ペットトリマー。 【ワンちゃん解説】ペットトリマー資格|最短・費用抑えてなる方法

ペットトリマー専攻|福岡ECO動物海洋専門学校

ペットトリマー

トリマー 資格一覧 人気の資格一覧 資格 試験実施団体 資格種別 JKC公認トリマー ジャパンケネルクラブ C級・B級・A級・教士・師範 AAV認定トリマー 全国動物専門学校協会 サロントリマー/トリマー3級・準2級・2級・1級・S級 JDA公認 トリマー 全日本愛犬技術者指導協会 3級・2級・1級 ICCグルーマーライセンス インターナショナル・キャット・クラブ - ペット・グルーミング・スペシャリスト JAHTA(日本動物衛生看護師協会) - AKC認定 トリマー 青山ケンネルカレッジ - SAE公認 トリマー 全日本動物専門教育協会 初級・中級・上級・教師 JPLA公認トリマー 日本ペット技能検定協会 2級・1級・教師 JCSA公認トリマー 日本キャリア教育技能検定協会 - 初心者向けの資格 初心者向けの資格としては「JKC公認トリマー C級」「JPLA公認トリマー 2級」「JCSA認定マスターライセンス ドッグトリマー」などが挙げられます。 「JKC公認トリマー」はトリマー資格の中でも知名度が高く、C級資格はJKC公認トリマー資格の中では一番初歩の資格となります。 専門学校に通って資格を取得する方が大半ですが、ジャパンケネルクラブの会員になって試験を受験することも可能です。 「JPLA公認トリマー 2級」「JCSA認定マスターライセンス ドッグトリマー」は通信講座で資格が取得できます。 資格取得にかかる期間は標準6ヶ月前後といったところで、比較的短期で取得を目指せる資格でもあります。 自分のペットケアに活かせる資格 自分のペットのためにトリマーの資格を目指したい方には、「JPLA公認トリマー 2級」「JCSA認定マスターライセンス ドッグトリマー」などがおすすめです。 これらの資格は通信講座で所定のカリキュラムを修了することで取得することができます。 実技課題についてはモデル犬と呼ばれる小型犬サイズの人形を用いてカットを実施。 モデル犬の人形を送付して審査を受けます。 試験会場などに足を運ぶ必要がなく、自宅で資格取得が可能です。 ペットトリマーのプロを目指せる資格 プロのトリマーを目指す方にお勧めの資格としては、「JKC公認トリマー」「AAV認定トリマー検定」「JDA公認トリマー」などがあります。 これらの資格は、専門学校で所定のカリキュラムを修了したのち、試験に合格することで資格を取得できます。 実技試験では本物の犬のトリミングを行います。 このほか「AKC認定トリマー」などスクールや専門学校で独自に認定している資格があります。 関連記事: トリマーとは トリマーの仕事は? トリマーとは、ペットの毛のカットやスタイリングなどを行うペット専門の美容師さん。 海外ではグルーマーと呼ばれています。 毛を整えるためのシャンプー、カット、ブラッシングはもちろん、爪切りや耳掃除、健康チェック、サロンによっては歯磨きやマッサージ、ペットエステなども行います。 トリマーは、ペットを預けるお客様からはペットの専門家として見られるので、時にはペットの健康管理や、しつけ、飼育環境などについてアドバイスを求められることも。 ペットの毛を可愛く、綺麗に、さっぱりしたスタイルにカットするセンスのほか、ペットに関する総合的な知識も求められる仕事です。 トリミングの効果 トリミングは、ペットの見た目を可愛くしたりスッキリさせたりするほか、ペットの健康維持やケガ予防の効果もあります。 たとえば足裏の毛を伸びたままにすると、毛が肉球にかかって歩くときに滑りやすくなってしまいます。 トリミングサロンでは足裏のカットもしてくれるので、定期的に手入れをするといいでしょう。 また、トリミングでペットの毛を短くし、清潔を保つことはノミ・ダニの対策にもつながります。 最近の傾向 犬種では室内でも飼えるトイプードル、チワワ、ミニチュア・ダックスフンド、ポメラニアンなどの小型犬に人気があります。 トリマーを目指すなら、トイプードルのテディベアカットをはじめ人気がある犬種の定番のカットは押さえておくといいでしょう。 ペットの飼育数は近年ほぼ横ばいですが、ペットに関連する支出は増加傾向。 ペットサロンにも、通常のトリミング以外にペットに対するアロマやエステマッサージ、ネイルなど特別なサービスで差別化を図るところが見受けられます。 トリマーになるには トリマーになるには?必要な資格は? トリマーになるのに必ずしも資格は必要ありません。 しかし、トリマーの求人情報では基本的に「一人で一頭仕上げらえるレベルの方」「トリマー・ペット関連の専門学校の卒業生」といった条件の指定がありますので、トリマーとしての就職を目指すならブラッシング・シャンプー・カット・ブローや耳掃除・爪切りなど一連の流れを一人で担えるだけのスキルを身につける必要があります。 