ドッグフード 子犬用 いつまで。 子犬用のドッグフードはいつまで与えるの?いつまで子犬?疑問を解決

【2020年】子犬(パピー)用おすすめ国産ドッグフードと選び方を徹底解説!|ドッグフードポスト

ドッグフード 子犬用 いつまで

ペットショップから子犬を迎えた時、まだよちよち歩きの子犬に「粉ミルク」は必要?と悩むところでしょう。 ペットショップの店員、ブリーダー、獣医師誰に相談しても皆意見がまちまちで結局のところどうしたらいいのか答えが見つけられずに家族は途方に暮れてしまうものです。 でも、育児の仕方はその家庭それぞれです。 必ずしもマニュアルを厳守した育て方が正解という訳ではありませんから、あまり深刻に悩む事なく、気軽に「子犬育て」を楽しみましょう。 一生ミルクを飲む大人はいません ペットショップの店員や獣医師が「粉ミルク不要論」を唱えるには理由があります。 まずは、市販されている「パピー用ドッグフード」は栄養価が高く、成犬用ドッグフードの倍以上の高カロリー食品です。 ですから、さらに栄養を添加する必要はないという理論からです。 たしかに、栄養価という観点からこの意見は正論です。 過剰なまでに栄養価を添加しすぎると、子犬であっても肥満体質になってしまいます。 また、「粉ミルク」を混ぜたドッグフードを「当たり前」の味と覚えてしまい、将来、粉ミルクなしでは食事をしないようになってしまうという心配があるからです。 パピーフードに犬用粉ミルクをトッピングするという行為は、人間の子供のトーストにチョコレートをトッピングする事と似ています。 トーストにチョコレートのペーストを掛けると、食欲がない場合でも喜んで食べる、すぐに食べきってくれることでしょう。 でも、いつまでも、このチョコレートのトッピングを続けていては、味覚障害、好き嫌い、虫歯などの弊害をもたらしてしまいます。 タイミングを見計らって、大人が徐々にこのトッピングを除くよう、努力していく必要があります。 万が一の時の「お助けアイテム」です 家族に迎え入れた直後の子犬は精神的に不安定で、想像以上のストレスを感じているものです。 それまで食べていた食事と同じものを用意しても、まるで口を付けないということも珍しい事ではありません。 でも、生後間もない子犬にとって、食事を抜く(食べない)ということは、すぐにでも体調の異変をおこしてしまう危険な行為でもあります。 将来、好き嫌いをさせない為には、厳しくしつけたいところでしょうが、まずは「食事をする」という事を最優先に考えてあげましょう。 できることなら、子犬のころからを与えてあげるとよいでしょう。 ふやかしたドッグフードを食べないのであれば、をぬるま湯で溶かし、ドッグフードにかけてあげましょう。 この時、ぬるま湯で溶かしたほうが、より風味が増します。 粉ミルクはあくまでも風味づけの役目ですから、分量や濃度は厳密に管理する必要はありません。 粉ミルクを掛ける事で完食できるようであれば、当面はこの方法を続けてあげましょう。 この時にポイントは、「与えたけれども食べないから、粉ミルクを掛け作り直す」という2段構えは不可です。 最初から粉ミルクを掛けた状態で与えてしまいましょう。 なぜなら、子犬自身が、「嫌いなもの」「食べたくないもの」をアピールすれば、飼い主が作り直してくれると勘違いしてしまうからです。 粉ミルク掛けのドッグフードを勢いよく食べるようになり、日中も元気に遊び、夜泣きもなくなり、新しい家族にも慣れている様子がみられるようになってきたら、徐々に粉ミルクの分量を減らしてゆき、ゆくゆくは粉ミルク無しの食事になるように切り替えてゆきましょう。 早ければ、粉ミルクを使用する期間は、1~2週間ほどで完了となるでしょう。 犬は本来、常に空腹な生き物です。 精神的に安定し、適度な運動をこなしていれば必ず食事をしっかりと出来るので、いつかは必ず粉ミルクの使用はなくなるのだからと気軽にとらえておきましょう。 粉ミルクは「便利なアイテム」です 子犬をつれてドライブに、ドッグランにと徐々に行動範囲も広がり、初めてみるもの、初めての場所、初めて会う人と子犬にとって世界がどんどん広がる事でしょう。 でも、元気に見える子犬も初めての場所ではとても緊張してしまうものです。 