バーチャルyoutuber 作り方。 【VTuber】バーチャルユーチューバーの作り方・必要機材を調べてみた

バーチャルYoutuberになるには? 作り方/手順/必要なものを完全伝授!

バーチャルyoutuber 作り方

バーチャルユーチューバー(バーチャルYoutuber)とは、動画配信サイトYoutubeで動画を配信している架空のキャラクター。 VTuber ブイチューバー やバーチャルライバーとも呼ばれています。 キャラクターについて大きくわけると、Live2Dを活用した2DイラストCGキャラクターとMMD MikuMikuDance やUnity、Blenderで制作された3DCGキャラクターに分かれています。 カメラ、VR機器 OculusRift・HTC Vive・WindowsMRなど 、各種モーションキャプチャーデバイス Kinectなど を使って配信者の顔の表情や体の動きを取得し、CGキャラクターに反映させることで臨場感あふれる演出や人物表現をしています。 2016年にバーチャルYoutuberキズナアイが登場した後、2017年12月からさまざまなバーチャルYouTuberが登場し、2018年2月現在では400名以上のバーチャルユーチューバーが存在し、2018年3月に1,000名以上、2018年4月には1,500名を超えています。 2018年12月には、6,000名を超えました。 画像引用元:日本テレビ NEWS ZERO 2018年のバーチャルユーチューバーが配信する動画コンテンツはゲーム実況配信が中心となっており、今後どのように発展をしていくか注目を集めています。 バーチャルユーチューバーとしてキャタクターを動かすためには、 キャラのモデルデータが必要になります。 キャラクターのモデルには、アニメイラストのように作る2Dモデル 平面 と、3Dモデルの2つのパターンがあります。 3Dモデルは、一度つくればどのようなカメラアングルからでも撮影ができるので表現力は高いのですが、3Dモデリングの知識や3Dモデラーの協力が必要になります。 2Dモデルは、イラストレーターやデザイナーさんにキャラクターのイメージを伝えて、キャラクターのイラストを作ってもらうことになります。 2Dモデルでは『Live2D』を使うことが多く、3Dモデルでは『Blender』などの3Dモデリングソフトウェアを使うのが一般的です。 また、現在はまだリリースされていませんが、今後はスマートフォンでオリジナルの3DCGキャラクターが作れるアプリも登場してくることでしょう。 年間の動画再生時間が4,000時間以上であること。 Youtubeにどんなに動画投稿をして再生回数が増えたとしても、この2つの壁を乗り越えていなければ、収益化対象にはなりませんから、収入はゼロ円です。 実際に動画配信活動を行なってみればわかりますが、これは、知名度もコンテンツ制作能力も低い、始めたばかりのVTuberにとっては非常に高いハードルであり、ほとんどのVTuberは、収益化の問題を解決することができません。 そのような状況のとき使えるのが、Youtubeではなく、SHOWROOMに代表されるライブ動画配信サービスです。 SHOWROOMなどのライブ動画配信サービスであれば、アカウント開設後、すぐにギフティングという形でリスナーや視聴者さんから、有料ギフトを頂けるようになります。 有料ギフトの一定割合が配信者さんに直接振り込まれるので、始めたばかりのVTuberさんでも収益化の機会を得ることができるわけです。 もちろん、有料ギフトを頂くというのは簡単なことではありません。 Youtubeへの動画投稿とは、視聴者さんが求めているものはまったく違いますので、配信者さんによってはさまざまな改善が必要になってきます。 詳しくはにも書いてありますので、ご覧になってみて下さい。

