テッド。 TED: Ideas worth spreading

テッド (映画)

テッド

テッドとは、人の人名、または称である。 この記事ではよりで開された・ テッド( 原題、)について解説する。 ストーリー(富田耕生の声で想像しながらお読みください) のいなかったは、一の話し相手である・と一緒に暮らしていた。 は、「この・にも心があればいいのに」と願った。 するとが起きた。 なんとの・に命が宿り、のように喋り、ようになったのだ! こうしては生涯の親友を得て、に暮らすようになった。 それから数十年。 ・ と、・の テッド は歳になっていた。 歳になったテッドは………………。 っぱらからクスリをキメ は多数の女をに連れ込み のようにに溺れて暮らすだけの ただのなになっていましたとさ! テッド「詰め物が足りなくてうまく概要がかけないよ」 に命が宿って、そのままになったらどうなるだろう?という新なで作られた。 らしいな、過なの言い回し、向けっぽいのに肝心のテッドが俗欲の塊、などなどな内容となっていることが特徴。 配給は3年前にを輩出した「ー」の、、はテッドのも担当する・マクー。 こんなにぶち込まれなくてホント良かったよ ではに上陸・開を開始。 は少なめだがその上にも程があるに惹かれた者達が結構たくさん見に行っている模様でなんとで42億円ものを記録。 、作品で内行収入20億円を突破しているのはコレと「」くらいなものである。 そして中での大を受け続編「」が、に開された。 を同記事を参照。 なお、によって定されているので、 良い子は見ちゃダメ!・・・と思っていたらなんとで-12定になるよう編集された「になるまで待てない!」が まさかのので放送された。 ちなみに版のテッドのはがやっているが、初挑戦であることをあまり強調されていない。 テッド「おい、俺と雷兄弟とその愉快な仲間達を紹介してやるよ」 テッド(・・マクー ・) 自堕落・中・中・中という可らしい要素がないな、このままじゃいけないということでに就職する。 で「・」が大のお気に入り。 胸を押すとにかかりそうなで「大ちゅき」と発する機が備えられている。 ・(・ウォールグ ・) 店に勤務する歳の。 気は悪くないが自堕落で で決して「野郎ッシャー」しないし、と逃避行もしない。 テッドに「が良かった」といらい切れたこともあるが深いを持っている。 ローリー(・キュニス ・恵理) の人。 会社に勤務するキャウーマンでな。 職場の上・から言い寄られている。 (ジョ・マクヘ ・) ローリーの上、一言で言うと い。 屁が出ない。 (・リビシ ・) テッドに幼少期から憧れ、テッドを自分のものにしようとする。 (が、後の・ロートナーとなるがいる)をクネクネさせるが得意。 タミ=(・ ・) テッドのの同僚でテッドと交際する女、 テッドのテクに溺れる。 サム・J・ (本人役 ・) 「・」の演でテッドとの憧れ。 大好き。 とローリーのでやった後、 ダメな方のとムしたようだ。 (・ウォー ・) の同僚… です。 (相手は) (・スチュワート ・) やたらはっちゃけたをとに入れる。 テッド「ウンチの下に関連動画がある」 テッド「おい、ジョン、関連商品があるぞ!」 ジョン「こうなるとわかってたらお前なんかよりくまモンの関連項目が良かった!」•

次の

TED (カンファレンス)

テッド

多くのことに気づく。 探究心・好奇心が旺盛。 数字や文字に強い興味を持つ。 科学的・芸術的・言語的分野などに高い関心がある… そんなユニークな能力を感じさせる子どもがいます。 この生まれながらの能力を、ギフトだと考えます。 ギフトを持った子どもたちは一律の集団指導になじまないことも多く、 学校教育からドロップアウトしてしまう例も珍しくありません。 聡明な一面をもちながら、人一倍苦手なこともある、 理解とフォローの必要な繊細な子どもたちなのです。 日本にはギフテッドという概念が根付いておらず 定義も確立していないため、 型にはまらない彼らの成長を支えていくことは容易ではありません。 安心して過ごせる居場所、 得意や好きなことに向き合える環境、 チャレンジできる世界こそが彼らには必要です。 子どもたちが自分のギフトを大切に、 希望を持って成長していける環境を作りたい。

次の

テッド (映画)

