シャドバ 密林エルフ。 【シャドバ】密林アクセラレートエルフのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

【シャドウバース】アクセラレート異形エルフのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ 密林エルフ

自分の手札の「 ユニオンバーストを持つフォロワー」すべての ユニオンバーストを-2する。 まさかのプリコネ主人公が登場です! ファンファーレ もちのキャラを確定サーチできる優秀な能力。 ゼウスをサーチできるのは面白いですよね。 おまけにニュートラルなので、 どのクラスにも編成できるのが魅力的ですね。 メイシアがスタン落ちしても3コス手札補充枠に困らないね…寂しいけど…。 相手のリーダーを攻撃不能。 Xは「このバトル中に破壊されたコスト1以下の自分のカードの数」である。 Xが5以上なら、進化する。 注目すべき能力は、 ファンファーレ効果で間違いありません! 特に注意すべき点は「自分のカード」という文面ですね。 つまり 、フォロワー以外(例えばナテラの大樹)などでもカウントが進むということです。 進化もできることから 自然進化エルフなどのデッキに組み込みが可能そうにみえますね。 ただし、同じ進化軸なら Tier1筆頭であろう進化ロイヤルに劣ってしまいそうで、現時点では活躍が難しそうです。 ゼウスの守護貫通で無視されてしまう可能性もありますね。 密林エルフ関係のカード 「プラントエルフ」の追加が決定いたしました! 2コスファンファーレで密林の守人を確保できる 非常に使いやすいカードですね。 荒野の案内人に相討ちされない! なんといっても注目すべきは進化時効果でしょう! 密林の守人の召喚カウントを 稼いでいる間の隙を大幅に減らしてくれます。 3回以上:さらに、自分のPPを3回復。 5回以上:さらに、自分のリーダーを5回復。 7回以上:さらに、カードを自分の手札が7枚になるまで引く。 貴族の舞踏(評価A) カード 効果 貴族の舞踏 【スペル】 コスト1のロイヤル・フォロワーとコスト2のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。 エンハンス 8:さらに、コスト3のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。 この能力で出たフォロワーすべてを進化させる。 (それらの進化時能力は働かない) コスト1とコスト2のフォロワーをデッキから直接場に出せるというの能力は、非常に強力です。 きっちり3コスト分の動きをしてくれながら、 デッキ圧縮が行えるので、デッキの回転率が格段に高くなります。 手札を1枚しか減らさず2枚のカードを場に出せるというのもポイントで、ドローソースが不足気味な現状にとてもマッチしています。 「思わぬ躓き」よりも使いやすいという印象ですね。 少し3コス枠が窮屈かもしれませんが… ウィッチ 禁約の黒魔術士(評価B カード 効果 禁約の黒魔術士 【結晶1】土の印• このアミュレットが場にいる限り、自分のリーダーへの 5以上のダメージは4になる。 自分のターン終了時、 カードを1枚引く。 自分のターン開始時、土の秘術: このアミュレットより先に場にでた土の印・アミュレットを破壊した場合、自分のリーダーを1回復。 Xは「このバトル中に破壊された土の印・アミュレットの数」である。 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「このフォロワーの攻撃力」と同じダメージを与える。 そのため、秘術系のカードはクラークぐらいしか採用されていません。 荒野の案内人をコピーするとナテラの大樹が設置されてしまう。 即席でデッキを考えてみました。 どんどん バーンダメージを与えていく秘術系デッキらしいコンセプトとなっております! クオンに対抗するべく、序盤から顔面を詰めていくプランが有力です。 秘術デッキがどうなるのか。 非常に難しいところです。 覚醒後にPPの最大値が下がってしまうので、使用しづらい状況が生まれる可能性がある。 氷上の竜戦士やバイロンを編成した、 速度がある自然ドラゴンと相性が良さそうなカードです! 潜伏と疾走がアンバランスで気になるかもしれません。 能力は0ダメージを受けたときにも発動する。 能力によって体力が0になったときに破壊される。 ドラゴンクラスの追加ゴールド枠は「レアメタルドラゴン」でした! う~ん、どうでしょう。 現状ですと、やはり4ターン目の動きとしては 「ヴァイディ」が強いですよね。 先攻あるいは引けていない場合でも、 ヴァイディを引きにいく「ナテラの大樹系回し」になっていきます。 