ドライブの休憩の時に、ドッグランの最中に水を飲んで欲しいと思ってもなかなか口にしてくれないと言う事もあるでしょう。 そのような時には、飲み水に少量の粉ミルクを混ぜてあげましょう。 甘い、懐かしい風味につられて、しっかりと水分補給をしてくれますから。 また、子犬を連れて宿泊や旅行をする時にも、外出先で食欲が落ちるようであれば、粉ミルクを少量トッピングしてあげてもいいでしょう。 このように、犬用粉ミルクは困った時にとても役立つアイテムなのです。 小分けにして簡単に持ち運びが出来るので、お散歩バックに入れておいてもいいでしょう。 余ってしまった粉ミルクは、小分けにして冷凍保存しておくと、長期間の保管が出来るのでおすすめです。 また、小分けになっている製品であれば災害時の避難用品の中に犬の為の栄養食として入れておいてもよいでしょう。

次の

子犬のドッグフードの切り替えはNG?別の餌にする時の3つの注意点|わんちゃんといっしょ~ドッグフード~

ドッグフード 子犬用 いつまで

子犬をお迎えすると、毎日がとっても楽しくにぎやかになりますよね。 噛み癖やトイレのしつけなど大変なこともありますが、お散歩したり、おでかけしたり、抱っこしたりと、楽しいことばかりです。 特に中型犬・大型犬のワンちゃんは、小さな体やあどけない表情などを楽しめるのは子犬の頃だけ。 スペシャルな時期ですよね。 かわいい子犬に気をつけてあげたいのが、ドッグフード選びです。 大事な子犬期に摂る食べ物には、できるだけ安全性が高く、成長に良いものをあげたいですよね。 ところが、ペットショップに行っても、パピー用フードの種類があまりに膨大で、いったいどれを選んだらいいのかわからなくなってしまいます。 とりあえずこれでいいかな…くらいの気持ちでなんとなくペットフードを選んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、子犬のドッグフード選びの際に抑えておきたい基準やポイント、おすすめの子犬用ドッグフードを具体的に15点厳選してご紹介します。 ぜひワンちゃんのごはん選びの参考にしてみてくださいね。 「子犬」の時期って? 明確な定義はありませんが、一般的に生後~3ヶ月未満の犬を「幼犬」、3ヶ月~1歳未満の犬を「子犬」、それ以降を「成犬」と呼びます。 8~10歳以降は「シニア犬」と分類されることもあります。 幼犬の時期は「離乳期」に当たります。 幼犬用のフードや子犬用のフードをふやかして、食べやすいようにしてあげます。 子犬の時期は、子犬用のフードを1日2~3回を目安に与えます。 特にふやかす必要はありませんが、そこはワンちゃんの食べやすさに配慮して、ふやかしてあげてもOKです。 子犬用フードをあげるのはいつまで? 子犬用フードから成犬用フードへの切り替え時期ですが、こちらは犬の大きさや犬種別で異なります。 前述の通り、1歳以降の犬を成犬と呼びますが、 小型犬は生後9ヶ月頃には成犬と同じ大きさ・体重に到達することが多いよう。 同じように、 中型犬はちょうど1歳頃、 大型犬は1歳半頃に、成犬と同じ大きさに成長します。 そのため、全部の犬種が「1歳になったら成犬用フードに切り替え」というわけではなく、それぞれの犬種で成犬と同じくらいに成長したら、徐々に成犬用フードに変えていくといいようですよ。 子犬用に成犬用のフードをちょっとずつブレンドして、徐々に慣らしていくとスムーズに移行できそうです。 ちなみに、いつまでもずっと子犬用フードを与え続けてしまうと、子犬用フードは脂肪分が多く作られているので、肥満の原因となってしまう恐れもあります。 太ってしまっても、子犬~成犬期にフードを減らしてダイエットさせるのは、身体の成長を考えると良くない方法ですので、はじめから太らせないように注意してあげるのが重要ですね。 必要な栄養は?添加物は入ってる?子犬用ドッグフードの選び方 それでは、子犬用ドッグフードを比較する上でチェックしておきたいポイントを見てみましょう。 たんぱく質が豊富なものを選ぶ 子犬の成長にとって最も重要なものが 「動物性たんぱく質」です。 チキン・ラム・ビーフといった肉類、サーモンなどの魚類が使用されていて、かつ「粗タンパク質が25%以上」のものを選びましょう。 (成犬用は約21%~のものがおすすめ) また、肉類が明確に表記されていないフードも中にはあります。 「肉類」「牛肉副産物」「ミートミール」などと書かれているフードには注意が必要。 きちんと鶏肉なのかラム肉なのか、明記されているものを選びましょう。 穀物が多いものに注意 ほとんどのドッグフードには穀物が入っています。 米や小麦などがそうですが、入っているとしても「多く入っている」ものは避けたほうが良いでしょう。 穀物は犬にとって消化がしにくい食物なので、身体に負担がかかってしまいます。 人間用の食品もそうですが、原材料名が書かれている表示は、「最も多く入っているもの」から順番に書かれています。 そのため、原材料名のトップに穀物が書かれていたら、それは穀物がメインでたくさん入っているという意味。 表記のトップには上記のたんぱく質が書かれているものを選びましょう。 油脂類の種類をチェック ドッグフードに入っている油の種類にも注意しましょう。 油脂には「動物性」と「植物性」の2種類があります。 犬にとって必要となるのは、 動物性油脂のほう。 動物性油脂には、鶏油・サーモン油・ニシン油・ラム脂肪などがあります。 これもたんぱく質と同じく、はっきりと何の動物性油脂なのか明記されているものを選びたいですね。 ちなみに植物性油脂は、動物性油脂よりも酸化しやすく、酸化防止剤が添加されているのがデメリットです。 添加物をチェック 人間の食べ物と同じく、ドッグフードも添加物には気を配りたいですね。 特に身体の小さな子犬に食べさせるものなので、人工添加物に関しては注意して見てみましょう。 酸化防止剤は長期保存のためにどうしても含まれるものですが、 ビタミンEやクエン酸などは天然由来の酸化防止剤なので、選ぶポイントとなります。 一方、 BHTやBHAなどは化学合成のもの。 これらの強い抗酸化作用を持つ酸化防止剤は、あまり取り過ぎてしまうと、皮膚炎やアレルギーの原因となる可能性があります。 ドッグフードは大袋で購入すると割安なものが多いのですが、保存料や酸化防止剤のことを思うと、そういった添加物が少ないものを小袋でこまめに購入する方法をとるのも一案ですね。 また、中には「着色料」が含まれているフードもあります。 しかし、人間と違って、犬にとってフードの色など関係ないですよね。 このような余計な添加物の有無もチェックしてみてください。 お気に入りのフードの2種類以上キープしよう ワンちゃんが気に入っていて、栄養バランスも問題ないから、この子にはこのフード一本で行こう!…という考えは、実はあまり良くないそう。 というのも、ずっと同じフードばかり食べ続けると、それに含まれている食材にアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるからです。 例えばチキンがメインのフードを食べさせている場合、ラムメイン、サーモンメインのフードとローテーションを組んで、いろんな食材を食べられるようにしておくと、いざチキンにアレルギーが出てしまった場合、すぐに他のフードに代替がききますよね。 この数種類のフードを交代であげる方法は「フードローテーション」と呼ばれています。 仮にお気に入りのドッグフードが廃盤になってしまった時などにも有効な方法ですよ。 コスパが合っているものを選ぶ こちらも人間の食べ物と同じく、高価なフードほど良質な材料で、栄養成分が豊富で、自然派で、添加物が少なくて…という傾向はあります。 ただ、愛犬を思うあまり、生活水準に合わない高価なフードをあげ続けるのも家計が切迫してしまいます。 とはいえ、あまりに安すぎるフードも、質の安全の保障ができないものも多いのが現状。 品質と価格、バランスのとれたものを選びたいですね。 ドライフードかウェットフードか?混ぜるのもあり ドッグフードには、いわゆるカリカリタイプのドライフードと、缶詰に入っているウェットフードの2種類があります。 ドライフードは、硬いので歯ごたえがあり、歯や顎の成長にも良いものとなっています。 ただ香りは少なめ。 保存がききやすく安価なのが特徴です。 一方ウェットフードは、香りが高く、やわらかくて食べやすいのですが、ドライよりも高価です。 