つけめん さなだ。 つけめん さなだ

つけめん さなだ@三郷 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

つけめん さなだ

北千住「つけめん さなだ」で大山鶏のつけめんを。 千代田線でひたすら北上、北千住で下車。 北口方面に出て商店街をひたすら走りました。 時間帯がちょうど12時だったため待つのは必至と覚悟しながら。 駅からもそこそこの距離ありました。 以前のおでかけで訪れた、スイーツアウトレットのドンレミーやお蕎麦屋の柏屋、銭湯カフェのエスディーコーヒーよりも北です。 イトーヨーカドーから右に曲がって看板が見えました。 お?行列がまだ無い。 ラッキー。 きっとこれからお客さんが続々やってくるだろうと思い、外観の撮影はそこそこに足早に入店。 3分の2くらい席が埋まるくらいでした。 まずは食券を購入をするよう促されます。 目当ての大山鶏のつけめんの隣に「味玉つけめん」のボタンが。 味玉好きで誘惑に負けた私は、北千住までなかなか来れないからと言い訳を見つけて+120円の味玉付きに。 そして座席へ。 今回は席が指定されるパターンで、一番奥の席に案内されました。 トイレの洗面所 お店が一望できて良い感じの席です。 見渡すとレトロなインテリアが目立ちます。 そう言えば音楽も昭和を彷彿とするような陽気な曲ばかり。 あっ、店員さんも着物だ。 名前が戦国時代を思い起こす「さなだ」に、レトロな内観に、現代のつけ麺。 ずれてる。 ずれてるけど愛らしい。 お冷やはセルフサービスとのこと。 対面での案内はあたたかい接客ですが、そこはパフォーマンス重視のようです。 と、この記事を書いてるうちに着丼。 カウンターの上の段に置かれ、自分でカウンターに配膳するというスタイルです。 盛り付けが綺麗です。 大山鶏をもっと主張する盛り付けかと思いきや、それぞれの具材がドンドンドンと盛られた豪快スタイル。 女将さんがパネルで案内してくれたつけ麺の食べ方通り麺からいただきます。 もっちもち弾力のかなりの太麺です。 つけだれは魚粉がしっかり効いた濃い目の鶏魚介です。 大山鶏の胸肉はプルっとしてて刺身のよう。 チャーシューは熟成したハムのような深い味わい。 メンマが大きく食べごたえ大。 しっかり味が染みてます。 トッピングした味玉は、白身にも程良く醤油が染み込んだ絶妙系。 どれもが我が我がと主張強めです。 スープ割りは丼をカウンターの上の台に置いてから注文します。 お好みで卓上のグレープフルーツをかけるよう声かけがあります。 レンゲの中で試してみると酸味が効いてすっきりした味わいに。 普通につけだれ自体が美味しいので、残りはそのままで最後まで飲み干しました。 「週2回食べたくなるつけめんを目指す」というスタイルが、レッツにも通じるような程よい距離感。 こうしたメッセージを掲げるとやってることが自然と収斂されていくんだろうなと振り返ったおでかけでした。

次の

六厘舎の血統、三郷の『つけめん さなだ』でラーメン食べた記事書いてたら、いろんな妄想をしてしまったっていう話

つけめん さなだ

つけめん さなだ 東京都足立区北千住駅にある、行列のできる人気つけめん専門店です。 2019年10月25日にオープンしたばかりのお店で、元々埼玉県三郷市で数々の伝説を残してきた名店が、なんと東京都内北千住の街に移転して復活です。 また、名店「六厘舎」初代店長を歴任した店主さんが手掛けるお店です。 私はオープン当初に訪問したので、こんな壁紙も貼ってあります。 この紹介文を見ただけで、絶対に旨いつけめんというのが伝わってきます。 また、移転する前は足を運べなかったですが、千住仕様にブラッシュアップしているのでより期待値が高まります。 では、数々の伝説を残してきたつけめんを食べに早速入店していきたいと思います。 生姜スープの効いた中華そば。 メニュー概要 こちらのお店は、食券を購入して注文するスタイルです。 基本的に行列ができており、食券を購入するタイミングは女将さんが案内してくれます。 また、つけめんメニューが豊富で、限定セット、ご飯等があり、つけめん、チャーシューのお持ち帰りも可能です。 夜鳴きそばはラーメン通の中でも特に人気のメニューで、2月の木曜夜限定メニューとしてご提供しています。 (今季分は終了し今後は未定。 ) 本日は味玉・鶏ほぐしつけめんを注文したいと思います。 また、本日は満席で大繁盛しています。 オープン当初に訪問したので、奥には沢山のお花が飾られています。 キッチンはこんな感じです。 つけめんの調理工程を見ながら楽しみに待ちたいと思います。 左から、グレープフルーツ酢、一味、胡椒が並んでいます。 次に食べ方を見て勉強しておきましょう。 特にグレープフルーツ酢が珍しいと思います。 ふむふむと、食べ方をマスターしたところで、 見るからに美味しそうな味玉・鶏ほぐしつけめんの登場です。 つけめんには、大山鶏の肩ロースチャーシュー、大山鶏のムネチャーシュー。 メンマ、味玉、希少な鶏節(削り節)がトッピングされています。 また、麺は浅草開化楼のさなだ専用特注極太麺を使用しています。 スープには大山鶏に加え、厳選された豚を使用した中濃鶏魚介スープで、鶏ほぐし、葱が入っており、スペシャル尽くしなつけめんです。 角度を変えると、こんな感じです。 麺にはタピオカ粉が入っており、モチっとした食感で弾力もあります。 また、小麦粉の風味、香りも抜群でズルズルと食べ続けられます。 スープは鶏の風味が際立っており、想像以上にまろやかな味わいで、最後の一滴まで飲みやすいです。 つけめんとよく絡み、お互いの味がかき消されることなく引き立ちます。 卓上のグレープフルーツ酢を入れることで、酸味が加わり違う味も楽しめます。 鶏節のほのかな香り、肩ロースチャーシューの程良いレア感、ムネチャーシューの柔らかい食感、味玉の半熟加減、メンマのコリコリ感、どれを取っても全てが完璧のつけめんだと思います。 総評 最初に一言で表した通り、大大大満足のお店です。 私は14時過ぎに訪問しましたが、すでに10人以上並んでおり、さすが名店だと感じられます。 また、「六厘舎」を初めて食べた時と同じ感動が蘇り、現在もつけめんさなだに絶賛中です。 個人的にも世間的にも、北千住のラーメンランキングが変動しそうです。 (笑) 機会があれば、夜鳴きそばもレビューしたいと思います。 14:45) ・18:00~22:00(L. 21:45) (日) ・11:00~15:00(L. 皆様も是非行ってみて下さい。 本日も一読して頂き、誠にありがとうございます。