他の4コスト枠としては 「イアン」が採用率として高いカードです。 個人的には 「 イアン」の方が汎用性があり、強力といった印象を持ちます。 今後の活躍に期待だな。 ネクロマンサー レヴナントソウル・アーカス(評価A) カード 効果 RS・アーカス 【結晶3】カウントダウン:10• これは能力によって破壊されず、消滅しない。 ( カウントダウンによっては破壊される)• 自分のフォロワーが進化するたび、ゴースト1体を出し、この カウントダウンを2進める。 ラストワード:レヴナントソウル・アーカス1体を出す。 これは能力によって破壊されず、消滅しない。 (攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)• Xは「この自分のターン数」である。 まさかのアーカスが帰ってきました! 非常にユニークな能力をしており、ネクロマンサーがますます面白くなりそうです! <レヴナントソウル・アーカスの強い点>• 破壊も消滅も効かない• ターン終了時にステータスが強化(完全回復保証付き) 破壊も消滅も効かないため、 相手はフォロワーによる攻撃でしかRSアーカスをとる手段がありません。 そして、ターン終了時にアーカスのステータスは 「変化」するため、取り逃すとどんどん強力になっていきます! 変化というのがポイントで、 ターン終了時に場にさえ残ればたとえ体力が1でも、体力が元通り以上になります。 「ソウルテイカー・ララ」との相性もよく、破壊効果を無効化できるので、百鬼夜行やギルト、死へ知る者で直接墓地へ送り、0コスト破壊無効化アーカスを抱えておけます。 現状の妖怪ネクロですと、百鬼夜行と組み合わせるのが現実的ですね! 手札に抱えておくことで、ギンセツの横展開の邪魔にならないのがポイントです。 ラストワード:自分のリーダーをX回復。 Xは「このフォロワーの攻撃力の値」である。 相手のフォロワー1体を破壊する。 2コストカードということで、使いやすい印象を持ちます! ラストワードの2回復は優秀で、 序盤では実質守護の役割を果たしてくれるでしょう。 「永遠の誓い」後にも活躍しそうです。 コストが1重いとはいえ、エンハンス能力は 「雪女」と役割が被ってしまいます。 しかしながら、 守護持ちというのはかなり貴重です。 スカルクレインよりも後半でも使いやすいという意味で、採用される可能性は十分にあるでしょう! ギンセツが引けていない場合でも、このカードで粘るといった動きも見込めます! エンハンス進化後は7点回復! ヴァンパイア 永久領土のベヒーモス(評価S) カード 効果 永久領土のベヒーモス 【結晶2】カウントダウン:2 ファンファーレ カードを2枚引く。 ラストワード 自分のリーダーに2ダメージ。 「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」が7回以上なら、5ダメージではなく10ダメージ。 結晶能力も 2枚ドロー&自傷とかなり優秀で、悪夢の始まりや血の取引なども合わせるとかなりドローが安定しそうです。 前者に「後者の攻撃力の値」と同じダメージを与え、後者に「前者の攻撃力の値」と同じダメージを与える。 「魅惑の教鞭・イオ」には、ヴァンパイアクラスを救うパワーが秘められています! 序盤・中盤・終盤のどこでも活躍できる優秀なフォロワーです。 <終盤の使い方>• ユニオンバースト効果で、大型フォロワーを除去!• ただ、6コストの枠としては ウィルバートやシヴァのリーダー付与系のフォロワーが優先されそうです。 何か面白い使い方があれば、更新しますね! 崇拝の実現(評価C) カード 効果 崇拝の実現 【アミュレット】 自分のアミュレット1つを選択して、それと同名のアミュレット4つを場に出す。 ローテーション環境において、現実的な使い方はなかなか見出せません。 ビショップのレジェンドカードの追加カード情報によっては、面白くなるかもしれませんね! 非常に面白そうな効果をもっているので、今後に期待です。 ネメシス ヴァーテクスコロニー(評価B) カード 効果 ヴァーテクスコロニー 【結晶2】カウントダウン:2 自分のターン終了時、防御型ゴーレム、攻撃型ゴーレムの中から、この能力で加えていないフォロワーをランダムに1枚、手札に加える。 Xは「このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードの名前の種類」である。 コントロールネメシス (PPネメシス)と相性の良いカードです! 2コストと使いやすく、ファンファーレ効果もかなり優秀。 1枚ドロー• 1PP回復• 当面は、 進化ロイヤルをメタれるような編成がベストかもしれません。