小さなパウチに入っているものは、災害時に備えて、犬用の非常食として持っていてもよさそうですね。 ドライフードを普段食べさせているけれど、食欲がなかったり食べたがらない時には、美味しそうな香りの強いウェットフードに切り替えたり、混ぜてあげたりすることもできます。 ウェットフードを与える場合は、食後の歯磨きをしっかりとしてあげましょう。 合う合わないはワンコそれぞれ。 獣医さんと相談しよう 上記の通り、ドッグフードの与え方や選び方のポイントをご紹介しましたが、 その犬それぞれ個体差があるというのが大前提となります。 今食べさせているドッグフードが合っているのかどうか、どのタイミングで成犬用のフードに切り替えるか、どのようにフードローテーションを組むかなどは、ぜひかかりつけの動物病院に相談してみてください。 ワンちゃんの体つき、皮膚の状態などをチェックしてもらって、フードの選び方や、給餌量、成犬フードへの切り替え時期などのアドバイスをもらって進めましょう。 【ドライフード】おすすめの子犬用ドッグフード10選 それではまずは、子犬におすすめのドライフードのドッグフードを10点、ランキング形式でご紹介します。 ぜひワンちゃんのフード選びの参考にしてみてくださいね。 10 LOTUS パピーチキンレシピ 小粒 メーカー LOTUS 内容量 2. 72kg 主原料 チキン 原産国 カナダ 関節や皮膚に良い成分入り ヒューマングレードの原材料のみを使用、粗タンパク質・27%以上のドッグフードです。 酸化防止剤はミックストコフェロール(天然ビタミンE)、クエン酸を使用しているので安心。 グルコサミン、コンドロイチン、オメガ脂肪酸がバランスよく配合され、皮膚と毛艶を良くしてくれます。 プロバイオティクス配合、免疫力を高め病気になりにくいよう働きかけます。 密封ファスナー付きの袋に入っているので、しっかりと保存することができるのが便利ですね。 9 プロマネージ PROMANAGE 12か月までの子犬用 メーカー プロマネージ 内容量 1. 7kg 主原料 チキン 原産国 オーストラリア 「免疫グロブリン」が子犬の成長をサポート タンパク質を32. 酸化防止剤にBHA、BHTが使用されている点がマイナスですが、豊富なタンパク質で成長期の骨と筋肉の発達をサポートします。 子犬に配慮し、ふやけやすい粒に製造されています。 月齢やワンちゃんの食べやすさに合わせて、お湯などを加えて食べやすいやわらかさに調節しやすいのはうれしいポイントですね。 他にも800g入り、4kg入りがあるので、給餌量に合わせてサイズを選ぶことができます。 成犬用フードとの切り替え時には小さいサイズを買うなど、容量を選べるタイプの商品は便利です。 8 サイエンスダイエット パピー 小型犬用 メーカー ヒルズ 内容量 1. 5kg 主原料 トリ肉 チキン、ターキー 原産国 チェコ 脳の成長を支えるDHA入り タンパク質25. 高品質な魚油由来のDHAを配合し、子犬の脳の働きをサポートします。 カルシウム・リン配合で、子犬の健康的な骨、筋肉の発達をサポートします。 サイエンスダイエットのシリーズは、すべて専門の栄養士が長年研究を重ね、バランスの良い栄養素を配合しているとのこと。 また、「米国の獣医師が自分のペットのために選ぶNo. 1ブランド」とも言われています。 ほとんどのペットショップやホームセンターで取り扱っているブランドですので、なくなった時にすぐに買い求めやすいというメリットもあります。 7 フィッシュ4ドッグ コンプリートパピーフード メーカー フィッシュ4ドッグ 内容量 1. 5kg 主原料 オーシャンホワイトフィッシュ(主にタラ・スズキ) 原産国 イギリス 魚が主原料のドッグフード ドッグフードと言えば一般的にチキンが主な原材料のもの主流ですが、こちらは魚が主原料となっています。 白身魚は栄養価が高く消化吸収の良いタンパク源で、こちらのフードも27. 普段はチキン主原料のフードを食べさせていても、一度は魚が主原料のものも食べるかどうか試してみると、いざアレルギーなどで切り替えが必要な時にすぐに対応してあげられます。 そのため、こちらはフードローテーションの中の候補に入れておきたいフードとしておすすめです。 他にもサーモン主原料のものもあります。 