白血球 数 基準 値。 【白血球の正常値について】 多くても少なくても病気になるって本当? Doctors Me(ドクターズミー)

血液検査・検査項目の見方と基準値

白血球 数 基準 値

白血球の種類 [ ] 内には顆粒球・リンパ球・単球があり、顆粒球はによるのされ方の違いによって、、の3つにされる。 したがって内の白血球は通常、 ・ ・ ・ ・ の5種類とされる。 には作用を持つ顆粒が存在する。 組織内には単球の分化が進み組織ごとに適応し、異物の呑食・不要になった体細胞の処理、体液性免疫細胞への、の放出などさまざまな役割を果たすマクロファージが存在する。 しかし内の白血球数は個人差が大きく、また一個人内でも短時間で変動する。 などがあると、基準値より増加、減少する。 好中球 [ ] 好中球(中央紫色の核を持つ物体)の写真。 中央に一個ある好中球以外の血球は赤血球である。 細菌や真菌などの感染には好中球が最初に集結し、かつ主に好中球が対処するが、好中球は体液性免疫細胞への抗原提示は行わない。 好中球が処理し切れなかった細菌などの異物をマクロファージなどが貪食し、抗原提示を行い、体液性免疫を獲得する。 怪我などをした後に傷口から発生する膿は、細菌との戦いで死んだ好中球の死体を主としている。 形状 [ ] 無色半透明のおおむね球状であるが、偽足を出し、盛んに様運動をするので、形は定まっていない。 標準の血液細胞染色であるで中性色素に染まる殺菌性特殊顆粒を持ち、成熟すると核が分かれる(分葉)ので多核白血球といわれることもある。 最終完成形の好中球は分葉核球と呼ばれ、核は分かれるが、核の間は核糸で繋がっている。 分葉核球になる前には核が大きく曲がった様の桿状である段階がある(桿状核球)。 殺菌性顆粒はの一種であり、(内網装置)で作られる。 アルコール固定・染色されたの顕微鏡像 数量・寿命 [ ] 内には1マイクロリットル当たり2000から7500個程度の好中球が含まれ 、成人の末梢血内には概ね10の10乗個のオーダー(桁)の好中球が存在する。 体重50kgの場合でおおよそ80億個から300億個程度の数量である。 しかしながら好中球は血管壁や組織、・などにも末梢血内に匹敵する量の好中球が辺縁プールとして存在する。 さらに骨髄には末梢血内の10から30倍もの量の貯留プールが存在し、生体内すべてでは10の11乗のオーダー、数千億個の桁の好中球が存在する。 大きな貯留プールがあるため、細菌感染時などには貯留プール内の好中球が動員され、末梢血内の好中球数は速やかに増加する。 また、食事や運動、ストレスなどのわずかな体の変化でも、その血流量の変化によって血管壁に滞留などで辺縁プールに存在していた好中球が末梢血内に移動するので、好中球数は変化しやすい。 細菌感染時には、炎症性のサイトカインの働きで内での生産も亢進される。 感染がない時でも、一部の好中球は血管から組織内に移動し存在する。 血液内での好中球の寿命は1日以内、概ね10時間程とされる。 組織内では数日である。 好中球は骨髄内で生産されるが、1日当たり10の11乗個(1000億個)程度作られる。 好中球の生体防御のしくみ [ ] 生体に細菌などが感染すると、好中球は感染した炎症部位に遊走して集まり、細菌を貪食殺菌する。 遊走 [ ] 走査型電子顕微鏡写真。 好中球(黄色)が 炭疽菌(オレンジ)を貪食しているところ。 なお、色は見やすくするために画像処理時に着色したもので、実際の色ではない。 や類が侵入した組織では、組織内のやがただちに反応し、(IL-1)などのを放出し、それらのサイトカインにより、組織内の細胞は炎症性変化を起こす。 また、それ以外の過程を含め、炎症性変化を起こした組織は(IL-8)を代表とする多種類の(サイトカイン)や、その他の多種類の好中球遊走刺激因子を放出する。 それらの刺激因子や細菌自身が産出する物質、活性化された補体を表面のレセプターで感じ取った好中球は遊走運動を活発化させる。 