ヒコロヒー。 女芸人さんガチギレ「男が容姿イジリするから、女芸人はブスと不思議ちゃんしかおらん」

ゴッドタン 新世代男女芸人が集結!蛙亭&ラランド&ヒコロヒーがお笑いを語る

ヒコロヒー

2019年10月に公開された『ジョーカー』は、公開直後から話題になり、あっという間に日本列島を席巻した。 「アメコミの悪役の誕生秘話」というストーリーにも関わらず、アメコミに馴染みのない層はおろか、普段映画を観ない人たちでさえ劇場に足を運んだ。 『ジョーカー』が大ヒットした理由は諸説あるが、全てに共通するキーワードは『怒り』と『共感』であろう。 社会から疎外され、抑圧を受け続けてきた主人公に自分を重ね、その怒りに共感を覚え、彼が狂っていく姿に爽快感を覚えた観客は多いはずだ。 『怒り』と『共感』は、2010年代以降の世界のあらゆる文化に共通するメインテーマだろう。 ヒコロヒーもまた、『共感』を呼ぶタイプのお笑い芸人である。 何かに怒り、観客もまた、その怒りに共感する。 だが、そこに生じるのは『ジョーカー』に登場するような悲観的な笑いではない。 後者が「何かを壊すような怒り」だとすれば、ヒコロヒーの笑いが見せてくれるのは「その先で何かが生まれるような怒り」なのだろう。 社会の理不尽さに怒りを覚えながらも、フラットな目線でそれに対峙し、ダサいものはダサいとはっきり一刀両断する。 その清々しさに、観客は爽快感を抱くのだ。 今回は、通算4回目となる単独ライブを行うヒコロヒーに、これまでの賞レースについての感想をはじめとして、ピン芸人になった経緯や、今後の展望を伺った。 1決定戦THE W)』の準決勝に進出されていましたね。 決勝では惜しくも敗退という結果でしたが、3年連続の準決勝進出は快挙だと思います。 ヒコロヒー:(今年は)初めて2日間(に渡る開催)だったんですよ。 「2ネタできる」ということだったので、どのネタを持っていこうかすごく悩みましたね。 普段のライブとはお客さんの感じとか会場の雰囲気もちょっと違うので、思っていた通りに行かない部分もあったのですが、結果としては悪くないというか、自分としては「後悔なくやれた」という感じです。 『THE W』での活躍もそうですが、ご自身の「お笑い芸人としての実力」が上がってきているという実感はあるのでしょうか? ヒコロヒー:いや、ないです。 ただ、賞レースの結果が良かったおかげでチケットも売れて、周りの目がちょっとずつ変わってきているのかな、という気がします。 私は自身が大幅に面白くなったとかは全然ないですね。 大多数のお笑い芸人は、はじめはコンビを経験してその後にピンになるという道を歩んでいますが、ヒコロヒーさんはどうして、いきなりピン芸人になることを選んだのでしょうか? ヒコロヒー:実を言うと、私も本当はコンビを組みたかったんですよ。 (松竹芸能の)養成所にいたんですけど、その時に「コンビ組もう」って声掛けてきた人たちが、軒並み本当に面白くなくて……(笑)その誘いを断る時に、なんて言って断れば角が立たないか分からなくて「あー、すいません。 自分、ピンでやっていきたいんで」って答えていたんです。 最初は断るための方便だったんですけど、言っているうちに本当にピンが楽しくなってしまって、気が付けばそのままっていう感じですね。 ヒコロヒーさんの所属している事務所(松竹芸能)でも、紺野ぶるまさんや河邑ミクさんなどが脚光を浴びています。 そんな群雄割拠の中で、ヒコロヒーさんはどうやって突き抜けていこうと考えているのでしょう? ヒコロヒー:なんですかね……。 多分、最近の女芸人さんは煙草を吸ってないけど、私だけは吸ってるとか。 みんな麻雀の打ち方も知らないと思うんですけど、私だけはすごい打てるとか。 ヒコロヒー:はい。 それで、なんとかまくってきたので。 ちなみに、麻雀はいつ頃からやられているんですか? ヒコロヒー:生まれが田舎の方だったので、他に遊ぶものがなくて、小さい時から家族でやっていたんです。 賞レースで優勝することはもちろん目標なんですけど、それ以上に『われめDEポン』に出たいです。 やっぱり、加賀まりこさんと死ぬまでには一度打たせていただきたいなと思っています。 若手の芸人としては珍しいというか。 そういう価値観が、ご自身のネタにも反映されているのでしょうか? ヒコロヒー:うーん、どうですかね。 あんまり女性女性してないというか、男性でも女性でも関係なく見られるような感じだとは思います。 (男女)どちらかに寄せずに「女性が見ても分かるし、男性が見ても共感できる」というネタになっているかな、と。 普段生きている時に、「自分は男だから」「女だから」と意識して自分の行動を決めることって、窮屈だし、面白くないと思うんですよね。 でも、お笑い芸人の場合は、特に「女であることを意識してネタを作れ」って言われることがものすごく多いんです。 (芸歴)1年目の頃からずっと言われていたんですけど、「別にそれで面白くもならないしなあ」と思って、ずっとモヤモヤしていました。 