胃 が キリキリ 痛い 対処 法。 「ご飯を食べると胃が痛い…」考えられる原因と解消法を徹底解明!

胃痛の原因|胃痛について|胃痛・もたれなどの胃の不快な症状に ガスター10|第一三共ヘルスケア

胃 が キリキリ 痛い 対処 法

・お腹やみぞおちがキリキリ痛い!主な原因は? ・下痢や便秘を伴う場合の痛みの原因は? ・吐き気がある場合の原因は? ・お腹やみぞおちの痛みの治し方。 キリキリするときの対処法は? Sponsored Link お腹やみぞおちがキリキリ痛い!主な原因は? 人間が耐えられないものの一つに「痛み」があります。 お腹やみぞおちと体の中心が痛いときには、自分の元気エネルギーが減ってるよとサインをだし、体の痛みとして表面に出てきている可能性があるのです。 体の痛みとして出てくる原因は 「ストレス」「食事」「「アレルギー」「ウイルス」とありますが、やはり 「ストレス」が大きな原因となっている傾向があります。 言いたいことをグッとこらえたり、もやもやした感情を消化不良のまま溜めていくと、心のストレスがお腹に溜まります。 家事・育児・仕事などが忙しくて体が疲れると、体はストレスを溜めてしまうのです。 心のストレスも体のストレスも、お腹に溜まりやすいと言われていて、お腹の調子が悪いときには「気の流れが滞り、体全体のエネルギーが足りない状態」になりやすいのです。 お腹がキリキリと痛くなったら、ストレスがかかりすぎていないか、ちょっとチェックしてみましょうね。 下痢や便秘を伴う場合の痛みの原因は?吐き気がある場合の原因は? 下痢や便秘を伴う、または交互に繰り返される場合があります。 この場合は「ストレス」の影響が大きく、体を支える自立神経のバランスが崩れている傾向にあります。 自立神経は「よし!がんばるぞ!」と活動的に働くものと「今はゆっくりしよう」とリラックスに働くものがあります。 ストレスがかかると、「活動したほうがいいのか」「ゆっくりしようか」悩んでしまい、妙に活発になったり、急にリラックスしてみたりと、体に負担がかかるようになります。 胃腸も活発になったりリラックスしたりと交互に働くので、下痢や便秘が続いたり、交互に繰り返されるようになるのです。 胃腸も活発とリラックスを繰り返していると、体と同じように負担がかかるようになります。 胃腸は、もう限界だと疲れたよと「痛み」としてサインを出し始めます。 ストレスが大きな原因となり、不眠や食欲が落ちてきたりしたときには 「過敏性腸症候群」の可能性があるので、マッサージ・アロマ・半身浴などリラックスをしてみてもなかなか改善されにくいときには、病院を頼ってもみてもいいと思います。 今は漢方を扱っている病院も増えているので、ゆっくりと体質改善をしながら体調を整えることができます。 ストレスが多く過食気味になる方もいることでしょう。 日頃の生活習慣から腸内環境が褒められるものではなく、ガスは溜まるし、便秘・下痢を繰り返し、お腹は痛いし変な粘膜が出てきたり。 そして「大腸がん?!」と怖くなり病院を受診したところ、「ストレス」によるものだということが分かりちょっと一安心という方もいるのではないでしょうか。 そんなときは 漢方薬を飲むようにするのもおすすめです。 今は情報がたくさんあるため、自己判断がかえって万病の元になってしまうこともあります。 食後の痛み・吐き気やおう吐の場合と、空腹時の痛み・胸やけと出血などがある場合には、病院への受診をオススメします。 十二指腸潰瘍を経験したことがある方は分かると思いますが、正直言って立っていられません。 貧血に痛みに吐き気が徐々に強くなり、脂汗がにじみます。 小さい潰瘍でも痛みはかなり強くなります。 お腹が痛むというのは、心身の悲鳴でもあるので辛くなる前に、自己判断せずに病院へですよ。 暴飲暴食やアルコールをたくさん飲んだあとに起こる痛みと吐き気には? この場合は、胃を休ませましょう。 スポーツ飲料・オレンジやリンゴジュースなどで体を満たし、消化に負担がかからない食事で胃を労わりましょう。 アルコールを飲んだ翌日には下痢になりやすい方もいるかと思います。 体の新陳代謝を促す肝臓が疲れていることで起こることがあるので、刺激となるコーヒーや辛いもの・脂っぽい食事を休んでゆっくりと過ごしましょうね。 Sponsored Link お腹やみぞおちの痛みの治し方。 キリキリするときの対処法は? 治し方は医師の診断を仰ぐとして、今痛くて、少しでもラクになりたいというときには、痛いところに手をあてて温めましょう。 手当てという原始的な方法は、意外と効くものなのです。 痛みがあったりすると呼吸が浅くなりがちなので、手を当てて温めながら深呼吸をしてみてくださいね。 はい、鼻からゆっくりと息を吸って~。 口からゆっくりと吐きましょう~。 そして 自分の心が満たされることを想像しましょう。 たとえば、ピンク色に包まれるイメージを作ります。 それができないときには大好きな映画 ディズニー映画でもなんでもOK を思い出します。 印象に残ったワンフレーズを実践してみても良いでしょう。 たとえばドラマのワンフレーズに「目を閉じてキラキラと星が増えていくのを想像するとキラキラした夜空が広がりすーっとする」という言葉があったとしたら、ちょっとチャレンジしてみても良いでしょう。 休むことができるのなら、体の右を下にして横になります。 右を横にすると消化が促され、負担がかかりにくくなるのでラクになることがあります。 妊婦の方にもおすすめの体位で、食後に苦しくなったり痛みや、吐き気があるときには効果的です。 弱いところがあるのは自然なことなのです。 ストレスと上手に付き合っていくことができたら、すごくラクになり、お腹が痛くなる回数を減らしていくことも期待できます。 自分がリラックスできるものは、アイテム・想像・妄想なんでもいいのです。 居心地がいいと感じるものを見つけてストレスと上手に付き合い、お腹の痛みの緩和をしていってはいかがでしょうか。 ただし、食後に痛みと下痢が続くときには、ストレスだけではなく病気が隠れている場合があるので、病院の受診で診断をいただいてくださいね。 医師の診断があると原因が分かる 「安心」というお守りが手に入るだけで気持ちのモチベーションも変わってきます。 原因がはっきり分かったら「対処」「治療」「症状の緩和」の方法も分かるので安心できます。 ストレスがかかり痛みとなって出てくると表情も曇りがちになり、運気がすぽーんと抜けてしまいます。 表情豊かに運気をすーっと受けられる体質でいるためにも、痛みは緩和させちゃいましょう。