好中球は表面に多数あるレセプターで刺激因子の濃度の濃い薄いを感じ取り、因子の濃度の濃い方向に遊走し、感染巣に集結する。 多くの場合、感染巣は血管外であり、好中球は血管壁を通過しなければならない。 炎症箇所に近い毛細血管壁で好中球は血管上皮に粘着し、血管上皮細胞と好中球それぞれが各種因子によって変化を起こし、好中球は血管上皮細胞の間をすり抜ける。 血管外に出た好中球は組織内を遊走し、感染巣に到達する。 炎症組織からの遊走刺激因子により、骨髄内の貯留プールなどに存在する好中球も刺激を受け、遊走運動を開始し、また骨髄では好中球の生産が亢進される。 それらによって、細菌類の感染には大量の好中球が動員されることになる。 このように炎症によって生じる白血球遊走刺激因子(ロイコエグレシン、ロイコカイン、リンフォカイン、細菌毒素、補体の分解産物)によって移動する性質を chemotaxis という。 貪食・殺菌 [ ] 感染巣に到達した好中球は、細菌類への接触から貪食を行い、飲み込んだ細菌類を殺菌する。 好中球は細菌類に接触すると表面のレセプターを介して異物と認識し、接着結合する。 結合した異物を好中球形質膜がこれを包むようにして、好中球内に取り込む。 好中球内に取り込まれた細菌類は、3つの手段で殺菌される。 一つは、酸素系の働きでや、を発生させて殺菌する。 もう一つは、顆粒から放出されるなどで殺菌する。 さらに近年NETs neutrophil extracellular traps と呼ばれるの網を形成して微生物をとらえることが知られている。 細菌を飲み込んだ好中球はやがて死亡し、死体は膿になって体外に放出されるか、組織内のマクロファージなどにより処理される。 生体防御の過程について、より詳しくは項目を参照のこと。 骨髄の顕微鏡写真。 アルコール固定後ギムザ染色。 左上に分葉核球が2つ、左下に桿状核球が2つ、中央の大きな細胞が前骨髄球、前骨髄球の周りの4つが骨髄球および後骨髄球である。 造血幹細胞から分裂し分化し始めた細胞は盛んに分裂し数を増やしながら少しずつ分化の方向を進めていく。 幹細胞から前駆細胞、骨髄芽球の段階までは、顕微鏡による形態学的観察では最終的に好中球などの顆粒球系に分化する細胞であるか識別は困難であるが、骨髄芽球の段階からは顆粒が生じ始め、顆粒球系の細胞と形態学的にも判断できるようになる。 前骨髄球の段階になると、好中球への分化傾向が明らかになる。 骨髄芽球の段階から一次顆粒(アズール顆粒)が生じ始め、前骨髄球では豊富な一次顆粒(アズール顆粒)を持つようになる。 骨髄球の段階では一次顆粒は見えなくなり(見えないが存在はする)、代わりに二次顆粒(特殊顆粒)が発現する。 さらに三次顆粒など、好中球には各種の殺菌性顆粒が存在するようになる。 顆粒球系と判断できるようになった段階以降も、骨髄芽球で1回、前骨髄球で2回、骨髄球で2回ほどの細胞分裂を起こし、数を増す。 後骨髄球の段階になると、細胞分裂する能力は失われる。 通常時には、骨髄芽球以降の段階でおよそ11日の時間をかけ、成熟する。 骨髄芽球や前骨髄球など幼若な段階では、細胞の核は大きく丸く、核内構造(クロマチン構造)は繊細であるが、分化・成熟が進むほど核は小さくいびつになり、構造は粗くなる。 核が歪んだ形である「桿状核球」と呼ばれる段階になると、完成した好中球と認識されるが、さらに成熟が進み、核の形が複数に分かれた分葉核球となる。 分葉核球が好中球の分化の最終成熟段階となる。 に見られる好中球の大多数は分葉核球であるが、炎症時など好中球の大量の動員が必要な時などには桿状核球の割合が増える。 白血球の核形の左方推移 [ ] は、正常な状態では中に分葉核球(2〜3葉が多い)が多く認められる。 等の場合、免疫応答による好中球増加が見られるが、その初期の段階では桿状核球が増加し、さらに幼若なやが末梢血に出現することがある。 性や、による抑制などによるからの回復期にも同様のことが起きる。 このようなの増加を、核の左方推移と呼ぶ。 