ワンちゃんの好みに合わせてあげるのもいいですね。 6 セレクトバランス パピー チキン メーカー セレクトバランス 内容量 3kg 主原料 チキン 原産国 アメリカ コエンザイムQ10配合を配合 粗タンパク質26%以上のパピーフード。 日本で暮らす犬の環境に合わせて作られているそうです。 ドッグフードには珍しく、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10配合を配合しています。 人間のサプリメントでも人気の栄養素で、子犬の免疫力を保つ働きがあります。 腸内の善玉菌の働きを助け、おなかの調子を整えたり便のにおいを軽減したりするオリゴ糖や、子犬の毛なみや皮膚の状態をサポートするオメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸・亜鉛が配合されています。 酸化防止剤はミックストコフェロール(動物に害はないと言われている)とローズマリー抽出物なので安心ですね。 3 ユーカヌバ 子犬用 メーカー ユーカヌバ 内容量 2. 7kg 主原料 肉類(鶏、七面鳥) 原産国 フランス 高たんぱくで子犬の成長をサポート タンパク質31. 子犬の脳と視覚の健康的な発育のため、最適レベルのDHAを配合。 オメガ-6・オメガ-3不飽和脂肪酸は、皮膚の健康と美しい毛づやを維持するはたらきがあります。 フードの粒は超小粒で、やわらかく噛みやすく作られているため、小型犬の子犬にもおすすめですね。 他に800g、2. 7kgのサイズが揃っています。 こちらもペットショップでの取扱が多く買いやすいドッグフードです。 口コミ件数も多く人気のフードです。 【ウェットフード】おすすめの子犬用ドッグフード5選 続いては、食が細いワンちゃんにおすすめのウェットフードをランキング形式で5点ご紹介します。 上記でご紹介したドライフードの製品がウェットフードとなっているものは除いています。 5 デビィ 子犬用 ササミ&野菜 メーカー dbf 内容量 100g 主原料 鶏ささみ 原産国 日本 鶏ささみをベースにした国産フード 鶏ささみ、じゃがいも、人参、グリンピース、鉄分・ビタミンB群を含む豚ハツなどが使われている子犬用ウェットフードです。 乳酸菌を約100億も配合しています。 素材を細かく挽き、軟らかく仕上げているので、小さなワンちゃんも食べやすくできています。

次の

ドックフード子犬の量やふやかす方法は?いつまで?

ドッグフード 子犬用 いつまで

子犬に与えるドッグフードは上記の3つのポイントで選んであげると、安全性が高いドッグフードを選ぶことができます!それでは、それらの3つを詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね! 1、子犬は動物性タンパク質が豊富な国産ドッグフードを選ぶ! 子犬だけに限りませんが、品質がいい肉類の動物性タンパク質は、 犬の健康維持をサポートする上で非常に重要です。 そして、成長期の子犬は、猛スピードで発育していくので、それらをサポートする上で 動物性タンパク質が大切です! そして、穀物や根菜類がたっぷりと配合されたドッグフードは糖質が多くなっています。 糖質が多いと、 人間と同じように太りやすくなります。 なので、愛犬が子犬の時から、ドッグフードは 低糖質で動物性たんぱく質がたっぷりと含まれているものを選びましょう。 ただし、一番大事なことは、愛犬との相性がいいかどうかです。 低糖質で動物性たんぱく質が含まれているドッグフードを選んでも、愛犬がしっかりと食べないと意味がありません。 なので、無理やりそのドッグフードにこだわりすぎる必要はないので、合わない場合は違うドッグフードを試してみましょう! しかし、栄養面などなかなか譲れないこともありますよね・・・。 そのときは、同じようなドッグフードで主原料が違うものを選んでみるのも一つの手です。 主原料を変えるだけで、愛犬の食いつきがよくなることもあります。 他にも、少し温めてみたり、ちょっと肉や魚をトッピングのように混ぜるだけで、愛犬が食べるようになることもあります。 いろいろと工夫してあげることも大切ですね! 