テッド

TED(テド、テッド、英: Technology Entertainment Design)は、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。 カナダのバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチ、モントレー)で、毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体。 概要 カンファレンスは、1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。 1984年からと、ハイテク系の話題の多いタイプのカンファレンスとしては比較的古くからある一つであり、変遷もあるが、基本的には学術・エンターテインメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なうというスタイルである。 講演者には非常に著名な人物も多く、ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル生理学・医学賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典ウィキペディアの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最重要事項はアイディアであり、一般的には無名な人物も数多く選ばれ、プレゼンテーションしている。 講演会に出席するためには、審査を受けた上で年会費8,500ドルを支払って、TEDの会員になる必要がある。 歴史 1984年に、リチャード・ソール・ワーマンとハリー・マークスによって設立された。 1990年からは毎年、カンファレンスを開催している。 2013年まではカリフォルニア州のモントレーやロングビーチで開催されていた。 2002年の講演会の後にプロジェクトは設立者のワーマンの手を離れ(ワーマンはTEDMEDに専念)、事業はクリス・アンダーソン(元WIRED誌のクリス・アンダーソンとは同姓同名の別人)に引き継がれた。 TEDの事業の種類 TED Conference TED Conference(TEDカンファレンス)はTEDの活動の中心的イベントで、カナダのバンクーバー(ブリティッシュコロンビア州)にて、毎年開催される講演会のこと。 カンファレンスは5日間にわたって開催され、この間 約70人のプレゼンターやパフォーマーが登壇し、1000人程の聴衆が講演を聴く。 TEDGlobal TEDGlobal(TEDグローバル)は、TEDカンファレンスの姉妹講演会。 基本的なスタイルはTEDカンファレンスと同じだが、開催が一年おき、また開催地が毎回変わる。 つまりはTEDカンファレンスの世界巡業版。 第一回TEDグローバルは2005年、イギリスのオックスフォードで開かれ、第二回は2007年、タンザニアのアルシャで開催され、2017年も同地で開催される。 講演テーマに関して、経済成長や開発といったグローバルな問題により重点が置かれている点にも特徴がある。 TEDWomen Pat Mitchellにより、2010年から行われている女性を中心としたTED主催のイベント。 2011年と2012年はTED主催ではなくTEDxWomenとして独立したイベントが行われ、2014年は行われない等、毎年開催されている訳ではない。 2016年はサンフランシスコで開催された。 TED Translators 世界中のボランティアによる、字幕作成プロジェクト。 20,000人以上が参加し、100言語以上に対応している。 TED Prize TED Prize(TEDプライズ)は、2005年から始まった賞。 2010年までは毎年3人選ばれ、賞金10万ドルとカンファレンス(年会)で記念講演を行った。 2010年に受賞者は1名になった。 2012年は個人ではなく概念に対して贈られた。 2013年に受賞賞金は100万ドルに上がり、世界を鼓舞する願いをもった強いアイデアを叶えるために贈られる。 TEDTalks TEDTalksは、ネットを通じて行なわれている動画の無料配信プロジェクトのこと。 TEDTalksは2006年にスタートし、TEDの名を広い範囲の人々に知らしめる役を果たしている。 TEDTalksでは、TEDカンファレンス、TEDグローバル、TEDプライズ、TEDxの講演の中から、キュレーションされた動画を公開しており、2015年6月時点で2000本を超える動画が公開されている。 配信はTEDのホームページ、およびYouTube上の公式チャネルの両者を通じて並行して行なわれている。 2009年5月、Nokiaの協賛で各言語への翻訳プロジェクトTED Open Translation Projectが開始された。 TEDx TEDの精神である「ideas worth spreading」のもとに、TEDからライセンスを受け、世界各地で発足しているコミュニティー。 TEDの名称は使用しているが、運営や人選、設営などにTED本体は関与していない。 2009年に、TEDxTokyoが開催されたのがきっかけで広まった。 名称中にTEDの文字を含むのは、TEDxがTEDのコンセプトを受け継いだ団体であることを示している。 TEDxのカンファレンスは、各地のスピーカーによる講演とTEDTalksのビデオの上映によって構成され、参加者が個々にディスカッションを通してアイデアを共有し、横の繋がりを広げていく場でもある。 世界中でTEDのコンセプトは広まりつつあり、2012年4月現在126カ国以上の800にも渡る都市でイベントが実施されている。 Wikipedia.

次の