トリマーには、カットやスタイリングをはじめとした技術面はもちろん、動物を相手にする仕事ですから、飼育法やしつけ、病気に関することなど生体の専門的な知識も不可欠です。 こうした知識・技術を独学で身につけるのは難しいため、初心者の方にはペット関連の専門学校やトリミングスクール、スクーリングで実技が学べる通信講座などでトリマーとして必要な知識・技術を体系的に習得するのがおすすめです。 専門学校、スクール、通信講座とも資格取得に対応しているところが大半です。 前述のとおり、トリマーとして就職するのに必ずしも資格は必要ありませんが、資格は身につけたスキルを証明するのに役立ちます。 自分の技術レベルを見定めるため、就職活動のアピールのため、資格に挑戦するのは有効といえるでしょう。 資格を取得するには? トリマーには民間団体の認定する資格やスクール独自の資格など、多数の民間資格があります。 取得方法は資格により異なりますが、スクールや講座で所定のカリキュラムを修了し、試験に合格することで資格を取得できるものが多くなっています。 トリマー資格の中でも認知度が高い一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)公認トリマーのC級資格については、指定の専門学校などで1年ほどのカリキュラムを修了するか、JKC会員歴2年以上で受験が可能となります。 試験には筆記試験と実技試験があり、実技試験では制限時間2時間の中で本物の犬のトリミングを行います。 専門学校や通学制のスクールで資格を取得する場合は、実際に犬のトリミングを行い、技術の審査を経て資格取得に至るケースが多いようです。 通信講座やスクールで取得できる資格では3~5ヶ月程度で取得できる資格もあります。 通信講座で資格を取得する場合、モデル犬と呼ばれる小型犬サイズの人形を用いて自宅でカットを行い、モデル犬の人形を送付することで実技審査を受けられます。 通学スクール、通信講座、いずれの場合でもカリキュラムで学んだ内容がしっかり身についていれば合格は難しくありません。 関連記事: トリマーの仕事内容 活躍の場 トリマーの就職先として多いのがペットサロンやペットホテルです。 ペットサロンは、いわばペットのための美容室。 ほかの職場に比べて流行のスタイルやおしゃれなスタイルを求められることが多い傾向にあるので、ペットサロンへの就職を目指す方は、常に最新の流行スタイルをチェックしてトリミングの技法をマスターしておくようにしましょう。 ペットホテルは、ほかの職場に比べてペットを長時間預かることが特徴。 トリミングはもちろん、食事の世話やケージの清掃などを担当することもあるでしょう。 動物たちが安心して過ごせる衛生的な環境を保つために、衛生学や社会学などの知識も必須となります。 そのほか、トリマーが必要とされる現場として挙げられるのが動物病院。 流行を意識したりペットの見た目をかわいくするというよりは、ペットが生活しやすい衛生的なカットが求められます。 犬種による被毛の生え方などを熟知し、最適なトリミングを行うことが必要です。 また、就職以外にも、フリーランスとして活躍したり、ペットサロン・ペットホテルを開業するといった選択肢もあります。 就職しやすさは? トリマーは年間を通じて求人があります。 一人で一頭のカットを担当できるだけの技術力は求められますが、実務経験がなくても応募できる求人は多く、トリマーとしての就職は決して難しくはありません。 提携のペットサロンへの就職サポートなどを行っている学校もあるので、スクール選びの際は卒業生の就職率やサポート体制などをチェックしておくといいでしょう。 給料 トリマーの給料は正社員でも月14万円~20万円、年収にして180万円~250万円程度と言われています。 トリマー経験者や店長職の方などはもう少し額面がアップすることもありますが、あまり高収入は望めないのが実情です。 一人で生活していくだけの収入を得られても、トリマーの仕事だけで長期的に家族を養っていくのはやや厳しいと言えるでしょう。 就職の際は、給与のほか、賞与の有無や社会保険などの福利厚生についてもしっかり確認しましょう。 アルバイト・パートとして働く場合は、地域によっても異なりますが時給800円~1200円前後ということころが多いようです。 「手に職」であるトリマーの仕事なので、経験を積み、技術やノウハウを身につけたのちは独立開業の道もあります。 経営や集客の面で努力や工夫が必要になりますが、成功すれば従業員として働く場合より収入アップが望めます。 さらに詳しく• トリマーの資料請求• 地域を選択• 講座を選択• お届け先を入力 通信講座• 都道府県から探す 北海道・東北• トリマーの関連資格 関連特集.