次の

「しろくさ式密林エルフ」は環境にコミットする[シャドバ/シャドウバース/shadowverse]

シャドバ 密林エルフ

今日も学校が無くて暇を持て余してるくいなです。 今回は一日で10000BP稼いだ密林エルフに関しての記事 ? です。 10,000ってそこまですごくないんですけどね… まず初めにデッキリストから 僕の使ってるリストが画像の通りになります。 各採用理由、カードの効果をひたすら書いていきます。 ファンファーレ:場に出た時に発動する効果 ラストワード :破壊された時に発動する効果 バウンス :場のカードを手札に戻すこと 直接召喚 :特定の条件を達成すると山札から場に出てくる効果 ユニオンバースト:自分のターン数に応じて効果が加わる、進化をするとユニオンバースト10から9に数値が変わる。 ファンファーレで4回以上カードをプレイしていたらランダムに4点飛ばせるという1コスのフォロワーにしては破格の性能を持っています。 密林の守人が場に出せないと始まらないデッキなので文句無しの採用です。 あとはオムニスや対空射撃、自然の導きなどの手札に戻す効果の対象にもなります。 ・自然の導き 自分の場のカードを手札に戻して1枚ドローするカード。 守人に使って条件達成する為に使ったり、終盤ではコッコロやプリリノのユニオンバーストの効果を使い回す為に使ったりします。 ・対空射撃 自分の場のカードを手札に戻し、相手のフォロワーに3点与える効果。 先程の自然の導きと同じような使い方をします。 ・クロスコンビネーション 相手のフォロワーに2点与える効果と追加効果でカードを2枚そのターンで使っていたなら密林の守人を手札に加える効果。 このスペルは序盤の低コストフォロワーを殴り返しされない用に使ったり、終盤の盤面処理などに使います。 ロイヤル対面ですと先1カゲミツを出してくる人がたまにいるのでマリガンでは積極的に狙っていきたいです。 目標は6. 密林サポート共通効果で盤面処理の用途。 ユニオンバースト UB は進化していくことで数値が減っていきますが基本的にはUB7〜8が数値だと思います。 進化時「密林の守人が出る度、相手のフォロワーに1点飛ばす効果をリーダー付与」 進化権は必ずこのカードに使う、このカードは使ってたらわかりますが化け物です。 ファンファーレで密林の守人サポートカード共通効果でこのカードは疾走を持ちます。 場に出たカードを手札に戻して再利用と盤面処理ができるカード。 これが密林デッキのフィニッシャーです、序盤に手札にあっても自分の効果で山札に戻すことができるので強いです。 また構築を貼り直します。 次はマリガンについて解説します、 密林の守人を手札に加えて場に出したいのでマリガンは密林の守人を手札に加えるカードは全キープでプラントエルフは確定でキープ、 対面にもよりますが相手がヴァンプだったりアマツだとプライマルギガントをキープします。 マナカーブを意識してマリガンするのもいいかもしれません、リマーガは戻してもいいと思います。 回し方、先程から言っていますが密林の守人を3回以上プレイすることが前提なので頑張りましょう。 隙あればアグロプランを用意します。 後々日本語が適当になっていましたが許してください… ここまで見てくれてありがとうございました、もっと書きたいこと色々あるのでわかってきたことがあったらまた追記します。