だから、(性別的なことは)自分としてはあんまり考えていないですね。 ヒコロヒー:ちょっと前に事務所ライブで女子野球選手のネタをやらせてもらったんですけど、その時は、たまたま新聞で見かけた記事を元にしてネタを作ってました。 女子のプロ野球リーグで、とあるチームが優勝したっていう話が、小っちゃい記事になって隅っこの方に載っていて、これが男性の普通のプロ野球リーグだったら、どこのチームが優勝しても一面を飾るじゃないですか? それが、ただ女子になっただけでこんな小さなところに収まっていて、「これは何なんだろう」という違和感からネタが生まれました。 「いや、一面にせえよ!」と思うだろうな、って。 あとは、「怒り」ですかね。 いつも衝動的に作っています。 意地悪をして、誰かが困ったり傷付いているのを見るのが楽しくて仕方ない人。 自分の立場を良くするためだけに平気で嘘をついたりする人とか、都合良く話をねじ曲げて自分の味方を増やそうとするのに必死な人とか。 もう、そういうのは全員嫌いです。 自分としては、男の人たちに人気が出るようなタイプでもないし、かといって女の人たちに憧れられるようなタイプでもないので、どうして均等に支持してもらえるのかすごく不思議だったんですけど、なんとなく分かってきたのが、みんな、怒って欲しいんだと思います。 私が怒っている姿を見てスカッとしたい、みたいな。 でも、お笑い芸人は、そういう世間一般の常識の外側で色々言えるじゃないですか。 だから、怒りのはけ口じゃないけど、好き勝手言ってる私を見て「こういうのもありなんだ」と思ってくれているんだと思います。 「お前はいつまで経ってもなんとかかんとかで」みたいな、ちょっと説教っぽいことを言ってるんですよ。 でも、肝心の息子は「もう、ええねん」みたいな感じで、ずっと無視してるんです。 あからさまに鬱陶しそうにしていて、その様子を見ていたら「もう少し優しくしたれや!」「誰にオムツとか代えてもらってるねん!」とか思って、すごく腹が立ちましたね。 ヒコロヒー:あと、ハロウィンの時に駅のホームで一番前に並んで携帯を弄っていたら、誰かに急に突き飛ばされたことがあったんです。 結構激しく転んでしまって、パッて振り向いたら、ラムちゃんの格好をした女2人が「きゃはははは!」って笑いながらずっと指差してきて。 片方のやつはまだ少しまともで「ホントすいません! ホントすいません! あんた、ヤバイよ。 謝ろうよ」とか言ってるんですけど、全然帳尻を合ってないんですよ。 ホームで突き飛ばされて「きゃははは」に対して、気のない「すいません」では全然つり合ってない。 だから、そいつのことをずっと真顔で見つめてたんです。 そうしたら、少しまともな方が、段々とマジなトーンで「あ、すいません……。 あ、すいません……。 」みたいになったんですけど、もうひとりの方はずっと笑ってるんですよ。 多分べろべろ酔ってるから何を言っても仕方なかったんでしょうけど、それでも、何か一言言ってやらないと気が済まないと思って、「まだまともな方の君はいいけど、そっちの君はそのラムちゃん全然似合ってへん」って言ったんです。 その後すぐに携帯を見るのに戻りましたが、内心は「逆ギレされて、線路の方に突き飛ばされたらどうしよう」ってすごい怖かったですね。 怖いけど、それを悟られるのが嫌だから堂々としていたんですけど……。 まさにハロウィンの時にも感じましたが、最近は傍若無人というか、周囲の迷惑を考えない人間が増えているような気がします。 個人的には、注意する人が減ったからモラルが低下しているのではないか、と考えることがあります。 そういう時代だからこそ、ヒコロヒーさんのように「一言言ってくれる誰か」を、世間は求めているのかも知れません。 ヒコロヒー:私としては「良い」「悪い」じゃないと思うんですよね。 大枠としての良い悪いはあるかも知れないけど、私はそれを裁く立場じゃないです。 良い悪いっていうよりも、「品があるかどうか」で話を進めていったらシンプルになるんじゃないのかなって、私は思います。 嘘をつくとか、意地悪をするとかも、良い悪いは知らないけど「ダサいな」っていう気持ちが強いですよね。 ヒコロヒーの今回のライブタイトルは『清純派』だそうですが、今のお話を聞いていて、「ダサいものから離れたい、遠ざけていきたい」という美意識の高さが『清純派』というタイトルに繋がっているのかな、と感じました。 あと、あと毎回単独(ライブ)ではVTRを作っているんですけど、笑ってもらえるかどうかは分からないんですけど、「これがヒコロヒーです」というものを作れていると思います。 幸せになる、爽やかな気持ちになるライブです。 爽やかな気持ちになりたいんだったら、ぜひ来てください。 でも、苦情は受け付けられません。 Pコード 597-690 TEL 0570-02-9999 ご注意 未就学児入場不可。 客席内でのご飲食はご遠慮ください。 出演者が変更になる場合がございますが、それに伴う返金は致しません。 お問い合わせ 新宿角座 TEL 03-3226-8081.