次の

ペットトリマーの学校は夜間・土日コースある?【働きながら通う】

ペットトリマー

の年収は? トリマーの給料は、地域によっても変わりますが、正社員の場合で月に14万〜20万円ほど。 初任給は平均して15万円前後となります。 賞与がない場合は、年収にして180万〜250万円前後。 人気店で月給そのものが高かったり、賞与や特別手当がついていたりすると、年収で300万〜500万円前後となります。 トリマーは個人経営の店に雇われることが多いため、福利厚生が整っていない、収入が不安定というケースも多いようです。 就職の際には、給与額だけではなく、社会保険などの待遇面も確認しておいた方がよいしょう。 大手チェーン店に勤めれば、より安定した働き方ができるという考え方もあります。 しかし、店によってはノルマが課せられたり、トリミング以外の仕事(販売など)まで任されることもあるため、給料や待遇以外の面も含め、総合的に判断して就職先を選ぶことが大切です。 自分がどうなりたいかを考える いずれにせよ、トリマーの給料はそこまで恵まれていないというのが現状です。 この仕事に就く人みんなが安定して高収入が望める仕事というわけではありません。 勤務先の店舗や地域、経験やスキルによって給料は異なりますが、収入が低いことを理由に、トリマーの道を諦めてしまう人もいます。 とくに下積み期間中は、他の仕事と比べても安い給料での生活を強いられるケースがあります。 それでいて、一日中立ち仕事をするため体力を要したり、「接客」という面から対人ストレスもあるなど、決して楽な仕事ではありません。 「絶対にトリマーとして働きたい」という強い気持ちがなければ、仕事を続けるのは難しいはずです。 どうすれば給料アップが望める? 給料アップを望んでいるトリマーはたくさんいますが、なかなか実現しないというのが現状です。 トリミングは手作業のため、ペットの安全確保を考えると、作業のスピードをアップしてたくさんの犬猫を受け入れて売り上げを増やすというわけにもいきません。 トリミングの単価を上げたり、店舗の経費を削減したりして抜本的な改革をしなければ、売上アップが見込めないという店が多いのです。 厳しい環境ではありますが、もし給料アップを考えるのならば、経験を積んだのちに独立するという道があります。 独立する場合、店舗を構えるのが一般的ですが、最近では車を使って出張トリマーを行うという初期投資の少ない働き方を選ぶ人も増えています。 自分の腕やアイディア次第で、大幅な収入アップが見込めるかもしれません。 ただし、独立は簡単なことではありません。 「高い技術力」がない人や、お客さまからの「信頼」を集めることができなければ、いくら独立しても成功は難しいです。