好中球を急速に動員しなければならない事態のために、最終成熟形態でない好中球も動員されるためと思われる。 上記はや「造血の立ち上がり」に見られる一過性の左方推移の例であるが、やなどの場合は骨髄球-顆粒球系細胞の分化成熟能力自体にを生じているため、左方推移状態が持続する。 なお、逆に分葉核球の比率が増えた状態=右方推移は、などのときに起こる。 (免疫グロブリン)などを使ってあらゆる異物に対して攻撃するが、特になどの小さな異物や腫瘍細胞に対しては、顆粒球ではなくリンパ球が中心となって対応する。 、(Bリンパ球)、(Tリンパ球)などの種類がある。 、抗体産生に携わるのはB細胞とそれをサポートするヘルパーT細胞で、腫瘍細胞やウイルス感染細胞の破壊などに携わるのはキラーT細胞やNK細胞である。 寿命は数日から数箇月、時には年単位である。 骨髄で未熟な状態で産出された後、(T細胞)やなど(B細胞)で成熟し、さらにはに移動し、そこでも増生・成熟が行われるなど、複雑な経過をたどる。 単核白血球ともいう。 単球は、に対する免疫の開始に重要であり、様運動を行って移動することができ、などの異物を細胞内に取り込み、細胞内を使ってする。 断片化した異物を、もともと細胞質内に持っていたと結合させ、細胞に提示し、これをヘルパーT細胞が認識する。 こうして免疫反応が開始される。 また単球は外のやに遊走し、そこで組織固有の(大食細胞)、、に分化する。 あるいは、単球とは血管内に存在しているマクロファージ/樹状細胞と考えることもできる。 寿命は血液中では1日以下から数日、組織中では数日から数か月、時には数年である。 寄生虫や虫卵を傷害する• ヘルパーT細胞:Bリンパ球に働きかけてに分化させ、抗体(免疫グロブリン)産出をさせる。 サプレッサーT細胞:Bリンパ球の免疫グロブリン産生を抑制する。 キラーT細胞:腫瘍細胞・ウイルス感染細胞を傷害する。 ナチュラルキラー細胞:腫瘍細胞・ウイルス感染細胞を傷害する。 好中球の異物貪食動画像 [ ] 好中球がカンジダ菌(緑色)およびコウジカビの胞子を貪食している様子。 Neutrophils display highly directional amoeboid motility in infected footpad and phalanges. Intravital imaging was performed in the footpad path of LysM-eGFP mice 20 min after infection with LM. 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ]• 監修『臨床検査データブック 2003-2004』(医学書院、2003)、 p. 307• 『臨床検査データブック 2003-2004』p. 307• Brinkmann V, et al. Neutrophil extracellular traps kill bacteria. Science 2004: 303; 1532-1535. Zawrotniak M, et al. Neutrophil extracellular traps NETs -frmation and implications. Acta Biochim Pol 2013: 60; 277-284. 小川『内科学書』p. 参考文献 [ ]• 笹月 健彦 監訳『免疫生物学 原書第5版』南江堂 2003年• 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、• 小川聡 総編集 『内科学書』Vol. 6 改訂第7版、中山書店、2009年、• 小川 哲平、大島 年照、浅野 茂隆編著、『血液学』、中外医学社、1991年• 日本検査血液学会 編集『スタンダード検査血液学』初版、医歯薬出版、2003年、 関連項目 [ ]• - 白血球数算定用染色液•