次の

ヒコロヒー(芸人)がかわいい!本名と彼氏や出身大学も調べてみた!

ヒコロヒー

噂ではありますがヒコロヒーさんは 有名財閥の娘なんだとか。 親の七光りで売れるのは、やはり 嫌なんでしょうね…だから本名を 隠しているんだと言われていますが 噂なので事実かどうかはわかっていません。 ヒコロヒーの経歴 松竹の初舞台の前に芸名を付け、 この芸名には特に意味は無く 「2秒で付けた」とのこと。 インスピレーションで決断性ありますねww しかしこの芸名韓国語で『殺す』という 意味があるそうで韓国人から「スパイ」 だと思われた事があるようですよ。 そんなヒロコヒーさんは、最初は大阪を拠点に活動。 道頓堀角座などで多いときは月に 15~20本のライブに出演されていました。 そして2013年道頓堀角座で初の単独ライブ 「ヒッコロコメディーショー」を行い その後場所を変え自分の笑いを 試したくなり東京に上京。 ネタはナント約200個あるそうで、 衣装や小道具に頼らない1人コントを展開。 丁度いい感じのアウトローさで 言動がクールと言われているが一方で 毒舌な過激なネタも存在するそう。 さすがプロですね多彩なネタをストックしてる辺り 急なネタフリにも対応できそう!? 象形文字から漢字の成り立ちを ベースにしたネタなどのフリップを 使って漫談を演じたり あの人気テレビ出演も経験があるようですよ。 それは 「踊るさんま御殿」「IPPONグランプリ」 「ぷっスマ」「じわじわチャップリン」 などの有名番組にも出てたので ご存知の方も多いかもしれませんね? と思えば民放だけじゃなくNHKの「ごちそうさん」 にも出演したことがあるみたいですよ! スポンサードリンク ヒコロヒーの芸風 ヒコロヒーさんは、容姿とは 裏腹にシュールな1人コントが特徴です。 奇抜で痛々しいネタもあるようですが お笑いだからこそ笑えるネタになっています。 ギャップも大きく、 お笑いの評判はとてもいいそう。 そのまま就職するつもりだったが 母の強い進学願望により大学受験を1校だけ 受けたが合格し近畿大学に進学しました。 大学では落語研究会に所属、 大学2年の大学祭で先輩に頼まれ 落語研究会の落語ベースで1人コントを披露。 それを見ていた「なすなかにし」の マネージャーに声をかけられ特待生とし 授業料免除で松竹芸能大阪養成所入りをした。 芸人活動と学生生活が全然両立 出来なくなったのを理由に、 大学を2013年春に中退した。 ヒコロヒーに彼氏は?いる? 芸風はシュールでも、 外見がかわいらしいヒコロヒーさん。 彼氏がいてもおかしくないですよね! 現在彼氏がいるのか調べたところ あまり有力な情報は、なかったです。