次の

【シャドウバース】密林エルフのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ 密林エルフ

かなり久しぶりの投稿になりました。 しろくさです。 デッキ研究と動画投稿をしていました 今回はしろくさが出した結論である密林エルフの構築について書いていきます。 「密林エルフを使いたい方」 「強い密林エルフを回したい方」 などにおすすめです。 6枚以上なら、さらに 守護 を持つ。 進化後 効果なし 密林の守人というフォロワーがキーカードになります。 使えば使うほど 密林の守人の性能が上がっていくので、できる限り密林の守人をプレイする必要があります。 そのため 密林の守人を手札に加える効果を持つカードが多く採用されています。 また 密林の守人の性能はそれだけではありません。 密林の守人を6枚以上プレイしすると、 次の自分のターンに フォレストエース・リマーガが直接召喚されます。 進化前 レート 1; 密林の守人1枚を手札に加える。 コスト7の レート を持たないフォレストエース・リマーガ1枚をデッキに加える。 ---------- 直接召喚 自分のターン開始時、自分がこのバトル中にプレイした密林の守人が6枚以上なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。 疾走 進化後 疾走 フォレストエース・リマーガの直接召喚とともに 相手の体力を削り切るのがこのデッキの勝ち方です。 簡単に「しろくさ式密林エルフ」の特徴 密林エルフは 手札が枯渇しやすいという弱点がありました。 しかし 自然の導きや 豊穣の季節などを採用することによって手札が枯渇してしまうという問題点を解決しました。 キーカード 自然の導き 自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。 カードを1枚引く。 構築する人によって 採用枚数が異なってくるカードで、不採用の構築もあります。 ですが 密林エルフには 必須級のカードであると私は考えています。 理由としては2つあり、まず単純に ドロソです。 手札を一枚補充するので、 手札を消費することなくプレイすることが可能です。 そして 密林の守人を使いまわすことが可能です。 対空射撃もそうですが、バウンスカードは 実質 密林の守人と思ってください。 そのように考えると、密林の守人の採用が対空射撃を含めて 6枚増やすことができています。 たまに 密林の守人がほとんど引けないという事故もあるので、そのような場合も含めての対策になります。 豊穣の季節 カードを2枚引く。 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、2枚ではなく3枚引く。 デッキには1枚採用になります。 豊穣の季節の使用タイミングについて このカードは 序盤に使用するカードではありません。 基本的には フォレストエース・リマーガが直接召喚した以降のターンに使用します。 できる限り手札切れの対策をしていますが、中盤以降どうしても手札が切れてしまう場合があります。 その場合に 豊穣の季節をプレイし、 手札を増やすという役割を持たせています。 採用されていないカードについて 豊穣の闘志・アイリーネ 進化前 ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを4枚以上プレイしていたなら、 進化する。 進化後 守護 このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。 攻撃時 ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。 アイリーネを使用するのであれば、密林の守人のプレイを優先したほうがいいということで採用を見送りました。 除去としてはもちろん優秀なんですが、進化権が切れたりすると途端に価値がなくなってしまいます。 またプレイ枚数の条件も密林エルフには達成が厳しいです。 プライマルギガント 進化前 レート 1; 自分のリーダーを4回復。 ---------- 守護 ファンファーレ とこのフォロワーが場を離れるとき、それぞれコストの異なる「このバトル中に破壊された自分のエルフ・フォロワー(プライマルギガントを除く)」と同名のフォロワーをランダムに1枚ずつ、場が上限枚数になるまで出す。 (変身した場合を除く) 進化後 守護 このフォロワーが場を離れるとき、それぞれコストの異なる「このバトル中に破壊された自分のエルフ・フォロワー(プライマルギガントを除く)」と同名のフォロワーをランダムに1枚ずつ、場が上限枚数になるまで出す。 (変身した場合を除く) 今回採用はされていませんが採用するのも十分ありだと思います。 個人的には4回復できても 盤面が解決できなければ結局意味がないだろうということで抜いています。 しかし ウィッチなどは 簡単に盤面を除去してしまうので、そこまで強い動きにならないだろうという理由で不採用にしています。 ですが採用は十分にありだと思います。 愛の奇跡 ・優しき森の美女 ・怒れる森の野獣 チョイス したカード1体を出す。 エンハンス 6; チョイス ではなく、1枚ずつを出す。 終盤に強いので1~2枚採用はありだと思います。 ですが打点は オムニスで足りるだろうということで不採用です。 3コストでプレイするのであれば 密林の守人を優先してプレイしたほうがいいです。 疾走札を増やしたい場合は採用を検討してみてください。 最後に 遅れましたが新年あけましておめでとうございます。 今年一年の抱負といたしまして、「私も楽しくみんなも楽しく」です。 私のブログやを制作するときは私も楽しんで作り、また見てくださる方にも楽しんでみていただくよう努力していきますので、どうか今年もよろしくお願いいたします。 話は変わり、久々のブログ投稿になりました。 時間に関しても今回は21時ですが、次回以降は20時に変更していきます。 よろしくお願いします。 面白かったら ・のチャンネル登録 ・B! ブックマークの登録 ・読者になる ・のボタン押す and 読者登録 してくれると嬉しいです。 最後までみていただきありがとうございました。 sirocusa14.

次の