次の

胃が痛いときの原因は症状でわかる 胃痛セルフケアを知っておこう Doctors Me(ドクターズミー)

胃 が キリキリ 痛い 対処 法

胃が痛いのはストレスが原因?その対処法は? 胃の痛みというのは、誰にでも一度くらいは経験があるといってもよいくらい、とても身近な症状と言えます。 しかし、それゆえに「いつものこと」と、つい放置されがちです。 胃は、他の臓器に比べてとてもデリケートなため、ちょっとしたことで傷付いて痛みを発生させたり、胃の働きは自律神経と関わっていることから乱れが生じやすいと言われており、多くの場合は一時的に症状があるものの、生活習慣の改善などで回復していくと言われています。 とは言え、 胃が痛む場合には病気の可能性もあることから、自己判断せずに病院できちんと診てもらうことがとても大切です。 特に、体の調子が悪いと何でもストレスのせいにする風潮がありますが、痛みが起こる原因はそれだけではありません。 「この 胃の痛みは ストレスが原因だから、そのうちよくなる」と思い込んでしまうことで、病気の真の原因が隠れてしまうこともあります。 胃の痛みを発生させるのはストレスだけではありませんので、原因となりうる要素をしっかり知っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで今回は、 胃が痛む原因や、 胃の痛みが症状として現れる病気、 対処法や予防法について調べてみました。 胃が痛い原因は?吐き気や下痢がある場合は? 胃の痛みは、 日本人が感じやすい症状の一つだと言われています。 その理由には、漬物など塩分の高い食べ物が好きな方が多いため胃壁が傷付きやすいことや、ストレスによる胃酸の過剰分泌が挙げられています。 特に最近は、胃の痛みを訴えて病院で検査(胃カメラ)をしても、胃自体には病変が見つけられない「 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)」の罹患者が増えていると言われています。 また、 胃痛の他に吐き気や下痢がある場合は、食中毒の可能性があります。 とは、食べ物や飲み物などに付着していた細菌やウイルスが体内に侵入することにより、激しい胃痛や、嘔吐などを引き起こすものです。 下痢や嘔吐が続くと脱水症状になるだけではなく、時には命に関わることもあるため、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。 胃が痛いときに考えられる病気は? 胃が痛い時は、胃が痛む時間帯やタイミングに注意してみましょう。 胃が痛む原因として、最も多いのが早食いや食べ過ぎです。 胃に多くの食べ物が入ると、食べ物を消化しようと胃酸が多く分泌されますが、胃酸が過剰に分泌されると胃壁を刺激し、痛みを引き起こすことがあります。 食後に胃が痛む時は、胃潰瘍の可能性が考えられます。 これは、食べ物が胃に入ることで潰瘍部分が刺激されることで痛みが強くなるからです。 また、胃酸が多く出ることで、食道の方まで流れ込んでしまう逆流性食道炎によっても、食後に胃が痛むことがあります。 逆に、空腹時に痛む時は十二指腸潰瘍の可能性が高くなります。 胃が荒れて胃酸が多く出る状態が続くと、胃酸が十二指腸の方にまで流れて潰瘍ができることがあります。 さらに、喫煙やアルコール、暴飲暴食、ストレスなどで胃の粘膜部分が炎症を起こる胃炎や、胃ガンの初期症状にも胃痛が起こると言われています。 なお、本人は胃の痛みだと思っていたものが、実は胃に隣接した膵臓や胆のう、大腸などが病気に侵されている可能性も否定できません。 特に背中側に痛みが強く出る場合は、これらの内臓の病気を疑って、すぐに病院を受診するのがよいでしょう。 胃が痛い時の対処法 胃が痛くなったら、どのような対処をとるのがよいのでしょうか。 