次の

白血球数が多い4つの原因と病気!ストレスのせいかも?

白血球 数 基準 値

また、白血球には以下のような種類と働きがあります。 リンパ球・・・異物を見つけ、攻撃・破壊して病気を防ぐ• 好塩基球・・・ヒスタミンやヘパリンなどの物質を放出し、外敵を防ぐ• 好酸球・・・刺激に過敏に反応する• 好中球・・・抗体が包み込んだ異物を細胞内に取り込み退治する• 単球(マクロファージ)・・・最近などの異物を食べ、その特徴をリンパ球に伝える 白血球数(WBC)を検査する理由は? 白血球は、細菌などの外敵が入ってきた場合、それと戦って身体を守ってくれます。 そのため、体の中に細菌が侵入し、炎症を起こしたりすると、血液中の白血球は増加し、それらを抑える働きがあります。 その様な働きから、 その増減は健康度チェックの1つの目安として役立ちます。 その場合、白血球は多すぎても、少なすぎても良くありません。 正常値であるかどうかを見極めるのが検査の目的です。 関連記事) 白血球数 WBC の正常値と異常値は? それぞれに分けてご説明します。 多い場合• 扁桃腺炎• 膀胱炎• 敗血症• 慢性骨髄性白血病• 歯茎の炎症 などが考えられます。 少ない場合• 肝硬変• 急性白血病• 全身性エリテマトーデス などが考えられます。 関連記事) 白血球数(WBC)の検査で注意すべき点は? 白血球数は、 生理的な影響を受けやすく、• 朝と夜• 妊娠中• 激しい運動後(肉体労働)• 入浴後 などにも数値に変動が見られます。 検査を受けるときは、医師の指示を良く守り、 正常な生理状態で受けるように心掛けましょう。 参考文献:今日の臨床結果2011 2012P54〜56 参考文献:検査結果なんでも早わかり事典P194・195 参考文献:最新 病気の検査がよくわかる医学百科P68・69 参考文献:改訂新版 検査と数値を知る事典P180 最後に この検査で 異常値を示した時には、さらなる血液検査• 血液像• 血小板数• CRP• シアル酸などの炎症マーカーの測定 などが必要となります。 再検査の結果、基準値の範囲内で、他の検査でも異常が確認されなければ生理的原因が考えられるため、心配の必要はありません。 また、 薬剤の副作用により白血球が減少することもあり、その場合は服用している薬剤を止める必要があります。 カテゴリー• 141• 103•