次の

VTuberのなり方は?正解は、「制作支援ツール・ソフトを使う」

バーチャルyoutuber 作り方

バーチャルYouTuberの作り方(やり方)でスマホにもメリットがあります。 スマホのメリットは、• 普段使っているスマホなので、操作が簡単でハードルが低い• スマホにアプリを入れるだけで動画作成できる• PCがない人(苦手な人)でもできる この3つの点がスマホのメリットです。 できることが限られている分、操作も簡単で、手軽に動画作成ができるので、ハードルが低くチャレンジしやすいのが特徴です。 本気で、バーチャルYouTuberを目指すなら、PCをオススメします。 ソフトも豊富で、表現豊かな架空のキャラクターを作成できます。 遊び半分(お試し)であればスマホでも十分ですが、いずれはPCで動画作成をすることも視野に入れておきましょう。 バーチャルYouTuberを作成するには、モデル(架空キャラクター)を用意する必要があります。 モデル(架空キャラクター)には 「既存モデル(架空キャラクター)」と「オリジナルモデル(架空キャラクター)」があります。 どちらのモデル(架空キャラクター)を利用するかで、費用も変わってきます。 「既存モデル(架空キャラクター)」でもある程度のオリジナリティを出せます。 顔や服装、アクセサリーなどカスタマイズできるので、費用と手間を考えると「既存モデル(架空キャラクター)」でも十分だと言えます。 しかし、「オリジナルモデル(架空キャラクター)」の場合は、2Dモデル、3Dモデルともに時間も費用も発生します。 特に3Dモデルは素人では作れないので、勉強して知識を蓄えるか、外注で作ってもらうかしかありません。 PCの場合、モデルの動かし方は大きく分けて3つです。 Webカメラ• モーションキャプチャーデバイス です。 費用的にはWebカメラがいいですが、全身を撮影できないので、全身をトラッキングするにはある程度機材が必要です。 顔の表情や、頭の動きをトラッキングする程度であれば、Webカメラでも十分です。 配信内容(チャンネル)によりますが、ゲーム配信であれば、表情のトラッキングが良くて、価格も安いWebカメラがおすすめです。 しかし、ダンスなどの全身を使ってトラッキングさせたい配信(チャンネル)であらば、WebカメラよりVRやモーションキャプチャーデバイスの方がおすすめです。

次の

オリジナルイラストを使った2次元バーチャルYoutuberのやり方(Facerig+Live2D)

バーチャルyoutuber 作り方

バーチャルユーチューバー(バーチャルYoutuber)とは、動画配信サイトYoutubeで動画を配信している架空のキャラクター。 VTuber ブイチューバー やバーチャルライバーとも呼ばれています。 キャラクターについて大きくわけると、Live2Dを活用した2DイラストCGキャラクターとMMD MikuMikuDance やUnity、Blenderで制作された3DCGキャラクターに分かれています。 カメラ、VR機器 OculusRift・HTC Vive・WindowsMRなど 、各種モーションキャプチャーデバイス Kinectなど を使って配信者の顔の表情や体の動きを取得し、CGキャラクターに反映させることで臨場感あふれる演出や人物表現をしています。 2016年にバーチャルYoutuberキズナアイが登場した後、2017年12月からさまざまなバーチャルYouTuberが登場し、2018年2月現在では400名以上のバーチャルユーチューバーが存在し、2018年3月に1,000名以上、2018年4月には1,500名を超えています。 2018年12月には、6,000名を超えました。 画像引用元:日本テレビ NEWS ZERO 2018年のバーチャルユーチューバーが配信する動画コンテンツはゲーム実況配信が中心となっており、今後どのように発展をしていくか注目を集めています。 バーチャルユーチューバーとしてキャタクターを動かすためには、 キャラのモデルデータが必要になります。 キャラクターのモデルには、アニメイラストのように作る2Dモデル 平面 と、3Dモデルの2つのパターンがあります。 3Dモデルは、一度つくればどのようなカメラアングルからでも撮影ができるので表現力は高いのですが、3Dモデリングの知識や3Dモデラーの協力が必要になります。 2Dモデルは、イラストレーターやデザイナーさんにキャラクターのイメージを伝えて、キャラクターのイラストを作ってもらうことになります。 2Dモデルでは『Live2D』を使うことが多く、3Dモデルでは『Blender』などの3Dモデリングソフトウェアを使うのが一般的です。 また、現在はまだリリースされていませんが、今後はスマートフォンでオリジナルの3DCGキャラクターが作れるアプリも登場してくることでしょう。 年間の動画再生時間が4,000時間以上であること。 Youtubeにどんなに動画投稿をして再生回数が増えたとしても、この2つの壁を乗り越えていなければ、収益化対象にはなりませんから、収入はゼロ円です。 実際に動画配信活動を行なってみればわかりますが、これは、知名度もコンテンツ制作能力も低い、始めたばかりのVTuberにとっては非常に高いハードルであり、ほとんどのVTuberは、収益化の問題を解決することができません。 そのような状況のとき使えるのが、Youtubeではなく、SHOWROOMに代表されるライブ動画配信サービスです。 SHOWROOMなどのライブ動画配信サービスであれば、アカウント開設後、すぐにギフティングという形でリスナーや視聴者さんから、有料ギフトを頂けるようになります。 有料ギフトの一定割合が配信者さんに直接振り込まれるので、始めたばかりのVTuberさんでも収益化の機会を得ることができるわけです。 もちろん、有料ギフトを頂くというのは簡単なことではありません。 Youtubeへの動画投稿とは、視聴者さんが求めているものはまったく違いますので、配信者さんによってはさまざまな改善が必要になってきます。 詳しくはにも書いてありますので、ご覧になってみて下さい。

次の