ここでは、一般的な対処法と、胃の痛みと一緒に別の症状がある場合の対処法をご紹介したいと思います。 一般的な対処法 胃が痛む時は、多くの場合胃酸の過剰分泌が原因だと考えられます。 そのような時は、炭酸飲料を飲むのがよいでしょう。 炭酸飲料には炭酸水素ナトリウム(アルカリ性)が含まれているため、胃酸を中和して痛みをやわらげる働きがあります。 また、腹式呼吸を行うことで、胃の痛みを緩和することができます。 ゆっくりと息を吸い、ゆっくりと吐き出すことで酸素が体の隅々にまで運ばれ、リラックスが促されることで痛みを感じさせる交感神経が落ち着き、痛みを感じにくくなるそうです。 胃の痛みと吐き気が同時に起こる場合の対処法 胃の痛みと吐き気がある時は、体を横にして安静にするのがよいでしょう。 衣服を緩め、なるべくお腹を圧迫しないように注意して下さい。 なお、食中毒と思われる吐き気や胃痛ではなく、このような症状が慢性的に続いている場合は病気の可能性があるため、すぐに病院を受診するようにして下さい。 胃の痛みと下痢が同時に起こる場合の対処法 胃の痛みと下痢が同時に起こった時は、まず下痢を止めてしまうことは止めましょう。 下痢は(嘔吐もそうですが)体内に侵入した病原菌などを排出するために起こっている場合が多いので、無理に止めてしまうと、その分回復までに時間が掛かってしまいます。 胃が痛くならないための予防法 胃の痛みを予防するためには、規則正しい生活をすることがとても大切です。 起床や睡眠、栄養バランスのよい食事、適度な運動などは、自律神経のバランスを整えてくれることから、胃の調子も整いやすくなります。 また、起床してすぐ朝食を摂るのではなく、少し体を動かすことで胃や腸の消化器官が目覚め、スムーズな消化が行われるようになります。 ちょっとした心がけですが、朝食を食べると胃が痛くなりやすいという方は、是非試してみるとよいでしょう。 時間の調整ができそうなら、ウォーキングなどの運動を行うことで胃の活動がよくなり、朝食後の胃痛を防ぐことができます。 さらに、睡眠時は胃腸も機能を休めています。 寝る直前に食事をすると一晩中消化活動が行われるため、胃が疲弊してしまいます。 そのため、寝る1~2時間前は何も食べないようにすることも、胃の痛みの予防に繋がります。 胃が痛い時のおすすめの市販薬 胃が痛い時は市販薬のお世話になる、という方は多いのではないでしょうか。 市販薬を服用することによって症状がやわらぎ、その後回復するのであれば上手く活用するのもよいですが、市販薬を飲んでも症状が治まらない時や、市販薬を常用しているという方は、病院できちんと検査を受けることが大切です。 ガスター10 食べ過ぎやストレスなどによる胃酸過多が原因の胃痛には、H2ブロッカーが配合された薬が第一選択となります。 参考URL: 新センロック 胃の痛みの元をブロックしながら、胃粘膜を保護する成分により胃の痛みを緩和します。 参考URL: タケダ漢方胃腸薬 弱った胃の働きを高め、神経性胃炎や慢性胃炎に優れた効果を発揮します。 ケイヒ、シュクシャ、カンゾウ、ウイキョウなどの生薬が処方されています。 参考URL: 胃が痛い時の原因と対処法【吐き気や下痢】ストレスだけではない!のまとめ 胃の痛みは、自分も含め多くの方が経験しているものです。 そのため、「胃の痛みくらいで大騒ぎするなんて・・」と我慢してしまう方も多いのですが、痛みは体からSOSのサインが出ているということ。 そのまま放っておくことはせず、胃に負担をかけない食事や生活を送るように心掛けましょう。 また、痛みがなかなか治まらない場合や、他にも症状がある時は、躊躇せずに病院を受診するようにして下さい。 胃ガンなど、早期で発見できれば治癒する病気の進行を防ぐためにも、是非、胃の痛みには敏感に反応するようにしましょう。