次の

子どもの白血球:大人と比べて高い?どれぐらい異常値だと気にすべきか?|ましゅまろブログ

白血球 数 基準 値

wbc(白血球)、血液検査での正常な値とは?! 白血球は、私たちの体の、免疫に大きく関わっています。 ウイルスや菌などの異物が、体の中に入ってきたときに、それらをやっつける役割があるんです。 と、ここまでは知っている人が多いでしょう。 「体に害になる異物をやっつけてくれるなら、白血球がいっぱいあったら安心なんじゃ?」 と思ったあなた!ちょっと待ってください。 先ほど言った通り、白血球は多すぎても少なすぎてもダメなんです。 しかし、どこか怪我していたり、薬を服用したりしていると、数値が簡単に変化してしまうので、再検査になることはよくあるようです。 ただし、検査日の当日の体調等によって、値は異常値を示したりするので、一概に「範囲外だから病気だ…」とはならないのでご安心を! 白血球の増加・減少、どうして気にするべきなの?! 上記では、白血球の数値について、紹介しました。 そもそも、どうして白血球の数値の増減が、医師に「多いです、少ないです」と指摘されるのでしょう。 それは、白血球が、私たちも気にしておくべき、重要な役割のあるものだからなんですよ! 白血球の種類 一口に、白血球といっても、本当は5種類に分かれるんです。 さらに、死んでしまった好中球の処理もできる白血球の一種です。 単球は血管の外に出て組織マクロファージという物質に変わり、細菌や要らなくなった細胞を食べてしまいます。 アレルギー症状を抑える働きをします。 白血球の数が異常になると、どうなる…?! ここまで、白血球の5種類について、紹介しました。 この白血球が少なくなってしまったら、私たちの体はどうなってしまうのでしょうか? 減ってしまうと、感染症を起こしやすく… 白血球の数が、極端に減ってしまったら…。 どんな細菌やウイルスが入ってきても、貪食(食べてしまうこと)されることがありませんよね。 そして、体内でアレルギーを起こして、 「危険なものが入ってきましたよ!」 と知らせるものがなくなってしまいます。 こうなると、どんな病気も症状が進行するまで気づくことがなく、命に関わる事態になりかねないんです! 免疫異常を起こしやすく… エイズという病気を聞いたことがありますか?日本語で正式にいうと、後天性免疫不全症候群という病気です。 スポンサーリンク この病気になると、リンパ球が異常に減少してしまい、今までのような日常生活は送れなくなってしまいます。 また、接触感染を防ぐために、隔離されることもあり得るんです。 そう、 白血球が減少してしまうと、体が無防備になり、さまざまなウイルスや細菌にさらされることになります。 体内にウイルス等が入ってきてからも、戦うだけの白血球がいなければ、防御するすべがなく、健康な体がむしばまれていきますよね。 医療行為を受けられれば良い方で、ほとんど誰とも接触せず、最悪の場合は死を待つような生活になってしまう可能性だってあるんです。 私たちが、今までもそうだったように人間らしく生きるためには、白血球の防御機能がなければならないのです!だからこそ、値はしっかり気にしておくべきなんです! 血液がもし、白血球数の異常だったら…? 血液検査で白血球の数値にもし異常をきたしていたとしたら…? 重大な病気になっている可能性も、充分に考えられます。 白血球が異常に多い…?! この場合は、以下のような病気にかかっていることが考えられます。 慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう) 白血病という言葉は、きっとみんな聞いたことがありますよね。 この病気は、造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)という、赤血球や白血球、血小板といった血液の成分をつくる細胞が、ガンになってしまう(ガン化といいます)ことで起こります。 他の症状はないにも関わらず、白血球の値が異常に高くなってしまう病気です。 虫垂炎(ちゅうすいえん) 虫垂炎は、盲腸と同じ病気を指します。 盲腸は、小腸と大腸のちょうど境、少し突起になっている部分のことで、その突起を虫垂と言います。 原因ははっきりわかっていませんが、その虫垂が腫れて炎症が起きることで、腹痛が起こるのが虫垂炎、いわゆる盲腸です。 肺炎 肺炎は、細菌に感染して起こるものと、その他の病気が原因で起こるものがあります。 白血球の数が増えるのは、前者・細菌感染が原因の場合です。 体内に侵入してきた細菌をやっつけるために、白血球のひとつである好中球(こうちゅうきゅう)が活発に働き、その数も増えます。 そのため、肺炎になると血液中の白血球が増えるんですね。 その他、妊娠中や何らかの外傷(切り傷、やけど等)ができた場合も、白血球が増えます。 ケガした後に、血液検査の予定があったら、医師や看護師に怪我したことを伝えるようにしましょうね。 白血球が異常に少ない…?! この場合も、以下のような病気の可能性があります。 再生不良性貧血 この病気では、白血球に限らず、赤血球等の他の血液成分も減ってしまいます。 それが原因で、骨髄細胞で血球をつくることができなくなってしまう難病なんです。 発症するのは20代までの若者が多く、発症してしまう可能性は0. ウイルス感染症 体の中に何らかの異物が入ってきた場合は、好中球という白血球の一種が、撃退にあたります。 しかし、ウイルスが入ってきた場合は、好中球では退治することが難しいんです。 そこで、体内ではインターフェロンという物質を分泌させ、感染した細胞ごと退治しようとします。 インターフェロンが分泌されることで、ウイルス退治の立役者、リンパ球が元気になりますが、代わりに骨髄の働きが抑制されてしまい、白血球が少なくなってしまうんです。 白血球が異常に多くても、少なくても、何らかの病気の可能性があり、体にとっては良くないこと、というのがお分かりいただけたでしょうか。 この数値より以上に多い・少ないということがあれば、病院を受診すると良いでしょう。 白血球は、私たちの体をさまざまな感染症から守る役割を持っています。 もし以上に減ってしまうことあれば、私たちの体は何の武器も持たない赤ちゃんのようなもの。 ウイルス等にやられ放題になってしまうんです。 そのような事態を防ぐためにも、検査のたびに白血球の数値を気にかけるようにしましょうね。 参考: カテゴリー•

次の