次の

トリマーの仕事内容・なり方・給料・資格など

ペットトリマー

ペットトリマーの年収はというと、平均で月給約14万円〜20万円といわれていて、年収では賞与を抜いて約180万円〜250万円と多いです。 人気のペットトリマーとなると、そこに賞与などが加算され年収は約300万円〜500万円前後となることもあります。 しかし、地域や勤務するペットショップによって大きく変わるため、これより少ない場合もあります。 ペットトリマーは個人経営のショップで採用されることが多いので、小さな店舗の場合には社会保険などの福利厚生が整っていないところもあります。 そのため、就職先を探すときには給料の他に福利厚生面もきちんと確認することが重要です。 給料が比較的高くても社会保険などの待遇面がしっかりしていないと、逆に引かれる分が多くなる可能性もあるからです。 福利厚生も含めて考えると、大手チェーン店などに勤務すると比較的安定した働き方ができる可能性が高くなります。 ただし、規模が多きければそこにはノルマなどが発生することも考えられるほか、ペットショップとの併設となると、関連商品の販売などトリミングの仕事以外をしなければならない状況が出てくることも考えられるため、様々な面を含めた総合的な判断が必要となりそうです。 ペットトリマーの年収は地域によって差がある? ペットトリマーの平均月収は正社員でも14万円〜20万円程度と、他の職種と比較すると安いですが、地域によっては更に安く月収11万円〜15万円というところもあり、控除されるものを含めると10万を切ってしまうこともあるようです。 またペットショップによっては、手当がついても5000円程度だとも言われています。 ではなぜ、こんなにペットトリマーは収入が低いのでしょう? 現在はペットを飼う家庭が多くなってきていますが、どのワンちゃんにもトリミングが必要かというとそうではなく、トリミングを必要とするワンちゃんはその一部に過ぎません。 それにシャンプーや爪切りなどは自宅でも十分できるので、利用するお客様が少ないということがあります。 トリミング料金は犬種によって異なりますが、シャンプー付きで約3000円〜なので、決して安いとは言えません。 また有名人が多く利用する人気のペット美容室などは都会にしかなく、全国的に見ても少ないので需要が無いことも大きな理由です。 これは人間と同じことで、髪型をデザインしながらカットする美容師さんは給料が高いのに対し、ただ髪を切るだけの理容師さんは給料が低いことと一緒です。 またペットトリマーは独立して顧客がたくさんついてくれると、必然的に儲かるというわけです。 ペットトリマーの仕事で高い収入を得るためには、自分にしかできないような独特なカット技術やセンスなどがあれば、それを活かせる場所で活躍することが有効です。 そのために、都会の有名ペット美容室などで修業を積めると良いです。 ペットトリマーに求められる能力 ペットトリマーの仕事は一見すると美容師的な要素が多いですが、人間の美容師さんと大きく違う点は、毛髪だけではなく全身に対してシャンプーやカットを行う点です。 もちろんそれだけではなく、耳の掃除や爪切り、ブラッシングという仕事も行います。 またその中でペットトリマーは犬の健康状態を観察し、ノミ、ダニ、皮膚の異常がないかもCHECKします。 そのような仕事をするには、美容の知識や技能だけではなく、ちょっとした獣医学や栄養学等の知識も必要になります。 さらには体力や忍耐力も必要です。 ペットの中には飼い主以外になつかない場合もあって、カット中に暴れたり、咬み付かれるケースもあります。 また、大型犬をトリミングする場合は、ブラッシングだけでも数時間を費やすこともあるんです。 そのような状況においても、お客さんには満足してもらえる仕事を行なわなければならないので、体力も精神力も兼ね備えておく必要があるのです。 ペットトリマーの資格にかかる費用 ここ10年で、小さな犬をマンションなどの室内で飼う人が、ますます増える傾向にあります。 室内で飼われる犬は、毛足のケアだけではなく臭いも気になります。 そのため、都心を中心にトリミングサービスを行うペットショップや動物病院はますます増えていくことでしょう。 今後は独立するペットトリマーも、増加傾向にあるでしょう。 またペットトリマーは、愛犬のお洒落を総合的に演出できる、プロデューサー的な要素も必要になってくることでしょう。 ペットトリマーに対して多くの人は、ペット版の美容師さんのようなイメージを持っているのではないでしょうか。 しかし、実際には単にペットを美しくするだけではありません。 カットによってペットの外見を整えるとともに、全身のシャンプーやブラッシング、爪や耳の手入れ、皮膚や寄生虫のチェックまでを行うのが仕事です。 そのため、美容師の仕事に医療的な知識も求められる仕事なのです。 