2、子犬に与える国産ドッグフードの動物性脂肪が安全なものを選ぶ! 子犬に与えるドッグフードを選ぶ時に、原材料を見ると思うのですが、 曖昧な表記のドッグフードでしたら危険性があることは知っておいてもいいですね。 例えば、動物性油脂という原材料があるのですが・・・どんな肉のどの部分の脂かが鮮明さに欠けることもあります。 なので、サーモンオイルなど「 どんな肉を使っているのか」を把握できるドッグフードがおすすめです。 3、子犬の国産ドッグフードはできるだけ粗悪な食材不使用を選ぶ! そして3つ目は、粗悪な食材を使用していないドッグフードを選んであげましょう!粗悪な食材を使っていないドッグフードとは、 かさ増しに使われている穀物や食材の品質の悪さをごまかしている添加物です。 穀物は、犬の栄養素としても大切な働きをしてくれるのですが、 穀物の種類と量が適度なものがいいですね!例えば、主原料に小麦やとうもろこしを使用しているのであれば、よくありません。。。 小麦などのグルテンは、アレルギーを引き起こしやすいので、主原料に使われていると 病気になるリスクが高くなります。 また、味付けや見た目の為に使われている添加物などにも注意してあげましょう! 3つのポイントとしては、安全性が高いドッグフードで 子犬の成長をサポートする役割があります。 どのパートでも安全性が重要になってきますが、簡単な見分け方としては、公式サイトに「 人間も食べれる食材を使用している!」という情報が開示されていると安心です! しかし、子犬に与えてみたいというドッグフードをピックアップしても、すべてを確認することって 面倒ですよね・・・。 そこで、下記からは、子犬におすすめで 評判のいいドッグフードを比較して、最終的に「安全性が高いのか?」「続けやすい?」「おすすめできる?」を ランキング形式でご紹介しています。 子犬に評判のいいドッグフードの中でおすすめを知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね! 【安全性って?】子犬に評判のいい30種類のドッグフードを徹底比較! ここでは、子犬の健康維持をサポートするドッグフードで評判のいいドッグフードをピックアップしてみました。 なので、上記の5つの評価基準を設けおすすめできるドッグフードTOP5をランキングしてみました! 1位 レガリエドッグフード 価格 5,480円/1. また、ほとんどの 産地も公開されているので安心感が非常に高いです。 さらに、香料・着色料など無添加で、ノンオイルコーティングなところも子犬にやさしくおすすめですね…! レガリエドッグフードは、 初回限定でお試しが用意されています。 主原料 鶏肉 国産 穀物・添加物 グルテンフリー コスパ 子犬おすすめ度 ヤムヤムヤムは、 日本の食材をメインに国内で製造している国産ドッグフードです。 また、ナチュロルには食いつきテスト 定期申込必須 という 30gを100円でお試しすることが可能です。 そして、食いつきテストして愛犬が食べなかったらキャンセルすることもできるので気になる人はお試しするチャンスですね! \100円の食いつきチェックを試して見る!/ 子犬に国産ドッグフードを与える時の注意点を5つのポイントで解説! ポイント 注意点 重要度 子犬に与える給餌量が少な過ぎて栄養素が足りていない場合があるので注意しましょう! 子犬は歯がまだまだ未発達な為ドッグフードを食べにくい場合があるので工夫してあげましょう! 下痢や軟便の場合もありますが、その時は量が合ってないことが多いので注意しましょう! 犬に合わないドッグフードの場合は毛がパサパサになったりするので注意しましょう! 痩せすぎや肥満にならないように注意してあげましょう! 子犬のドッグフードには、成犬よりも気を遣うものですが、子犬がお腹を空かしている気がするけど「 タイミングが分からない・・・」ということもありますよね! 例えば・・・• 子犬がいつもお腹を空かせている?• 肥満っぽく見えるけど大丈夫かな? などなど、初めてのことだらけで不安は尽きないと思います。 しかし、あまり考えすぎもよくありません。 なので、下記からは子犬に与えるドッグフードの注意点を詳しく見ていきましょう! 