次の

つけめん さなだ

つけめん さなだ

店の場所は、三郷駅徒歩15分ほどの車の交通量の多い道沿い。 店頭には開店祝花いっぱい。 ひときわでっかい花輪は、ジャンプ@春日部から。 ラーメン関係では、不如帰、おっぱいラーメン、六厘舎、 ソラノイロ、 中華蕎麦とみ田から、他から。 列んでるとメニューを渡されて、しばらくすると注文を聞かれます。 主なメニューは、つけめん(250g)、鰹だしの特製味玉100円、鶏ほぐし(近日販売予定)、肉切り落とし180円、他。 今のところつけめん一択で、トッピングと麺量でバリエーションを構成。 オーダーは、「つけめん」で。 注文すると、温かい麺にするか、冷たい麺にするか聞かれます。 冷や盛りか熱盛りかってことですね。 当然、冷や盛りで。 入口脇に掲示物いろいろ。 「オープン時の営業時間」について。 10月5日まで昼のみの時短営業。 6日は定休日で、7日以降通常営業。 列び方について。 駐車・駐輪の注意。 定刻に開店! 店内は、出入口脇に壁に向かったカウンター3席、4人卓x3、2人卓x2。 後客続々。 厨房は壁で仕切られた向こう側で、調理の様子はまったく見えません。 厨房には店主さんとヘルプスタッフの男性、ホール担当女性スタッフ2名。 券売機は無く、食後レジにて会計制。 BGMはJ-Pop、ドリカムとかw 箸は洗い箸でエコ対応。 麺の丼、側面に舞う青龍が実に見事! 麺の上に具はなく、具はすべてつけ汁の中に。 麺は極太ストレート。 最近の六厘舎や六厘舎系の舎鈴を彷彿とさせる感じ。 つけ汁の器の中の具は、海苔、きざみネギ、メンマ、チャーシュー。 チャーシューはローストされていて、パリっとした食感で、焼き目が香ばしく美味! 麺をつけ汁に浸していただくと、旨っ! 王道の豚骨魚介醤油味ですが、豚骨と魚介がどちらかが主張し過ぎることもなく、ナイスバランス。 麺も硬すぎることもなく程よいゆで加減で、啜り易く旨し! 食べ慣れた味わいですが、これは美味しい! 麺を食べ終えたら、スープ割りコール。 「スープ割りには削りたてのかつお節かゆずが入ります」との事で、かつお節をチョイス。 いったんつけ汁の器が下げられて、割りスープが足されて戻ってきます。 卓上に木製のかんなのような鰹節削り器と、見事なかつお節が登場。 切り落とし肉は、でかいサイコロ状チャーシューがゴロゴロと5~6個入り。 かなりのボリュームですが、+180円でこれなら相当お得! ちゃんラーさんは、スープ割りにゆずを選択。 ゆずの方は、おろし金でスリスリしたゆず皮を直接つけ汁の器にイン。 ゆず風味がぶわっと香って、削りたてゆずの効果は絶大です! 美味しく完食!六厘舎とは、トッピングを変えたりスープ割りを工夫したりと、オリジナリティを発揮してるところは素晴らしいと思います。 また、今は六厘舎っぽい味も、これからますます美味しくなりそうで、今後が楽しみです。

次の