次の

なぜ?胃がキリキリ痛む8つの理由|ストレス?病院へ行くべき症状も

胃 が キリキリ 痛い 対処 法

緊張や暴飲暴食などによって「胃が痛い」という経験をしたことがある人は少なくないでしょう。 とくに、普段から胃の痛みを感じがちな人ほど「いつものこと」と見過ごしがちですが、そのままにしておいてはよくないケースもあります。 急に差し込むようにキリキリと胃が痛みだした• ストレスを感じるといつも胃が痛くなる• 常に胃が痛いので胃薬が手放せない このような症状がみられた場合に考えられる原因には、どのようなものがあるでしょうか。 病気による胃の痛み 胃が痛いと感じたとき「胃そのものに原因がある」「胃の近くに原因がある」という2パターンが考えられます。 それぞれ原因として考えられる病気には以下のようなものがあります。 胃そのものに原因がある胃の痛み 胃の痛みを起こす胃そのものの病気として、主に次のようなものが考えられます。 急性胃炎・慢性胃炎 何らかの原因により、胃に炎症が起こっている状態です。 胃の痛みのほか、みぞおちのあたりの不快感、などの症状がみられます。 の場合は、ヘリコバクター・が発症に大きくかかわっています。 受診の目安とポイント 突然起こった強い胃の痛みは早めに医療機関を受診することはもちろん、長く続いていてよくならない、繰り返しているなどの場合にも一度は受診しておきましょう。 また、胃の痛みに加えてほかの症状があるような場合にも必ず受診しておくことがすすめられます。 受診先は内科もしくは消化器内科がよいでしょう。 受診時には、いつから胃が痛いのか、胃痛のほかの症状としてどんなものがいつ頃からあるのか、できるだけ詳しく伝えることがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の習慣やストレスなどが原因で、胃が痛くなっていることもあります。 飲み過ぎ・食べすぎ 暴飲暴食は胃に負担をかけ、胃の痛みに繋がることがあります。 また、胃酸の逆流を誘発し、を発症することもあります。 なお、食後はすぐ横にならないようにすることも重要です。 飲み過ぎ・食べすぎたときは 飲み過ぎた・食べ過ぎたなどで胃の不調を感じた時は、胃に負担をかけないように消化の良い食事をとるようにしましょう。 野菜スープ、お粥、うどんなど、胃に負担をかけない食事で調子を整えていきましょう。 辛いものやカフェインの取りすぎ 辛いものやカフェインなどの取り過ぎは胃に負担をかけます。 刺激の強いものを取りすぎたら 飲み過ぎ・食べ過ぎの時同様、なるべく胃に負担をかけない食事で回復をはかりましょう。 また、普段からあまり刺激物ばかりを好んで摂取することは控えるようにしましょう。 よくならないときには 日常生活の中で注意してもよくならない胃痛もあります。 そのような場合には、思わぬ原因が潜んでいることも考えられます。 一度医師に相談してみましょう。

次の