実際にペットトリマーが病気を一番に見つけてくれることは多いです。 以前は裕福な家庭で育てられているペットだけに行われているイメージでしたが最近では多くの人がペットに対してお金をかけるようになり、一般の人も多く利用するようになっています。 ペットを室内で飼うようになったことも理由のひとつであり、毛の手入れやグルーミングは必要不可欠になっているのです。 またトリミングを行わないといけない犬種であるトイプードルなどが人気になったことも、ペットトリマーの需要が増加している原因になっています。 ではペットトリマーになるためには、どのようにすればいいのでしょうか。 また、ペットトリマー資格の取得のための費用は、いくらぐらいかかるのでしょうか。 実はペットトリマーは国家資格ではなく、民間資格なんですね。 そのため、多くの団体が関係する資格の認定を行っている状況です。 その中でもっとも有名なペットトリマーの資格としては、ジャパンケネルクラブ(JKC)の「公認トリマー資格」というものがあります。 お店の採用条件に、「公認トリマー資格」のB級以上を要求する場合も多く見られます。 この資格取得するための方法は主に2種類です。 一つ目はジャパンケネルクラブが認定している養成機関に入学し、勉強を行うことです。 卒業試験に合格すればC級を取得することが出来ます。 さらに引き続いて在学し、必要な課程を習得していくことでB級やA級を取得することも可能です。 学科から実技までを学ぶことが出来るのでトリマーに必要な知識や技術を学ぶことができます。 通学の場合には入学金やテキスト代、受講料、実習で使う器具などの費用で50万円から100万円程度のお金が1年で必要でしょう。 年齢18歳以上で2年以上の会員歴は必要となります。 学科は自分で必要な知識を勉強し、学科は職場で学ぶという人が多いです。 毎年行われる試験に合格できればC級を取得することが出来ます。 取得してから2年がたてばB級、さらに3年がたてばA級の受験も可能です。 試験にかかる費用は受験料であり5300円となります。 「日本ケンネルカレッジ」 ではここからペットトリマーになるための、お勧めの通信講座をご紹介していきたいと思います。 まず最初にご紹介させていただくのが、ペットトリマー資格の通信専門学校「日本ケンネルカレッジ」です。 「日本ケンネルカレッジ」は、国内最大級の施設を保有するペット関連教育グループである、学校法人つくば文化学園「つくば国際ペット専門学校」の直轄通信専門学校になります。 「つくば国際ペット専門学校」は本講座の母体であり、ペット業界においては最大規模のペットの専門学校です。 動物専門学校10年以上の運営実績を持ち、 就職率98%という抜群の実績を誇っているんですね。 そんな「つくば国際ペット専門学校」がバックボーンにあるので、学習カリキュラムがとても充実しているのです。 「日本ケンネルカレッジ」は、将来のトリミング市場の動向をしっかり見据えながら、「犬体モデル」を使い、実際にカットをすることで高レベルの技術が身に付くよう配慮してます。 では、「日本ケンネルカレッジ」の通信で学んでどんなペットトリマーの資格が取得できるのか見てみましょう。 「つくば国際ペット専門学校」グループは、国内最大級の教育システム、ペット専門の教育施設を保有、就職インターンシップ先の実績団体でも現在100ヶ所以上あるんですね。 必然的に当グループには多くの求人情報が集まってきます。 そのような情報を就職、開業支援キャリアセンターの専門スタッフが本人の希望や適性を考慮しながら、きめ細やかなアドバイスで応援していくのです。 今の時代、カリキュラムが充実してるのは当たり前、やはり、選ばれる基準は就職率にあるようです。 「ヒューマンアカデミー」のほうも、教材や技術習得の課程は非常に充実していて、「日本ケンネルカレッジ」と遜色がありません。 テキストはバインダー式テキストが全2冊用意されていて、「ペット美容学」と「ペット社会学」を学びます。 教材DVDでは例えば「トリミング技法シリーズ」においては、トリミングの技法を犬種別、トリミングタイプ別にわかりやすく解説しています。 課題の「実寸モデル犬」であれば、犬体のあらゆる部位のカット技法をマスターすることができるようになっています。 また、研修所は全国に100か所以上ありますので、非常に実践的な研修を受けることができます。 ペットトリマーの資格は「トリミング講座」であればトリマー2級の合格保証付きですし、トリマー1級を目指すのであれば「トリミングプロフェッショナル講座」も用意されています。 「トリミングプロフェッショナル講座」であれば、万全の就職・独立開業のサポートもありますので、安心してペットトリマーの勉強に励むことができますね。 「ヒューマンアカデミー」の通信でしっかり学んで資格を取得し、是非、未経験からプロのペットトリマーを目指してください。

次の