1、子犬に与える国産ドッグフードは給餌量に注意すること! 基本的に、新しいドッグフードに切り替えると、それぞれ給餌量は違います。 それは、それぞれのドッグフードに含まれている栄養素やカロリー量が違うからです。 ドッグフードを切り替えたときは、子犬の年齢と体重を目安にして、 ドッグフードの袋に書いてある給餌量を守ってあげましょう。 まずは、しっかりと子犬にドッグフードを食べさせることが大切です!ここで重要なのが、与える給餌量が適切かどうかということです。 このことで、適正な与える給餌量を調整しやすいのでおすすめです。 2、子犬に与える国産ドッグフードの粒が食べにくい場合は工夫すること! 新しく子犬を家族として迎え入れる時は、すでに固形のドッグフードを食べることが出来ていると思います。 しかし、もし食べにくそうにしていたり、あまり食べないようなら、少し柔らかくして食べやすいように工夫してあげることも重要です。 また、ふやかす場合は、 熱湯ではなく必ずぬるま湯でふやかすしてあげてください! 熱湯でふやかすと、柔らかくなりすぎたり、 必要な栄養素までもなくなってしまうことがあるから注意してあげましょう! 便の状態がとても悪いときは、ドッグフードが合っていない可能性もありますので、動物病院で診察してもらいましょう。 4、子犬に与える国産ドッグフードが合わない時は毛並みに異変がでる! 毛並みは、便のようにすぐに変化がでることはあまりありません。 毛並みは、毛先が赤茶っぽくなっていたり、色が薄くなっていたり、潤いがなくなってきていると、ドッグフードに愛犬が 必要な成分が十分に配合されていないことがあります。 数日様子をみてみて変化がないようなら、ドッグフードを新しいものにかえましょう。 他にも、愛犬の 涙やけなどの症状も大事なチェックポイントです。 しかし、涙やけなどは生まれつき、ということもあるので、一概にドッグフードがあっていないとは言いきれません。 この場合は、動物病院でアレルギーなどのテストを受けるといいでしょう。 ここまで、子犬 パピー の食事を与える時の注意点をご紹介してきました。 初めて、子犬と生活する人は、すべてが初めてで心配事も多いですよね・・・。 大型犬は少しゆっくりめで、 2年ほどかかります。 ただし、これは あくまでも目安です。 あまり神経質にならずに、少し日にちが前後しても問題はありません。 また、定期的に動物病院で診察を受け、平均的な体型かどうかをみてもらうことも大切ですね! そして、運動量などもみながら、ドッグフードを切り替えていきましょう。 もし、子犬のころからオールライフステージに対応している国産ドッグフードを与えているなら、 量を調整するだけで大丈夫ですよ! 子犬は国産ドッグフード以外にもおやつを与えてもいいの? 可愛い愛犬に、どうしてもおやつをあげたくなることってありますよね…。 しかし、おやつをあげ過ぎるのは 栄養が偏るので注意も必要です。 また、 おやつの濃い味を覚えてしまうと、 ドッグフードを食べなくなる可能性があります。 さらに、おやつや一般食を主食にしている人もいますが、 総合栄養食ではないので、 栄養バランスが悪く体調を崩すこともあります…。 さらに、 市販のおやつだけでなく、さつまいもだけを与えていると、ドッグフードの薄味が原因で食べなくなることもあるので、適度な量がおすすめですね! まとめ• 動物性タンパク質が豊富であること!• 主原料は良質な国産品を使用していること!• 添加物や穀物の量や質に注意すること!• 産地がしっかりと公開されていること!• 国産でもコスパが続けやすい価格ならさらにベスト! 初めて子犬を迎え入れると、ドッグフードを食べるか不安…ということもあれば、可愛さのあまり甘やかしたりしてしまうこともあります。 愛犬がきちんとドッグフードを食べるようになるためにも、飼い主さんが給与量などを守って、ドッグフードを与えることが大事です。 また、成長期の子犬には、 栄養バランスのいい食事が大切になりますね! なので、肉・野菜などの材料がバランスよく配合されている 総合栄養食の国産ドッグフードがおすすめです。 愛犬の体調や食いつきなどをみながら、どの国産ドッグフードがいいのか選んで見てくださいね…! \ランキングに戻る方はこちら/.

次の