次の

ゴッドタン 新世代男女芸人が集結!蛙亭&ラランド&ヒコロヒーがお笑いを語る

ヒコロヒー

「角座」の名称は、「角の芝居」と呼ばれた江戸時代に遡ります。 「角座」はかつて、浪花座、中座、朝日座、弁天座と共に、 「五つ櫓」若しくは「道頓堀五座」と呼ばれ、 1960年~70年代には、上方演芸の殿堂として栄えました。 その後、「角座」の名称は、松竹 株 の直営映画館 大阪市中央区 や 弊社直営の劇場「B1角座」 大阪市中央区 に引き継がれていましたが、 2008年の角座ビル 大阪市中央区 の閉館と共に、消滅致しました。 この由緒ある名称を、日本のエンタテインメントの中心である東京・大阪で復活させ、 新たな歴史をスタートさせたいと考えております。 この劇場から、日本を代表するエンタテインナーが続々と輩出され、文化の発展に寄与できるものと考えております。 2011年5月14日 新宿角座 開業 2019年1月1日 DAIHATSU 心斎橋角座 開業 公演に関するお問い合わせ 松竹芸能 新宿角座:電話 03-3226-8081 ファンレターの宛先 〒104-0045 東京都中央区築地4丁目1-1 東劇ビル14F 松竹芸能株式会社 東京支社内 〜タレント名〜 HP係 タレントスクールに関するお問い合わせ 以下のページからお問い合わせ願います。 松竹芸能タレントスクール:電話 03-3226-6223/ウェブサイト 所属オーディションに関するお問い合わせ 以下のアドレスからお問い合わせ願います。 大阪本社 タレント開発室: 東京支社 タレント開発室: イベント出演依頼のお問い合わせ 以下のページからお問い合わせ願います。 予めご了承の上お問い合わせください。 FAX 06-7898-9015• 折り返し、DAIHATSU MOVE 道頓堀角座 団体予約担当者よりご連絡させていただきます。 予約確認書をFAXにて送らせて頂きます。 公演概要• 公演概要につきましてはをご参照ください。 2013年12月以降 1回目 13:00~14:10 2回目 14:30~15:40 料金• 劇場貸切料金 126席/公演90分 :300,000円~ 応相談 昼寄席公演貸切の対応が可能です。 ご相談下さい。 注意事項• 予約団体様には、ご予約順に座席の確保をいたします。 座席引換券の指定した席にお座りください。 ご入場予定時刻には必ずお集まりください。 お集まり頂けない場合は、お席の確保ができかねる場合もございます。 公演内容は都合により一部変更する場合がございますのでご了承ください。 ご予約の受付は、6ヶ月前の同日からです。 6ヶ月前の同日がない場合は、翌月1日から受付• 観劇予約日の3週間前から、キャンセル料10%が発生します。 その後の人員変更 減員の場合のみ は、予約人数の20% 小数点切り上げ までは無料、それ以上は全額買取りとなります。 最終締め切りは予約日の1週間前とし、それ以上は全額買取りとなります。 その他• 食べ物とアルコール類の持込および飲酒してのご入場はご遠慮願います。 大型バス駐車場に関しては下記駐車場をご使用ください。 長堀バス駐車場 TEL 06-6537-6100/FAX 06-6537-6101 なんばパークス駐車場 TEL 06-6636-8215/FAX 06-6636-8215 団体ご予約のお問い合わせ 松竹芸能株式会社 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座 団体予約担当 〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-20 TEL 06-7898-9011/FAX 06-7898-9015.

次の