せる点が特段の強みです。 その他にも、キーワードプランナーには、完備されてない機能も満載で、キーワードプランナーの良いところを踏襲し、かつ差別化を図るように設計したのがキーワードファインダーとなります。 なので、ご興味のある方はぜひ関連記事も併せてご覧ください。

次の

キーワードプランナーが使えない方へ!月間平均検索ボリュームの制限を解除する方法

キーワードプランナー 使えない

「もうGoogleキーワードプランナーは使えない!」 このように思っておられる方はたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。 2016年夏、キーワードプランナーの仕様が変更されて以来、キーワード調査で肝心要の検索ボリュームが、正確に見られなくなってしまいました。 そのため、「キーワードプランナーの代わりになんとか無料でGoogleの正規の検索ボリュームが知りたい!」とお悩みの方は、とても多いことと思います。 そんなあなたに朗報です! Googleキーワードプランナーの代わりに、検索ボリュームが、バッチリ正確に分かる素晴らしい無料ツールがあるのです! この記事では、そんなみなさんにとっておきの無料ツールをご紹介して、その使い方も解説したいと思います。 ついに見つかりました。 キーワードプランナーの代わりのツールです。 このUberSuggestでわかることは6つです。 検索ボリューム• 関連キーワード候補とその検索ボリューム• 推奨入札価格 CPC と、競合度 COMPETITION• サジェストワードのデータ• 各キーワードの昨年度の月別検索ボリュームグラフ• 検索順位別の月次のクリック数の目安 これだけの機能がついていて、しかも 「無料!」 「手軽!」 「使いやすい!」 という3拍子揃った優れものです。 このツールは2017年にNeil PatelというWEBマーケティングの世界では天才の部類に入る人が設立した、NEILPATELという会社のツールです。 最近できたツールなので知らない人は多いはずです。 私たちはラッキーですね! 2. UberSuggestの使い方 使い方は、はっきり言って、超簡単です。 日本語設定の変更だけ忘れずにしてください。 あとは普通に元になるキーワードを入れるだけです。 試しに「知育玩具」を入れてみます。 このように表示されます。 このvolumeこそが、まさに、私たちが求めていた、キーワードプランナーの出稿アカウントでしか手に入らなかった「検索ボリューム」です!この数値は、Googleキーワードプランナー で広告出稿している場合に得られる数値と、全く同じであることは確認済みです。 おめでとうございます!! 残りの表示もキーワードプランナーの表示と同様です。 その下に行くと、次のように表示されています。 知育玩具に関連したキーワード候補が241個あり、それらをいちいち表示してくれています。 ただ、この数値はキーワードプランナーと比べると数は少ないです。 キーワードプランナーでは「知育玩具」では700のキーワード候補を表示してくれましたので、この点は若干物足りなさは残ります。 さらにその下に行きます。 その下は2カラムに分かれています。 レフトナビは、3つに分かれていて、• キーワードプランナーとサジェストワードの選択タグ• フィルターワード 検索結果に表示をしたいワード の入力メニュー• ネガテイブワード 検索結果から削除したいワード の入力メニュー があります。 次に、センターに移ります。 センター画面も非常にシンプルです。 検索ボリューム• 推奨入札価格 CPC• 競合度 COPMETITION が並んでいます。 一番下には、• CSV入力• コピーボタン• 全選択ボタン があります。 とても便利です。 キーワードによっては、検索ボリュームと推奨入札価格 CPC のところにグラフマークがあります。 検索ボリュームの方にカーソルを合わせると、昨年 2017年 の月次のキーワードボリュームの推移を表示してくれます。 推奨入札価格 CPC の方は、オーガニック検索とアドワーズ広告のランキングポジション別の月次のクリック数を表示してくれます。 ただ、このデータは正直疑わしいです。 全てこのグラフの形だからです。 さあ、このUberSuggest、本当に優れものであることがお分かり頂けたでしょうか。 キーワードプランナーの代わりはこれで決まりです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 UberSuggestは無料のキーワードツールの中でもSクラスのツールです。 ぜひ使って見てください。 もっとも、キーワードプランナーは欠点はあるものの、やはり今でもSEOに役立つ無料ツールであることに変わりありません。 キーワードプランナーについて学びたい方は、「」をご覧ください。 その他の無料ツール及びキーワードリサーチの方法について知りたい方は、「」ご覧いただければと思います。 最後までお読みいただきましてありがとうございました!!.

次の